Posts Tagged ‘ProQuest’

5月のProQuest中国語オンライン講習会のお知らせ

ProQuestデータベースの中国語オンライン講習会のご案内です。
ProQuest中国支社の利用講習会担当のスタッフが講師を務めるオンライン講習会を実施します。ProQuestの様々な学術データベースの利用方法を中国語でマスターできる良い機会です。中国人留学生に広くお勧めください。(日本時間での開催時刻を追加し、さらに見やすくしました。)


2017年5月 ProQuest网络课堂

为了使贵校读者能够更好的利用外文电子资源,进一步提高贵校电子资源的使用率,ProQuest推出了“ProQuest网络课堂“。每场培训均为网络实时进行,无IP限制,无需注册。期间可针对ProQuest产品提出问题并与ProQuest培训师及其他用户进行实时交流。
请注意:为了保障培训质量,每场培训仅提供19个参与名额,培训机会先到先得,以登录时间先后为准。首次登陆可能需要较长时间(建议提前10分钟登陆)来测试及进行初始化配置。读者需要扬声设备如耳机或音箱来接收培训音频。注:请使用IE或360浏览器等进行登陆,部分火狐或Chrome用户会遇到插件无法安装情况。

2017年5月网络培训课程安排如下(或关注ProQuest LibGuides):

参加方法:请于每场培训开始前点击登陆链接:http://webmeet.263.net/ 并输入您的姓名及参会人密码:85445556

因本月培训师现场培训任务较多,有可能出现临时课程调整。如带来不便深表歉意

序号 日期 北京时间 日韩时间 澳洲时间 讲座主题 主要涉及产品
1 2017/5/2 11:30-12:00 12:30-13:30 13:30-14:30 利用ProQuest平台高效检索全球商业文献 ABI/INFORM Collection
2 2017/5/2 15:00-15:30 16:00-16:30 17:00-17:30 利用ProQuest平台高效检索全球全面的教育心理学期刊 ProQuest Psychology Database  & ProQuest Education Database
3 2017/5/3 11:30-12:00 12:30-13:30 13:30-14:30 利用ebc高效检索和利用电子书文献 EBC
4 2017/5/3 15:00-15:30 16:00-16:30 17:00-17:30 高效利用APA美国心理学会权威信息资源 PsycARTICLES  & PsycINFO
5 2017/5/8 11:30-12:00 12:30-13:30 13:30-14:30 利用ProQuest平台高效检索知名高校学位论文 PQDT博硕士论文文摘库
6 2017/5/11 11:30-12:00 12:30-13:30< 13:30-14:30 利用ebrary高效检索和利用电子书文献 ebrary
7 2017/5/12 11:30-12:00 12:30-13:30 13:30-14:30 利用ProQuest平台高效检索全球农业、生物学文献 ProQuest农业生物全文库
8 2017/5/15 11:30-12:00 12:30-13:30 13:30-14:30 利用ProQuest平台高效检索全球表演学文献 ProQuest音乐表演类数据库
9 2017/5/16 11:30-12:00 12:30-13:30 13:30-14:30 利用ProQuest平台高效检索全球医学文献 ProQuest医学数据库
10 2017/5/18 11:30-12:00 12:30-13:30 13:30-14:30 利用ProQuest平台高效检索全球商业文献 ABI/INFORM Collection
11 2017/5/31 15:00-15:30 16:00-16:30 17:00-17:30 利用LION获取英语文学作品、文学批评与参考、教研资料等 Literature Online英语文学在线

读者对培训课程有任何建议或培训当中遇到任何技术问题,可发邮件至:Chris.Guo@proquest.com jim.wang@proquest.com 进行咨询。

ProQuest 外文学术资源检索与利用免费网络培训 -2017年5月

为了促进高校读者更好地利用外文学术电子资源,进一步提高高校图书馆外文学术资源的使用率,ProQuest推出了“ProQuest网络课堂“。每场培训均为网络实时进行,无IP限制,无需注册。期间可针对ProQuest产品提出问题并与ProQuest培训师及其他用户进行实时交流。

为了保障培训质量,每场培训仅提供19个参与名额,培训机会先到先得,以登录时间先后为准。

参与方式:
请于每场培训开始前点击登陆链接:http://webmeet.263.net/ 并输入您的姓名及参会人密码:85445556
注意事项:

  1. 首次登陆可能需要较长时间(建议提前10分钟登陆)来测试及进行初始化配置。
  2. 读者需要扬声设备如耳机或音箱来接收培训音频。
  3. 请使用IE或360浏览器等进行登陆,部分火狐或Chrome用户会遇到插件无法安装情况。

课程安排:(或关注ProQuest LibGuides)

读者对培训课程有任何建议或培训当中遇到任何技术问题,可发邮件至:Chris.Guo@proquest.com 或 jim.wang@proquest.com 进行咨询。

因本月培训师现场培训任务较多,有可能出现临时课程调整。如带来不便深表歉意!

中国人留学生におすすめ!ProQuest中国語オンライン講習会のお知らせ

ProQuestデータベースの中国語オンライン講習会のご案内です。
ProQuest中国支社の利用講習会担当のスタッフが講師を務めるオンライン講習会を実施します。ProQuestの様々な学術データベースの利用方法を中国語でマスターできる良い機会です。中国人留学生に広くお勧めください。
(注:スケジュールは中国現地時間となります。日本時間は+1時間となりますので開始時間にご注意ください。)


2017年4月 ProQuest网络课堂

为了使贵校读者能够更好的利用外文电子资源,进一步提高贵校电子资源的使用率,ProQuest推出了“ProQuest网络课堂“。每场培训均为网络实时进行,无IP限制,无需注册。期间可针对ProQuest产品提出问题并与ProQuest培训师及其他用户进行实时交流。
请注意:为了保障培训质量,每场培训仅提供19个参与名额,培训机会先到先得,以登录时间先后为准。首次登陆可能需要较长时间(建议提前10分钟登陆)来测试及进行初始化配置。读者需要扬声设备如耳机或音箱来接收培训音频。注:请使用IE或360浏览器等进行登陆,部分火狐或Chrome用户会遇到插件无法安装情况。

2017年4月网络培训课程安排如下(或关注ProQuest LibGuides):

参加方法:请于每场培训开始前点击登陆链接:http://webmeet.263.net/ 并输入您的姓名及参会
人密码:67918363

因本月培训师现场培训任务较多,有可能出现临时课程调整。如带来不便深表歉意

序号 日期 时间 讲座主题 主要涉及产品
1 2017/4/4 11:30-12:00 利用ProQuest平台高效检索全球商业文献 ABI/INFORM Collection
2 2017/4/5 15:00-15:30 >高效利用APA美国心理学会权威信息资源 PsycARTICLES  & PsycINFO
3 2017/4/6 15:00-15:30 利用DNSA获取美国对其他国家外交、军事政策的第一手资料 Digital National Security Archive 解密后的美国国家安全档案
4 2017/4/7 11:30-12:00 >利用ProQuest平台高效检索知名高校学位论文 PQDT博硕士论文文摘库
5 2017/4/7 15:00-15:30 利用剑桥科学文摘高效检索全球科技信息 剑桥科学文摘(原CSA)
6 2017/4/10 11:30-12:00 利用ebrary高效检索和利用电子书文献 ebrary
7 2017/4/12 11:30-12:00 利用ProQuest平台高效检索全球农业、生物学文献 ProQuest农业生物全文库
8 2017/4/14 11:30-12:00 利用ProQuest平台高效检索全球表演学文献 ProQuest音乐表演类数据库
9 2017/4/19 11:30-12:00 利用ProQuest平台高效检索全球医学文献 ProQuest医学数据库

读者对培训课程有任何建议或培训当中遇到任何技术问题,可发邮件至:
Chris.Guo@proquest.com 或 jim.wang@proquest.com 进行咨询。

 

ProQuestのPivot®サービスで世界の「論文募集」を容易に発見

学会や学術雑誌の特集号で論文を発表する機会を簡単に見つけ出せるようになります。

【米国・ミシガン州・アナーバー:2017年1月19日】ProQuestはPivot®サービスに新機能を加え、研究者のワークフローをさらにシンプルにします。研究費獲得と論文発表の機会を、使いやすいひとつの環境に統合しました。

あらゆる研究分野の専門機関、雑誌編集者、その他学会主催者が発表した論文募集情報を包括的に収録したPapers Invited®データベースがPivotで利用できるようになりました。

「論文募集」機能を使うと、キーワード、イベント日、期間、国、種類、学会、定期刊行物にしたがって論文を検索することができます。研究者にとっては他の研究者の動向を知ることができるほか、Pivotを通じて利用可能な研究費獲得機会を発見することができます。

Pivotでは、研究者、教員、管理者が新しい研究費獲得方法を容易に探し出せるほか、研究業績にマッチした研究費調達機会を調べたりしたり、同僚と協力して短期および長期の研究費ニーズを支える資金調達戦略構築プロセスの成果を管理することができます。

「研究者の一番の目標は自分の研究分野の進歩を追求することです」ProQuest Researcher Solutions, Product ManagementでVice Presidentを務めるBaker Evansはこのように述べています。「Pivotを通じた弊社の目標は、資金の獲得や出版機会の確保といった補助的ではあるものの必要不可欠なプロセスを簡略化し、研究者が学術研究に集中できる環境を作ることです。」

Papers Invitedについて
Papers Invited®データベースは、開催予定の学会および学術雑誌の特集号の論文募集とその締切日に関する詳細な情報を総合的に収録しています。世界中のあらゆる研究分野の専門組織、雑誌編集者、学会主催者が発表した論文募集を対象としています。

Pivot®サービスに関する詳しい情報は以下をご覧ください。
http://www.proquest.com/products-services/Pivot.html

ProQuest (www.proquest.com)について
ProQuestは、質が高く信頼性の高い情報と人を結び付ける、学術情報ソリューションサービスを提供しています。学術リサーチを解決する手がかりとして、ProQuestの商品は学位論文、政府刊行物や文化的出版物のアーカイブ、ニュース、歴史的コレクションや電子書籍を含む世界の知識のゲートウェイとして利用されています。さらにProQuestの技術はコンテンツ提供にとどまらず、利用者の学術検索における重要なポイント-情報の発見、アクセス、共有、創造と管理に差的な環境の追及と実現を目指しています。

さらに、クラウドベースの技術は、ProQuest®、Bowker®、Coutts® information services 、Dialog®、ebrary®、EBL®、SIPX®などビジネスユニットを超えて、図書館員、学生、研究者など学術情報に関わる人々にフレキシブルなソリューションを提供します。米国ミシガン州Ann Arborに本社を置く、世界各国にオフィスを有するグローバル企業です。また、ディスカバリーサービスでもトップクラスのSummon®や文献情報管理プラットフォームであるRefWorks®、MyiLibrary® ebookプラットフォーム、研究支援情報ツールPivot™、図書館サービスプラットフォームIntota®など業界でも画期的なリサーチツールの開発も積極的に行っています。米国ミシガン州Ann Arborに本社を置く、世界各国にオフィスを有するグローバル企業です。

プロクエストモバイルサイト

このニュースの原文はこちらからどうぞ。

プロクエスト日本支社ではPivot®サービス詳しい製品情報、トライアルのお申込みを承っております。お気軽にお問い合わせください。

ProQuestのMLA International BibliographyがChoice誌のOutstanding Academic Titleに選ばれる

すっきりとしたデザインと初心者ユーザーにも分かりやすい点が高く評価される

【米国・ミシガン州アナーバー:2017年1月17日】文学者がModern Language AssociationのInternational Bibliography(MLAIB)データベースにアクセスする方法はいくつかありますが、デザインを一新したProQuestの文学プラットフォームによる提供が唯一Choice誌の2016年Outstanding Academic Titlesに選ばれました。Choice誌はこのリストについて「Choice誌が選んだ最良の学術リソースであり、学術図書館から非常に高く注目されるだろう」と述べています。

ProQuest®の新しいMLAIBプラットフォームは、不必要な要素を取り除き、使い勝手がシンプルになりました。Choice誌はこの変化に注目し、ProQuestのプラットフォームは「すっきりとしたデザイン」で、「件名標目の分類は初心者ユーザーにも非常に分かりやすい」と評価しています。また、ProQuestのMLA Directory of Periodicalsが収録されている点も評価されています。MLA Directory of Periodicalsは検索可能な6,000冊以上の定期刊行物やシリーズの投稿規定と出版社情報を提供しています。

「今回の受賞によって、研究者に強力かつ包括的・総合的なリサーチ環境を提供するための弊社の努力が認められました」とAlexander StreetのPresidentを務めるStephen Rhind-Tuttは話しています。「Choice誌の編集者に、ProQuestプラットフォームの力を評価していただき光栄です。」

MLAIBは現代言語・文学、言語学、民俗学その他関連テーマに関する書籍と記事の重要な文献目録として1921年より毎年発行されています。アフリカ、アジア、オーストラリア、欧州、南北アメリカといった世界中の文学を対象としているほか、言語学と言語に関するコンテンツには言語学史、言語学理論、比較言語学、意味論、文体論、構文論、翻訳が含まれます。

Literature Online®データベースと一緒に使用することで、MLAIBはLiterature Onlineに収録される420タイトル以上の文学雑誌、35万タイトル以上の一次資料、6,000件以上の著者略歴およびその他専門文芸批評、リファレンス・リソースのほか、Annual Bibliography of English Language and Literature(ABELL)とともに横断検索することが可能です。

プロクエストモバイルサイト

このニュースの原文はこちらからご確認いただけます。
また、MLA International Bibliographyの詳細な製品情報ならびにトライアルのお申込みはプロクエスト日本支社までご連絡ください。

ProQuestがテキストとビデオコンテンツを統合し、リサーチ環境を改善

ProQuestプラットフォームのテキストとAlexander StreetのAcademic Online Videoをシームレスに検索する機能が加わり、文脈的なディスカバリーが改善

【米国・ミシガン州・アナーバー:2017年1月12日】 これまでProQuestプラットフォームで提供していたコンテンツとAlexander Streetで人気のAcademic Video Onlineのコンテンツがいっぺんに検索できるようになり、研究者をドキュメンタリー、トレーニングビデオ、ジャーナル記事、ニュース、学位論文や一次資料などのリソースにシームレスにつなぐことができるようになりました。現在ProQuestプラットフォームとAcademic Video Onlineの両方を利用する図書館は、利用者にさらに強力なユーザーエクスペリエンスと文脈的でセレンディピティに恵まれたディスカバリーの提供が可能になります。

「この統合により、教育カリキュラムにあわせてよく吟味された権威のあるビデオが学生のリサーチワークフローに組み込まれました。これは、ビデオが教育において果たす役割が実に大きくなっているという点で非常に重要な進歩です。」とProQuest Vice-President, Research Tools, Services and PlatformsであるAllan Luは述べています。

「ビデオは、これまでの伝統的な手法では不可能だった方法でその教科や科目に活用することが可能です。この統合は質の高いテキストとペアリングすることで、他にはないぜいたくなリサーチ環境をご提供します。」とHead of Video Licensing for Academic Video Online: Premiumを務めるDavid Parkerはコメントを寄せています。

また、University of ArizonamのBudget and Licensing LibrarianであるSteve Boschは、「学部教員や学生にとって、関連のあるビデオコンテンツを見つけてアクセスすることは、すでにリサーチのワンステッププロセスとなっており、これはまた利用指導やリサーチ指導を含む図書館サポートを支援することにもつながります。」と述べています。

ProQuestプラットフォームは、豊富なコンテンツの種類をカバーするProQuestの数百にも及ぶ代表的なリソースの検索の基本となるものです。Alexander StreetのAcademic Video Onlineとの相互運用は、利用者が図書館で利用可能なProQuestプラットフォームの全てのコンテンツを、50,000件以上の人類学、ビジネス、カウンセリング、映画、保健、歴史、音楽やその他の分野のビデオとともに発見できるようにします。

「私たちのゴールは最も効果的なナレッジディスカバリーソリューションを提供し、リサーチと学習に刺激を与えることです。」とLuはコメントしています。「これは次のステップにつなげる重要な一歩ですが、何よりもまず研究者が最も望ましい結果を手に入れられる支援を優先的に進めました。」

ProQuest (www.proquest.com)について
ProQuestは、質が高く信頼性の高い情報と人を結び付ける、学術情報ソリューションサービスを提供しています。学術リサーチを解決する手がかりとして、ProQuestの商品は学位論文、政府刊行物や文化的出版物のアーカイブ、ニュース、歴史的コレクションや電子書籍を含む世界の知識のゲートウェイとして利用されています。さらにProQuestの技術はコンテンツ提供にとどまらず、利用者の学術検索における重要なポイント-情報の発見、アクセス、共有、創造と管理に差的な環境の追及と実現を目指しています。

さらに、クラウドベースの技術は、ProQuestR、BowkerR、CouttsR information services 、DialogR、ebraryR、EBLR、SIPXRなどビジネスユニットを超えて、図書館員、学生、研究者など学術情報に関わる人々にフレキシブルなソリューションを提供します。米国ミシガン州Ann Arborに本社を置く、世界各国にオフィスを有するグローバル企業です。また、ディスカバリーサービスでもトップクラスのSummonRや文献情報管理プラットフォームであるRefWorksR、MyiLibraryR ebookプラットフォーム、研究支援情報ツールPivot?、図書館サービスプラットフォームIntotaRなど業界でも画期的なリサーチツールの開発も積極的に行っています。米国ミシガン州Ann Arborに本社を置く、世界各国にオフィスを有するグローバル企業です。

プロクエスト日本語サイト

このプレスリリースの原文はこちらからどうぞ。

Alexander Street Academic Video Onlineの詳細はこちらからご確認いただけます。
日本におけるプロクエスト製品、Alexander Streetのビデオサービスへのお問い合わせはプロクエスト日本支社までお問い合わせください。

 

ProQuestサービスメンテナンスのお知らせ

お客様各位

日頃より弊社サービスをご愛顧いただき誠にありがとうございます。

以下の日程でProQuestサービスのメンテナンスが予定されております。

2017年1月29日(日) 12:00 – 21:00 (※日本時間 9 時間)

このメンテナンスによりご利用いただけなくなるProQuestサービスは以下のとおりです。

Research databases

  • ProQuest platform (search.proquest.com)
  • ProQuest Congressional (congressional.proquest.com)
  • ProQuest Dialog (dialog.proquest.com)
  • ProQuest Archiver
  • ProQuest Trials
  • Chadwyck-Healey US databases
  • CultureGrams
  • eLibrary (all editions)
  • ProQuest Digital Microfilm
  • ProQuest Obituaries
  • ProQuest Research Companion
  • SIRS (all editions)
  • Ancestry
  • Sanborn maps

Dissertation publishing

  • ProQuest/UMI ETD Administrator

Reference management/Research support tools

  • RefWorks
  • COS Funding Opportunities
  • COS Scholar Universe
  • Pivot
  • Papers Invited

Bibliographic and catalog enrichment resources

  • Books in Print®
  • LibraryThing for Libraries™
  • Resources for College Libraries
  • ProQuest Syndetic Solutions
  • Self-Published Author

メンテナンス実施中にサービスにアクセスした場合は、メンテナンス中をお知らせするページに自動的に移動します。
また、メンテナンスに関するお問い合わせは、お手数ではございますがProQuest Global Technical Support (tsupport@proquest.com)
までご連絡くださいますようお願いいたします(日本語対応可能)。

メンテナンス中はご不便をおかけいたしますが、何卒よろしくお願いいたします。

ProQuestが2016 Information Literacy Surveyを公開

調査目的は利用者が生涯成功するために必要なスキル獲得のための支援proquest

【米国・カリフォルニア州・マウンテンビュー:2017年1月5日】 – 83%の図書館員がインフォメーションリテラシーは大学卒業資格に影響すると同意し、97%がこのスキルは働く環境においても重要なスキルであると考えているにも関わらず、自分の所属する図書館でインフォメーションリテラシー教育に十分なサポートを提供できているとする図書館員は44%にとどまることが分かりました。

大学、コミュニティカレッジ、高等学校ならびに公共図書館の図書館員、200人以上を対象にProQuestが実施した調査ではこのような調査結果が明らかとなったほか、図書館員がどのようにインフォメーションリテラシー教育に取り組んでいるのかを掘り下げています。この調査結果の全文はこちらからダウンロード可能です。

ProQuestでVice President of North American Salesを務めるKevin Stehrは「全体として、予算と人手不足がインフォメーションリテラシー教育促進の課題であることが明らかとなりました。」と述べています。続けて「しかしこの回答は結論としてベストなものだと考えています。私たちはいつも最善を尽くしていますが、もっとできることを探しています。図書館員を支援するのがProQuestです。私たちはこの問題に対するソリューションをご提案します。」としています。

このような状況にある理由は、図書館員が携わるインフォメーションリテラシー教育のサポートは個別の調べ物・検索から非同期のビデオチュートリアルまで多岐にわたっているのが理由ですが、ProQuestではリテラシーという重要なトピックの教育と強化を助ける様々なサービスと製品を提供しています。

最初に、PoQuestのフレキシブルな契約モデルを利用し、予算の範囲内でジャーナルからビデオ、新聞からワーキングペーパーまで、プリントとデジタルの両方で信頼性の高いコンテンツを揃えることができます。調べ物の基本となるレファレンスコンテンツから、特定のトピックについて幅広く奥深い情報を得られるタイトルまで、お手頃な価格で簡単に研究者を支援することが可能です。

また、図書館員はProQuest Research Companionでインフォメーションリテラシー教育を強化し、学生の効果的な学術リサーチと、情報の発見と評価、そして情報の利用の基本原則を教育するうえでの教える側の支援を図ることができます。Research Companionには、「どのようにトピックを選ぶか?」から「どのように情報ソースを評価するか」まで、リサーチプロセスの全てのステージでぶつかる疑問に答える9つの学習モジュールと80以上の学習ビデオが収録されています。プラットフォームでは「学習前」と「学習後」のアセスメントで学習をよりインタラクティブに進めることができ、また教育者は学生の学習状況と理解度を確認することが可能です。

ProQuestサービスのより詳細な情報はwww.proquest.comからご覧ください。

日本でご提供している主要なサービス一覧はこちらをご覧ください。

ProQuest (www.proquest.com)について
ProQuestは、質が高く信頼性の高い情報と人を結び付ける、学術情報ソリューションサービスを提供しています。学術リサーチを解決する手がかりとして、ProQuestの商品は学位論文、政府刊行物や文化的出版物のアーカイブ、ニュース、歴史的コレクションや電子書籍を含む世界の知識のゲートウェイとして利用されています。さらにProQuestの技術はコンテンツ提供にとどまらず、利用者の学術検索における重要なポイント-情報の発見、アクセス、共有、創造と管理に差的な環境の追及と実現を目指しています。

さらに、クラウドベースの技術は、ProQuest®、Bowker®、Coutts® information services 、Dialog®、ebrary®、EBL®、SIPX®などビジネスユニットを超えて、図書館員、学生、研究者など学術情報に関わる人々にフレキシブルなソリューションを提供します。米国ミシガン州Ann Arborに本社を置く、世界各国にオフィスを有するグローバル企業です。また、ディスカバリーサービスでもトップクラスのSummon®や文献情報管理プラットフォームであるRefWorks®、MyiLibrary® ebookプラットフォーム、研究支援情報ツールPivot™、図書館サービスプラットフォームIntota®など業界でも画期的なリサーチツールの開発も積極的に行っています。米国ミシガン州Ann Arborに本社を置く、世界各国にオフィスを有するグローバル企業です。

このニュースの原文はこちらをご覧ください。

ProQuestがIDGのCSOによる2017CSO50賞を受賞

proquest信頼性の高いサイバーセキュリティ実施で受賞、CSO50 Conference + Awardsで授与予定

【米国・ミシガン州・アナーバー/ 2016年12月8日】
ProQuestが2017 CSO50 Award from IDG’s CSOを受賞することが明らかとなりました。この名誉ある賞は、優れたビジネス価値やリーダーシップに貢献したセキュリティ戦略に取り組んだ50の企業に与えられるものです。CSOセキュリティやリスクマネジメントにおける幅広いニュースや分析、またリサーチでよく知られたソースです。

ProQuestがノミネートされたSIFT Fraud Detectionでは、ProQuestのDirector of Global Information SecurityであるDaniel Ayalaが「会社がシステムに保存している著作権を所有するコンテンツへ不正なアクセスを適切に察知し、阻止することができました」とコメントしています。

「弊社が提供しているコンテンツは研究者、著者、また出版社にも価値のあるものです。私たちはこれらのコンテンツを保護し、利用者が常に利用できるようにする義務があります。こういったセキュリティ戦略をビジネス価値につなげた私たちの努力が認められたことを大変喜ばしく思います。」とAyalaは続けてコメントしています。

また、ProQuestのChief Information OfficerであるRichard Belangerは、「CSOから私たちの革新的なSIFT Fraud Detection systemに贈られた賞をとても誇りに思います。ProQuestはコンテンツを保護することで、パートナーである2万を超える世界的な出版社を支援しています。独自のアルゴリズムを開発することでセキュリティを最適化することができ、ProQuestを学術研究に利用している7千万人の利用者へのインパクトを最小化することが可能です。」と述べています。

「企業の繊細なデータを犯罪とセキュリティの欠陥から保護するという点でいうとこれ以上に重要なことはありません。セキュリティのリーダーはプロテクションを提供するだけではなく。ビジネス価値を促進することも期待されています。この毎年開催されるCSO50賞はで守りを促進するだけでなく、ROIを生み出すセキュリティプロジェクトを表彰するものです」とCSOのチーフエディターであるJoan Goodchildは述べています。

ProQuestはこの賞を、2017年3月1-3日にアリゾナ州、スコッツデールのScottsdale Resort at McCormick Ranchで行われるCSO50 Conference + Awardsで受賞する予定です。

CSO50 Awardsについて
2013年から開催されているCSO50 Awardsは、卓越したビジネス価値やリーダーシップを示すセキュリティプロジェクトや戦略を行った50の企業に贈られる賞です。CSO50 Awardsはセキュリティリーダー、インダストリーのエキスパート、また研究者からなる審査員によって定められた審査項目に添って採点されます。2017年は米国、アリゾナ州のスコッツデールにあるスコッツデールリゾートのMcCormick Ranchで2017年3月1‐3日に行われるCSO50 Conference + Awardsで表彰されます。

CSO (http://www.csoonline.com/)について
CSOは企業内における「ビジネスリスクマネジメント」をリードするセキュリティデシジョンメーカーのためのプレミアコンテンツとコミュニティリソースです。これまで30年以上、ITと企業両方のリスクを緩和するために、CSO’s award-winning web site、エグゼクティブクラスのコンフェレンス、戦略マーケティングサービスとリサーチなどでセキュリティのデシジョンメーカーを支援し、セキュリティベンダーがこれらの支持者に辿り着く機会を提供してきました。企業規模、また社員レベルのセキュリティ教育でCSOsを支援するために、CSOでは4半期ごとにSecurity Smartを発行しています。CSOはIDG Enterpriseにより発行されており、IDGの子会社です。詳細はwww.idgenterprise.comをご覧ください。

ProQuest (www.proquest.com)について
ProQuestは、質が高く信頼性の高い情報と人を結び付ける、学術情報ソリューションサービスを提供しています。学術リサーチを解決する手がかりとして、ProQuestの商品は学位論文、政府刊行物や文化的出版物のアーカイブ、ニュース、歴史的コレクションや電子書籍を含む世界の知識のゲートウェイとして利用されています。さらにProQuestの技術はコンテンツ提供にとどまらず、利用者の学術検索における重要なポイント-情報の発見、アクセス、共有、創造と管理に最適な環境の追及と実現を目指しています。

さらに、クラウドベースの技術は、ProQuest®、Alexander Street®、Bowker®、Dialog®、Ex Libris®、Coutts® information services、Dialog®、Ex Libris®、SIPX®などのサービスを通して、図書館員、学生、研究者など学術情報に関わる人々にフレキシブルなソリューションを提供します。また、文献・ドキュメント管理ツールであるRefWorks®や研究支援情報ツールPivot®、Ebook Central®、ebrary®、EBL™やMyiLibrary®のebookプラットフォームなど業界でも画期的なリサーチツールの開発提供も積極的に行っています。米国ミシガン州Ann Arborに本社を置く、世界各国にオフィスを有するグローバル企業です。

このプレスリリースの原文はこちらからどうぞ。

 

ProQuest 11月と12月のオンライン講習会のご案内

globe

お客様各位

平素より弊社サービスをご愛顧いただき誠にありがとうございます。

2016年も残すところあとわずかとなってまいりました。本年よりはじめた弊社のオンライン講習会でございますが、お陰様で大変多くのお客様にご参加いただくことができました。あらためて感謝申し上げます。

本年最後のオンライン講習会を11月30日と12月22日に開催させていただきます。利用者の方々にも、是非ご案内ください。

 日時:

11月30日(水)10:00 ~ 11:00
『RefWorksの使い方 – 基礎から実践まで』

11月30日(水)12:00 ~ 13:00
『ProQuestとデータベース検索の基礎 』

11月30日(水)16:00 ~ 16:45
『マイリサーチの活用方法 』

12月22日(木)10:00 ~ 11:00
『ProQuestとデータベース検索の基礎』

12月22日(木)12:00 ~ 12:45
『マイリサーチの活用方法』

12月22日(木)16:00 ~ 17:00
『RefWorksの使い方 – 基礎から実践まで』

※内容により開催時間が異なりますのでご注意ください。

 内容: 11月30日(水)12:00 ~ 13:00 & 12月22日(木)10:00 ~ 11:00

『ProQuestとデータベース検索の基礎 』

1. データベースとは?

  • データベースを使用する理由
  • ProQuestを使用する理由

2. 基本検索と結果の絞り込み方法

3. ブーリアン演算子の使い方

  • 完全一致検索
  • OR検索
  • AND検索
  • NOT検索

4. 詳細検索

  • テキスト検索と科目検索の違い
  • シソーラスの使い方

11月30日(水)16:00 ~ 16:45 & 12月22日(木)12:00 ~ 12:45

『マイリサーチの活用方法 』

1. 検索の方法のおさらい

  • 詳細検索
  • シソーラスの使い方

2. マイリサーチの使い方

  • アカウントの作成
  • 検索式の保存
  • アラートの設定

11月30日(水)10:00 ~ 11:00 & 12月22日(木)16:00 ~ 17:00

『RefWorksの使い方 – 基礎から実践まで』

  1. RefWorks とは
  2. データを取り込む
  3. 取り込んだデータを編集する
  4. 参考文献リストを作成する
  5. Microsoft WordでRefWorksを使う
  参加費用: 無料
 登録方法:

 以下のリンクよりご登録ください。

11月30日(水)10:00 ~ 11:00
『RefWorksの使い方 – 基礎から実践まで』
にご参加の方はこちらのリンクよりご登録ください。

11月30日(水)12:00 ~ 13:00
『ProQuestとデータベース検索の基礎』
にご参加の方はこちらのリンクよりご登録ください。

11月30日(水)16:00 ~ 16:45
『マイリサーチの活用方法』
にご参加の方はこちらのリンクよりご登録ください。

12月22日(木)10:00 ~ 11:00
『ProQuestとデータベース検索の基礎』
にご参加の方はこちらのリンクよりご登録ください。

12月22日(木)12:00 ~ 12:45
『マイリサーチの活用方法』
にご参加の方はこちらのリンクよりご登録ください。

12月22日(木)16:00 ~ 17:00
『RefWorksの使い方 – 基礎から実践まで』
にご参加の方はこちらのリンクよりご登録ください。

(前日までにご登録ください。)

参加方法 & 注意点: プロクエストのオンライン講習会は、インターネットで提供するサービスでございます。従いまして、ご所属機関外からもご参加いただくことが可能です。また、オンライン講習会の音声には、ミーティングルームにログイン後、画面より別途音声接続をしていただく必要がございます。YouTubeなどの動画とは異なりますのでご注意ください。当日の参加手順については、『ProQuestオンライン講習会-ログイン方法』をダウンロードのうえご参照ください。
  参考:

弊社が海外で実施したオンライン講習会(英語)で録画したものを、事前にご確認いただくことが可能です。

こちらのリンクから『再生』をクリックしてください。

参加費用は無料でございます。どうぞお気軽にご参加ください。

尚、製品講習会についてのお問い合わせは、担当の小林(shun.kobayashi@proquest.com)までご連絡ください。お客様の最適な開催時間や、追加をご希望の対象製品など、ご意見も是非お送りください。

どうぞよろしくお願い申し上げます。