Posts Tagged ‘ProQuest Congressional’

ダンケルクの戦い:ドラマの背後にある事実

超大作映画を作り上げた歴史的事実

クリストファー・ノーラン監督(「ダークナイト」3部作で知られる)の新作「ダンケルク」はこの夏話題の超大作映画で、オスカー候補と言われ、映画評論家にも壮大でスケールの雄大な史上最高の戦争映画だと絶賛されています。「ダンケルク」は第二次世界大戦初期の北フランスで実際に起きた壮大な規模の連合軍の防御戦と撤退を描いた史実に基づく映画で、陸・海・空にいた3人の架空人物の視点から戦いを描いています。

この映画は、数十万の連合軍兵士がフランス北部の浜辺に追い詰められ、身動きが取れなくなった第二次世界大戦中の歴史的な出来事をベースにしています。突破不可能だと考えられていたアルデンヌの森をドイツ軍の戦車部隊が突破してきたことが、この悲劇的な大惨事を引き起こしました。しかし、(今でも)確かな理由は分かっていませんが、ヒトラーが「進軍停止命令」を出したことで連合軍は防御を開始することができたのです。

イギリス、ベルギー、オランダ、フランスの約850隻の艦艇を使った撤退作戦、「ダイナモ作戦」が始まりました。しかし、船はこれだけでは十分でなく、漁船、遊覧船、小型商船など数百隻の民間船(その多くは民間人が操縦していました)がこの作戦に協力しました。ドイツ空軍の爆撃を頻繁に受ける中、1940年5月26日から6月4日にかけてのわずか10日間に駆逐艦、商船、上記の「小型船」などが救出した兵士の数は33万8,226人に上ります。イギリス空軍はドイツ軍の爆撃機に強力に反撃し、友軍の撤退を空から援護しました。

ノーランの映画はこの出来事を劇的で緊迫感に溢れた作品に仕上げていますが、ダンケルクの撤退についてより深く理解するには事実に基づく一次資料を調べるのが最適だといえるでしょう。

「容赦ない空中戦」
「ダイナモ作戦」が行われた11日間、世界はダンケルクでの戦闘状況に注目していました。この戦闘の結果が戦争全体に計り知れない影響を及ぼすことが予想されたためです。また人々は、浜辺で追い詰められ、身動きが取れなくなっている夫、息子、兄弟、恋人の身を案じていました。

そしてこの戦闘は連合軍、特にイギリス軍の士気を大いに高めることにもなります。

世界の新聞各紙はこの出来事を詳細に報じており、特にイギリス空軍のダンケルクでの援護は詳しく報じられました。戦闘中のGlobe and Mailには「空での連合軍の優位性がダンケルクで確立される」という見出しが踊りましたが、記事には「ダンケルクでのフランス軍の撤退は戦史に残る」ものであり、その「ゆゆしき戦況」と「ほぼ絶望的」な状況が言及されています。

しかしながら、その数日後には楽観的な記事が見られるようになります。The Irish Timesは記録的多数のドイツ軍爆撃機と戦闘機がイギリス空軍のパイロットによって撃墜されたと報道しています。

戦闘機に護衛されたドイツ軍爆撃機の大編隊が飛来し、海上にぎっしりと浮かぶ船(撤退作戦に参加していたあらゆる種類の船)を撃沈しようとしたが、戦闘機が応戦してこれを追い払い、爆弾の大半は海に落ちた(後略)。

イギリス戦闘機ハリケーンに搭乗していたあるパイロットはドイツの戦闘機メッサーシュミットと戦って敗れ、やむなく砂浜に着陸した。パラシュートを背負ったままダンケルクまで15マイル歩き、蒸気船に乗ってフォークストーンに戻り、所属部隊に合流すると、翌日にはまた哨戒に飛び立った。

新聞はイギリス海軍のほぼ不可能と思われた作戦の成功と、徴収された民間小型船を操縦した数百人のイギリス民間人の勇気も(いささか地味ながらも)称賛しています。

「(イギリス人は)突然、強烈な警戒態勢に放り込まれた」とChristian Science Monitorは報じています。

彼らはダンケルクでの任務を与えられ、実行した。派遣軍を救出したイギリス艦隊には、低速の連絡船や「Brighton Belle」のような以前のレジャー用回遊汽船、素人が操縦する小型ヨットなどが含まれていた。船を操縦できるすべての者がダンケルクに舳先を向けているようだった(後略)。

 イギリス人の士気は世界的な賞賛を集めつつあり、間もなくそれが実を結び、連合軍を助けることになるだろう。

しかしながらダンケルクの戦いは、結果的には、後に世界的な大戦へと続く数々の戦いのうちのひとつに過ぎなかったのです。

映画が取り上げなかったこと:民間人と戦禍
ホロコーストを生き伸びたユダヤ人Juliane Heymanは1997年にUSC Shoah Foundation’s Visual History Archiveに提供した証言の中で、ドイツから脱出後1940年春にブリュッセルにたどり着いたと語っています。ドイツ軍がブリュッセルに侵攻すると、Heymanとその家族は徒歩や荷車、時にはバスに乗って、途中納屋で眠り、時折ホテルに泊まりながら数日間かけてフランスに逃れました。

1940年6月初旬、Heymanと家族はダンケルクのホテルにたどり着くと、すぐに他の宿泊客とともに地下室に急ぎました。永久に続くかと思えるほど絶え間のない爆撃で周りじゅうの地面が揺れる中、彼らは地下室に2日間こもり続けました。「食糧はほとんどありませんでした」と彼女は語り、地下室に隠れた人々が非常用食料を分け合ったことを話しました。

Heymanによると、後になってから自分が「かの有名なダンケルクの撤退」の現場にいたことを知ったそうです。もしその時に知っていれば、兵士を撤退させる船のどれかに乗ろうとしただろうと言います。

6月4日、連合軍はダンケルクからの撤退を余儀なくされました。The Times of Indiaには、その日の朝は兵士たちがまだ続々とイングランドに到着しつつあり、「いくつかの船からはフランス軍の将校や兵士が降りてきた。彼らはここ数日間休むことなく夜も昼も戦ってきた」と報道されています。撤退作戦を実施したものの、4万人のフランス軍兵士がダンケルクに残り、その多くが捕虜として囚われ、その他の者は殺されました。

The Times of Indiaはフランス軍の将校とも話をし、ダンケルクの状況について「ただただ混乱していた」というコメントも取っています。

6月5日にダンケルクに到着したChicago Tribuneの記者E.R. Nodererは、

ダンケルクは瓦礫の山だ。爆撃で破壊された建物の残骸が道をふさいでいる。炎がパチパチと音を立て、火が広がっても放置されているために町の中心部は煙が渦を巻いている。フランス人兵士の死体が倒れたその場所に転がっている(後略)。

33,000人が暮らしていた、街の中のすべての建物が、一つの例外もなく、破壊された。無傷のまま残っているものは何もない。

爆撃中もダンケルクにとどまった民間人たちが地下室から出てくると、自宅と、街そのものが廃虚と化していました。避難先から戻ってきた人々は、がれきと化している自宅を見て打ちひしがれていたとNodererは記しています。彼はまた、爆撃中ずっとダンケルクにとどまった住民に話を聞いたところ、ある生存者は「家が破壊されて死んだ何百人もの民間人がいた」と語ったそうです。Nodererはが遭遇した警察官は「涙を流しながら自宅が爆撃されて妻と5人の子供が死んだと話してくれた」ひとりの警察官と遭遇しています。

ダンケルクの撤退をさたらに深く理解するためのマルチメディアリソース
Gardner, W. (2014). The evacuation from Dunkirk: ‘operation dynamo’, 26 May-June 1940

Grinberg, S. (Director), & Grinberg, S. (Producer). (n.d.). Dunkirk [Video file]. A&E Television Networks. Retrieved July 29, 2017, from American History in Video.

Lord, W. (2012). The miracle of Dunkirk: the true story of operation dynamo.

Martin, J. (Director), & Martin, J. (Producer). (2003). Escape from Dunkirk [Video file]. British Broadcasting Corporation. Retrieved July 29, 2017, from Academic Video Online.

Norman, L., Divine, D., & Lipscomb, W. P. (1958). Dunkirk (1958): Continuity script. London, England: Studio Canal. Retrieved July 29, 2017, from Film Scripts Online, Volume II.

Stewart, G. (2009). Dunkirk and the fall of France.

ダンケルクの撤退および第二次世界大戦に関するこの他の情報や資料は、ProQuest Historical NewspapersEbook CentralProQuest Congressionalでご利用いただけます。

History Vault
ダンケルクの撤退に関する貴重な一次資料は、History Vaultのモジュール“U.S. Military Intelligence Reports, 1911-1944”および“New Deal and World War II: President Franklin D. Roosevelt’s Office Files and Records of Federal Agencies”に収録されています。

より詳細なリサーチには、“The World War II: U.S. Documents on Planning, Operations, Intelligence, Axis War Crimes, and Refugees”モジュールの第二次世界大戦戦闘インタビューシリーズが最適です。ノルマンディー上陸作戦に参加した兵士本人の証言を確認することが可能です。

出典:
“ALLIED FORCES LEAVE DUNKIRK.” The Times of India (1861-current), Jun 05, 1940, pp. 1, ProQuest Historical Newspapers: The Times of India.

NODERER, E. R. “FINDS DUNKIRK IS PILE OF SHELL WRECKED RUINS.” Chicago Daily Tribune (1923-1963), Jun 06, 1940, pp. 1, ProQuest Historical Newspapers: Chicago Tribune. 

“MERCILESS WAR IN THE AIR.” The Irish Times (1921-Current File), Jun 03, 1940, pp. 6, ProQuest Historical Newspapers: The Irish Times and The Weekly Irish Times.

“Out of Dunkirk.” The Christian Science Monitor (1908-Current file), Jun 05, 1940, pp. 22, ProQuest Historical Newspapers: The Christian Science Monitor.

Heyman, Juliane. “Segment#: 94.” Interview. Visual History Archive, USC Shoah Foundation, 1997, http://vha.usc.edu/viewingPage?testimonyID=36508&returnIndex=0#. Accessed 2 August 2017.

画像:Imperial War Museumsコレクションからの写真NYP 68075

 

最可靠的埃博拉專題資訊

ebola+bibliograPHY自美國本土確診首例埃博拉患者以來,關於該病毒的相關新聞每天見諸報端,其中不乏不實資訊。這樣的報導引起了人們對於該病毒的恐慌,越來越多的人群湧入美國的急症室。而在非洲,感染埃博拉病毒的患者和由此病毒導致的死亡人數持續增加。

11月17日,在西非獅子山感染埃博拉病毒的美國醫生馬丁•薩利亞被宣佈在內布拉斯加州醫院不治生亡,這是美國境內死於埃博拉病毒的第二名患者。

面對這些突發的新情況,會引發如下的問題:

  • 我們是否應該限制西非埃博拉疫區國家赴美旅客?
  • 我們是否應該讓感染埃博拉病毒的病人離開美國?
  • 與感染埃博拉病毒的人接觸後,會存在哪些風險?
  • 如果在接觸期間,該病人尚未感染埃博拉病毒,又該如何處理?
  • 我們希望美國隔離接觸者嗎?如果這樣做,會引發怎樣的後果?
  • 我們能對那些感染病毒的人進行隔離嗎?

ProQuest資料庫資源是您查找關於埃博拉病毒方面可靠、經嚴格篩查資訊的理想選擇,還可瞭解我們對這一事件的反應。

ProQuest美國國會系列資料庫( Congressional)收錄了大量美國國會議員公開辯論的記錄,內容包括埃博拉病毒對健康造成的影響國會研究服務部(CRS)報告、國會委員對該事件的陳述,以及埃博拉病毒對疫情高發地區所帶來的經濟影響。另外,Statistical Insight™資料庫收錄了大量埃博拉病毒相關的事實與統計資料。

ProQuest健康醫學大全資料庫(ProQuest Health and Medical Complete)也收錄了關於埃博拉疾病治療的過程和保護醫務人員的健康方面的資訊。

訪問我們2014埃博拉專題資料導航,獲取ProQuest CongressionalStatistical Insight資料庫的詳細出版物資訊。

最可靠的埃博拉专题资讯

ebola+bibliograPHY自美国本土确诊首例埃博拉患者以来,关于该病毒的相关新闻每天见诸报端,其中不乏不实信息。这样的报道引起了人们对于该病毒的恐慌,越来越多的人群涌入美国的急症室。而在非洲,感染埃博拉病毒的患者和由此病毒导致的死亡人数持续增加。

11月17日,在西非塞拉利昂感染埃博拉病毒的美国医生马丁•萨利亚被宣布在内布拉斯加州医院不治生亡,这是美国境内死于埃博拉病毒的第二名患者。

面对这些突发的新情况,会引发如下的问题:

  • 我们是否应该限制西非埃博拉疫区国家赴美旅客?
  • 我们是否应该让感染埃博拉病毒的病人离开美国?
  • 与感染埃博拉病毒的人接触后,会存在哪些风险?
  • 如果在接触期间,该病人尚未感染埃博拉病毒,又该如何处理?
  • 我们希望美国隔离接触者吗?如果这样做,会引发怎样的后果?
  • 我们能对那些感染病毒的人进行隔离吗?

ProQuest数据库资源是您查找关于埃博拉病毒方面可靠、经严格筛查信息的理想选择,还可了解我们对这一事件的反应。

ProQuest美国国会系列数据库( Congressional)收录了大量美国国会议员公开辩论的记录,内容包括埃博拉病毒对健康造成的影响国会研究服务部(CRS)报告、国会委员对该事件的陈述,以及埃博拉病毒对疫情高发地区所带来的经济影响。另外,Statistical Insight™数据库收录了大量埃博拉病毒相关的事实与统计数据。

ProQuest健康医学大全数据库(ProQuest Health and Medical Complete)也收录了关于埃博拉疾病治疗的过程和保护医务人员的健康方面的信息。

访问我们2014埃博拉专题资料导航,获取ProQuest CongressionalStatistical Insight数据库的详细出版物信息。