Posts Tagged ‘EEB’

Early European Books Collection 11 (Religious Collection)がリリースされました。

1450年から1700年にかけてヨーロッパで印刷された書籍や刊行物を、原書のスキャンイメージで収録するEarly European Booksから、新たにコレクション11がリリースされました。現在はインキュナブラと呼ばれる書物がさらに充実し、近世ヨーロッパの歴史と文化を当時の視点でリサーチすることが可能です。

Collection 11収録概要

  • 収録ページ数: 47万ページ
  • 収録タイトル数: 2,200タイトル

宗教改革500周年を記念してリリースされたCollection 11は、初めてのテーマ別コレクションとして新しい検索フィールドの追加とともにリリースされました。Early European Booksはこれまで、USTCから38のサブジェクトクラシフィケーションを追加し、主題からナビゲーションしながらタイトルを見つけ出せるように検索機能を強化してきましたが、Collection 11も同様にこの機能から個別のタイトルを見つけることが可能です。

Collection 11は特に宗教分野にフォーカスしており、ヨーロッパの次の図書館のコレクションを中心に構成されています。

  • The Welcome Library (イギリス)
  • Biblioteca Nazionale Centrale di Firenze(イタリア)
  • Kongelige Bibliotek(デンマーク)
  • Koninklijke Bibliotheek(オランダ)

宗教文学、聖書とその解釈書に加え、魔術や悪魔学などの神秘主義的書物や印刷物、葬儀についての書物や印刷物を網羅的に収録しており、これら貴重な一次資料を通して当時の宗教、スピリチュアル信仰やそのほか広く浸透していた信仰の様子を伺い知ることができます。

先のキリスト教徒による書物に加え、Collection 11は特に近世初期のテキスト、なかでも宗教改革に関連する議論を収録したタイトルに注目しています。マルティン・ルターがカトリック教会の免罪符販売を批判するために1517年に城教会の門に張り出した「95ヶ条の論題」は西洋キリスト教世界の決定的な分断のきっかけとなり宗教改革に発展しますが、この宗教改革に関わった歴史的な人物による著作が豊富に収録されています。ルターに加え、カルヴァンの著作も豊富に収録します。

USTCについて

ProQuestはスコットランドのUniversity of St. Andrewsと提携し、同大学が所有するUniversal Short Title Catalogue (USTC)をもとに今後のEarly European Booksの収録コレクションの選定をしていく予定です。またUSTCのメタデータにより、これまでリリースしてきた全てのコレクションへのアクセスを改善し、収録コンテンツを見つけやすくしました。Collection 1から11までのデータはUSTCによりレビューされ標準化されていますが、この作業は今後リリースされるコレクションも同様の措置が取られる予定です。またUSTCではそれぞれのタイトルに対し、独自の主題(Subject Classification)が割り振られていますが、これによりEarly European Books全体のコレクションをシームレスに検索し、質の高い検索結果の提示が可能となりました。これら新たに追加された主題は、学術論文、農業、芸術と建築、占星術、聖書、医学書、政治パンフレットをはじめ様々な分野を収録します。さらにUSTCは印刷物が印刷された場所や地域、また言語と発行年月日などの書誌事項データを標準化するために用いられています。今後は、これらのデータを用いて全ての印刷物の出版地データを地図上にマッピング表示する機能のリリースも予定されています。

Early European Booksについて

  • リサーチの質をあげる貴重な一次資料を豊富に収録
    グーテンベルク、アントン・コーベルガー、アルドゥス・マヌティウスの時代から1700年まで、ルネサンス、宗教改革、そして大航海時代の主要な印刷物 – パンフレット、説教集、年鑑などを収録し、世界でもトップクラスの貴重書をオンライン上で利用できます。
  • 最も包括的なコレクション
    印刷技術の誕生から1700年まで、Early European Booksはヨーロッパで現存する印刷物を包括的に収録することを目的としています。これまでは所蔵図書館内でしか閲覧できなかった世界的な貴重書にオンライン上で簡単にアクセスすることができるようになります。
  • 高い関連性と正確さ
    精度の高いインデキシングと検索オプションで関連性の高い検索結果を提示します。ページレベルに付与されたインデキシングは、ポートレート、地図、手書きメモ、イラストなど、様々な種類の文書の検索を可能にしました。
  • 近世ヨーロッパの主要なコンテンツ
    科学、天文学、数学から医学、また法的文書、宗教冊子、歴史書、哲学書、機械工学まで、さらに古典文学から当時書かれた新しいタイプの文学など、近世ヨーロッパ時代に発行されたあらゆる分野の書物を包括的に収録する大変貴重な一次リソースです。
  • 幅広い収録分野と言語数
    グーテンベルクの活版印刷発によりもたらされ、その後約2世紀半にわたってヨーロッパ全土に急速に広まっていった書物を網羅的に収録します。時代的に宗教関連の書物の割合が多いものの、他にもあらゆる分野における人々の発見や思想、また彼らの活動や功績がヨーロッパ諸国の言語で記された書物を豊富に収録します。
  • リサーチの劇的な効率化
    これまで現地の図書館でしか閲覧が出来なかった世界的にもトップクラスの貴重書に、オンライン上で24時間いつでもアクセス出来るようになります。現在全てのコレクションで56,000件の書物にアクセス可能ですが、このコレクションは今後も追加リリースされていく予定です。近世ヨーロッパ研究に重要な1450年から1700年までの書物をこれほど収録するオンラインリソースはEarky European Booksのみです。

Early European Bookは1ヶ月の無料トライアルが可能です。サービスの詳細な情報、またご導入の相談も随時承っております。こちらからお気軽にお問い合わせください。

Early European Books : Collection 10をリリース

homeimg_1ヨーロッパ初期書籍を出版当時のイメージのまま収録した電子書籍コレクション、Early European Books のコレクション10がリリースされました。このプロジェクトは、近代ヨーロッパの歴史や文化の起源を伺い知ることができる当時の生の情報を豊富に収録した貴重書とインキュナブラのコレクションをオンライン上で利用できるようにするものです。現在、このプロジェクトはパートナーシップを結ぶ世界的な図書館と進められており、現在1400年から1700年に出版された5万タイトルを超える1,500万ページ以上の貴重書をイメージ検索が可能な状態で収録しています。

新たにリリースされたCollection 10では947,149ページに上る1,901件の書籍を収録します。追加で収録予定の665点(355,329ページ)ならびにCollection 9 とCollection 10のMARCレコードは今後のEEBのエンハンスメントにより、順次利用可能となる予定です。

フランス国立図書館(Bibliotheque Nationale de France: BnF)キュレーターからのコメント
Collection 10はBnFの哲学、歴史、そして人間科学部門で所蔵しているフランス領内で16-17世紀に出版された書籍を中心に収録しています。フランス哲学者と倫理家が啓蒙主義と認識論に移行していく時期の様々な著作を閲覧することが可能です。

近代のフランス出版界におけるパリとリヨンの優位性を反映した以前のBnFコレクションとは異なり、このコレクションでは17世紀に現れた地方の印刷業者を広く収録しました。フランス第2の都市ルーアン、また(1668年にフランスに譲渡された)ドゥエ、カン、ボルドー、トロイ、トゥールーズ、さらに司教区とされた大小の町のネットーワーク、そのほか王宮や学校などからのセレクションを多く収録します。

哲学の分野では、ルネ・デカルトやニコラ・ド・マルブランシュ、またいわゆるerudite libertinesと呼ばれるガブリエル・ノーデ(1600-1653)による著作が特筆すべき収録コンテンツといえます。また、このコレクションは17世紀における重要な図書を多く収録していますが、その多くは地理と歴史に関連する書物です。主な収録著作は以下の通りです。

  • Louis Moréri(1643-1680)のGrand Dictionnaire Historiqueと関連するエディション
  • Jesuit Horace Turcelin (Orazio Torsellino)のフランス語とラテン語の世界史に関する書物
  • Denis Petau (1583-1652)によるRationarium temporum
  • Jesuit Philippe Labbé (1607-1667)の作品で、Imprimerie Royaleにより5volumeのフォリオ版で発行されたConcordisa chronologiaを含む著作
  • Claude Jordan、 Charles Patin、Théodore Turquet de Mayerneなどによるヨーロッパ大陸の旅行記
  • Jean Mocquet, Jean-Baptiste Tavernierなどによるヨーロッパ地域を超える旅行記
  • Jacques-Bénigne Bossuet (1627-1704)によるDiscours sur l’histoire universelleの版違いを2種
  • ベレー地方の主教、Jean-Pierre Camus (1584-1652)により主に管区を中心に出版された“exemplary”シリーズと教訓集

古代史とカトリック学ではフランス語とラテン語の版を多く収録しています。ローマ史はラテン語記述が一般的ですが、17世紀のTacitus、Plutarch、Suetonius、 Quintus Curtius、Sallust やFlorusなどの歴史家のフランス語訳を豊富に収録しています。一方、司教Nicolas Coeffeteau (1574-1623)のような近世の学者や史料編集者であったScipion Dupleix (1569-1661)によるフォリオ版の著作がHistoire romaineを充実させています。

このコレクションではまた、宗教学と16世紀のパリとリヨンを中心に出版された教義集で優れた著作を収録しています。特に17世紀中期に出現するヤンセニズムとその議論、St Francis de Salesにより提唱された「キリスト教ヒューマニズム」の発展と、支持者向けに発行された豊富な印刷物により広がったトリエントと教区の公教要理は貴重な資料です。これらのテキストでは16世紀の宗教的な議論や対立と、17世紀で起こる激しい対立の歴史的経緯の詳細を伺い知ることができます。

ProQuest Partners with USTC
ProQuestではUniverity of St. Andrews, Scotlandとのパートナーシップにより、Universal Short Title Catalogue (USTC)をもとにEEBコレクション構築を進めています。また、USTCのメタデータを利用し、コレクションへのアクセスとコンテンツの発見を強化しています。USTCの導入により、Collection 1-10までのデータの標準化を進めてきました。USTCでは独自のSubject Classificationを採用しており、EEBのアクセスと質の良い検索結果の提示を実現しています。この新しいフィールドは学術論文における広範囲な分野をカバーしており、農業、芸術や建築、また占星術、聖書、医学書、政治パンフレットなどに及びます。さらにUSTCは印刷された場所、印刷された地域、言語、印刷年月のフィールドを標準化し、データマッピングの可能性を視野に入れたプロジェクトを進行中です。

Early European Booksの概要はこちらからもご確認いただけます(英語)。
また、Early European Booksの詳細な情報とデモ、また1カ月間の無料トライアルを承っております。
プロクエスト日本支社(sales@japan.proquest.com)までお気軽にご連絡下さい。

セントアンドリュース大学の協力により近世研究が前進

ProQuest有力なデータベースで電子化するコレクションの所在場所を特定

【英国ケンブリッジ:2016年2月8日】ProQuestはスコットランドのセントアンドリュース大学と連携し、同大学のUniversal Short Title Catalogue(USTC)の導入により近世研究に欠かせない資料のアクセスと発見を改善することを発表しました。

USTCは書籍の印刷が始まった最初の時代から1601年までに出版された書籍の分析的オンラインデータベースで急成長しています。36万4,000件の書誌情報で構成されるこのデータベースは、世界中に現存する書籍の所在場所を特定することができます。2016年6月にはデータ収録範囲を1650年以前の書籍にまで拡大する計画で、リソースの規模は倍増する予定です。ProQuestはこのデータベースを利用することにより、これら価値の高い書籍の所在場所を特定して電子化し、Early Modern Books(EEB)コレクションに逐次追加する計画です。

ProQuest Information SolutionsでVice President, Product Managementを務めるSusan Bokernは次のように語っています。「セントアンドリュース大学と連携して同大学の貴重なUSTCデータベースを活用することにより、すでにProQuestのEEBコレクションに収録されているリソースを強化できるだけでなく、より戦略的なレベルでコンテンツの提供元をたどれるようになり、貴重なコンテンツ開発を促進することができます。」

セントアンドリュース大学の近代史教授兼USTCディレクターのAndrew Pettegree氏は次のように語っています。「ProQuestとコンサルタント契約を締結した目的はUSTCの分析的情報の活用を促進するためです。USTCを使ってEEBの現在の記録の質の向上に貢献するとともに、プログラムを推進するための戦略的計画に助言できる機会が得られることを大変喜ばしく思っています。」

USTCデータベースは近世文学研究者の協力を得て、助成金によって構築されました。最近ではアンドリューW.メロン財団から助成金を得ており、2018年までこのプロジェクトを継続できることになりました。データベースは近世に関連したすべての本を網羅しており、これらの書籍が世界のどこに所在するかが示されています。そのため、ProQuestにとっては、それらの稀覯本を電子化して保存する作業を行うパートナーの所在地を突き止めることのできる極めて貴重なツールとなります。

EEBコレクション1~8はロンドンのWellcome Trustをはじめとした欧州の4つの国立図書館が所蔵する、4万5,000件以上の選りすぐりのコンテンツを収録しており、ページ数は約1,400万ページにも及びます。現代思潮の知的基礎としての近世の奥深さと重要性を反映して、この貴重な資料コレクションは35の分野をカバーしています。EEBコレクションは、哲学、宗教、政治学、社会学、医学などの教育・研究に利用される図書館に有力かつ学際的な独自のリソースを提供します。

“ProQuest (www.proquest.com)について

ProQuestは、質が高く信頼性の高い情報と人を結び付ける、学術情報ソリューションサービスを提供しています。学術リサーチを支援するサービスは、学位論文、政府刊行物や文化的出版物のアーカイブ、ニュース、歴史的コレクションや電子書籍など広範囲に及び、図書館における知識のゲートウェイとして利用されています。また、ProQuestはコンテンツ提供にとどまらず、利用者の学術検索における重要なポイント-情報の発見、アクセス、共有、創造と管理に最適な環境の追及と実現を目指しています。

さらに、クラウドベースの技術は、ProQuest®、Bowker®、Coutts® Information Service、Dialog®、ebrary®、EBL®、SIPX®などビジネスユニットを超えて、図書館員、学生、研究者など学術情報に関わる人々にフレキシブルなソリューションを提供します。また、ディスカバリーサービスでもトップクラスのSummon®や文献情報管理プラットフォームであるRefWorks®、MyiLibrary® ebookプラットフォーム、研究支援情報ツールPivot™、図書館サービスプラットフォームIntota®など業界でも画期的なリサーチツールの開発も積極的に行っています。米国ミシガン州Ann Arborに本社を置く、世界各国にオフィスを有するグローバル企業です。

この記事の原文はこちらから

初期出版書籍の所在を特定

USTC_NR_imageProQuestはスコットランドのセントアンドリュース大学と協力し、Early European Books(EEB)の強化・拡大にUniversal Short Title Catalogue(USTC)の導入を決定しました。USTCに収録される情報により、ProQuestではEEBのコンテンツを戦略的に特定できるようになります。

“USTCは1601年以前に出版された書籍の分析的データベースとされ、世界中に現存する書籍の所在場所を特定する36万4,000件もの書誌情報で構成されています。今年6月にはデータ収録範囲を1650年までの書籍に拡大する計画で、リソースの規模は倍増します。

詳しくはニュースリリースをご覧ください。

この記事の原文はこちらから。

ProQuestilla on kaikkia tutkimustarpeita vastaava teosvalikoima

 

Parannamme tutkimustuloksia mahdollistamalla uusia löytöjä ja yhdistämällä erilaisia sisältösarjoja uusin ja merkittävin tavoin säilyttämällä digitaalisia asiakirjoja. Tiedämme, että tutkimustarpeet vaihtelevat, ja pystymme vastaamaan niihin intuitiivisen käyttöliittymän avulla, jolla tutkijat löytävät tarvitsemansa tiedot nopeasti ja helposti ja pääsevät hyötymään tutkimustuloksista. Ainutlaatuisen asemamme tähden voimme tukea sinua laajimmalla ja olennaisimmalla digitaalisten historiallisten aikakauslehtien sarjalla sekä muulla ainutlaatuisella digitaalisella sisällöllä.

 

Jos tutkit 1900- ja 2000-lukujen historiaa, politiikkaa ja kansainvälisiä suhteita, kokeile Digital National Security Archive (DNSA) -palvelua …

DNSA käsittää valtavan määrän tärkeitä ei-salaisia Yhdysvaltojen hallituksen asiakirjoja, ja nämä ensisijaiset lähdemateriaalit edistävät kyseisten aiheiden tutkimusta. Kolmen uuden uraauurtavan valikoiman avulla tutkijat saavat käyttöönsä asiakirjoja, jotka valaisevat Kissingerin rooleja päätöksenteossa ja kansainvälisessä diplomatiassa Yhdysvaltain presidenttien Nixonin ja Fordin aikana, tai kattavan sarjan Edward Snowdenin paljastamia alkuperäisiä asiakirjoja sekä CIA:n salaisten operaatioiden arkiston Yhdysvaltain kongressin tutkimuskaudella.

Lue tästä lisää näistä valikoimista.

 

Jos tutkit ensimmäistä maailmansotaa ja kirjallisuutta, historiaa, sotatutkimuksia, kulttuuritutkimuksia ja sukupuolitutkimuksia, kokeile Trench Journals and Unit Magazines of the First World War -valikoimaa …

Tämän ainutlaatuisen resurssin avulla tarjoamme arvokkaita näkemyksiä ensimmäisessä maailmansodassa palvelleista henkilöistä. Saat käyttöösi yli 1 500 yksikön lehtiä, jotka ovat sotilaiden kirjoittamia ja kuvittamia tai jotka on kirjoitettu ja kuvitettu sotilaille maissa, jotka osallistuivat sotaan. Tutustu aikakauslehtiin vasta julkaistulla mikrosivustollamme, jossa sisältöä päästään tutkimaan aivan kuin museokierroksella: http://microsite.proquest.com/trench.

 

Jos tarvitset ensisijaisia lähdemateriaaleja 1600–1900-luvuilta, kokeile British Periodicals -valikoimaa …

Tämä resurssi tarjoaa faksisivuja ja haettavia kokotekstiasiakirjoja lähes 500 brittiläisestä aikakauslehdestä, ja ne antavat tutkijoille selkeän pääsyn kattavaan valikoimaan sisältöä, joka ei ole aikaisemmin ollut saatavana verkossa. Uusi valikoimamme – British Periodicals III – laajentaa tämän suositun ohjelman kattavuutta. Siinä missä valikoimat I–II keskittyvät 1700- ja 1800-lukuihin, valikoima III esittelee digitaaliset arkistot useista 1900-luvun ensimmäisen puoliskon tärkeimmistä lehdistä, jotka käsittelevät uutisia, politiikkaa, kulttuuria ja yhteiskuntaa: Britannia and Eve, The Bystander, The Graphic, The Illustrated Sporting and Dramatic News, The Illustrated War News [toisen maailmansodan numero], The Sketch, The Sphere ja The Tatler. Nämä runsaasti kuvitetut, digitaaliset, värilliset viikkolehdet antavat välttämätöntä tietoa kyseisen ajanjakson tärkeimmistä asenteista, trendeistä ja tapahtumista, mukaan lukien imperiumi ja kolonisaatio, ensimmäisen aallon feminismi sekä kuluttajayhteiskunnan kasvu.

Lue tästä lisää brittiläisistä lehdistä.

 

Jos tarvitset varhaista eurooppalaista kirjallisuutta 1450–1700-luvuilta, kokeile Early European Books -valikoimaa …

Early European Books antaa kattavimman digitaalisen kokoelman harvinaisia ja kirjapainon alkuvaiheen kirjoja kuin missään muualla verkossa ja siinä on tällä hetkellä 30 000 kirjaa. Kaksi uutta valikoimaa antavat käyttöösi mielenkiintoisen ja palkitsevan arvovaltaisten teosten sisällön. Valikoiman 5 merkittävimpiä kirjailijoita ovat ranskalainen jesuiitta ja historioitsija Louis Maimbourg, anatomipioneeri Jean Riolan, hollantilainen tutkimusmatkailija Peter Nuyts sekä kuuluisa profeetaksi siirtynyt apteekkari Nostradamus. Valikoima 6 tarjoaa ensimmäisenä kirjoja, jotka on valittu yksinomaan Pariisin Bibliothèque nationale de France -valikoimista.

Lue tästä lisää valikoimista 5 ja 6.

 

Pyydä maksutonta kokeilukappaletta.