Posts Tagged ‘白書’

ProQuestが蔵書コレクション管理における課題と展望についての調査を公開

冊子体と電子書籍コレクション構築に関する複雑な現状と図書館員とコンテンツアグリゲーターのコラボレーションに見る可能性を白書で示唆

【米国・カリフォルニア州・マウンテンビュー:2017年2月8日】ProQuestによる最新の白書「Obstacles and Opportunities: Ebooks, Print and the Impact of Choice on Libraries and the Users They Serve」(課題と可能性:電子書籍と冊子体書籍、その選択が図書館とその利用者に及ぼす影響)をダウンロードしてご覧いただけるようになりました。英国の高等教育向け書籍市場を対象に、英国の図書館員の意見とグローバルなデータに基づき、書籍コレクション管理の複雑さとコンテンツ種類の進化に伴う新たな可能性を明らかにしています。

英国の学術図書館員の間で行われた議論をきっかけにまとめられたこの白書は、ProQuestが開発した冊子体書籍と電子書籍をより効率的かつ柔軟に管理するソリューションについての考察を提供するものとなっています。また、書籍をめぐる現状とその複雑さについても言及しています。図書館員には、便利でアクセスしやすいために人気のある電子書籍と、持続的に需要のある冊子体書籍のバランスを取るという責務が課されていることがこの白書で浮き彫りとなりました。

となっています。一番重要なことは、この白書によって議論を促し、研究と学習を本当の意味でサポートするグローバルな書籍環境の構築という、我々すべてに共通する責任への関心が高まることです。」

「Obstacles and Opportunities: Ebooks, Print and the Impact of Choice on Libraries and the Users They Serve」(課題と可能性:電子書籍と冊子体書籍、その選択が図書館とその利用者に及ぼす影響)はこちらからダウンロードしてご覧いただけます(英語)。

ProQuestが図書館員および出版社と協力し、学術研究のニーズに応えるために開発されたソリューションについてはこちらをご覧ください。

ProQuestについて(http://www.proquest.com)
ProQuestは、質が高く信頼性の高い情報と人を結び付ける、学術情報ソリューションサービスを提供しています。ProQuestの商品は学位論文、政府刊行物や文化的出版物のアーカイブ、ニュース、歴史的コレクションや電子書籍を含む世界の知識のゲートウェイとして利用され、学術リサーチに欠かせないものとなっています。また、ProQuestの技術は利用者の学術検索における重要なポイント‐すなわち情報の発見、アクセス、共有、創造と管理に役立っています。

さらに、クラウドベースの技術は、ProQuest®、Alexander Street™、Bowker®、Dialog®、Ex Libris®、SIPX®などビジネスユニットを超えて、図書館員、学生、研究者など学術情報に関わる人々にフレキシブルなソリューションを提供します。また、引用管理プラットフォームRefWorks®、研究支援情報ツールPivot™や、Ebook Central®、Ebrary®、EBL™、MyiLibrary®といった電子書籍プラットフォームなど、業界でも画期的なリサーチツールの開発も行っています。ProQuestは米国ミシガン州アナーバーに本社を置き、世界各国にオフィスを有するグローバル企業です。