Posts Tagged ‘PQDT’

ProQuest外文电子资源,尽在您的指尖!

ProQuest拥有丰富的外文学术资源,可为教学、科研与学习提供支持。小伙伴们如何有效地利用,在最短的时间里迅速、准确发现自己所需要的外文学术资源呢?下面就让小Q根据自己的发现与经验向你们传授ProQuest外文电子资源的正确打开方式吧。本期将重点推荐教育学、心理学、商学与综合学科的几个外文数据库。

一、获取方式

访问图书馆主页,点击【电子资源】,在【数据库列表】栏目中【外文数据库】列表中选择ProQuest外文学术资源。

二、ProQuest外文电子资源

1.PQDT学位论文全文库
世界上最大的国际性博硕士论文资料库

TIPS: 如何利用博硕士论文

  • PQDT为用户提供了涉猎人类文明自1637年至今的高层次学术研究成果之精华部分的机会
  • 跟踪世界上学科前沿的进展情况。
  •  查到数据库中与其研究课题相似的论文,或者区分这些研究成果与自己的结论之间的差别
  • 学者、教师可以利用这个数据库访问并跟踪世界著名大学、研究院、学术团体或知名学者教授在各个领域从以往乃至最新的研究成果
  • 学生们甚至可以用它来选择出国留学可以去世界上哪些最好的大学/研究院或师从哪个导师…

2.教育学电子资源

Education Database(教育学期刊全文数据库)
提供世界著名出版商出版的教育学领域重要出版物的全文文献与题录信息
覆盖的主题领域:
初等教育、中学教育、高等教育、家庭教育、特殊教育及成人教育
核心出版物:


世界上最常用的教育学领域文献索引数据库

Education Database可与ERIC数据库交叉检索

3. 心理学电子资源

心理学电子资源包含如下资源:

汇集了世界知名心理学与精神心身科学领域的核心出版物,这些多元化的文献,把心理学与精神心身科学领域的理论与实践相结合。同时还提供美国心理学会(APA)权威的心理学全文与文摘。

核心优势: 

为教师、学生与科研人员提供一站式访问支持心理学与心身科学领域的多元化内容。

4.  ABI/INFORM Collection(经济管理商业期刊数据库) 

如果小伙伴们对商业管理与经济学等感兴趣的话,可以使用 ABI –  商业信息的黄金标准,世界知名的商学院,例如:哈佛商学院,都订有该库。

合作出版社:

 

最新热点与研究前沿文献:

绝佳的教学资源:

5.Research Library(综合学术期刊全文数据库)  

一站式获取150多个学科领域全文文献。

覆盖主题领域:

人文、商业、教育、综合研究 、政府研究、健康与医学、历史、国际关系、法律、军事、跨文化研究与种族研究、政治学、心理学、自然科学、社会学

人文学科核心期刊:

社会学领域核心期刊:

健康与医学领域核心期刊:

商学领域核心期刊:

自然科学领域核心期刊:

精选杂志:


6. Biological Science Collection(生物学期刊全文数据库)  

涵盖生物学领域最丰富的文献,包含MEDLINE® and ASFA,文献内容涵盖病毒学、动物行为、毒理学、分子生物学、海洋生物学、昆虫学、免疫学、人类基因组研究、神经科学、生态学、生物工程、生物技术、水生生物、微生物学、细菌学、养殖、遗传学、原生动物学、藻类学及真菌学等学科领域。


三、检索技巧

(1)基本检索:输入一个或多个字,然后单击检索。可查看任何形式的文档,包括PDF、报纸文章、照片、或视频。

(2)高级检索

  • 可检索多个字段,例如“作者”、“文档标题”或“主题词”。
  • 使用运算符(AND、OR、NOT 等)将检索词组合起来。
  • 查找词组时为检索词加上引号。比如,检索“higher education”将获得包含higher education 词组的结果
  • 您也可以查找确切检索词结果。此方法主要用于检索特定字段(比如“学科”)。例如,检索su.exact (“higher education”) 所得到的文档将包含主题词“higher education”
  • 使用通配符和截词扩大检索范围

(3)词库主题词检索

(4)出版物检索

(5)检索结果预览

(6)全文下载


四、核心价值


“实践是检验真理的唯一标准”,小伙伴们真正体验过才知道,ProQuest数据库的收录内容是那么的丰富。各种专著、报告、论文、专利和全球性的期刊,甚至很多平时不常见的灰色文献在这里都可以轻松的找到。如果小伙伴们以为其内容是一成不变的,那就大错特错了。如果那样你会错失一大批有效讯息,它们是在不断更新中的,随时保持着先进性。所以经常性的查找、检索也是十分有必要的。

 

Google Scholar上でProQuestの学位論文情報の発見が可能に

リサーチ結果の質の向上のため、Google ScholarとProQuestがコラボレーションを拡大

【米国・ミシガン州・アナーバー:2017年10月2日】2015年に実施した学術文献情報のGoogle Scholarへの公開に続いて、ProQuestとGoogleは協力関係を拡大し、世界的に著名な大学でなされた新しい分野の研究情報を多く収録するProQuest Dissertation & Theses Global(PQDT)から、約50万件の学位論文のフルテキスト情報をインデックスすることに合意しました。

Google Scholarをご利用の方は図書館から提供される学位論文のフルテキスト情報をより見つけやすく、かつスムーズに本文にリンクすることができるようになります。ユーザーエクスペリエンスの向上のみならず、図書館が投資するリソースの利用率の向上も期待することができます。

「学位論文は新しい分野や学術的に新しい声を発見するには最高の情報源です。ProQuestでは10年以上にわたってこれらのコンテンツを収集し、発見とアクセスのしやすさを継続的に模索してきました。」とVice President Research Tools, Services and Platformを務めるAllan Luはコメントしています。

Google Scholarから学位論文へは自動的にリンクされるため、図書館側で必要な作業はありません。Google ScholarからProQuestの学位論文にアクセスをする利用者はProQuest Platformが自動的に認識し、図書館コレクションとして契約されている学位論文データベースのフルテキストにリンクされます。フルテキストへのリンクが認識されない利用者は24ページのプレビュー付きの学位論文購入ページに誘導されることになります。オープンアクセスとして出版された学位論文はすべて無料での利用が可能です。

特定のトピックに関するオリジナルのリサーチの情報源として優れた情報を収録する学位論文は、学術コミュニケーションの極めて重要なフォーマットです。新しい学術的アイディアやトレンドをテストし発表する媒体であり、実験結果やフィールドワーク、サーベイ、そして統計などのジャーナルの論文記事には収録されないデータを収録することもしばしばです。学位論文はまた大学や学部、そして所属する研究者について学ぶ良質なコンテンツでもあります。研究者は収録される包括的な情報と網羅的な文献情報から、見逃してしまう可能性のある情報やアイディアも発見することができます。ProQuestのプラットフォームでは、図書館から提供されるオンラインリソースとして、PQDTは450万件のアブストラクトと200万件のフルテキストを素早くシームレスに検索し、アクセスすることが可能です。

 

 

ProQuestについて (http://www.proquest.com)
ProQuestは世界の学術研究とラーニングの発展を支援する学術リサーチソリューションカンパニーです。知識の進歩に重要なコンテンツをキュレーションし、研究活動に携わる全ての人と組織のワークフローの簡素化と時間の効率化を支援するため、綿密な精査とインデキシングを付与したアーカイブ資料とともに提供しています。
さらに、情報コミュニティを結びつけることにより、複雑なネットワークシステムやプロセスを一度にかつ効果的に稼動させることが可能です。ProQuestは学術リサーチにおけるシンプルでダイレクトな発見と、類まれな結果の獲得を支援します。

ProQuestとその傘下企業- Ex Libris、 Alexander Street、Bowker – はbetter research, better learning, better insights(より良いリサーチ、より良い学習、より良い考察)を目指し、学術研究で世界に挑戦する全ての人を支援します。


ProQuest Dissertation Globalについての詳しいお問い合わせはこちらからご連絡ください。
また1ヶ月も無料トライアルも承っています。こちらからお申込みください。

Disertaciones … Empoderando a investigadores con ideas y visión de punta

Un blog de la serie What Researchers Need.

Las disertaciones generalmente proporcionan la única información sobre un tema específico y traen a la superficie la investigación primaria que no está disponible en otros formatos

Aunque el contenido tradicional de revistas revisadas por pares sigue siendo un recurso básico para los investigadores, una encuesta reciente de ProQuest indica que la investigación y la enseñanza se alimentan con una mezcla diversificada de tipos de contenido.

Dos de las fuentes de contenido más utilizadas fueron las disertaciones y tesis, como mencionó el 74% de los 410 investigadores de todo el mundo que respondieron a nuestra encuesta. No sólo son populares entre los investigadores, pero aquellos con responsabilidades de enseñanza también recomiendan disertaciones para sus alumnos. En realidad, el número de profesores que recomiendan el uso de disertaciones para la investigación de sus alumnos (86%) es mayor que el de aquellos que las usan (74%).

¿Por qué tantos investigadores usan disertaciones?

Las disertaciones son una fuente inestimable de pensamiento y reflexión académica. Una de las mayores preocupaciones para quienes escriben un trabajo académico es si se han encontrado todos los artículos o informaciones relevantes. Con una cobertura profunda y extensas bibliografías de donde emergen fuentes e ideas que de otra forma tal vez se perdieran, las disertaciones son una herramienta importante para las revisiones de la literatura.

Además, las disertaciones generalmente pueden proporcionar la única información sobre un tema específico. En las disciplinas donde las revistas no son la principal forma de comunicación académica, como la historia o la literatura, las disertaciones ofrecen acceso a investigaciones primarias significativas que no se publican en ningún otro formato. También pueden ocultar ideas seminales de estudiosos notables, incluyendo:

Carl Sagan, Physical Studies of Planets. The University of Chicago, ProQuest Dissertations Publishing, 1960. 301918122.

Martin Luther King, Jr. A Comparison of the Conceptions of God in the Thinking of Paul Tillich and Henry Nelson Wieman. Boston University Graduate School. ProQuest Dissertations Publishing, 1955. 0024708.

Temple Grandin. Effect of Rearing Environment and Environmental Enrichment on Behavior and Neural Development in Young Pigs. University of Illinois at Urbana-Champaign, ProQuest Dissertations Publishing, 1989. 8924824.

Con el proceso de revisión por pares de los periódicos, que a menudo lleva 2 o 3 años, las disertaciones ofrecen acceso a la investigación académica de punta, así como un ángulo académico sobre temas globales.

Acceda a millones de disertaciones con ProQuest

La base de datos ProQuest Dissertations & Theses Global es el mayor repositorio comercial de disertaciones de postgrado y tesis (tesis y tesinas), conteniendo más de 4 millones de obras de todo el mundo y con más de 130 mil nuevos trabajos añadidos a la base de datos cada año. Las colecciones más pequeñas, pero significativas, también se incluyen en muchas de nuestras bases de datos, como ProQuest Central (con más de 150.000 en texto completo), y otras bases de datos en salud, negocios, ciencias sociales, ciencia y tecnología y humanidades.

Algunos ejemplos interesantes y temas incluyen:

The Impact of the Brexit Referendum on Various World Stock Markets
Arora, Jasleen. The University of North Carolina at Charlotte, ProQuest Dissertations Publishing, 2017. 10281097.

One Belt One Road: China’s Nation-Building Initiative
Zhang, Yizhi Jing Jing. The George Washington University, ProQuest Dissertations Publishing, 2017. 10244494.

The Language of Anti-Intellectualism: A Study of the Presidential Rhetoric of Barack Obama and Donald Trump
Godfrey, Samantha. Hofstra University, ProQuest Dissertations Publishing, 2017. 10286102.

Incluso las obras escritas desde hace muchos años siguen teniendo relevancia hoy. Considere esta disertación, que vale la pena mirar en la celebración del reciente 50° aniversario de The Beatles Sergeant Pepper’s Lonely Heart’s Club Band.

Obtenga más información sobre los cambios de las necesidades de información de los investigadores, leyendo los resultados de la reciente encuesta realizada por ProQuest.

ProQuestとCALISの提携により中国の学術成果が世界の研究者にも閲覧可能に

中国有数の大学から発表された約27万件の学位論文がPQDT Global™ データベースに収録

【米国・ミシガン州・アナーバー:2017年4月13日】ProQuestと中国の大学図書館コンソーシアムであるChina Academic Library Information System(CALIS)は、これまでの長期にわたる連携を拡大し、中国有数の大学から発行された27万件以上の学位論文の抄録へのグローバルアクセスを可能にしました。ProQuest Dissertations & Theses Global Database (PQDT Global™)に英語で収録されたこれらのレコードは、世界の約3,000の大学から利用が可能となり、中国の博士課程の研究結果にアクセスすることができるようになります。この提携は今回、学術情報の発見のしやすさを追求することで世界的なリサーチを改善しました。同時に中国の大学にとっては、学生の研究結果を国外に広めることができます。

今回はProQuestとCALISが行った2回目の学位論文プロジェクトによるもので、10年以上の時間を費やしています。2003年、CALISは参加大学図書館への学位論文リソース強化のため、PQDT Globalから63万件以上の学位論文のフルテキストをCALISプラットフォームでアクセス可能にしています。

CALISの代表を努めるZhu Qiang教授は「中国の大学から発表された貴重な研究結果で世界のリサーチを豊かにすることができるのを大変嬉しく思っています。私たちのこれまでの長く良好な関係と、ProQuestの学位論文ならびに電子化の技術が、この歴史的な取り組みのための現実的な提携を可能にしました。」とコメントを寄せています。

参加大学の国際化がさらに進んだだけではなく、今回の新しいプログラムでは収録されている学位論文がどのように利用されているかがわかるようになりました。各参加大学には、自分の大学から収録されている学位論文の全体的な利用状況が国レベルと大学レベルで示される分析ツールが提供されました。さらにこのプログラムでは人気のある学位論文を論文ごとと分野ごとにモニターすることができるようになり、大学の強みを世界レベルで測定することが可能です。このような決定的なデータは国際的にも優秀な学生や研究者を惹きつけるきっかけとなります。

「ProQuestとCALISのこの重要なコラボレーションは世界的に伸び続けている中国のリサーチを、とりわけ科学の分野において発見しやすくするでしょう。CALISが弊社に信頼を寄せ、この貴重なコンテンツを委ねてくれたこと、そして世界中の学術情報を集め、世界的なリサーチコミュニティがシンプルにこれらの情報を発見できるようにするという我々のゴールに近づく大きな一歩を踏み出してくれたことを大変誇りに思っています。」ProQuestのSenior Vice-President and General Manager, Information Solutionsを努めるRafael Sidiは述べています。


ProQuest (www.proquest.com)について
ProQuestは、質が高く信頼性の高い情報と人を結び付ける、学術情報ソリューションサービスを提供しています。学術リサーチを支援するサービスは、学位論文、政府刊行物や文化的出版物のアーカイブ、ニュース、歴史的コレクションや電子書籍など広範囲に及び、図書館における知識のゲートウェイとして利用されています。また、ProQuestはコンテンツ提供にとどまらず、利用者の学術検索における重要なポイント-情報の発見、アクセス、共有、創造と管理に差的な環境の追及と実現を目指しています。

さらに、クラウドベースの技術は、ProQuest®、Alexander Street™, Bowker®, Dialog®, Ex Libris® and SIPX®などビジネスユニットを超えて、図書館員、学生、研究者など学術情報に関わる人々にフレキシブルなソリューションを提供します。また、文献情報管理プラットフォームであるRefWorks®や研究支援情報ツールPivot®、またEbook Central®、ebrary®、EBL™、MyiLibrary®などの ebookプラットフォームなど業界でも画期的なリサーチツールの開発も積極的に行っています。米国ミシガン州Ann Arborに本社を置く、世界各国にオフィスを有するグローバル企業です。

この記事の原文はこちらからご覧いただけます。
またProQuest PQDTデータベースへのお問い合わせはこちらからどうぞ。

A base de dados de dissertação da ProQuest fornece informação essencial para projetos de pesquisa em todo os EUA

ProQuest seleciona conteúdo personalizado para fornecer novos insights para pesquisadores

ProQuest está fornecendo apoio crítico a projetos de pesquisa em todos os EUA com dados de sua base de dados líder ProQuest Dissertations & Theses (PQDT) Global. Através de um novo programa, a ProQuest auxilia pesquisadores em seus projetos ao extrair conteúdo da base de dados que irá adicionar insights significativos para o projeto.

Dentre outros projetos recentes, a ProQuest forneceu dados para o projeto UMETRICS que foi coordenado pelo Comitê de Cooperação Institucional (Committee on Institutional Cooperation) nos EUA. O estudo foi conduzido por pesquisadores da University of Michigan, Ohio State University, Georgia State University, New York University e o US Census Bureau, e resultou em um artigo publicado na revista Science. O estudo examinou a empregabilidade e a renda de PhDs. Apoiada por pesquisa financiada e combinando os dados das universidades, da ProQuest e do U.S. Census Bureau, os autores, em seguida, rastrearam e analisaram em todas as áreas de estudo e mostraram a colocação e os ganhos dos PhDs.

As bases de dados da ProQuest são recursos chave para a pesquisa acadêmica. A base de dados ProQuest Dissertations and Theses Global é o maior repositório de estudos em pós-graduação com curadoria do mundo, incluindo 4 milhões de trabalhos de pós-graduação de instituições ao redor do globo, com 130.000 obras adicionadas a cada ano. Desenhando a partir deste vasto repositório, a ProQuest pode reunir dados que fornecem insights para muitos aspectos do estudo, pesquisa e dissertações e teses em pós-graduação.

Quer saber como submeter Teses e Dissertações à ProQuest Dissertations & Theses (PQDT) Global? Faça download do folheto em português.

ProQuestの学位論文データベースが研究プロジェクトに重要な情報を提供

カスタマイズしたコンテンツで研究者に新しい学術的見解を提供ProQuest

【米国ミシガン州アナーバー: 2016年3月22日】ProQuestは、卓世界的に評価の高い学位論文データベース、Dissertations and Theses (PQDT) Globalのデータ提供により、全米の研究プロジェクトに必要不可欠なサポートを開始したことを発表しました。新たなプログラムを通じ、研究プロジェクトに重要で新しい学術的見解を与えられるようなコンテンツをデータベースから選び出し、提供することで研究者のプロジェクト支援を目指します。

ProQuestがデータを提供した最近のプロジェクトのひとつに、Committee on Institutional Cooperationが実施したUMETRICSプロジェクトがあります。この研究はミシガン大学、オハイオ州立大学、ジョージア州立大学、ニューヨーク大学、米国国勢調査局の研究者が行ったもので、研究成果はScience誌に掲載されました。これは博士号所有者の雇用と所得状況に関する調査で、研究費助成を受けた調査と、大学、ProQuestおよび国勢調査局のデータを組み合わせ、研究分野の横断的な追跡調査を実施して博士号所有者の就職状況と所得を明らかにしました。

ProQuestのデータベースは学術リサーチのキーとなるリソースです。Dissertations and Theses  Globalは世界中の大学の400万件もの研究を厳選・収録した世界最大の学位論文リポジトリで、毎年13万件の研究が追加収録されています。この膨大なリポジトリを活用することで、ProQuestでは大学院レベルの研究や学位論文に多くの学術見解を与えるデータを集めることができます。

“ProQuest (www.proquest.com)について

ProQuestは、質が高く信頼性の高い情報と人を結び付ける、学術情報ソリューションサービスを提供しています。学術リサーチを支援するサービスは、学位論文、政府刊行物や文化的出版物のアーカイブ、ニュース、歴史的コレクションや電子書籍など広範囲に及び、図書館における知識のゲートウェイとして利用されています。また、ProQuestはコンテンツ提供にとどまらず、利用者の学術検索における重要なポイント-情報の発見、アクセス、共有、創造と管理に最適な環境の追及と実現を目指しています。

さらに、クラウドベースの技術は、ProQuest®、Bowker®、Coutts® Information Service、Dialog®、ebrary®、EBL®、SIPX®などビジネスユニットを超えて、図書館員、学生、研究者など学術情報に関わる人々にフレキシブルなソリューションを提供します。また、ディスカバリーサービスでもトップクラスのSummon®や文献情報管理プラットフォームであるRefWorks®、MyiLibrary® ebookプラットフォーム、研究支援情報ツールPivot™、図書館サービスプラットフォームIntota®など業界でも画期的なリサーチツールの開発も積極的に行っています。米国ミシガン州Ann Arborに本社を置く、世界各国にオフィスを有するグローバル企業です。

この記事の原文はこちらから。

2015年諾貝爾獎得主發表的論文系列報導(一)

Jane Jiang | 譯

nobel_300Thumbnail每年諾貝爾獎獲獎者的揭曉都會吸引我們來回顧ProQuest博碩士學位論文庫的內容。今年有四位諾貝爾獎得主的博士學位論文都能在ProQuest博碩士學位論文資料庫中找到。

2015年的諾貝爾化學獎授予給了湯瑪斯·林達爾(Tomas Lindahl)、保羅·莫德里克(Paul Modrich)和阿齊茲·桑賈爾(Aziz Sancar),以表彰他們各自通過獨立工作,在確立“DNA修復機理研究(Mechanistic studies of DNA repair)”方面所作的貢獻。DNA每天因紫外線輻射、致癌物質、細胞分裂和其他變化的“攻擊”的影響而受損,為什麼我們沒有坍塌成一攤爛泥?

早在20世紀70年代Lindahl就發現了“切除修復(excision repair)”,這是生物體中的酶不斷努力修復DNA,並保護其免受損壞的一個過程。這個發現幫助他建立了DNA修復這一概念,並終於獲得了諾貝爾獎。

Sancar剛開始其職業生涯時,是一名醫生,後來他迷上了對DNA分子以及不同類型的光對細菌的影響的研究。在他的博士論文“大腸桿菌光復活酶(DNA光解酶)的研究(A Study of Photoreactivating Enzyme (DNA Photolyase) of Escherichia Coli)”中,他開始了DNA修復的研究工作,在這一領域的成就使他登上了諾貝爾獎領獎臺。

在他的學術生涯剛開始時,Paul Modrich 致力於研究酶及其對DNA的影響。他的博士論文“大腸桿菌 DNA 連接酶的結構、作用機制及其生物功能(Structure, Mechanism and Biological of E. Coli DNA Ligase)”為他後來開展對其它酶的研究奠定了基礎,最終他識別了一個叫錯配修復(mismatch repair)的過程,而這一成就使他登上了諾貝爾獎領獎臺。

2015年諾貝爾生理學或醫學獎由徹底改變寄生蟲病的治療的三位科學家共用。William C. Campbell 和 Satoshi Omura一起,轉向大自然尋找寄生蟲病河盲症和淋巴絲蟲病的治療方法。Omura從日本的土壤中分離和再造一種可產生細菌的抗體。Campbell拿走這些培養菌,他們從叫做伊佛黴素的細菌中共同研發出一種新的藥物。Campbell早在幾十年前就開始寄生蟲的研究中,並於1957年發表他的博士論文 “大擬片形吸蟲(吸蟲綱)與成年人致病(Fascioloides Magna (Trematoda) with Special Reference to the Adult in Relation to Disease)”。

世界知名的經濟學家Angus Deaton是 “2015年諾貝爾經濟學獎”的得主。消費者研究是他長達數十年的職業生涯的中心,最早起始于他的博士學位論文“消費者需求模型及其在英國的應用(Models of consumer demand and their application to the United Kingdom)”。 這種著眼于廣義的消費者的研究,為他贏得了諾貝爾獎,因他在“消費、貧困和福利方面的研究而獲獎”。

祝賀諾貝爾獲獎者們!尤其值得為獲得今年諾貝爾醫學獎的中國藥學家屠呦呦女士慶賀!我們期待更多的中國博士論文出現在ProQuest博碩士論文庫中,期待更多的中國人獲得諾貝爾獎。我們將在系列報導(二)中分享屠呦呦女士的學術成果。

2015年诺贝尔奖得主发表的论文系列报道(一)

Jane Jiang | 译

nobel_300Thumbnail每年诺贝尔奖获奖者的揭晓都会吸引我们来回顾ProQuest博硕士学位论文库的内容。今年有四位诺贝尔奖得主的博士学位论文都能在ProQuest博硕士学位论文数据库中找到。

2015年的诺贝尔化学奖授予给了托马斯·林达尔(Tomas Lindahl)、保罗·莫德里克(Paul Modrich)和阿齐兹·桑贾尔(Aziz Sancar),以表彰他们各自通过独立工作,在确立“DNA修复机理研究(Mechanistic studies of DNA repair)”方面所作的贡献。DNA每天因紫外线辐射、致癌物质、细胞分裂和其他变化的“攻击”的影响而受损,为什么我们没有坍塌成一摊烂泥?

早在20世纪70年代Lindahl就发现了“切除修复(excision repair)”,这是生物体中的酶不断努力修复DNA,并保护其免受损坏的一个过程。这个发现帮助他建立了DNA修复这一概念,并终于获得了诺贝尔奖。

Sancar刚开始其职业生涯时,是一名医生,后来他迷上了对DNA分子以及不同类型的光对细菌的影响的研究。在他的博士论文“大肠杆菌光复活酶(DNA光解酶)的研究(A Study of Photoreactivating Enzyme (DNA Photolyase) of Escherichia Coli)”中,他开始了DNA修复的研究工作,在这一领域的成就使他登上了诺贝尔奖领奖台。

在他的学术生涯刚开始时,Paul Modrich 致力于研究酶及其对DNA的影响。他的博士论文“大肠杆菌 DNA 连接酶的结构、作用机制及其生物功能(Structure, Mechanism and Biological of E. Coli DNA Ligase)”为他后来开展对其它酶的研究奠定了基础,最终他识别了一个叫错配修复(mismatch repair)的过程,而这一成就使他登上了诺贝尔奖领奖台。

2015年诺贝尔生理学或医学奖由彻底改变寄生虫病的治疗的三位科学家共享。William C. Campbell 和 Satoshi Omura一起,转向大自然寻找寄生虫病河盲症和淋巴丝虫病的治疗方法。Omura从日本的土壤中分离和再造一种可产生细菌的抗体。Campbell拿走这些培养菌,他们从叫做伊佛霉素的细菌中共同研发出一种新的药物。Campbell早在几十年前就开始寄生虫的研究中,并于1957年发表他的博士论文 “大拟片形吸虫(吸虫纲)与成年人致病(Fascioloides Magna (Trematoda) with Special Reference to the Adult in Relation to Disease)”。

世界知名的经济学家Angus Deaton是 “2015年诺贝尔经济学奖”的得主。消费者研究是他长达数十年的职业生涯的中心,最早起始于他的博士学位论文“消费者需求模型及其在英国的应用(Models of consumer demand and their application to the United Kingdom)”。 这种着眼于广义的消费者的研究,为他赢得了诺贝尔奖,因他在“消费、贫困和福利方面的研究而获奖”。

祝贺诺贝尔获奖者们!尤其值得为获得今年诺贝尔医学奖的中国药学家屠呦呦女士庆贺!我们期待更多的中国博士论文出现在ProQuest博硕士论文库中,期待更多的中国人获得诺贝尔奖。我们将在系列报道(二)中分享屠呦呦女士的学术成果。

ProQuest Day – São Paulo encerra o ano de 2015 no Brasil

O evento ProQuest Day promovido pela ProQuest é uma iniciativa global da ProQuest que acontece em várias cidades ao redor do globo. Este ano, somente no Brasil, o evento passou por outras 5 cidades antes de chegar a São Paulo, fechando a agenda de 2015. O encontro de São Paulo contou com representantes das principais instituições de ensino do mercado paulistano, todas muito antenadas em inovação e tecnologia de conteúdos para educação.

Alguns dos temas abordados foram a base de dados ProQuest Dissertations and Theses e o programa de submissão de trabalhos por parte das instituições e de autores, a biblioteca virtual de livros eletrônicos ebrary (folheto), ProQuest Pivot (folheto) e diversas coleções nas bases de dados que fazem parte da plataforma ProQuest, entre outros produtos e serviços da ProQuest que atendem às demandas as instituições de ensino superior e de pesquisa da região. A equipe da ProQuest também apresentou a nova interface da plataforma ProQuest lançada em Agosto deste ano.

Nosso convidado especial para a ocasião, Anderson de Santana, Bibliotecário da Divisão de Gestão de Desenvolvimento e Inovação (DGDI) do SIBiUSP apresentou o tema acadêmico:  “Do guardião do acervo ao gestor de serviços aos usuários” – A tecnologia vem moldando os novos papéis​ para o  bibliotecário, alterando ​o  foco de guardião de acervos bibliográficos, para ​o de ​gestor de serviços ao usuário. ​Tornando-o um profissional integrado às necessidades de sua comunidade e conferindo-o um status de consultor informacional, provocando um fórum de discussão e compartilhamento de experiências entre os presentes.

Gostaria de saber mais sobre a ProQuest? Visite nosso recém-lançado portal em português e siga-nos nas mídias sociais.

ProQuest 博碩士學位論文資料庫引入ORCID標識碼資訊

ETD在論文提交過程中提供創建ORCID標識碼的功能

Jane Jiang | 譯

ORCIDProQuest 電子學位論文管理平臺(ETD Administrator)是一個深受用戶歡迎的投稿與評審平臺,現在該平臺可允許博碩士論文作者在提交論文時添加或創建一個科研人員與投稿者身份識別碼(ORCID)了。ORCID是一個由學術界發起的重大舉措,通過一個集中存儲管理的註冊系統,每一位元研究人員被分配一個唯一標識碼,使其能夠輕鬆、準確地找到自己的作品。 從此以後,作者在向 PQDT Global 這個全球頂尖大學研究生論文資料庫提交自己的學位論文時,可以申請並獲得ORCID 標識碼了。

“ProQuest的目標是不斷提高服務水準,讓使用PQDT Global的作者、研究人員和大學享受到更好的服務。” ProQuest學術交流和論文出版事業部主任Austin McLean說 , “引入 ORCID 增強了作者的身份識別,使投稿過程增值。”

“我們很高興 ProQuest 已經成為 ORCID團體中的一員,”ORCID執行主任Laure Haak說。 “將ORCID識別字嵌入到學位論文是在學生和其學術成果之間建立一個持續、開放、而獨特的聯繫的重要一步。我們期待PQDT平臺開發出更多的功能,將來可以實現按學生的學位授予機構進行驗證。”

ORCID是一個開放的非營利的樞紐,通過在研究資料維護、提交稿件、資金申請和專利申請等關鍵工作流程中嵌入唯一識別碼,將研究人員和他們的研究成果聯繫起來。該識別字可以連接到研究人員的個人非敏感資訊,如姓名、電子郵件、機構和研究活動,標示符的推出解決了區分相似姓名研究人員的研究成果的問題。通過將獨特的ORCID識別字附加到資料集、設備、文章、媒體報導、引文資訊、實驗、專利和筆記型電腦之上,研究人員可以確保他們的研究成果得到準確唯一的歸屬,而與資料庫平臺或搜尋引擎無關。

PQDT Global 對高校和研究生而言是一個非常重要的資源,該資源能幫助他們保護自己的學術成果並與全球知識界進行分享。學生們通過 ProQuest ETD 上傳自己的博碩士論文,可以選擇將他們的論文提供開放獲取、設置限制、或通過訂閱機構獲得分銷版稅收入。在提交論文時加入或創建一個 ORCID 後,將簡化作者的工作流程,使他們能夠更輕鬆地跟蹤和識別自己的研究成果。ORCID 提供了一個新的精確檢索的方式,研究人員可以通過 PQDT Global 快速精確地查找前沿研究成果、重要的補充材料如資料集以及期刊論文發表以前的完整篇幅論文。