Posts Tagged ‘Visual History Archive’

A complexa história dos sobreviventes do Holocausto na América Latina

Um novo projeto de pesquisa centra-se nas perspectivas dos imigrantes judeus na América Latina, enquanto a região faz manchetes de notícias para os últimos laços nazistas

Uma equipe de pesquisa foi convocada recentemente para a primeira Semana de Pesquisa Interdisciplinar da Universidade da Califórnia do Sul (USC). Esses estudiosos delinearam um projeto colaborativo centrado no uso do Visual History Archive na exploração de perspectivas de sobreviventes do Holocausto na América Latina.

Inspirados por este trabalho, compartilhamos alguns destaques de sua apresentação e exploramos brevemente as tensões culturais e políticas para as populações judaicas na América Latina, bem como a forma como essa história está reaparecendo nas notícias recentes com a descoberta de objetos nazistas escondidos em Buenos Aires.

Pesquisando perspectivas pessoais de sobreviventes do Holocausto na América Latina

Em agosto, um grupo de estudiosos interdisciplinares da América Latina reuniu-se na Centro da Fundação Shoah para Pesquisas Avançadas sobre o Genocídio da USC para discutir um projeto inovador envolvendo testemunhos do Visual History Archive (VHA).

A partir de uma diversidade de disciplinas e especialidades sobrepostas – incluindo história, filosofia, literatura, artes visuais e estudos de memória – esses sete estudiosos delinearam a importância de estudar testemunhos de sobreviventes do Holocausto para insights sobre as populações judaicas que chegam na América Latina antes, durante e depois da Segunda Guerra Mundial.

A América Latina foi um destino significativo para os imigrantes judeus, mas as experiências individuais de judeus na Argentina, no Chile, na Colômbia e no México foram amplamente ignoradas na historiografia do Holocausto. No entanto, os depoimentos da VHA estão permitindo que esta equipe de pesquisa analise comparativamente as experiências e narrativas individuais dos sobreviventes do Holocausto nesses países.

Em sua apresentação, intitulada “Sobreviventes do Holocausto na América Latina: Memórias de Mobilidade, Migração e Integração”, a equipe delineou o foco de seu projeto investigando estas questões:

  • Quais foram as experiências de sobreviventes relativas à mobilidade, migração e integração?
  • Quais os significados que os sobreviventes atribuem às suas experiências?
  • Como os contextos nacionais e culturais aparecem nas narrativas dos sobreviventes??

A partir destas questões, os pesquisadores compartilharam vários temas principais que emergem da análise dos testemunhos até agora, direcionando o futuro do esforço colaborativo: locais de origem, trajetórias, processos de migração e motivos de migração; redes de ajuda; condições do local de destino (incluindo clima, comida, política, anti-semitismo e xenofobia); primeiras impressões e encontros (vizinhos, escolas, trabalho, comunidades); alteridade e identidade; cidadania e pertencimento.

Para um senso de contexto histórico em torno deste novo projeto de pesquisa, exploramos brevemente o clima cultural na América Latina com a chegada dos sobreviventes do Holocausto.

Tensões culturais e políticas para populações judaicas na América Latina

Ilan Stavans, professor de espanhol no Amherst College, escreveu em um artigo de 2001 intitulado “O Impacto do Holocausto na América Latina”,  que “os imigrantes judeus em novas terras sempre se esforçaram para equiparar-se e se tornarem cidadãos plenos. Mas aqueles que fugiram para a América hispânica enfrentaram um tipo particular de anti-semitismo.” Desde a Idade Média, ele explicou, o conceito de “pureza de sangre”, pureza de sangue, foi usado por “cristãos antigos para denegrir convertidos indiferentes” principalmente ex-judeus.

Stavans acrescenta que “mesmo em territórios onde os judeus não foram ativamente perseguidos, a xenofobia contra aqueles que não são genealogicamente católicos romanos ainda é onipresente”, e descreve como, em sua juventude no México, os membros judeus da comunidade eram tratados com suspeita.

Um afluxo de sobreviventes judeus do Holocausto chegou à América Latina nos anos 40 e 50 – o maior deles, cerca de 100 mil, se instalando na Argentina. Stavans ressalta: “muitos imigrantes judeus que sobreviveram ao Holocausto e chegaram à América Latina enfrentaram uma triste ironia: eles se viram vivendo com fugitivos nazistas frequentemente visíveis que também encontraram o caminho para lá”.

Líderes como o influente general da Argentina, Juan Peron, simpatizavam com ideologias fascistas e esperavam ganhar conhecimentos militares desses fugitivos. Laurence Norman escreveu em um artigo do Washington Post de 2001 que “1.500 ex-nazistas de alto escalão foram autorizados a entrar na Argentina em um momento em que os refugiados judeus tiveram que se esgueirar através do Paraguai e do Uruguai”.

Os mais conhecidos desses oficiais nazistas que escaparam para a América Latina foram o médico de Auschwitz, Josef Mengele, conhecido como “O anjo da morte”, Klaus Barbie, apelidado de “Carniceiro de Lyon” porque ter pessoalmente torturado prisioneiros franceses da Gestapo e o “técnico da morte” de Hitler, Adolf Eichmann, um dos principais organizadores do Holocausto, que residiu em Buenos Aires sob o nome de Ricardo Klement até sua captura por agentes israelenses em 1960.

A Argentina e o Holocausto em notícias recentes

Em julho de 2017, o Ministério das Relações Exteriores da Argentina entregou ao Museu Memorial do Holocausto dos Estados Unidos em Washington cerca de 40.000 documentos sobre a Segunda Guerra Mundial, alguns deles relacionados a criminosos nazistas.

The Times of Israel reportou que esses documentos incluem cartas, telegramas, artigos de jornais, notas e relatórios produzidos pelo Ministério das Relações Exteriores da Argentina entre 1939 e 1950.

O artigo também menciona a recente descoberta de um tesouro de objetos nazistas descobertos no início do mês pela Polícia Federal da Argentina. De acordo com o New York Post, essas peças – 75 no total, incluindo um baixo relevo de Adolf Hitler, um dispositivo médico usado para medir cabeças e capas de lupa embutidas com suásticas – foram encontrados em uma sala escondida na casa de um colecionador de arte fora Buenos Aires.

Uma investigação para determinar a origem desses objetos está em andamento.

Sugestões para pesquisa adicional:

Nouwen, M. L. (2013). Oy, my buenos aires: jewish immigrants and the creation of argentine national identity.

Klich, I., & Lesser, J. (Eds.). (1998). Arab and jewish immigrants in latin america: images and realities.

Brodsky, A., & Rein, R. (Eds.). (2014). The new jewish argentina: facets of jewish experiences in the southern cone.

Gleizer, D. (2013). Unwelcome exiles: mexico and the jewish refugees from nazism, 1933-1945.

Agosín, M. (Ed.). (2005). Memory, oblivion, and jewish culture in latin america.

Stavans, I. (Ed.). (2016). Oy, caramba!: an anthology of jewish stories from latin america.

ProQuest Historical Newpapers – Jewish American Newspapers
A imigração judaica explodiu no início do século 20 quando dois milhões de judeus da Europa Oriental fugiram de sua terra natal para os Estados Unidos em busca de trabalho. Como os judeus ajudaram a transformar a cultura americana, a América também transformou o pensamento judaico e reformou sua prática religiosa. Cada um dos Historical Newspapers: American Jewish Newspapers permite aos pesquisadores investigar o surgimento do sionismo e a formação de políticas norte-americanas em direção ao estado de Israel, complementadas por títulos de Historical Newspaper, incluindo o The Guardian e o Jerusalem Post.

Twentieth Century Religious Thought, Volume III: Judaism
Uma reunião de 100.000 páginas das obras mais importantes e fontes primárias para o estudo do judaísmo, incluindo vozes de regiões do mundo. Estes incluem trabalhos relacionados aos estudos pós-Holocausto de Emil Ludwig Fackenheim (To Mend the World: Foundations of Post-Holocaust Jewish Thought and The Jewish Bible After the Holocaust: A Re-reading), Berel Lang (Post-Holocaust: Interpretation, Misinterpretation, and the Claims of History) e Zachary Braiteman ([God] After Auschwitz: Tradition and Change in Post-Holocaust Jewish Thought).

Visual History Archive 
Sobreviventes e testemunhas do Holocausto e outros genocídios compartilharam suas histórias e experiências em uma coleção de mais de 55.000 entrevistas audiovisuais de duas horas com o USC Shoah Foundation Institute for Visual History. A ProQuest tem a honra de trabalhar com o USC Visual History Archive, oferecer este material em sua totalidade a um público mais amplo e contribuir com transcrições de qualidade arquivística de todos os depoimentos. Assista aos vídeos e saiba mais.

Fontes:

Argentina delivers thousands of WWII-era documents to US holocaust museum. (2017, Jul 30). The Times of Israel.

Norman, L. (2001, Mar 04). Argentina, once nazi haven, faces up to holocaust; elderly jewish survivors tell students about wartime lives. The Washington Post.

Moore, M. (2017, Jun 21). Nazi cache in argentina. New York Post.

Stavans, I. (2001). The impact of the holocaust in latin america. The Chronicle of Higher Education, 47(37), B7-B10.

Stroud, Martha. (2017, September 5). 2017 Interdisciplinary Research Week Lecture Summary.

 

大量虐殺の警告を無視した国際社会

20年前のルワンダの残忍な民族過激主義に今も苛まれる司令官

1993年、ロメオ・ダレール司令官は国連平和維持活動の小さなミッションのためルワンダに向かいました。しかし到着から1年もしないうちに大きな事件が起こります。内戦の後、ツチ族はフツ族が支配する政府内での実権を約束されました。しかし武器や砲弾などがフツ族の民兵に流れてしまいます。ツチ族には政府に身分登録をする義務があり、また常に身分証明書を持ち歩かなければなりませんでした。これがツチ族虐殺につながる大きな原因となりました。

ダレールは悪化していく残虐行為に警鐘を鳴らします。しかし彼が出した追加部隊の要請は無視されました。それどころか彼の部隊の人員がカットされてしまいます。虐殺行為がエスカレートするなか、海外駐在者などの国外居住者がルワンダ国外に避難しました。この100日間にわたる恐ろしい日々に、約80万人がルワンダ軍とフツ族の民兵によって殺されたとされています。

「私は司令官でしたが、何十万人もの人が死にました。『最善をつくした』などという慰めになるような言葉すら見つかりません。」とダレールはPBS Frontlineのドキュメンタリー、Ghosts of Rwanda (ルワンダの亡霊)で述べています。

ダレールはルワンダでの恐ろしい経験によりその後PTSDと診断され、アルコール依存症と自殺性鬱病に苦しみました。これらの苦しみや、少年兵や兵役実務、また大量虐殺などに関わる問題について率直に語る彼の姿から、ダレールが献身的な人権運動家であることがわかります。カナダ上院議員を務めた後、彼は知性に基いた軍事リーダーシップの教育と、人権が侵害された場合は介入が必要であると提唱する国連アドバイザーとして活躍しています。

「何ということだ。大量虐殺じゃないか。」

2011年、ダレールはルワンダでの経験を証言としてUSC Shoah Foundation Visual History Archiveに提供しました。絶望的な資源不足、準備不足、そして激しい紛争に介入するには不十分な権限しか与えられないままルワンダに着任し、平和維持活動を努めるには圧倒的に情報不足であった当時の状況を詳しく述べています。ダレールに任された平和維持のミッションは、和平協定のルールに従いフツ族統治政府とツチ族の反乱を含め、両方の部族を観察し報告するもので、難しいものではありませんでした。

しかし、ダレールが自ら費用を負担して得た情報はフツ族過激派の動きを報告するものでした。ツチ族のエリートによる暫定政府は膠着し、暴動、暗殺、そして「小規模な虐殺」のターゲットとなりました。国連はダレールの着任機関を6週間のみ延長し、しかしそれまでに何らかの解決策がとられない場合は、彼の部隊を撤退させると伝えます。

彼は考え続けます。「なぜこの危機が広がるのを止めないのか。なぜこの事態を国連が重要事項としないのか。なぜもっと政治的支援を受けられないのか。」

「これらの答えを得ることはできませんでした。」

国連がユーゴスラビアやコソボのような紛争を優先させる一方で、ルワンダでの殺戮は無差別殺人へと変貌していきました。何万人もの一般市民までもが身分証明書の提示が義務づけらた場所で殺されました。多くの場合、ツチ族はマチェーテと呼ばれる山刀で襲われました。

ジュネーブ条約の内容を確認しながら、ダレールは目の前の過酷な現実をつきつけられました。しかしなすすべがあったでしょうか。「私たちは45年間近くも政府の支援を受けながら、ユダヤ人コミュニティによりホロコーストについて社会的教育を受けてきました。二度と起こさない、という政治的キャンペーンも行っています。このようなことは単純に起こってはいけないことなのです。とても想像できることではありません。」

しかし現実はこれを裏切りました。「何ということだ。大量虐殺じゃないか。」

ダレールは被害の可能性があった人々を3万人以上保護しましたが、絶対的な支援強化が必要でした。民兵の殺人行為を止めるために5,000人規模の部隊を要請し、1週間もの交渉の末に許可を得たにも関わらず、誰もこの部隊に参加したがりませんでした。彼は大きなリスクを伴いながら報道陣の前で国際社会に対する非難を述べました。しかし出版された記事では紛争についての詳細は大幅に削除されてしまったのです。

「ルワンダで起きていることを誰も報道しませんでした。些細なことにされてしまった。」

未来への希望

ダレールの証言は約3時間に及んでいます。語られるテーマは大変厳しく、ダレールは時にぶっきらぼうに、また傷つきやすい様子を見せながら議論しています。会話の方向性に明らかに苛立っている様子も見られました。このようなところもダレールの人間性が表れており、インタビューを非常に説得力のあるものにしています。

この証言の最後に、ダレールは「ふぅーっ」と音を立てるように息をしています。ルワンダで経験したフラストレーションや荒廃した状況、そして自分の無力感を長時間にわたって思い出すことは彼にとって大変な負担に違いありません。しかし、ダレールはこの経験を生涯の仕事としました。彼のメッセージは思慮深く、静かな切迫感を強調します。彼の著書や様々な講演、アドバイスとその姿勢のおかげで、私たちは彼の経験から学ぶことができるようになりました – ルワンダで起こったことは、どこにも誰にも、もう二度と起きることのないように。

未来に対して、皮肉的で冷酷な姿勢に転ずることのほうが、彼にとっては簡単だったかもしれませんが、ダレールは未来について希望を捨てていません。その大きな理由は、世界中に増えている国境に縛られない生き方をする若い世代です。「彼らにとって国境は面倒なものでしかありません。」

国際的なコミュニケーションを可能にしたスカイプや旅行の利便性を向上させたテクノロジーのおかげで、若者は自らをグローバル市民であると認識しています。彼らにとって世界はもっと親密なもので、世界的な出来事はより即時性を伴ったインパクトを持っているのです。

「彼らは人権を良く理解しています。」ダレールは続けます。「いつでもスカイプでつながりたい相手につながれるし、結果つながる向こう側の相手も人間だということに気が付く。人権は全ての人間に存在することに気が付くのです。」

ダレールはこれをひとつの革命だとし、まだ始まったばかりではあるものの将来の重要なファクターとなることを予想しています。より多くの共感があれば、人権侵害を見て見ぬふりをすることはそう簡単ではなくなるはずです。


Visual History Archive
ホロコースト(1939-1945)、アルメニア人虐殺(1915-1923)、南京大虐殺(1937)、ルワンダ虐殺(1994)、ガテマラの内戦(1978-1996)、中央アフリカ内戦(2012-Present)の生存者と目撃者、また現代の反ユダヤ主義に関する証言や経験をUSC Shoah Foundation InstituteのVisual Historyのために約2時間の動画インタビューに収録し、55,000のコレクションにまとめたものです。

ルワンダ内戦をさらに知るためのリソース
Ghosts of Rwanda : ルワンダ内戦による虐殺から10年の節目に作製された2時間のドキュメンタリー。米国および国際社会の介入拒否の結果、フツの過激派により80万人におよぶルワンダ人が組織的に捉えられ、殺された大量虐殺についての番組。Alexander StreetのAcademic Video Onlineに収録。

ルワンダ着任中のダレールの記憶、Shake Hands with the Devil: The Failure of Humanity in Rwanda、また、国連ニューヨーク本部へのルワンダに関する報告書: Alexander Streetのデータベース、Human Rights Studies Onlineに収録。

学位論文:

研究のために明らかにされた、女性が経験したホロコースト

ラーフェンスブリュックの生存者が自ら語る恐怖

ラーフェンスブリュック強制収容所はホロコースト最大の女性収容所でしたが、第二次世界大戦後はほとんど忘れ去られていました。しかし、専門家が厳選した一次資料により、ほかの資料では得ることが難しい情報を閲覧することが可能になりました。生存者が語るインパクトのある証言ビデオと過去の新聞記事の組み合わせで、ジャーナリズムが描く様々な場面に個人的な経験が重なり、研究者は体験者の立場に立ったリサーチを進めることができるようになったのです。

ジュディス・ベッカー達は、ラーフェンスブリュックで地獄のような一夜を過ごした後、別の場所に移送されました。Visual History Archiveに収録された証言の中で、彼女は倉庫のような場所に大勢の女性が詰め込まれ、全員が立つのに十分な隙間がないほどだったことを思い出しています。ベッカーたちは順番に頭上に人を持ち上げなければならなかったと述べており、また、新鮮な空気が不足していたため人々は息が苦しくなっていました。飲み物や食べ物はもちろんあるはずがありません。

また、オルガ・アスターたちは列車から降ろされてラーフェンスブリュックまでの長い道のりを歩かされました。骨と皮ばかりに痩せた人々で一杯の地獄のような場所にたどり着き、そこに長い間収容されたと言います。彼女は「私は絶対にあんなふうにはならない、と自分に言い聞かせた。」と証言の中で語っています。彼女また、他の2人の女性と一緒にひとつの狭いわら布団に寝かされ、毎日午前2時か3時に起きると収容所の建物の外に出て人数を数えられました。アスターの記憶によると、全部で8万6,000人の女性が収容されており、毎日2回人数を数えられ、数が合わないと最初からまた数えられたと言います。女性たちは毎朝、前の晩に死んだ者を外に運び出さなければなりませんでした。死体も数えられる必要があったからです。

「私たちは、生きている者たちが死者を羨むような環境で生きていました」 – オルガ・アスター

アスターの記憶では、「選ばれた」収容者が毎週、病気や虚弱や衰弱のために働けないという理由で殺されました。その数は、収容所に新たに到着した人数と同じだったと言います。彼女はアウシュビッツから移送されてきた女性の一群がラーフェンスブリュックの惨状に恐れおののき、空腹であるにもかかわらず収容者にあてがわれている「水っぽいスープを飲みたがらなかった」ことを記憶していました。

収容者にはごくわずかな食べ物しか与えられず、アスターは収容所から解放されて何十年経っても悪夢を見続けました。1枚のパンが自分の胸の上に置かれているのに、夢の中の彼女の腕は切断されており、パンを口に運ぶことができないという夢です。

収容所の建物の中で彼女のグループは隔離されていたとアスターは言います。そのため、収容所の他のエリアで何が起きているのか全く知りませんでした。同様に収容所の外部でも、収容所の中で何が起きているのか知ることはありませんでした。1942年の夏、ナチスの医師が86人の収容者を対象に本人の合意もなしに医学的な人体実験を開始します。この86人は大半がポーランド人の政治犯で、虐待者たちから「lapin」(ウサギ)と呼ばれていました。

74人のポーランド人被験者のうち、5人はこの実験で死亡し、4人は実験で受けた傷が治らずに殺されました。残りは収容者仲間が介抱して何とか生き延びましたが、生涯にわたる身体的障害が残りました。1946年に行われた医者裁判では、4人の生存者がナチスの医師に対して証言を残しています。

医者の裁判

1946年10月26日のLos Angeles Times紙は「人体実験の罪で、23人のナチ党員が裁判を受ける」と報じました。「第三帝国で最も著名な内科医と外科医」の一部が「強制収容所に収容された数千人もの人々を、不合理かつ拷問のような実験で殺害した」罪で告発されたためです。

これらの医師の中にはHerta Oberhauserも含まれていました。彼女は被告の中で唯一の女性で、ラーフェンスブリュックの主任内科医を務めていました。ラーフェンスブリュックでは「戦場で負う傷を収容者に再現し、ガラス片、木片、ガス壊疽菌、破傷風菌を傷に埋め込む」実験が行われていました。

1946年11月30日のLos Angeles Times紙は「ラーフェンスブリュック強制収容所所員の裁判が始まり、24人の勇気ある女性が12月5日に(ハンブルグで)自分たちを虐待した人間たちと対面する」と報じ、この出来事の重要性を次のように説明しています。

証人となる女性たちは、戦時中にラーフェンスブリュックの地獄を経験した15万人の女性の中にいた連合国人、オーストリア人、ドイツ人の女性である。「おそらく史上最大規模の女性強制収容所」と正式に認められたラーフェンスブリュックでは、毒ガスによる大量虐殺が行われ、当局によると5,000人の女性がガス室で殺害されたほか、収容者の女性に対して残酷な人体実験や言語に絶するような多くの拷問が加えられた。

1946年12月20日に2人の被害者が証言台に立って足の傷を見せると、同紙は女性が証言した恐ろしい内容を詳細に報じました。
厳しい裁判は1947年8月に結審し、23人の被告のうち7人が無罪、同じく7人が死刑判決を受け、残りは懲役10年から終身刑までの判決を受けました。Herta Oberhauserは懲役20年の判決を受けましたが、服役5年後に服役態度が良好なため釈放されています。

参考文献:
Helm, Sarah, Martin Richter, Annabel Zettel, and Michael Sailer. Ohne Haar und ohne Namen, edited by Sarah Helm, et al., Konrad Theiss Verlag GmbH, 2016. ProQuest Ebook Central.

Lanckoronska, Karolina. Michelangelo in Ravensbrück, edited by Karolina Lanckoronska, Da Capo Press, 2008. ProQuest Ebook Central.

Saidel, Rochelle G.. Jewish Women of Ravensbrück Concentration Camp, edited by Rochelle G. Saidel, University of Wisconsin Press, 2006. ProQuest Ebook Central.

リソース:
Visual History Archive
USC Shoah Foundation Institute for Visual HistoryのVisual History Archiveは、ホロコーストをはじめとする集団虐殺の生存者と目撃者が見聞した事実や体験などを語ったインタビュー動画を5万4,000件、約2時間にわたり収録したコレクションです。ProQuestはUSC Visual History Archiveとの協力のもと、すべての証言を記録に適したクオリティで活字化し、多くの人に提供できることを光栄に思います。Visual History Archiveの動画と詳細についてはこちらからご確認ください。

Los Angeles TimesProQuest Historical Newspapersに収録される新聞アーカイブコレクションです。
ProQuest Historical Newspapersは世界でも主要な新聞45紙以上の紙面イメージを創刊号から電子化する、新聞デジタルアーカイブの決定版です。数百年を遡って歴史を報道の観点から調べることが可能です。

これら全てのリソースについてのお問い合わせはこちらよりお気軽にご連絡ください。
1ヶ月間の無料トライアル、またご導入までのご相談も承っております。

 

集団虐殺の証言ビデオから貴重な洞察を得る学生

「これらの証言は過去の出来事を歴史という領域から、人間の領域に置き直すものです」
– Amy Simon, Michigan State University

集団虐殺を生き延びた人々の証言ビデオを利用して、様々な研究分野の学習や研究で新たな洞察を得ようとしている大学は増えており、Michigan State Universityはそのような大学のうちのひとつです。同大学は学生、職員、研究者にUniversity of Southern California(USC)Shoah Foundation’s Visual History Archive*を提供しています。これは集団虐殺の目撃者と生存者の目撃証言を集めた世界最大のコレクションですが、現在ProQuestから提供しています。

「ホロコーストの生存者と直接話せる時代は終わりつつあり、口頭証言はホロコーストに関する極めて重要な歴史的・情緒的真実を提供しています。」Michigan State University(MSU)のWilliam and Audrey Farber Family寄付研究教授としてホロコーストと欧州ユダヤ人史を研究するAmy Simonはこのように述べています。

彼女はさらに、「様々な分野の教員が、このアーカイブを通じて研究を深めることに関心を持っています」と語ります。「私達はみな、歴史、言語、経済、トラウマ研究、文学などの研究をまとめる際に、この口頭証言で従来利用してきた文字資料を補完したいと考えています。私達の多くは授業でもこれらの証言を利用し始めており、学生に自分自身の研究でそれらを徹底的に調べるように指導しています。

この特徴的な一次資料を利用してMSUの学生がどのように研究や学習を深めているのか、Simon教授に詳しく説明してもらいました。

Q:様々な分野の教員がVisual History Archiveを通じて研究を深めることに関心を持っているとのことですが、どのように活用されているのか、いくつか実例を挙げて下さい。
A:農業・食糧・資源経済学部のある教授は、この証言を集団虐殺の経済学を検証する目的で使っています。言語学・語学部のある教授はドイツ語の授業で使用しています。

Q:授業ではどのようにこの口頭証言を利用し、学生によるリサーチでの利用を促していますか。
A:私は学生を図書館に連れて行き、このアーカイブのアクセス方法や利用方法を図書館員が説明する入門コースに参加させました。

それ以降、多くの学生がこの口頭証言を一次資料として使って研究プロジェクトを進めています。テーマはホロコースト後の宗教や、ホロコースト回想録を執筆するきっかけなどです。

Q:あなたが授業でこのアーカイブを使用した例をいくつか挙げて下さい。
A:先学期の初めに、私はブーヘンヴァルト強制収容所を解放した米軍兵士のうちの一人の証言をクラスで見せました。その兵士は情景や臭い、仲間の多数の兵士の信じられないような反応を説明してその場の恐怖を表現しました。

強制収容所の実際の目撃者を見て、話を聞いた学生は強い情緒的インパクトを受け、ホロコーストの非道さをより深く実感できました。

Q:「Visual History Archiveの証言は学生にどのような影響を与えていますか。学生と資料のつながりはどうですか。」
A:これらの証言は過去の出来事を歴史の領域から取り出し、人間の領域に置き直すものです。
生存者や目撃者の情緒的な反応を経験した学生は情緒的な影響を受けます。その結果、学生は個人的なレベルで証言とつながるようになります。また、インタビューの最後にしばしば家族のトラウマが続いていることが明らかになるのですが、学生はその話からも影響を受けています。

また、学生は、証言がすぐに理解できる要素と繊細な要素の双方において豊かな内容を含むものであることに気がついています。学生は生存者が表現する言葉や感情に注目するだけではなく、証言を行っている状況やビデオに映る家族にも反応しています。インタビューは通常、生存者のリビングルームで撮影されているのですが、学生は背景に写った写真などについてコメントします。このような細かい観察から、学生は結論を導き、自分が見たものと個人的なつながりを持つのです。

* Visual History Archive
このコレクションは、ホロコースト(1939~1945年)、アルメニア人大量虐殺(1915~1923年)、南京大虐殺(1937年)、ルワンダ・ツチ族虐殺(1994年)、グアテマラ集団虐殺(1978~1996年)の生存者と目撃者がUSC Shoah Foundation Institute for Visual Historyに体験を語った2時間のインタビュー動画を5万4,000件収録しています。

ProQuestはUSC Visual History Archiveと連携し、これら口頭証言ビデオとすべての証言のトランスクリプトをアーカイブに適した品質で提供する唯一のベンダーです。USC Visual History Archiveのデモンストレーションビデオと詳細はこちらからご確認いただけます。

画像:
撮影者の説明:生き残ったB1キャンプ収容者の様子
撮影地:ビルケナウ強制収容所
撮影者の場所説明:ポーランド、オシフィエンチムで1992年6月に撮影
撮影者:Duane Mezga
撮影国:ポーランド(国)
州:シロンスク(県)
市:オスフィエンチム(居住地)
URL:https://dmhsp.lib.msu.edu/islandora/object/dmhsp%3A587

トライアルリクエスト

プロクエストモバイルサイト

USC Visual History Archiveの詳細なお問い合わせ、またトライアルのご要望も承っています。こちらからどうぞ。

ホロコースト生存者の口述歴史が語る同性愛者の歴史

ビデオ証言が描き出す知られざる迫害の物語

The USC Shoah Foundation Visual History Archiveに収録されるホロコーストを生き抜いた同性愛者の証言

歴史的認識とその理解を遅らせるほどのわずかな資料

Michigan State Universityに通うNatalie Munsanteが「アメリカでホロコーストでの同性愛者に関する記録が多くないのはなぜか」について調べていたとき、調査に利用できる一次資料が不足していることに気がつきました。

その理由は、同性愛はドイツでは1994年まで犯罪とされたこと、またホロコーストを生き抜いた同性愛者が非常に少なく、第二次世界大戦後にその経験を語り継ぐことが非常に難しかったからです。強制収容所の解放以後も同性愛者であることを理由に再度逮捕され、ナチスの証言により刑務所に収容されるケースが起こりました。

政府は1980年-90年代にホロコーストでのこのような被害者を認識するに至り、数少ない生存者から彼らの経験を聞くことが可能となりました。

2000年までに分かったこれらの生存者数は10人以下とされています。

生存者の言葉を聴く

生存者から直接話を聞くことで、残酷ないじめと同性愛者のコミュニティで行われていた「実験」と呼ばれる行為の詳細とともに、セクシュアリティに関わる人間の葛藤と苦悩が明らかとなりました。

1986年、Richard PlantによるThe Pink Triangle: The Nazi War Against Homosexualsがこのトピックを総合的に扱った初めての書籍として英語で出版されました。Plantは戦時中にナチスから逃れてスイスに移住したユダヤ人同性愛者です。

Pierre Seelは第二次世界大戦中に 同性愛者として追放された経験を語った唯一のフランス人で、1994年に回顧録、I, Pierre Seel, Deportedを出版しました。

Gad Beckは自叙伝、An Underground Life: Memoirs of a Gay Jew in Nazi Berlinを2000年に出版しました。

SeelとBeckはホロコーストを生き抜いた数少ない同性愛者のなかでも、その証言をビデオインタビューに記録し、USC Shoah Foundation Visual History Archiveに提供しています。

「ゲイであることがまるで国の宗教であるかのように生きていました。」

写真家で俳優でもあるAlbrecht Beckerもまた、USC Shoah Foundationにインタビュー証言を残した生存者の一人です。1997年、91歳のときに証言しています。

Beckerはハンブルグで青年期を自由に生きていた頃を記憶していました。同性愛が法的に違反だとされてはいたものの、同性愛者の男性は危機を感じることはありませんでした。突撃隊と呼ばれるStumabteilung (SA)のリーダーであり、ヒトラーの熱心な支持者で協力者であったErnst Rohm彼自身も同性愛者を公言していたからです。これは珍しいことではありませんでした。

「大げさに言うわけではありませんが、ゲイであることがまるで国教であるかのように生きていました。」とBeckerは述べています。

しかし、ヒトラーが強固な権力を掌握すると、第17項の同性愛を犯罪とする法に対する政府の寛大な処置は突然に終わりを告げました。Rohmがヒトラーの権力を脅かすほかのナチスのリーダーとともに粛清されたのです。さらに秘密警察部門であるゲシュタポが同性愛者を特定するリストを作成したのです。

1933年から1945年までの間、最大で10万人もの男性が逮捕されました。大多数が刑務所に入れられ、残りは強制収容所に送られました。この中の60%が命を落としたと推定されています。ナチス占領地域に住む何百人もの男性が裁判所命令により虚勢させられました。

1935年、Beckerは警察署への出頭を求められました。同性愛者かどうかを聞かれた時、Beckerは「もちろんです。私が同性愛者だということはハンブルグでは有名ですよ。」

この時の尋問でBeckerは処分を受けることはありませんでしたが、同性愛者であることを認めなかった人たちはダッハウ強制収容所に送られ、その後の消息は分かっていません。しかしBeckerは解放される前までの3年間、ニュルンベルクで強制労働させられます。彼は法を犯したことを認め、「薬の服用」を覚悟しました。

Beckerの証言の一部をこちらでご覧いただけます。

具体的に想像することが難しい分野に光をあてる

Michigan State UniversityのリサーチャーであるNatalie MusanteはVisual History Archiveについて、彼女がこれまで気が付かなかった情報や視点に気づかせてくれるとコメントしています。

「ビデオ証言で、アメリカとヨーロッパの同性愛の受け入れ方や寛容さの違いについて気づいたことを話す女性のインタビューを見つけました。そこには私の研究テーマに利用できるぴったりな回答がいくつか含まれていたのです。」とも述べています。

University of MemphisのAssistant Professor of HistoryであるCookie Woolner は、「LGBTの分野の歴史はこれまで以上に明らかになっています。しかし現代の「同性愛者の解放」誕生以前の20世紀前半における同性愛者の生活に関する証言はまだ極めて少ない状況です。」と述べ、さらに「Visual History Archiveは、学生から研究者まで、語られてこなかったこの分野の歴史を深く理解するのに有益です。」と付け加えています。

Woolnerは、第二次世界大戦中の収容経験の口述記録は、現在の私たちの想像に及ばない当時の生活の様子を浮き彫りにすると指摘しています。彼らの寛大さのおかげで、これらの証言はホロコースト中の同性愛者の迫害の物語を浮き彫りにし、命をつなぐこととなったぎりぎりのやり取りを明らかにするのです。

また彼女は、これらのインタビューは社会的に置き去りにされた共同体で、最悪の状況下におかれても気高くふるまった人々の完全な人間性に光をあてることでもあると述べています。「これら他にはない証言は、米国における第二次世界大戦期とともに、ナチス体制下のホロコーストでの同性愛者の生活に関する研究を補強することになるでししょう。」

プロクエスト日本語サイト

ProQuestではUSC Visual History Archiveとパートナーシップを結び、ビデオ証言の全てをストリーミングバージョンでご提供しています。

こちたの動画では、サービスの概要をご覧いただけます。またトライアルも受け付け中です。
お申込み・お問い合わせはプロクエスト日本支社までご連絡ください。

 

密西根州立大學以大屠殺倖存者證詞擴充科研教學資源

美國南加州大學的納粹屠猶研究基金會旗下的知名視覺歷史檔案庫為各學科領域師生帶來新視野

20141004_141700_BlogImage越來越多的學術機構正通過大屠殺倖存者的視頻證詞為多個領域的教學和科研活動提供啟發和洞見,密西根州立大學便是其中之一。該校向在校生、教師與研究人員提供訪問美國南加州大學的納粹屠猶研究基金會視覺歷史檔案庫(Visual History Archive)的許可權,這個資料庫為全球收錄大屠殺目擊者與倖存者目擊實錄規模最大的資料庫。目前,通過ProQuest(平臺)即可檢索該庫。

“我們雖不能親自同大屠殺倖存者對話,但他們的證言為我們提供了有關大屠殺的重要史料與(親歷者的)真實情感”,密西根州立大學大屠殺研究與歐洲猶太史研究講座教授艾米·西蒙(Amy Simon)說道,該講座教授(Endowed Chair)一職的經費由William and Audrey Farber Family基金會資助。

“許多來自不同學科領域的教師有意通過這一檔案庫擴展他們的研究,”西蒙補充道,“在我們研究歷史、語言、經濟、創傷學、文學及其他學科的過程中,我們都希望利用這些證言,補充已有的紙質文獻。我們當中的很多人已將這些證詞應用於教學,並鼓勵我們的學生在其自己的研究中鑽研這些證詞。”

Visual History Archive資料庫收錄了5.4萬份訪談視頻,每一個訪談視頻都記載了猶太人大屠殺和其他種族滅絕事件(包括發生在盧旺達、瓜地馬拉、亞美尼亞的種族滅絕事件和南京大屠殺)中獨一無二、令人震撼的故事。很快,有關柬埔寨大屠殺的證詞也將收錄其中。每段證詞的平均時長大約為兩個小時,保留了訪談物件在大屠殺發生之前、發生時以及之後的第一手個人生活經歷記錄。該檔案庫已經過數位化處理,可通過索引關鍵字精准到分鐘(級)回應實現全部內容檢索,並且轉到超連結,它包含114,000小時的證詞,並可縮小查找範圍,精確定位到(研究者)感興趣的主題,這對學生、教師和研究人員來說尤為重要。

2016年,南加州大學的納粹屠猶研究基金會與ProQuest建立了合作夥伴關係,使更多的用戶可以訪問並檢索Visual History Archive資料庫的內容,加強他們對這些歷史事件的情景理解。通過打通流視頻、中繼資料與圖書館已訂閱的ProQuest(資源)端的連接,使得研究人員對這些證詞的影響力有了更為豐富的體驗和更為深刻的認知,ProQuest豐富的資源涵蓋論文、歷史文獻、學術期刊、政府檔案、原始檔案和電子書等不同的資源類型。

未來,ProQuest將持續對Visual History Archive資料庫進行投資。ProQuest計畫於2017至2018年期間,在其ProQuest平臺上,為學術研究人員設計與開發一款全新的視覺歷史檔案產品。新產品將具有更強大的索引和交叉搜索功能,涵蓋精心策劃、類型多樣、備受推崇的豐富、多元化的內容。此外,ProQuest正在與美國南加州大學的納粹屠猶研究基金會進一步合作,以創建更多的證詞文本,最先創建的是英文證詞文本。ProQuest還將增加來自其廣泛內容的主題詞,並融入研究所的專門用語索引技術形成互補,旨在為研究人員提供更好的搜索體驗,並更準確地呈現搜索結果。通過Summon®, Primo®,and OCLC® 資源發現服務,可獲取該庫內容的索引資訊。

密歇根州立大学以大屠杀幸存者证词扩充科研教学资源

美国南加州大学的纳粹屠犹研究基金会旗下的知名视觉历史档案库为各学科领域师生带来新视野

20141004_141700_BlogImage越来越多的学术机构正通过大屠杀幸存者的视频证词为多个领域的教学和科研活动提供启发和洞见,密歇根州立大学便是其中之一。该校向在校生、教师与研究人员提供访问美国南加州大学的纳粹屠犹研究基金会视觉历史档案库(Visual History Archive)的权限,这个数据库为全球收录大屠杀目击者与幸存者目击实录规模最大的数据库。目前,通过ProQuest(平台)即可检索该库。

“我们虽不能亲自同大屠杀幸存者对话,但他们的证言为我们提供了有关大屠杀的重要史料与(亲历者的)真实情感”,密歇根州立大学大屠杀研究与欧洲犹太史研究讲座教授艾米·西蒙(Amy Simon)说道,该讲座教授(Endowed Chair)一职的经费由William and Audrey Farber Family基金会资助。

“许多来自不同学科领域的教师有意通过这一档案库扩展他们的研究,”西蒙补充道,“在我们研究历史、语言、经济、创伤学、文学及其他学科的过程中,我们都希望利用这些证言,补充已有的纸质文献。我们当中的很多人已将这些证词应用于教学,并鼓励我们的学生在其自己的研究中钻研这些证词。”

Visual History Archive数据库收录了5.4万份访谈视频,每一个访谈视频都记载了犹太人大屠杀和其他种族灭绝事件(包括发生在卢旺达、危地马拉、亚美尼亚的种族灭绝事件和南京大屠杀)中独一无二、令人震撼的故事。很快,有关柬埔寨大屠杀的证词也将收录其中。每段证词的平均时长大约为两个小时,保留了访谈对象在大屠杀发生之前、发生时以及之后的第一手个人生活经历记录。该档案库已经过数字化处理,可通过索引关键词精准到分钟(级)响应实现全部内容检索,并且转到超链接,它包含114,000小时的证词,并可缩小查找范围,精确定位到(研究者)感兴趣的主题,这对学生、教师和研究人员来说尤为重要。

2016年,南加州大学的纳粹屠犹研究基金会与ProQuest建立了合作伙伴关系,使更多的用户可以访问并检索Visual History Archive数据库的内容,加强他们对这些历史事件的情景理解。通过打通流视频、元数据与图书馆已订阅的ProQuest(资源)端的连接,使得研究人员对这些证词的影响力有了更为丰富的体验和更为深刻的认知,ProQuest丰富的资源涵盖论文、历史文献、学术期刊、政府档案、原始档案和电子书等不同的资源类型。

未来,ProQuest将持续对Visual History Archive数据库进行投资。ProQuest计划于2017至2018年期间,在其ProQuest平台上,为学术研究人员设计与开发一款全新的视觉历史档案产品。新产品将具有更强大的索引和交叉搜索功能,涵盖精心策划、类型多样、备受推崇的丰富、多元化的内容。此外,ProQuest正在与美国南加州大学的纳粹屠犹研究基金会进一步合作,以创建更多的证词文本,最先创建的是英文证词文本。ProQuest还将增加来自其广泛内容的主题词,并融入研究所的专门用语索引技术形成互补,旨在为研究人员提供更好的搜索体验,并更准确地呈现搜索结果。通过Summon®, Primo®,and OCLC® 资源发现服务,可获取该库内容的索引信息。

CN Site promotion

探索世界上最大規模的大屠殺證言檔案

ProQuest與美國南加州大學(USC)的納粹屠猶研究基金會影像歷史與教育研究會劃時代的合作成果 –Visual History Archive資料庫

dsc_3453_thumb美國南加州大學的納粹屠猶研究基金會影像歷史與教育研究會收集了5.3萬份長達兩小時的視頻和音訊採訪記錄。在這些採訪中,猶太人大屠殺和其他種族滅絕事件的倖存者與目擊者講述了他們的故事和悲慘遭遇。每一位受訪者的證言都體現了大屠殺造成的深遠影響,同時也揭示了產生這些暴行的政治、文化和社會背景。

在研究或學習中探討種族滅絕的影響可能會格外的艱難。通常,查閱有關種族滅絕的二次文獻和新聞報導,只能對其大規模的破壞性略見一斑。很多時候,對於此類事件,不是媒體報導有限,就是重視程度不足。從現有的視頻資料中很難篩選出適用於教學和研究的相關內容。

Visual History Archive資料庫起初是一個大屠殺證言的資料庫,其中保存了對倖存者、救援者、政治犯和其他目擊者的採訪記錄,現在又擴充了1937年南京大屠殺、1994年盧旺達圖西族大屠殺和1915年亞美尼亞種族大屠殺的證言。收集的每一份證言都是對其他證言背景資訊的補充,其見證者屬於不同的時期,來自不同的地點、文化和社會政治環境,這些證言為瞭解歷史提供了多重途徑。

絕無僅有的一手材料和無可匹敵的內容提供者

Visual History Archive資料庫為教育和研究提供了異常強大和豐富的一手材料。這個檔案庫實現了數位化、可精確到分鐘進行完全檢索和超連結。它收錄了6.3萬個索引條目,180萬個名字和68.3萬張圖片,可供學生、教師和研究者等檢索完整的證言資料,或查閱他們關注領域的部分證言。

南加州大學納粹屠猶研究基金會影像歷史及教育學院的首席技術執行官山姆·格特曼(Sam Gustman)說:“放眼世界也找不到這樣一家影響廣泛而且對如此龐大的信息量管理和傳播有方的公司。”他還說:“ProQuest資料庫中的史實浩如煙海,而且對客戶來說易於獲取,搜索和查找的資訊仍可以保持高度的準確性”。

ProQuest很榮幸地成為南加州大學影像歷史檔案庫(USC Visual History Archive) 的合作夥伴,為用戶提供了5.3萬份具有檔案價值的證言。這項龐大的數位化工程與學院的專門用語索引技術形成互補,進一步優化了檔案庫中證言中繼資料的搜索過程。還借助轉錄的方法確保這些珍貴的口述歷史材料得到永久保存。

此外,ProQuest還可提供歷史報紙、過刊、原始檔案、電子書,PQDT博碩士論文,及更多使ProQuest成為當今世界頂級學術研究資訊提供商的其他寶貴資料,USC Visual History Archive資料庫中的內容可以與ProQuest資料庫中的這些資訊進行交叉檢索。

覆蓋的學科範圍:

種族滅絕 國家政策 人類學
猶太人大屠殺 猶太主義 藝術
歷史 哲學 政治學
心理學 語言 國際關係
性別研究 媒體 文學
社會學 宗教 教育

如需瞭解更多資訊或查看證言,請與我們的客戶經理聯繫或訪問proquest.com/go/vha,欲獲取課程材料請登錄http://libguides.usc.edu/vha

探索世界上最大规模的大屠杀证言档案

ProQuest与美国南加州大学(USC)的纳粹屠犹研究基金会影像历史与教育研究会划时代的合作成果 –Visual History Archive数据库

dsc_3453_thumb美国南加州大学的纳粹屠犹研究基金会影像历史与教育研究会收集了5.3万份长达两小时的视频和音频采访记录。在这些采访中,犹太人大屠杀和其他种族灭绝事件的幸存者与目击者讲述了他们的故事和悲惨遭遇。每一位受访者的证言都体现了大屠杀造成的深远影响,同时也揭示了产生这些暴行的政治、文化和社会背景。

在研究或学习中探讨种族灭绝的影响可能会格外的艰难。通常,查阅有关种族灭绝的二次文献和新闻报道,只能对其大规模的破坏性略见一斑。很多时候,对于此类事件,不是媒体报道有限,就是重视程度不足。从现有的视频资料中很难筛选出适用于教学和研究的相关内容。

Visual History Archive数据库起初是一个大屠杀证言的资料库,其中保存了对幸存者、救援者、政治犯和其他目击者的采访记录,现在又扩充了1937年南京大屠杀、1994年卢旺达图西族大屠杀和1915年亚美尼亚种族大屠杀的证言。收集的每一份证言都是对其他证言背景信息的补充,其见证者属于不同的时期,来自不同的地点、文化和社会政治环境,这些证言为了解历史提供了多重途径。

绝无仅有的一手材料和无可匹敌的内容提供者

Visual History Archive数据库为教育和研究提供了异常强大和丰富的一手材料。这个档案库实现了数字化、可精确到分钟进行完全检索和超链接。它收录了6.3万个索引条目,180万个名字和68.3万张图片,可供学生、教师和研究者等检索完整的证言资料,或查阅他们关注领域的部分证言。

南加州大学纳粹屠犹研究基金会影像历史及教育学院的首席技术执行官山姆·格特曼(Sam Gustman)说:“放眼世界也找不到这样一家影响广泛而且对如此庞大的信息量管理和传播有方的公司。”他还说:“ProQuest数据库中的史实浩如烟海,而且对客户来说易于获取,搜索和查找的信息仍可以保持高度的准确性”。

ProQuest很荣幸地成为南加州大学影像历史档案库(USC Visual History Archive) 的合作伙伴,为用户提供了5.3万份具有档案价值的证言。这项庞大的数字化工程与学院的专门用语索引技术形成互补,进一步优化了档案库中证言元数据的搜索过程。还借助转录的方法确保这些珍贵的口述历史材料得到永久保存。

此外,ProQuest还可提供历史报纸、过刊、原始档案、电子书,PQDT博硕士论文,及更多使ProQuest成为当今世界顶级学术研究信息提供商的其他宝贵资料,USC Visual History Archive数据库中的内容可以与ProQuest数据库中的这些信息进行交叉检索。

覆盖的学科范围:

种族灭绝 国家政策 人类学
犹太人大屠杀 犹太主义 艺术
历史 哲学 政治学
心理学 语言 国际关系
性别研究 媒体 文学
社会学 宗教 教育

如需了解更多信息或查看证言,请与我们的客户经理联系或访问proquest.com/go/vha,欲获取课程材料请登录http://libguides.usc.edu/vha

USC Shoah FoundationのVisual History Archiveを公開

USC Shoah Foundationの映像歴史証言を教育で活用し、偏見、不寛容、偏狭と、それらがもたらす苦しみを克服するShoah+Foundation1
-USC Shoah Foundationの使命

ProQuestとUSC Shoah Foundation – The Institute for Visual History and Educationは歴史的なパートナーシップに乗り出しました。ProQuestはこの夏、大学向けに、USC Shoah FoundationのVisual History Archiveの提供を開始します。

“USC Shoah FoundationのVisual History Archiveは、ホロコーストをはじめとする人道的な犯罪における生存者と目撃者の証言を一次資料として5万3,000件以上収録した、ストリーミング動画のみで構成されるコレクションです。この種の記録としては最大規模を誇り、歴史がそれを体験した人々の言葉によって保存されています。一つ一つの証言からは、従来のコンテンツではほとんど得られないような独特の見解と知識を学ぶことが可能です。ほとんどの証言では、証言者が実際に経験した大量虐殺の以前からその後にわたる人生が語られています。

このコレクションの収録内容は次の通りです。
– 5万3,000件の証言記録(動画収録時間11万2,000時間)
– 63カ国、39言語
– 6万2,000のキーワード
– 180万人の人名
– 70万件の画像

詳しくは公式発表をご覧ください。
内容については動画をご覧いただけます。

この記事の原文はこちらから。