Posts Tagged ‘History Vault’

ProQuest美国南北战争主题专辑获美国大学与研究图书馆协会(ACRL)《Choice》杂志表彰

从未公开出版的美国史档案荣获2017年度“杰出学术刊物”称号

History Vault™数据库中的美国邦联军队手稿及联邦将领和军队记录(Confederate MilitaryManuscripts and Records of Union Generals and the Union Army模块汇集了反映美国南北战争时期信息的大量独特的手稿与各类记录,其被Choice》杂志评为“2017年杰出学术出版物”(Outstanding Academic Title)。

这一模块收录的原始档案源自美国弗吉尼亚州历史学会、路易斯安纳州立大学、得克萨斯大学奥斯汀分校以及弗吉尼亚大学的收藏,总计30万页;内容包含从其时的士兵、平民、间谍、侦察兵、向导和侦探等途径获取的档案;来自美国军事法庭的军纪文档;以及美国有色人种部队的记录资料,这些资料以前从未公开出版,十分珍贵。

“该专辑内容深、范围广,是美国南北战争时期教学研究的宝贵资源,”Choice》杂志评委表示。评委总结道,该模块值得“强烈推荐”。

该模块是History Vault美国南部生活、奴隶制和南北战争(Southern Life, Slavery and the Civil War)主题专辑的一个子库,这一专辑还包含反映美国奴隶制、南部种植园生活与南北战争战后重建等方面信息的各主题模块。

“ProQuest致力于为全球科研人员提供美国史教学研究所需的重要的文献,《Choice》杂志对我们的努力表示肯定,我们深感荣幸,”ProQuest产品管理副总裁Susan Bokern表示。“当前,国际形势正在发生深刻变化,在这一背景下,对世界史上各重大军事冲突、政治运动与社会运动的研究,具有重要的现实意义。我们将持续增加HistoryVault数据库的内容,为科研人员的教学科研提供支持,促进他们的科研成果产出。”

History Vault数据库汇集数百万份美国史研究各重点学科、热门学科的原始档案,含全文文献、全图像文献,各模块中的内容均可交叉检索;这些独特的内容是美国史研究、非裔美国人研究、女性研究、政治学研究、社会学研究、国际关系研究等领域的理想资源。

ダンケルクの戦い:ドラマの背後にある事実

超大作映画を作り上げた歴史的事実

クリストファー・ノーラン監督(「ダークナイト」3部作で知られる)の新作「ダンケルク」はこの夏話題の超大作映画で、オスカー候補と言われ、映画評論家にも壮大でスケールの雄大な史上最高の戦争映画だと絶賛されています。「ダンケルク」は第二次世界大戦初期の北フランスで実際に起きた壮大な規模の連合軍の防御戦と撤退を描いた史実に基づく映画で、陸・海・空にいた3人の架空人物の視点から戦いを描いています。

この映画は、数十万の連合軍兵士がフランス北部の浜辺に追い詰められ、身動きが取れなくなった第二次世界大戦中の歴史的な出来事をベースにしています。突破不可能だと考えられていたアルデンヌの森をドイツ軍の戦車部隊が突破してきたことが、この悲劇的な大惨事を引き起こしました。しかし、(今でも)確かな理由は分かっていませんが、ヒトラーが「進軍停止命令」を出したことで連合軍は防御を開始することができたのです。

イギリス、ベルギー、オランダ、フランスの約850隻の艦艇を使った撤退作戦、「ダイナモ作戦」が始まりました。しかし、船はこれだけでは十分でなく、漁船、遊覧船、小型商船など数百隻の民間船(その多くは民間人が操縦していました)がこの作戦に協力しました。ドイツ空軍の爆撃を頻繁に受ける中、1940年5月26日から6月4日にかけてのわずか10日間に駆逐艦、商船、上記の「小型船」などが救出した兵士の数は33万8,226人に上ります。イギリス空軍はドイツ軍の爆撃機に強力に反撃し、友軍の撤退を空から援護しました。

ノーランの映画はこの出来事を劇的で緊迫感に溢れた作品に仕上げていますが、ダンケルクの撤退についてより深く理解するには事実に基づく一次資料を調べるのが最適だといえるでしょう。

「容赦ない空中戦」
「ダイナモ作戦」が行われた11日間、世界はダンケルクでの戦闘状況に注目していました。この戦闘の結果が戦争全体に計り知れない影響を及ぼすことが予想されたためです。また人々は、浜辺で追い詰められ、身動きが取れなくなっている夫、息子、兄弟、恋人の身を案じていました。

そしてこの戦闘は連合軍、特にイギリス軍の士気を大いに高めることにもなります。

世界の新聞各紙はこの出来事を詳細に報じており、特にイギリス空軍のダンケルクでの援護は詳しく報じられました。戦闘中のGlobe and Mailには「空での連合軍の優位性がダンケルクで確立される」という見出しが踊りましたが、記事には「ダンケルクでのフランス軍の撤退は戦史に残る」ものであり、その「ゆゆしき戦況」と「ほぼ絶望的」な状況が言及されています。

しかしながら、その数日後には楽観的な記事が見られるようになります。The Irish Timesは記録的多数のドイツ軍爆撃機と戦闘機がイギリス空軍のパイロットによって撃墜されたと報道しています。

戦闘機に護衛されたドイツ軍爆撃機の大編隊が飛来し、海上にぎっしりと浮かぶ船(撤退作戦に参加していたあらゆる種類の船)を撃沈しようとしたが、戦闘機が応戦してこれを追い払い、爆弾の大半は海に落ちた(後略)。

イギリス戦闘機ハリケーンに搭乗していたあるパイロットはドイツの戦闘機メッサーシュミットと戦って敗れ、やむなく砂浜に着陸した。パラシュートを背負ったままダンケルクまで15マイル歩き、蒸気船に乗ってフォークストーンに戻り、所属部隊に合流すると、翌日にはまた哨戒に飛び立った。

新聞はイギリス海軍のほぼ不可能と思われた作戦の成功と、徴収された民間小型船を操縦した数百人のイギリス民間人の勇気も(いささか地味ながらも)称賛しています。

「(イギリス人は)突然、強烈な警戒態勢に放り込まれた」とChristian Science Monitorは報じています。

彼らはダンケルクでの任務を与えられ、実行した。派遣軍を救出したイギリス艦隊には、低速の連絡船や「Brighton Belle」のような以前のレジャー用回遊汽船、素人が操縦する小型ヨットなどが含まれていた。船を操縦できるすべての者がダンケルクに舳先を向けているようだった(後略)。

 イギリス人の士気は世界的な賞賛を集めつつあり、間もなくそれが実を結び、連合軍を助けることになるだろう。

しかしながらダンケルクの戦いは、結果的には、後に世界的な大戦へと続く数々の戦いのうちのひとつに過ぎなかったのです。

映画が取り上げなかったこと:民間人と戦禍
ホロコーストを生き伸びたユダヤ人Juliane Heymanは1997年にUSC Shoah Foundation’s Visual History Archiveに提供した証言の中で、ドイツから脱出後1940年春にブリュッセルにたどり着いたと語っています。ドイツ軍がブリュッセルに侵攻すると、Heymanとその家族は徒歩や荷車、時にはバスに乗って、途中納屋で眠り、時折ホテルに泊まりながら数日間かけてフランスに逃れました。

1940年6月初旬、Heymanと家族はダンケルクのホテルにたどり着くと、すぐに他の宿泊客とともに地下室に急ぎました。永久に続くかと思えるほど絶え間のない爆撃で周りじゅうの地面が揺れる中、彼らは地下室に2日間こもり続けました。「食糧はほとんどありませんでした」と彼女は語り、地下室に隠れた人々が非常用食料を分け合ったことを話しました。

Heymanによると、後になってから自分が「かの有名なダンケルクの撤退」の現場にいたことを知ったそうです。もしその時に知っていれば、兵士を撤退させる船のどれかに乗ろうとしただろうと言います。

6月4日、連合軍はダンケルクからの撤退を余儀なくされました。The Times of Indiaには、その日の朝は兵士たちがまだ続々とイングランドに到着しつつあり、「いくつかの船からはフランス軍の将校や兵士が降りてきた。彼らはここ数日間休むことなく夜も昼も戦ってきた」と報道されています。撤退作戦を実施したものの、4万人のフランス軍兵士がダンケルクに残り、その多くが捕虜として囚われ、その他の者は殺されました。

The Times of Indiaはフランス軍の将校とも話をし、ダンケルクの状況について「ただただ混乱していた」というコメントも取っています。

6月5日にダンケルクに到着したChicago Tribuneの記者E.R. Nodererは、

ダンケルクは瓦礫の山だ。爆撃で破壊された建物の残骸が道をふさいでいる。炎がパチパチと音を立て、火が広がっても放置されているために町の中心部は煙が渦を巻いている。フランス人兵士の死体が倒れたその場所に転がっている(後略)。

33,000人が暮らしていた、街の中のすべての建物が、一つの例外もなく、破壊された。無傷のまま残っているものは何もない。

爆撃中もダンケルクにとどまった民間人たちが地下室から出てくると、自宅と、街そのものが廃虚と化していました。避難先から戻ってきた人々は、がれきと化している自宅を見て打ちひしがれていたとNodererは記しています。彼はまた、爆撃中ずっとダンケルクにとどまった住民に話を聞いたところ、ある生存者は「家が破壊されて死んだ何百人もの民間人がいた」と語ったそうです。Nodererはが遭遇した警察官は「涙を流しながら自宅が爆撃されて妻と5人の子供が死んだと話してくれた」ひとりの警察官と遭遇しています。

ダンケルクの撤退をさたらに深く理解するためのマルチメディアリソース
Gardner, W. (2014). The evacuation from Dunkirk: ‘operation dynamo’, 26 May-June 1940

Grinberg, S. (Director), & Grinberg, S. (Producer). (n.d.). Dunkirk [Video file]. A&E Television Networks. Retrieved July 29, 2017, from American History in Video.

Lord, W. (2012). The miracle of Dunkirk: the true story of operation dynamo.

Martin, J. (Director), & Martin, J. (Producer). (2003). Escape from Dunkirk [Video file]. British Broadcasting Corporation. Retrieved July 29, 2017, from Academic Video Online.

Norman, L., Divine, D., & Lipscomb, W. P. (1958). Dunkirk (1958): Continuity script. London, England: Studio Canal. Retrieved July 29, 2017, from Film Scripts Online, Volume II.

Stewart, G. (2009). Dunkirk and the fall of France.

ダンケルクの撤退および第二次世界大戦に関するこの他の情報や資料は、ProQuest Historical NewspapersEbook CentralProQuest Congressionalでご利用いただけます。

History Vault
ダンケルクの撤退に関する貴重な一次資料は、History Vaultのモジュール“U.S. Military Intelligence Reports, 1911-1944”および“New Deal and World War II: President Franklin D. Roosevelt’s Office Files and Records of Federal Agencies”に収録されています。

より詳細なリサーチには、“The World War II: U.S. Documents on Planning, Operations, Intelligence, Axis War Crimes, and Refugees”モジュールの第二次世界大戦戦闘インタビューシリーズが最適です。ノルマンディー上陸作戦に参加した兵士本人の証言を確認することが可能です。

出典:
“ALLIED FORCES LEAVE DUNKIRK.” The Times of India (1861-current), Jun 05, 1940, pp. 1, ProQuest Historical Newspapers: The Times of India.

NODERER, E. R. “FINDS DUNKIRK IS PILE OF SHELL WRECKED RUINS.” Chicago Daily Tribune (1923-1963), Jun 06, 1940, pp. 1, ProQuest Historical Newspapers: Chicago Tribune. 

“MERCILESS WAR IN THE AIR.” The Irish Times (1921-Current File), Jun 03, 1940, pp. 6, ProQuest Historical Newspapers: The Irish Times and The Weekly Irish Times.

“Out of Dunkirk.” The Christian Science Monitor (1908-Current file), Jun 05, 1940, pp. 22, ProQuest Historical Newspapers: The Christian Science Monitor.

Heyman, Juliane. “Segment#: 94.” Interview. Visual History Archive, USC Shoah Foundation, 1997, http://vha.usc.edu/viewingPage?testimonyID=36508&returnIndex=0#. Accessed 2 August 2017.

画像:Imperial War Museumsコレクションからの写真NYP 68075

 

History Vault : Confederate Military Manuscripts and Records of Union Generals and the Union Armyをリリース

history-vault-codie2015南北戦争は米国史でも最も研究されているテーマです。南北戦争が終わって150年以上たった現在も、その研究的価値はますます高くなっており、これまでも良く知られてきた資料はもちろんのこと、新しい資料が新しい研究的発見に貢献する可能性は多いにあります。今回リリースされたモジュールは南北戦争において最も重要と考えられるコレクションで、オンライン上ではProQuest History Vaultとして初めて公開される資料です。

このモジュールは南部連合軍と合衆国軍の記録を収めた貴重なコレクションで構成されています。南部連合国軍の記録には、Virginia Historical Society、Louisiana State UniversityのLouisiana and Lower Mississippi Valley Collection 、University of Texas at AustineのCenter for Americal HistoryならびにUniversity of Virginiaが所有し、ProQuestによって提供されている南部連合軍の軍事的なマニュスクリプトを収録しています。これらのマニュスクリプトには軍司令官や行政部門レベルから兵卒個人の視点で書かれたものが収録されており、兵役と戦争体験、また当時の国内戦線の様子が伺える記録が豊富に収録されています。Confederate Military Manuscriptsは最高司令部の記録や文書から連合軍の象徴となったJohnny Rebとその家族の実際の様子など南部連合国の社会的、文化的研究に新しい視点を与えます。

Confederate Military Manuscriptsに加え、このモジュールにはこれまで出版されてこなかった合衆国軍と将校の記録を収録します。なかでもAllan Pinkertonを含む諜報、偵察、ガイド、探偵などの文書や予審軍法会議や軍法会議、軍事委員会で決定された規律、合衆国有色軍の記録はこのコレクションに特徴的な資料です。これらの記録は軍隊の動きや南北戦争に参加する兵士の日々の生活と軍規則、将校と下士官兵の関係、また一般市民と軍人とのやり取りなどを記録する優れた資料です。合衆国将校に関する記録にはAmbrose Burnside、Henry W. Halleck、Don Carlos BuellやBenjamin F. Butlerの文書が収録されています。

このモジュールに収録されている下記のコレクションはこれまでマイクロフィルムでも出版されておらず、History Vaultとしては今回が初めての公開となります。

  • Papers of Civil War Generals: Ambrose E. Burnside
  • Papers of Civil War Generals: Henry W. Halleck, Don Carlos Buell and Benjamin F. Butler
  • Civil War Era Correspondence of the Judge Advocate General: Letters Received, 1854-1870
  • Provost Marshal General’s Bureau during the Civil War:  Papers of Colonel L. C. Baker and Correspondence and Reports relating to Policeman and Fraud

これに加え、次の2コレクションは2008年と2009年にのみマイクロフィルムで出版され、現時点で所蔵する機関は数機関に限られています。

  • Military Discipline during the Civil War: Courts-Martial Case Files from the Records of the Judge Advocate General
    (このコレクションは近年まで紛失しており、主となる軍法会議の記録の公開が進められるまで発見されなかったものです。)
  • Military Intelligence during the Civil War: Provost Marshal Records on Spies, Scouts, Guides, and Detectives

History Vaultの情報はこちら(英語)からもご案内しています。
また、現在無料トライアルを受付中です。ご要望の際はプロクエスト日本支社のブログを見たとお伝えください。

亞洲史研究|美國國務院機密核心檔案-亞洲,1960-1969年

History Vault – Confidential U.S. State Department Central Files, Asia (1960-1969)模組所包括的國家和地區:中國、(一般意義上的)遠東、香港、印尼、日本、老撾、菲律賓共和國和越南。有關中國、日本和越南的檔案資料在該模組中占比最大。

中國檔案資料的主要議題包括兩岸的緊張關係,以及美國的“兩個中國”的政策。

日本的檔案資料包括美國國務院職員的報告,內容涉及學生示威運動、日本政黨活動、1964年奧運會、日本進出口限制談判、日本自衛隊問題、日韓關係、日本收回沖繩的可能性、外交會晤和日本漁業等。

在越南的檔案資料中,通過運送至越南的農業商品(作為“糧食換和平”計畫的一部分)文獻記載,研究者將能夠瞭解到越南戰爭期間的農產品價格、貨幣匯率和食品供應情況。美國國務院有關越南的記錄還包括佛教徒和政府之間的關係,以及美國在越南的軍事干預和軍事援助情況。在該模組中,老撾檔案的重點是該國的政治不穩定性。

覆蓋的主題包含:
工會、公眾輿論、國防、會議、經濟發展、競選、軍事基地、軍事援助、勞工、糧食援助、領土主張、難民 、談判、外國官員、外國政府部門及機構、外交關係、外交與領事服務、外貿、外援、宣傳、演講、越南戰爭、針對美國的外國輿論、政黨 、政府檔案

該模組包含如下內容:

  • Confidential U.S. State Department Central Files, China: Foreign Affairs, 1960-January 1963
  • Confidential U.S. State Department Central Files, China: Internal Affairs, 1960-January 1963
  • Confidential U.S. State Department Central Files, China: Subject-Numeric Files, 1967-1969, Political, Governmental, and National Defense Affairs
  • Confidential U.S. State Department Central Files, China: Subject-Numeric Files, February 1963-1966, Political, Governmental, and National Defense Affairs
  • Confidential U.S. State Department Central Files, Far East: Internal Affairs and Foreign Affairs, 1960-January 1963
  • Confidential U.S. State Department Central Files, Hong Kong: Internal Affairs and Foreign Affairs, 1960-January 1963
  • Confidential U.S. State Department Central Files, Hong Kong: Subject-Numeric Files, February 1963-1966, Political, Governmental, and National Defense Affairs
  • Confidential U.S. State Department Central Files, Indonesia: Internal Affairs and Foreign Affairs, 1960-January 1963
  • Confidential U.S. State Department Central Files, Japan: Subject-Numeric Files, 1967-1969, Political, Governmental, and National Defense Affairs
  • Confidential U.S. State Department Central Files, Japan: Subject-Numeric Files, February 1963-1966, Internal Affairs and Foreign Affairs
  • Confidential U.S. State Department Central Files, Philippine Republic: Internal Affairs and Foreign Affairs, 1960-January 1963
  • Confidential U.S. State Department Central Files, Vietnam: Internal Affairs and Foreign Affairs, 1960-January 1963
  • Confidential U.S. State Department Central Files, Vietnam: Subject-Numeric Files, February 1963-1966, Political, Governmental, and National Defense Affairs

訪問網址:http://hv.proquest.com/

如需要申請試用或者瞭解訂購資訊,請點擊這裡,線上提交申請,或發郵件至saleschina@asia.proquest.com,我們將儘快與您聯繫。

亚洲史研究|美国国务院机密核心档案-亚洲,1960-1969年

History Vault – Confidential U.S. State Department Central Files, Asia (1960-1969)模块所包括的国家和地区:中国、(一般意义上的)远东、香港、印度尼西亚、日本、老挝、菲律宾共和国和越南。有关中国、日本和越南的档案资料在该模块中占比最大。

中国档案资料的主要议题包括两岸的紧张关系,以及美国的“两个中国”的政策。

日本的档案资料包括美国国务院职员的报告,内容涉及学生示威运动、日本政党活动、1964年奥运会、日本进出口限制谈判、日本自卫队问题、日韩关系、日本收回冲绳的可能性、外交会晤和日本渔业等。

在越南的档案资料中,通过运送至越南的农业商品(作为“粮食换和平”计划的一部分)文献记载,研究者将能够了解到越南战争期间的农产品价格、货币汇率和食品供应情况。美国国务院有关越南的记录还包括佛教徒和政府之间的关系,以及美国在越南的军事干预和军事援助情况。在该模块中,老挝档案的重点是该国的政治不稳定性。

覆盖的主题包含:
工会、公众舆论、国防、会议、经济发展、竞选、军事基地、军事援助、劳工、粮食援助、领土主张、难民 、谈判、外国官员、外国政府部门及机构、外交关系、外交与领事服务、外贸、外援、宣传、演讲、越南战争、针对美国的外国舆论、政党 、政府档案

该模块包含如下内容:

  • Confidential U.S. State Department Central Files, China: Foreign Affairs, 1960-January 1963
  • Confidential U.S. State Department Central Files, China: Internal Affairs, 1960-January 1963
  • Confidential U.S. State Department Central Files, China: Subject-Numeric Files, 1967-1969, Political, Governmental, and National Defense Affairs
  • Confidential U.S. State Department Central Files, China: Subject-Numeric Files, February 1963-1966, Political, Governmental, and National Defense Affairs
  • Confidential U.S. State Department Central Files, Far East: Internal Affairs and Foreign Affairs, 1960-January 1963
  • Confidential U.S. State Department Central Files, Hong Kong: Internal Affairs and Foreign Affairs, 1960-January 1963
  • Confidential U.S. State Department Central Files, Hong Kong: Subject-Numeric Files, February 1963-1966, Political, Governmental, and National Defense Affairs
  • Confidential U.S. State Department Central Files, Indonesia: Internal Affairs and Foreign Affairs, 1960-January 1963
  • Confidential U.S. State Department Central Files, Japan: Subject-Numeric Files, 1967-1969, Political, Governmental, and National Defense Affairs
  • Confidential U.S. State Department Central Files, Japan: Subject-Numeric Files, February 1963-1966, Internal Affairs and Foreign Affairs
  • Confidential U.S. State Department Central Files, Philippine Republic: Internal Affairs and Foreign Affairs, 1960-January 1963
  • Confidential U.S. State Department Central Files, Vietnam: Internal Affairs and Foreign Affairs, 1960-January 1963
  • Confidential U.S. State Department Central Files, Vietnam: Subject-Numeric Files, February 1963-1966, Political, Governmental, and National Defense Affairs

访问网址:http://hv.proquest.com/

如需要申请试用或者了解订购信息,请点击这里,在线提交申请,或发邮件至saleschina@asia.proquest.com,我们将尽快与您联系。

CN Site promotion

美國史研究|History Vault歷史資料庫 – 南方聯盟軍手稿和北方聯邦軍將軍與軍隊記錄

縱觀美國歷史,南北戰爭是研究最集中、爭論最頻繁歷史時期之一。在南北戰爭結束後150多年的今天,人們對南北戰爭的研究興趣仍然很濃厚。使用新資源或以前未充分利用的資源,人們有望獲得關於這件美國歷史大事件的新發現。這個資料模組將向研究者提供南北戰爭時期部分最為珍貴的歷史收藏,也將提供獲得新發現的機會,因為這些歷史收藏都是首次在ProQuest History Vault上以數位形式發佈。

History Vault – Confederate Military Manuscripts and Records of Union Generals and the Union Army模組包含了記錄南方聯盟軍和北方聯邦軍的罕見歷史收藏。南方聯盟軍的記錄包含由ProQuest從四大主要檔案機構獲得的南方聯盟軍手稿,包括維吉尼亞歷史協會、路易斯安那州立大學路易斯安那與密西西比下游山谷歷史收藏、 德克薩斯大學奧斯丁分校美國歷史中心、維吉尼亞大學。南方聯盟軍手稿的包含軍隊各個階層的藏品,上至部隊指揮官或行政部門,下至普通列兵;其內容涵蓋了他們兵役與軍隊生活的所有方面,儘管也簡要介紹了大後方的生活。南方聯盟軍手稿可幫助我們深刻理解南方聯盟軍實際生活的各個方面,從統帥部的記錄和檔,到南方聯盟軍士兵及其家庭的各種歷史證據——這些新的軍隊歷史資料有助於對軍隊的社會和歷史方面進行研究。

除南方聯盟軍手稿之外,該資料模組還包含了部分以前未發佈的北方聯邦軍將軍與軍隊的罕見記錄。北方聯邦軍記錄主要包含間諜、偵查、嚮導和偵探的檔;一系列有關艾倫·平克頓的記錄;來自軍事法庭、調查法庭和特別軍事法庭調查的軍事紀律記錄;北方聯邦軍有色人種軍隊的記錄。這些記錄為研究者瞭解南北戰爭中軍隊調動、士兵日常生活、軍事紀律、軍官與士兵關係、以及平民與軍事人員的相互作用,提供了珍貴的檔材料。本資料模組的北方聯邦軍將軍記錄包含安布羅斯·伯恩賽德、亨利·韋傑·哈勒克、唐·卡洛斯·比爾和本傑明·佛蘭克林·巴特勒的文件。

該模組包含如下內容:

  • Civil War Era Correspondence of the Judge Advocate General: Letters Received, 1854-1870
  • Confederate Military Manuscripts, Series A: Holdings of the Virginia Historical Society
  • Confederate Military Manuscripts, Series B: Holdings of Louisiana State University
  • Confederate Military Manuscripts, Series C: Holdings of The Center for American History, University of Texas at Austin, Part 1: The Trans-Mississippi West
  • Confederate Military Manuscripts, Series D: Holdings of the University of Virginia Library, Part 1: Albemarle County Historical Society Papers through James Family Papers
  • Journal of the Congress of the Confederate States of America, 1861-1865
  • Military Discipline during the Civil War: Courts-Martial Case Files from the Records of the Judge Advocate General
  • Military Intelligence during the Civil War: Provost Marshal Records on Spies, Scouts, Guides, and Detectives
  • Nineteenth Century Southern Political Leaders, Series A: Holdings of the Virginia Historical Society
  • Papers of Civil War Generals: Ambrose E. Burnside
  • Papers of Civil War Generals: Henry W. Halleck, Don Carlos Buell, and Benjamin F. Butler
  • Papers of Union Staff Officers, 1861-1865, Part 1: A through G
  • Papers of Union Staff Officers, 1861-1865, Part 2: H through P
  • Papers of Union Staff Officers, 1861-1865, Part 3: Q through Z
  • Provost Marshal General’s Bureau during the Civil War: Papers of Colonel L. C. Baker and
  • Correspondence and Reports Relating to Policemen and Fraud
  • Records of U.S. Colored Troops, Part 1: Letters Related to Recruitment of African Americans, 1863-186

訪問網址:http://hv.proquest.com/

美国史研究|History Vault历史数据库 – 南方联盟军手稿和北方联邦军将军与军队记录

纵观美国历史,南北战争是研究最集中、争论最频繁历史时期之一。在南北战争结束后150多年的今天,人们对南北战争的研究兴趣仍然很浓厚。使用新资源或以前未充分利用的资源,人们有望获得关于这件美国历史大事件的新发现。这个数据模块将向研究者提供南北战争时期部分最为珍贵的历史收藏,也将提供获得新发现的机会,因为这些历史收藏都是首次在ProQuest History Vault上以数字形式发布。

History Vault – Confederate Military Manuscripts and Records of Union Generals and the Union Army模块包含了记录南方联盟军和北方联邦军的罕见历史收藏。南方联盟军的记录包含由ProQuest从四大主要档案机构获得的南方联盟军手稿,包括弗吉尼亚历史协会、路易斯安那州立大学路易斯安那与密西西比下游山谷历史收藏、 德克萨斯大学奥斯汀分校美国历史中心、弗吉尼亚大学。南方联盟军手稿的包含军队各个阶层的藏品,上至部队指挥官或行政部门,下至普通列兵;其内容涵盖了他们兵役与军队生活的所有方面,尽管也简要介绍了大后方的生活。南方联盟军手稿可帮助我们深刻理解南方联盟军实际生活的各个方面,从统帅部的记录和文件,到南方联盟军士兵及其家庭的各种历史证据——这些新的军队历史资料有助于对军队的社会和历史方面进行研究。

除南方联盟军手稿之外,该数据模块还包含了部分以前未发布的北方联邦军将军与军队的罕见记录。北方联邦军记录主要包含间谍、侦查、向导和侦探的文件;一系列有关艾伦·平克顿的记录;来自军事法庭、调查法庭和特别军事法庭调查的军事纪律记录;北方联邦军有色人种军队的记录。这些记录为研究者了解南北战争中军队调动、士兵日常生活、军事纪律、军官与士兵关系、以及平民与军事人员的相互作用,提供了珍贵的文件材料。本数据模块的北方联邦军将军记录包含安布罗斯·伯恩赛德、亨利·韦杰·哈勒克、唐·卡洛斯·比尔和本杰明·富兰克林·巴特勒的文件。

该模块包含如下内容:

  • Civil War Era Correspondence of the Judge Advocate General: Letters Received, 1854-1870
  • Confederate Military Manuscripts, Series A: Holdings of the Virginia Historical Society
  • Confederate Military Manuscripts, Series B: Holdings of Louisiana State University
  • Confederate Military Manuscripts, Series C: Holdings of The Center for American History, University of Texas at Austin, Part 1: The Trans-Mississippi West
  • Confederate Military Manuscripts, Series D: Holdings of the University of Virginia Library, Part 1: Albemarle County Historical Society Papers through James Family Papers
  • Journal of the Congress of the Confederate States of America, 1861-1865
  • Military Discipline during the Civil War: Courts-Martial Case Files from the Records of the Judge Advocate General
  • Military Intelligence during the Civil War: Provost Marshal Records on Spies, Scouts, Guides, and Detectives
  • Nineteenth Century Southern Political Leaders, Series A: Holdings of the Virginia Historical Society
  • Papers of Civil War Generals: Ambrose E. Burnside
  • Papers of Civil War Generals: Henry W. Halleck, Don Carlos Buell, and Benjamin F. Butler
  • Papers of Union Staff Officers, 1861-1865, Part 1: A through G
  • Papers of Union Staff Officers, 1861-1865, Part 2: H through P
  • Papers of Union Staff Officers, 1861-1865, Part 3: Q through Z
  • Provost Marshal General’s Bureau during the Civil War: Papers of Colonel L. C. Baker and
  • Correspondence and Reports Relating to Policemen and Fraud
  • Records of U.S. Colored Troops, Part 1: Letters Related to Recruitment of African Americans, 1863-186

访问网址:http://hv.proquest.com/

CN Site promotion

Día Internacional de la Mujer “La Promesa de la Igualdad”

El 8 de marzo de 2016 ha marcado la celebración del 105º Día Internacional de la Mujer por los líderes del movimiento feminista de todo el mundo. El tema para la celebración de este año ha sido La Promesa de la Igualdad, donde las personas se han comprometido con la adopción de medidas para acelerar la igualdad para las mujeres en los ámbitos sociales, culturales y económicos. Por desgracia, el Foro Económico Mundial predice ahora que la paridad mundial de género no se alcanzará hasta el 2133, una marcada desaceleración de su predicción en 2014 cuando se predijo el logro de la paridad para el 2095.

¿Cómo se presenta a sí misma hoy en día esta desaceleración de la igualdad de las mujeres frente al siglo XX? Echemos un vistazo a la información sobre temas de la mujer a través del tiempo en ProQuest Historical Collections para averiguar lo lejos que hemos llegado y cuánto nos queda por recorrer.

Hay cinco secciones de La Promesa de la Igualdad:

1. Ayudar a mujeres y chicas a alcanzar sus ambiciones

Las organizaciones deben iluminar el camino hacia el liderazgo, mostrando a las mujeres las oportunidades de carreras profesionales y ascenso que coincidan con sus habilidades y objetivos profesionales y proporcionarles las experiencias necesarias para desarrollar su potencial.

Los individuos pueden comprometerse a abogar por sí mismos, y cuando sea apropiado, convertirse en modelos de conducta eficaces y patrocinadores de mujeres para ayudarles a alcanzar sus objetivos.

800px-Gloria_Steinem_at_news_conference,_Women's_Action_Alliance,_January_12,_1972ProQuest History Vault incluye varias colecciones de archivo que muestran las distancias que las mujeres estaban dispuestas a recorrer en el siglo XX para conseguir la paridad de género. Una colección, en particular, son los registros institucionales de la Alianza de Acción para la Mujer, fundada en 1971 para promover la independencia de las mujeres y la acción a través de los movimientos políticos de base local. La Alianza de Acción para la Mujer desafió el statu quo mediante la promoción de la igualdad de la fuerza del trabajo y la educación preescolar no sexista. La Alianza de Acción para la Mujer no solamente estimuló a las mujeres a conseguir sus ambiciones, sino que el liderazgo de la organización vivió esos mismos ideales, con el logro de mujeres como Gloria Steinem y Dorothy Pitman-Hughes al timón sirviendo como modelos para los miles de mujeres para quienes habían abogado.

2. Desafío consciente y parcialidad inconsciente

Los estudios demuestran que las organizaciones y los equipos con equilibrio de género ofrecen resultados más sólidos y que las sociedades inclusivas son más progresistas, pero el arraigo de la parcialidad ralentiza el progreso de la igualdad.

Las organizaciones deben construir culturas donde todo el mundo se sienta valorado e incluido y pueda contribuir plenamente de acuerdo con sus capacidades.

Los individuos pueden comprometerse a aprender de sus prejuicios, ajustando su comportamiento según sea necesario y dando la bienvenida a diferentes experiencias y puntos de vista.

chatelaineEl ProQuest Women’s Magazine Archive contiene diversas revistas sobre consumo que, aunque ahora se consideran sobretodo publicaciones de estilo de vida, empezaron con una naturaleza más política o literaria. Un ejemplo sería Chatelaine, una revista canadiense que empezó a publicarse en 1928 y evolucionó durante el primer movimiento de la ola feminista como una revista altamente política. Los artículos sobre temas que van desde el papel de la mujer en los negocios y la gestión financiera hasta la acción y la identidad sexual son indicativos de los esfuerzos de principios del siglo XX por romper los prejuicios existentes de las mujeres en contra de sus propias inspiraciones para el éxito económico y social.

3. Llamada al liderazgo para el equilibrio de género

Las empresas con mujeres directivas superan como contrapartida la igualdad, el crecimiento neto de los ingresos y la relación precio-valor contable así como un sinfín de medidas no financieras.

Las Organizaciones deben garantizar que las mujeres se expongan a procesos y funciones estratégicas para obtener la experiencia necesaria para posiciones sénior y establecer metas cuantificables para designar mujeres para el liderazgo.

Los individuos pueden mostrar a los actuales empresarios o a los potenciales, que valoran y esperan el equilibrio del liderazgo de género. Deberían seleccionar los programas de liderazgo, patrocinio y tutelaje, el conocimiento de las funciones estratégicas y financieras y las redes integradas diseñadas para ayudar al avance de las mujeres.

wsjwomenLa cobertura de ProQuest Historical Newspaper de The Wall Street Journal empieza en 1889 e incluye a lo largo del siglo XX amplios informes acerca del rol de las mujeres en el mundo empresarial. Se informa en gran medida del tutelaje, la formación en liderazgo y las oportunidades del trabajo en red para mujeres. También cubre en gran medida las empresas y organizaciones que han hecho grandes avances en el tiempo para ser más inclusivos y acogedores con las mujeres.

4. Valorar las mujeres y las aportaciones de los hombres por igual

El aumento de la tasa de actividad femenina coincidiendo con la de los hombres tendrá un impacto positivo en el PIB tanto en las economías desarrolladas como en aquellas en desarrollo.

Las organizaciones deben asegurar que todos sus procesos de talento son equitativos, justos y que favorecen sus objetivos de paridad de género y diversidad.

Los individuos pueden buscar puntos de vista diferentes a los propios, dar prioridad a la construcción de diversos equipos y participar en redes mixtas que construyen relaciones de confianza.

whitehouseProQuest Executive Branch Documents ofrece acceso a documentos del gobierno publicados a lo largo del siglo XX sobre la contribución de las mujeres al crecimiento económico global y cómo las mujeres pueden ofrecer puntos de vista alternativos y diversos dentro del equipo de trabajo, conduciendo a mejores resultados. Un ejemplo es la Oficina de Estadísticas Laborales con una larga tradición de la publicación del Manual de Estadísticas Laborales que cuantifica varios aspectos de la economía relevantes a las decisiones de las mujeres para entrar o dejar los equipos de trabajo, y el efecto de las mujeres en el equipo de productividad.

 

5. Creación de culturas inclusivas, flexibles

Los trabajadores de ocho países clasificaron el trabajo flexible y la posibilidad de ser promocionados como lo más valorado en un trabajo potencial, después de un salario competitivo y los beneficios de éste.

Las organizaciones deben reconocer que las líneas entre la carrera profesional y la vida personal se están volviendo más fluidas. Deberían crear políticas progresivas, como el trabajo flexible que permitiera a todo el mundo —sin importar la edad, el género, el rango o la geografía, la gestión de su vida personal y profesional y hacer realidad sus ambiciones.

Los individuos pueden crear ambientes de confianza orientados al trabajo en equipo fomentando la flexibilidad laboral respaldando la elección de los tiempos, los lugares y las maneras de cómo se hace el trabajo.

The Vogumichelleobamae Archive de ProQuest rastrea el movimiento del equilibrio entre la vida personal-profesional de las mujeres en la última parte del siglo XX. Ya se trate de la cobertura de temas relacionados con la llamada mamá de familia o discusiones sobre lo que un número creciente de mujeres elegidas en el Congreso significa para nuestra cultura y sociedad, los artículos en Vogue destacan la importancia de las mujeres, en particular, el estrés del equilibrio entre vida personal-profesional y cómo se beneficia la sociedad en general, sin importar la estructura familiar o el género.

Bibliotecarios: Aprended más, solicitad un Análisis del Currículo gratuito, y firmad las pruebas gratuitas de los recursos para potenciar la investigación. Además, descargaros el folleto sobre Estudios de la Mujer.

(Los recursos anteriores son en inglés)

“沉悶的科學”與20世紀60年代

Jane Jiang | 譯

JohnsonCEAImage當人們回想起20世紀60年代,腦海中一定會浮現那些盛極一時的圖像,如1963年的華盛頓特區大遊行、披頭士、反越戰示威和黑豹黨等。CNN製作了一個展示照片的網站,上面就有“1960年代60個標誌性時刻”的系列照片,這些影像資料以及另外50多個其他照片就可以在這個網站上看到 。

對於任何關注1960年代的人來說,這些標誌性時刻固然是那個年代的核心,但它們並不是全部。Eric Hobsbawm在“The Age of Extremes: A History of the World, 1914-1991一書中辯稱,因為驚人的經濟增長,從二戰結束到20世紀70年代初的那些年堪稱一個經濟發展的黃金時代。

1960年代的美國經濟和那個時代戲劇化的社會、文化和政治動盪相比顯得沒那麼重要,但它是在那十年裡所發生的所有重大事件的催化劑之一。在John F. Kennedy 和 Lyndon Baines Johnson總統執政期間,美國經歷了連續超過100個月的經濟增長期,成為了截至當時美國歷史上經濟增長持續最長的一段時期。評論家們想知道這一顯著的增長是否暗示了經濟週期的結束。當時詹森總統宣佈了“與貧困的戰爭(War on Poverty)”,預言普遍繁榮可以提高所有人的生活水準。

ProQuest 歷史庫(History Vault)American Politics and Society from Kennedy to Watergate 模組,記載了從甘迺迪到水門事件美國的政治和社會歷史,其中收錄了關於1960年代美國經濟的一手檔,即詹森總統理事會(Council of Economic Advisers under President Johnson)的記錄 。這個系列資源記錄了許多促成了20世紀60年代經濟繁榮的政策辯論和政府行為。 由甘迺迪和詹森兩屆總統的首席經濟顧問的檔組成,包括幕後對經濟資料分析與解釋的討論;政策建議背後的政治、思想和數學論證;專業經濟學家們採用了哪些方法去試圖影響公眾輿論和政府官員對經濟複雜性的認識。

歷史庫(History Vault)中的1960年代CEA檔(Council of Economic Advisors)主要側重於收錄1960年代CEA兩位任職時間最長的官員:Walter W. Heller (1961–1964) 和 Gardner Ackley (1964–1968,自1962年起成為CEA成員)的記錄;而對CEA的另兩位成員:Otto Eckstein (1964–1966) 和 Arthur M. Okun (1964–1969, 收錄1968–1969任期的文件) 的材料收錄得相對少一些,但也涵蓋了後兩者的重要內容。

詹森總統執政期間的經濟顧問理事會(Council of Economic Advisers)檔集合涵蓋了上世紀60年代幾乎每一個重要的經濟問題,並揭示了對重大政策決定背後所涉及到的廣泛議題的思考:從國際貿易和收支平衡問題,到勞資關係和重點行業如汽車、鋼鐵行業的罷工問題等。評論家們還討論了越南戰爭、稅制改革、反通脹措施、工資和價格的指導方針等等對經濟的影響。

20世紀60年代夢幻般的經濟增長之後,緊接著是70年代的通貨膨脹和經濟蕭條。20世紀70年代的經濟解體引起了人們對20世紀60年代經濟模式的質疑。新的CEA主席(後來美國聯邦儲備委員會的負責人)Alan Greenspan 帶來一種不同的方法試圖解決當時最棘手的經濟問題。福特總統任期內由Alan Greenspan主持CEA期間的經濟顧問委員會記錄(Council of Economic Advisers)也收錄在 “American Politics and Society from Kennedy to Watergate” 集合中,研究人員可以利用歷史庫跟蹤直至70年代中期經濟顧問委員會的工作。

請點擊這裡,瞭解ProQuest歷史庫(History Vault): American Politics and Society collections 詳情。

圖書館員請點擊這裡,註冊 History Vault 和其他美國政治史資料庫的免費試用。

“沉闷的科学”与20世纪60年代

Jane Jiang | 译

JohnsonCEAImage当人们回想起20世纪60年代,脑海中一定会浮现那些盛极一时的图像,如1963年的华盛顿特区大游行、披头士、反越战示威和黑豹党等。CNN制作了一个展示照片的网站,上面就有“1960年代60个标志性时刻”的系列照片,这些影像资料以及另外50多个其他照片就可以在这个网站上看到 。

对于任何关注1960年代的人来说,这些标志性时刻固然是那个年代的核心,但它们并不是全部。Eric Hobsbawm在“The Age of Extremes: A History of the World, 1914-1991一书中辩称,因为惊人的经济增长,从二战结束到20世纪70年代初的那些年堪称一个经济发展的黄金时代。

1960年代的美国经济和那个时代戏剧化的社会、文化和政治动荡相比显得没那么重要,但它是在那十年里所发生的所有重大事件的催化剂之一。在John F. Kennedy 和 Lyndon Baines Johnson总统执政期间,美国经历了连续超过100个月的经济增长期,成为了截至当时美国历史上经济增长持续最长的一段时期。评论家们想知道这一显著的增长是否暗示了经济周期的结束。当时约翰逊总统宣布了“与贫困的战争(War on Poverty)”,预言普遍繁荣可以提高所有人的生活水平。

ProQuest 历史库(History Vault)American Politics and Society from Kennedy to Watergate 模块,记载了从肯尼迪到水门事件美国的政治和社会历史,其中收录了关于1960年代美国经济的一手文件,即约翰逊总统理事会(Council of Economic Advisers under President Johnson)的记录 。这个系列资源记录了许多促成了20世纪60年代经济繁荣的政策辩论和政府行为。 由肯尼迪和约翰逊两届总统的首席经济顾问的文件组成,包括幕后对经济数据分析与解释的讨论;政策建议背后的政治、思想和数学论证;专业经济学家们采用了哪些方法去试图影响公众舆论和政府官员对经济复杂性的认识。

历史库(History Vault)中的1960年代CEA文件(Council of Economic Advisors)主要侧重于收录1960年代CEA两位任职时间最长的官员:Walter W. Heller (1961–1964) 和 Gardner Ackley (1964–1968,自1962年起成为CEA成员)的记录;而对CEA的另两位成员:Otto Eckstein (1964–1966) 和 Arthur M. Okun (1964–1969, 收录1968–1969任期的文件) 的材料收录得相对少一些,但也涵盖了后两者的重要内容。

约翰逊总统执政期间的经济顾问理事会(Council of Economic Advisers)文件集合涵盖了上世纪60年代几乎每一个重要的经济问题,并揭示了对重大政策决定背后所涉及到的广泛议题的思考:从国际贸易和收支平衡问题,到劳资关系和重点行业如汽车、钢铁行业的罢工问题等。评论家们还讨论了越南战争、税制改革、反通胀措施、工资和价格的指导方针等等对经济的影响。

20世纪60年代梦幻般的经济增长之后,紧接着是70年代的通货膨胀和经济萧条。20世纪70年代的经济解体引起了人们对20世纪60年代经济模式的质疑。新的CEA主席(后来美国联邦储备委员会的负责人)Alan Greenspan 带来一种不同的方法试图解决当时最棘手的经济问题。福特总统任期内由Alan Greenspan主持CEA期间的经济顾问委员会记录(Council of Economic Advisers)也收录在 “American Politics and Society from Kennedy to Watergate” 集合中,研究人员可以利用历史库跟踪直至70年代中期经济顾问委员会的工作。

请点击这里,了解ProQuest历史库(History Vault): American Politics and Society collections 详情。

图书馆员请点击这里,注册 History Vault 和其他美国政治史数据库的免费试用。

CN Site promotion