Posts Tagged ‘Women’s Magazine Archive’

ローマの休日:映画とファッションアイコンの登場

アメリカ映画への初出演で無名のオードリー・ヘップバーンが生み出した「女性の新しい理想像」

1953年9月3日に公開された「ローマの休日」(Roman Holiday)は、ハンサムなグレゴリー・ペックと当時まだ無名だったオードリー・ヘプバーンが主演の古典的なロマンチックコメディです。当初はペックの単独主演映画として宣伝する予定でしたが、撮影が半分終わるころ、ペックが監督にヘプバーンとの共同主演として宣伝するよう要望したと言われています。

ヘプバーンを見たペックは、彼女が新しいスターになると確信しました。

ペックの目は確かでした。ヘプバーンは密かに宮殿を逃げ出してローマで自由な1日を満喫する王女を演じて、アカデミー賞の主演女優賞を受賞しました。

しかし、Vogue誌によると、初出演したアメリカ映画で「女性の新たな理想像を体現」することになろうとは誰も予想しなかったそうです。

ヘプバーンが映画とファッションのアイコンとして永続的評価を獲得し、60年以上にわたり女性の魅力とエレガンスの基準であり続けようとは、誰が予想できたでしょうか?

オードリー・ヘプバーンが戦後の美の基準を打ち立て、今でも人々を魅惑し続けるようになった理由をリソースから探してみましょう。

グラマー女優の対極
Gaylar Studlarは著書「Precocious Charms: Stars Performing Girlhood in Classical Hollywood Cinema」の中で、ヘプバーンがアメリカ映画に初めて出演した時、彼女は「1950年代のアメリカの文化や映画で理想とされた身体つきではなかった」と書いています。むしろ、当時圧倒的な人気を誇ったマリリン・モンロー、エリザベス・テイラー、ジェーン・ラッセルなど「超セクシー」な「グラマー女優」の対極でした。これとは対照的な平らな胸とスリムなヒップのヘプバーンが「ローマの休日」で演じた、世間知らずの若い王女は、もっと慎ましやかな、迷子のような雰囲気を醸し出していました。

「オードリー・ヘプバーンがローマの休日でスターになった時には、もう10代ではなかった。(中略)しかし、(彼女は)まだ性的経験のない10代の少女を演じた」」とStudlarは指摘しています。

この映画が公開されると、マスコミや観客はそうした彼女の姿に魅せられました。The New York Timesはヘプバーンの演じたアン王女を「ほっそりとした妖精のような哀愁を帯びた美しさがあり、それでいて威厳と子供のような無邪気さがある」と評し、当時、また現在もヘプバーンの特長としてよく使われる言葉で評しています。そして、この人気がハリウッドの美の新時代の幕開けになったと1954年11月号のVogueは書いています。

不死鳥が灰の中から新たに蘇るのはいつもドラマチックな瞬間である。「若くして美しく死んだ女王」は新たな姿で生まれ変わり、新たな言葉で称賛されるものだ。戦後、女性の新たな理想像が生まれることはないと悲観論者が予想する中でさえ、本物の実存するガラテイアがオードリー・ヘプバーンという人間として彫り出されつつあった。

「ヘプバーンの容姿は現代の精神を体現しているからこそ人気があることは疑いようがない」とVogue誌は述べ、ヘプバーンを「子供のような頭(短髪で猿のような前髪を垂らしたココナッツのように小さい頭)」が「長く、驚くほどほっそりとしたまっすぐな首」の上に乗っていると評しています。

これはおかしなイメージですが、かわいらしくて気まぐれな様子をよく捉えており、暗くざらついた戦争体験後の時代にはこういうものは不足していたようです。ヘプバーンのような容姿の人は、他にはいませんでした。ヘプバーンは天真爛漫で自由で、現代的だったにもかかわらず、気品が感じられました。「子供のような頭」というおかしな形容を埋め合わせるのが、彼女の最大の特長である白鳥のようにエレガントな首に対する言及です。実はヘプバーンはバレエが踊れたため、生まれつきの気品は別にしても、「背を特に高く見せるような」姿勢を保つことができました。

アメリカ映画に登場したヘプバーンは、戦争に疲れたアメリカ人が渇望していたものをもたらしました。それは新しいスターと新たな始まりです。

「デザイナーの夢」
ヘプバーンは映画スターになると同時にファッション界のスターとなりました。質素な時代が続いていましたが、Studlarが指摘するように、戦後1950年代になるとオートクチュール業界が息を吹き返しました。戦時中の実用一辺倒の婦人服に代わって、可愛らしいディテール、流れるように優美な生地、若々しくてロマンチックなスタイルが登場しました。そして、ハリウッドの衣装デザイナーはパリ発のハイファッションのルックを好みました。

パラマウント映画の有名なファッションデザイナー、イーデス・ヘッドは、ヘプバーンは「デザイナーの夢」だったとLos Angeles Timesに書いています。ヘプバーンを初めて見た時の印象は、「さわやかで輝いている人‐ウィンザー公爵夫人のような落ち着きのある少女」で、「スタイルの良さと美しさから、デザイナーを幸せにするために生れて来た女性であることがすぐに分かった」と書いています。

ヘプバーンはHeadに協力し、「ローマの休日」の衣装のスケッチに自らメモを書き、ヘッドは「(ヘプバーンを)取り澄ましたか弱い王女から、ローマの街にいる好奇心いっぱいの若い女性に完全に変身させる」衣装を作りました。ヘプバーンが当時の典型的なスターの対極であったように、「ローマの休日」も伝統的なおとぎ話の対極というべき作品で、普通になる自由を熱望した、強い自立心を持つ王女を描きました。

私たちの心に刻まれたイメージは、シンプルな白シャツを着た王女がお忍びで、袖をまくりあげ、首に巻いたスカーフを風にたなびかせて、ベスパでローマ市内を楽しそうに走り回る姿です。

この映画を観た女性客は、自分たちにも真似できる分かりやすいファッションを捉えました。「紳士は金髪がお好き」(Gentlemen Prefer Blondes)のマリリン・モンローのようなドレスを着て歩きまわるのは、ふさわしくないだけでなく、たいていの場合は不可能でしたが、ヘプバーンが身に着けていた幅広のベルトとローヒールのサンダルは実生活ですぐに真似ることができました。

「ローマの休日」の衣装デザインはオートクチュールハイファッションの世界をも虜にし、若々しいシンプルさがもてはやされ、少女らしい大胆さが好まれました。10年近く続いた質素でゆったりとした服に代わり、ハイウエストのサーキュラースカート、身体にフィットしたウエストライン、周到なアクセサリーが称賛されるようになりました。Women’s Wear Dailyは「ヘプバーンの長袖とロングトルソー」を絶賛し、彼女が被った帽子を「映画の最初に出てくる、ぴったりとフィットしたアンティークシルクの巻き飾りがイタリア風の髪型を引き立てている」と好意的に説明しています。

これらのスタイルが評価され、ヘッドは衣装デザイン賞でオスカーを受賞し、ヘプバーンのファッションの達人としての永遠のイメージが確立したのです。

——————————————————————————————————————————————————————————————————

オードリー・ヘプバーンとハリウッドのファッションをリサーチするのにお勧めのリソース
Ebook Central

  • Jorgensen, J. (2010). Edith head: the fifty-year career of hollywood’s greatest costume designer
  • Knight, T. (2013). Audrey hepburn: in the movies
  • Leese, E. (1991). Costume design in the movies: an illustrated guide to the work of 157 great designer

Women’s Magazine Archive
米国女性史で最も注目すべき実例の一部は教科書や百科事典では見つからず、当時の消費者向け人気雑誌の艶やかなページに描かれています。ProQuestは数十年分の女性雑誌の表紙から裏表紙までの全ページを広告、論説、画像も含めてすべてデジタル化し、学術研究や一般向けに提供しています。

ProQuest Dissertations and Theses

  • Hannon, L. B. (2012). The “Stylish battle” world war II and clothing design restrictions in los angeles (Order No. 3550615). ProQuest Dissertations & Theses Globalに収録(1286752522).
  • HIRSCH, V. A.(1973). Edith Head, Film Costume Designer(Order No. 7506194). ProQuest Dissertations & Theses Globalに収録(302669927).
  • Moseley, R.(2000). Trousers and tiaras: Growing up with audrey hepburn (BL)(Order No. U128647). ProQuest Dissertations & Theses Globalに収録(301582624).
  • Taylor, D. A.(1997). Fair lady, huckleberry friend: Femininity and freedom in the image of audrey hepburn, 1953-1967(Order No. 9736644). ProQuest Dissertations & Theses Globalに収録(304386165).

参考文献

画像:予告編より(ライセンス情報) : http://web.archive.org/web/20080321033709/http://www.sabucat.com/?pg=copyright 並びに  http://www.creativeclearance.com/guidelines.html#D2 (Roman Holiday trailer) [Public domain], Wikimedia Commonsより


 

Día Internacional de la Mujer “La Promesa de la Igualdad”

El 8 de marzo de 2016 ha marcado la celebración del 105º Día Internacional de la Mujer por los líderes del movimiento feminista de todo el mundo. El tema para la celebración de este año ha sido La Promesa de la Igualdad, donde las personas se han comprometido con la adopción de medidas para acelerar la igualdad para las mujeres en los ámbitos sociales, culturales y económicos. Por desgracia, el Foro Económico Mundial predice ahora que la paridad mundial de género no se alcanzará hasta el 2133, una marcada desaceleración de su predicción en 2014 cuando se predijo el logro de la paridad para el 2095.

¿Cómo se presenta a sí misma hoy en día esta desaceleración de la igualdad de las mujeres frente al siglo XX? Echemos un vistazo a la información sobre temas de la mujer a través del tiempo en ProQuest Historical Collections para averiguar lo lejos que hemos llegado y cuánto nos queda por recorrer.

Hay cinco secciones de La Promesa de la Igualdad:

1. Ayudar a mujeres y chicas a alcanzar sus ambiciones

Las organizaciones deben iluminar el camino hacia el liderazgo, mostrando a las mujeres las oportunidades de carreras profesionales y ascenso que coincidan con sus habilidades y objetivos profesionales y proporcionarles las experiencias necesarias para desarrollar su potencial.

Los individuos pueden comprometerse a abogar por sí mismos, y cuando sea apropiado, convertirse en modelos de conducta eficaces y patrocinadores de mujeres para ayudarles a alcanzar sus objetivos.

800px-Gloria_Steinem_at_news_conference,_Women's_Action_Alliance,_January_12,_1972ProQuest History Vault incluye varias colecciones de archivo que muestran las distancias que las mujeres estaban dispuestas a recorrer en el siglo XX para conseguir la paridad de género. Una colección, en particular, son los registros institucionales de la Alianza de Acción para la Mujer, fundada en 1971 para promover la independencia de las mujeres y la acción a través de los movimientos políticos de base local. La Alianza de Acción para la Mujer desafió el statu quo mediante la promoción de la igualdad de la fuerza del trabajo y la educación preescolar no sexista. La Alianza de Acción para la Mujer no solamente estimuló a las mujeres a conseguir sus ambiciones, sino que el liderazgo de la organización vivió esos mismos ideales, con el logro de mujeres como Gloria Steinem y Dorothy Pitman-Hughes al timón sirviendo como modelos para los miles de mujeres para quienes habían abogado.

2. Desafío consciente y parcialidad inconsciente

Los estudios demuestran que las organizaciones y los equipos con equilibrio de género ofrecen resultados más sólidos y que las sociedades inclusivas son más progresistas, pero el arraigo de la parcialidad ralentiza el progreso de la igualdad.

Las organizaciones deben construir culturas donde todo el mundo se sienta valorado e incluido y pueda contribuir plenamente de acuerdo con sus capacidades.

Los individuos pueden comprometerse a aprender de sus prejuicios, ajustando su comportamiento según sea necesario y dando la bienvenida a diferentes experiencias y puntos de vista.

chatelaineEl ProQuest Women’s Magazine Archive contiene diversas revistas sobre consumo que, aunque ahora se consideran sobretodo publicaciones de estilo de vida, empezaron con una naturaleza más política o literaria. Un ejemplo sería Chatelaine, una revista canadiense que empezó a publicarse en 1928 y evolucionó durante el primer movimiento de la ola feminista como una revista altamente política. Los artículos sobre temas que van desde el papel de la mujer en los negocios y la gestión financiera hasta la acción y la identidad sexual son indicativos de los esfuerzos de principios del siglo XX por romper los prejuicios existentes de las mujeres en contra de sus propias inspiraciones para el éxito económico y social.

3. Llamada al liderazgo para el equilibrio de género

Las empresas con mujeres directivas superan como contrapartida la igualdad, el crecimiento neto de los ingresos y la relación precio-valor contable así como un sinfín de medidas no financieras.

Las Organizaciones deben garantizar que las mujeres se expongan a procesos y funciones estratégicas para obtener la experiencia necesaria para posiciones sénior y establecer metas cuantificables para designar mujeres para el liderazgo.

Los individuos pueden mostrar a los actuales empresarios o a los potenciales, que valoran y esperan el equilibrio del liderazgo de género. Deberían seleccionar los programas de liderazgo, patrocinio y tutelaje, el conocimiento de las funciones estratégicas y financieras y las redes integradas diseñadas para ayudar al avance de las mujeres.

wsjwomenLa cobertura de ProQuest Historical Newspaper de The Wall Street Journal empieza en 1889 e incluye a lo largo del siglo XX amplios informes acerca del rol de las mujeres en el mundo empresarial. Se informa en gran medida del tutelaje, la formación en liderazgo y las oportunidades del trabajo en red para mujeres. También cubre en gran medida las empresas y organizaciones que han hecho grandes avances en el tiempo para ser más inclusivos y acogedores con las mujeres.

4. Valorar las mujeres y las aportaciones de los hombres por igual

El aumento de la tasa de actividad femenina coincidiendo con la de los hombres tendrá un impacto positivo en el PIB tanto en las economías desarrolladas como en aquellas en desarrollo.

Las organizaciones deben asegurar que todos sus procesos de talento son equitativos, justos y que favorecen sus objetivos de paridad de género y diversidad.

Los individuos pueden buscar puntos de vista diferentes a los propios, dar prioridad a la construcción de diversos equipos y participar en redes mixtas que construyen relaciones de confianza.

whitehouseProQuest Executive Branch Documents ofrece acceso a documentos del gobierno publicados a lo largo del siglo XX sobre la contribución de las mujeres al crecimiento económico global y cómo las mujeres pueden ofrecer puntos de vista alternativos y diversos dentro del equipo de trabajo, conduciendo a mejores resultados. Un ejemplo es la Oficina de Estadísticas Laborales con una larga tradición de la publicación del Manual de Estadísticas Laborales que cuantifica varios aspectos de la economía relevantes a las decisiones de las mujeres para entrar o dejar los equipos de trabajo, y el efecto de las mujeres en el equipo de productividad.

 

5. Creación de culturas inclusivas, flexibles

Los trabajadores de ocho países clasificaron el trabajo flexible y la posibilidad de ser promocionados como lo más valorado en un trabajo potencial, después de un salario competitivo y los beneficios de éste.

Las organizaciones deben reconocer que las líneas entre la carrera profesional y la vida personal se están volviendo más fluidas. Deberían crear políticas progresivas, como el trabajo flexible que permitiera a todo el mundo —sin importar la edad, el género, el rango o la geografía, la gestión de su vida personal y profesional y hacer realidad sus ambiciones.

Los individuos pueden crear ambientes de confianza orientados al trabajo en equipo fomentando la flexibilidad laboral respaldando la elección de los tiempos, los lugares y las maneras de cómo se hace el trabajo.

The Vogumichelleobamae Archive de ProQuest rastrea el movimiento del equilibrio entre la vida personal-profesional de las mujeres en la última parte del siglo XX. Ya se trate de la cobertura de temas relacionados con la llamada mamá de familia o discusiones sobre lo que un número creciente de mujeres elegidas en el Congreso significa para nuestra cultura y sociedad, los artículos en Vogue destacan la importancia de las mujeres, en particular, el estrés del equilibrio entre vida personal-profesional y cómo se beneficia la sociedad en general, sin importar la estructura familiar o el género.

Bibliotecarios: Aprended más, solicitad un Análisis del Currículo gratuito, y firmad las pruebas gratuitas de los recursos para potenciar la investigación. Además, descargaros el folleto sobre Estudios de la Mujer.

(Los recursos anteriores son en inglés)

Vorteilhafte neue Ressourcen für Studenten, Forscher und Bibliotheken

germanwhatsnewJAN16ProQuest bietet Zugriff auf die weitreichendste und vielfältigste Auswahl an wissenschaftlichen Inhalten, die für Forschungserfolge ausschlaggebend sind.
Dazu zählen wissenschaftliche Zeitschriften, E-Books, Nachrichten,
Dissertationen, Arbeitspapiere, und ein erstaunlich breites Angebot an
sorgfältig digitalisierten Primärquellen und vieles mehr.

Einfach zu entdecken, und konzipiert, um das Lernen und Forschen im
akademischen Umfeld voranzutreiben und neue Forschungserfolge zu ermöglichen ist unser vorrangiges Ziel.

Bleiben Sie immer bestens informiert: über neue Produkte,
Weiterentwicklungen oder Serviceangebote.
> Herunterladen

雑誌のページに刻まれた歴史

JanuaryNewsletterMagazinesApples「Vogueを編集する楽しみの一つは、この雑誌の長い歴史に由来するのですが、常に時代の文化を特徴づける人、物事を変える人、その人の存在自体が世界の見方を形づくり、人々の見方に影響を及ぼすような人を取り上げることができることです。」
-Anna Wintour

Vogueの長い歴史の意味と同様のことが、Good Housekeeping、Ladies’ Home Journal、Redbook、Country Life、Harper’s Bazaarなど多くの雑誌にも当てはまります。ProQuestはこのほどVogue Archiveに続き、Women’s Magazine Archive(6タイトルのコレクション)、Country Life Archive、The Harper’s Bazaar Archiveを新たにリリースしました。女性の歴史、文化、ファッション、性別による役割、社会、建築などの研究に価値あるリソースです。詳しくは以下をご覧ください。

Women’s Magazine Archive
Domesticity, Gender Roles and Cultural Mores: Women’s Magazine Archive
News release

Country Life Archive
Extraordinary View into the Life of the British Upper Class
What History Students Ought to Know about Architecture
News release

The Harper’s Bazaar Archive
News release

この記事の原文はこちらから。

La storia raccontata al femminile in una rivista classica

“Collaborare con ‘Vogue,’ è particolarmente gratificante perchè mi permette di presentare la visione delle donne impegnate nella definizione della cultura del proprio tempo, ispirando e plasmando la realtà e il modo di interpretarla.”

-Anna Wintour

 

La consolidata tradizione di Vogue continua a ispirare riviste come Good Housekeeping, Ladies’ Home Journal, Redbook, Country Life e Harper’s Bazaar. Oltre all’Archivio di Vogue, ProQuest propone ora l’Archivio delle Riviste della Donna – ampia collezione di sei titoli, l’Archivio County Life/ Vita all’Aperto, e l’Archivio dell’Harper Bazaar per i ricercatori che si occupano di storia, cultura, moda, ruoli di genere, società e architettura – tutto al femminile. Troverai nei prossimi paragrafi alcune informazioni aggiuntive su questi archivi.

JanuaryNewsletterMagazinesApples

ProQuestが19世紀と20世紀の女性の役割と家族の変遷を記録する雑誌を電子化

研究者の要望に応えるWomen’s Magazine ArchiveProQuest

【米国・ミシガン州アナーバー:2016年1月14日】ProQuestは女性誌の中でも最も初期に発行された6誌を創刊号から電子化し、研究者に世紀と20世紀の歴史と文化にユニークな視点をもたらします。Women’s Magazine Archiveは、Good HousekeepingやBetter Homes & Gardens、またLadies’ Home Journalなど、ジェンダー研究や社会史、マーケティング、ファッション、メディア、その他の研究に価値のあるタイトルを収録しています。ProQuestプラットフォームでは、これらのリソースを新聞、学位論文、定期刊行物やレポート類など、そのほかのリソースや学術コンテンツとともにリサーチすることが可能となり、研究者や学生、教員にリサーチにおける新たな視点を提供します。

このデジタルコレクションにより、これまで課題だった研究資料における空白部分の補充が期待できます。「19世紀から20世紀にかけて出版された女性向け消費者雑誌はジェンダーロールや文化における社会的規範の変化について新たな視点を見出す豊富な記録が含まれています。消費者雑誌の保存を行ってきた図書館が少なかったことや、消費者雑誌の十分なアーカイブをオンラインで提供するサービスがなかったことから、この分野のアーカイブ資料を取得するのはこれまで困難でした。このサービスが実現したのは、これらの雑誌の記事や広告に収録される情報は、家族の生活や家政学、健康、キャリアやファッション、文化に関するものである、という研究者からの強い要望により実現したものです。」とProQuest Information SolutionsのProduct ManagementでVice Presidentを努めるSusan Bokernは述べています。

このアーカイブの収録雑誌は次の通りです。

  • Better Homes & Gardens (1922 to 2005)
  • Chatelaine (1928 to 2005)
  • Good Housekeeping (1885 to 2005)
  • Ladies’ Home Journal (1883 to 2005)
  • Parents (1926 to 2005)
  • Redbook (1903 to 2005)

これらの雑誌は表紙から背表紙まで全て高解像度のカラーで電子化され、各ページの詳細を確認することが可能です。記事単位の詳細なインデックスは効率的な検索とナビゲーションを実現します。月刊の出版形式で収録されたアーカイブ資料は社会と歴史、また文化的トレンドの変化を時系列に追跡できる豊富な情報ソースです。

Women’s Magazine Archiveの最初のコレクションは最大85万ページの収録を予定しています。リリース時で21万ページの収録を完了しており、2016年中旬に収録を完了する予定です。続くふたつめのコレクションは2016年下半期にリリースを予定しており、CosmopolitanやWomen’s Dayをはじめとする米国雑誌を6タイトル収録予定です。

ProQuest (www.proquest.com)について

ProQuestは、質が高く信頼性の高い情報と人を結び付ける、学術情報ソリューションサービスを提供しています。学術リサーチを支援するサービスは、学位論文、政府刊行物や文化的出版物のアーカイブ、ニュース、歴史的コレクションや電子書籍など広範囲に及び、図書館における知識のゲートウェイとして利用されています。また、ProQuestはコンテンツ提供にとどまらず、利用者の学術検索における重要なポイント-情報の発見、アクセス、共有、創造と管理に差的な環境の追及と実現を目指しています。

さらに、クラウドベースの技術は、ProQuest®、Bowker®、Coutts® Information Service、Dialog®、ebrary®、EBL®、SIPX®などビジネスユニットを超えて、図書館員、学生、研究者など学術情報に関わる人々にフレキシブルなソリューションを提供します。また、ディスカバリーサービスでもトップクラスのSummon®や文献情報管理プラットフォームであるRefWorks®、MyiLibrary® ebookプラットフォーム、研究支援情報ツールPivot™、図書館サービスプラットフォームIntota®など業界でも画期的なリサーチツールの開発も積極的に行っています。米国ミシガン州Ann Arborに本社を置く、世界各国にオフィスを有するグローバル企業です。

このプレスリリースの原文はこちらから。

ProQuest 推出女性雜誌回溯檔案資料庫

Jane Jiang | 譯

womens-magazine-archive針對女性讀者的消費者雜誌被認為是從多方面瞭解19、20世紀歷史與文化的重要的第一手資源。但是要找到並查詢這些過刊卻是相當的困難。

Women’s Magazine Archive(女性雜誌回溯檔案資料庫)提供了對這一類型資源中最重要刊物的完整回溯內容的訪問,其中包括《好管家》(Good Housekeeping)和《婦女家庭雜誌》(Ladies’ Home Journal),它是對不斷演化性別角色和文化習俗的權威的記錄。裡面收錄的其他刊物各有一個側重的特定主題,但對許多研究領域提供有價值的內容。例如《家長》(Parents)對研究兒童教育、心理和健康等領域具有特殊意義,同時它也反映了更廣泛的社會歷史發展趨勢。

這些刊物涵蓋了家庭生活、家政、健康、事業、時尚、文化和很多其他主題;這些材料適用於多領域研究,從性別研究、社會歷史、藝術、到教育、政治以及市場/傳媒歷史。

Women’s Magazine Archive收錄的所有雜誌從封面到封底每個頁面都經過高解析度彩色掃描(如原紙本刊物是彩色印刷),以確保忠實地呈現其紙本原來的樣子,即使那些非文章的部分,比如廣告也如實重現在資料庫中。詳細的文章級別索引,以及文檔特徵標記,實現了高效的檢索和內容導航。資料庫中收錄的刊物包括:

  • Better Homes & Gardens (1922 至 2005年)
  • Chatelaine (1928 至 2005 年)
  • Good Housekeeping (1885 至 2005年)
  • Ladies’ Home Journal (1883 至 2005 年)
  • Parents (1926 至 2005 年)
  • Redbook (1903 至 2005 年)

所有這些刊物都是按月出版的,它們的回溯內容覆蓋的年份從78年到123年不等;每一種刊物提供豐富的材料證明某一個跨越幾十年的歷史階段期間不斷變化的社會、歷史和文化潮流。

ProQuest 推出女性杂志回溯档案数据库

Jane Jiang | 译

womens-magazine-archive针对女性读者的消费者杂志被认为是从多方面了解19、20世纪历史与文化的重要的第一手资源。但是要找到并查询这些过刊却是相当的困难。

Women’s Magazine Archive(女性杂志回溯档案数据库)提供了对这一类型资源中最重要刊物的完整回溯内容的访问,其中包括《好管家》(Good Housekeeping)和《妇女家庭杂志》(Ladies’ Home Journal),它是对不断演化性别角色和文化习俗的权威的记录。里面收录的其他刊物各有一个侧重的特定主题,但对许多研究领域提供有价值的内容。例如《家长》(Parents)对研究儿童教育、心理和健康等领域具有特殊意义,同时它也反映了更广泛的社会历史发展趋势。

这些刊物涵盖了家庭生活、家政、健康、事业、时尚、文化和很多其他主题;这些材料适用于多领域研究,从性别研究、社会历史、艺术、到教育、政治以及市场/传媒历史。

Women’s Magazine Archive收录的所有杂志从封面到封底每个页面都经过高分辨率彩色扫描(如原纸本刊物是彩色印刷),以确保忠实地呈现其纸本原来的样子,即使那些非文章的部分,比如广告也如实重现在数据库中。详细的文章级别索引,以及文档特征标记,实现了高效的检索和内容导航。数据库中收录的刊物包括:

  • Better Homes & Gardens (1922 至 2005年)
  • Chatelaine (1928 至 2005 年)
  • Good Housekeeping (1885 至 2005年)
  • Ladies’ Home Journal (1883 至 2005 年)
  • Parents (1926 至 2005 年)
  • Redbook (1903 至 2005 年)

所有这些刊物都是按月出版的,它们的回溯内容覆盖的年份从78年到123年不等;每一种刊物提供丰富的材料证明某一个跨越几十年的历史阶段期间不断变化的社会、历史和文化潮流。

CN Site promotion