Posts Tagged ‘新聞’

黒人の日常の歴史を研究する

米国の黒人新聞から毎日記事をハイライトして公開するBlack Quotidianというデジタルプロジェクトがあります。黒人史の研究に重要とされるAtlanta Daily World, Baltimore Afro-American, Chicago Defender, and Philadelphia Tribuneなどから選ばれて公開される記事は極めて日常的でありふれたものばかりですが、新しい発見も多い、とプロジェクトを開始したUniversity of Arizonaで歴史学の教鞭を執るMatt Delmont教授は語ります。今回はBlack Quotidianについて、またこのプロジェクトと歴史新聞をもちいた歴史研究の意味について教授にインタビューしました。


Matt Delmont教授が語るデジタルメディア・プロジェクト「Black Quotidian」と歴史の持つ「込み入った」性質

2016年1月、University of Arizonaで歴史学の教鞭を執るMatt Delmont教授は、アフリカ系アメリカ人の歴史の中の日常風景と日常生活を明らかにするBlack Quotidianを立ち上げました。このウェブサイトはAtlanta Daily World、Baltimore Afro-American、Chicago Defender、Philadelphia Tribuneといった黒人新聞に掲載された過去の記事を取り上げています。

「これらの新聞[ProQuest Black Historical Newspaperコレクションの一部としてデジタル化されている]は20世紀の黒人の歴史と文化を理解するうえで、極めて重要な情報源です。「歴史の中の日常的で平凡な部分に焦点を当てることで、教科書やドキュメンタリー、また黒人歴史月間のイベントでは通常取り上げられることのない人々や出来事が注目され、黒人史の良く知られたテーマに新たな光を当てることができればと考えています。」とDelmont教授は語っています。

Black Quotidianのサイトでは1年間にわたって、毎日、過去の同じ日の新聞に掲載された記事を最低ひとつ取り上げ、短いコメントを付けて公開しました。

研究と教育に新たな視点をもたらすBlack Quotidian

「研究者として自分の研究対象を知り、そこだけに焦点を絞ることは当然のことです。」教授は語ります。「しかし、そこには欠点もあり、その周辺部分、すなわち自分の研究範囲外の人々や出来事を完全に見逃してしまうのです。」

これまでに3冊の本(「Why Busing Failed: Race, Media, and the National Resistance to School Desegregation」(University of California Press, 2016)、「Making Roots: A Nation Captivated」(University of California Press, 2016)、「The Nicest Kids in Town: American Bandstand, Rock ‘n’ Roll, and the Struggle for Civil Rights in Philadelphia」(University of California Press, 2012))を執筆した教授は、研究過程においては極めて高い精度でコンテンツを検索できることが必要不可欠であることを知っています。

ただし、特定のテーマだけに完全に没入していると、偶然の発見に出会えるような経験はあまり望めません。しかし、Black Quotidianのようなプロジェクトにはそれがあります。教授はBlack Quotidianに取り組むなかで、ほんの少しいつもと違うことをするだけで手に入る新たな研究方法に気づいたのです。

「ProQuest Black Historical Newspaperは、まずキーワード検索するのが普通ですが、そうではなく日付によってデータベースを検索してみると、さまざまな方向に研究が進んでいきます。」

このさまざまな方向性が「多くの驚き」をもたらしたと教授は話します。「毎日、非常に興味深いことが何かしら見つかりました。予想もしなかった世界的な出来事についての解釈や知らなかった地域のニュース記事が新聞の一面、広告、編集長への手紙、ソーシャルダンスや地元スポーツチームなどの地域ニュース面から見つかるのです。歴史を専門としているにもかかわらず、私の知らないことがたくさんありました。」

枠にはまらないこの研究方法は、教室で歴史を学ぶ学生の関心を高めたり、冒険的な感覚を教えたりするのにも役立つことが分かりました。

「歴史とは込み入った性質のものであるということを、大学生が理解するのははなかなか難しいことだと思います。」と教授は語ります。

しかしBlack QuotidianとProQuest Black Historical Newspaperを授業で活用することで、歴史とは決まった日付と出来事がすべての静態的な科目だと思っている学生の認識が変わりました。。過去の新聞を調べることにより、歴史とは研究で発見したことを共有して意見交換できる、躍動的な継続的対話だという感覚を養うことができたのです。

「歴史の中で道に迷い、一から新しい考えを積み上げてもよいのだということを学生に知ってほしいのです」と教授はつけ加えました。「教科書にはあるテーマについて知っておくべきすべての情報が書かれていると考えるのではなく、一年生にも新たな視点を生み出すことができると感じてほしいのです。」

進化する黒人史研究

2016年2月にDelmont教授がProQuestのブログでBlack Quotidianを紹介した際、アフリカ系アメリカ人の歴史と文化の研究に生涯を捧げた歴史学者Carter G.Woodsonについて少し触れました。Woodsonの努力により、1926年に黒人歴史週間が初めて実施されています。

このイベントは1976年に公式に黒人歴史月間となりました。

最近の会話の中で、Delmont教授は2008年にSam WineburgとChauncey Monte-Sanoが書いた論文(「Famous Americans: The Changing Pantheon of American Heroes」ProQuest Centralに収録済み)に言及し、米国史上の重要人物に対する学生の理解と認識に黒人歴史月間がどのような影響を及ぼしたかを示しました。この論文は、大統領と大統領夫人を除いて最も有名な米国人10人の名前を挙げるよう高校生に対して質問した調査の結果が書かれています。

教師と校長の予想では、生徒の回答の大半がヒップポップ・アーティストなどポップカルチャーの有名人や有名スポーツ選手などのセレブだろうと思われました。ところがふたを開けてみると、多くの生徒がそうした人物たちの名前を挙げたのは事実ですが、最も多かったのは歴史上の人物で、しかも上位3人はアフリカ系アメリカ人でした。生徒が回答した最も有名なアメリカ人は、Martin Luther King Jr.、Rosa Parks、Harriet Tubmanだったのです。

このような調査結果から、私達はDelmont教授に黒人歴史月間はまだ必要かと問いかけました。もう既に黒人史は米国史の一部になったのではないでしょうか?

「何世代にもわたり、黒人史の中で注目されてきたのはMartin Luther King Jr.やRosa Parksといった偉人達でした」と教授は指摘しました。「今や学生にとって黒人史研究とはそれほど有名ではないけれども米国史に大きく貢献した人物、例えばJohn LewisやShirley Chisholmといった次のレベルの人物を知る機会になっています。そして、黒人史も次のレベルの人物に焦点を当て、地域のアフリカ系アメリカ人の歴史に着目していかなければなりません。」

「歴史の主流から外れた人々は見落とされがちです」と教授は続けました。教授によると、黒人歴史月間と黒人史研究はアフリカ系アメリカ人の歴史の多様な側面と、今まで見過ごされてきた歴史に注目するために必要であり、それがあってこそ「これらの歴史を結び付けて大きな全体像を作る」ことができるのだと言います。

このように、これらの歴史がすべて一緒になったときに初めて米国史という国の歴史ができあがるのです。

「歴史とは過去に起こった大事件を並べたものではありません」と教授はつけ加えました。「歴史とは権力に関連することが多く、また誰がその話を語っているかです。歴史は込み入っていて、同時にいくつもの話が展開しています。それぞれの人の持つ背景や経験によって、歴史との関係は違ったものになるため、私は教室では常に共感が持てるような雰囲気づくりに努めています。そうすることで学生たちは一緒に過去を発見する旅に出ることができるからです。そして、居心地悪く感じることにも出会うのです。」

それでいいのだとDelmont教授は断言します。学生たちが常に同じ意見だとは思っていないし、相手を尊重し、証拠に基づいたものである限り、会話や討論を奨励しているそうです。そして、そういった証拠として、Black Historical Newspaperのような一次資料は非常に重要なのです。

Black Quotidianの次は?

教授はBlack Quotidianを本にする予定はなく、そもそも本にするつもりで作ったのではないということでした。これまでとは異なる、デジタル出版物とは、新しい歴史との関わりを生み出していくものでしょうと述べたうえで、

「学生たちが歴史の中で道に迷い、自分で道を探せるような、圧倒的な内容を持つ資料集であってほしい」と説明しています。

大半の学術論文や歴史書籍は、初めと終わりが明確に決められた直線的な方法で歴史学にアプローチしていますが、Delmont教授はBlack Quotidianを読者がどこからでも入り込めて、そこから元に戻ったり先に進んだり、資料を通じて横方向に進んだり、自分で情報をつなぎ合わせてまとめあげ、歴史に新たな視点を加えたくなるものにしたいと考えています。

歴史を学ぶ学生がこのように没入できる環境を整えるために、教授はすでに始めたことを継続的に改善していこうと計画しています。この1年間でDelmont教授とゲスト寄稿者が掲載した記事は365本に及んでおり、これらがこのアーカイブの基盤となりますが、教授はこれらの記事から明らかになったいくつかのテーマを小論の形でさらに掘り下げています。特に、1930年代と1940年代における女性のスポーツなどのテーマを掘り下げたいと考えており、また新聞の社会面や人物紹介欄で取り上げられた人々に注目しています。

一方、Delmont教授はBlack Quotidianが別の目的、すなわち「学者が終身在職権を得るための出版物として認められる、正式なデジタルプロジェクトを作れる可能性を示す方法として」も役立つと語っています。「学者の世界は今、奇妙な状況になっていて、終身在職権を目指す学者はデジタルプロジェクトを奨励されているのに、それがキャリアアップのための実績として評価されていないのです。」

Black Quotidianは、デジタル時代に学者がキャリアアップするための出版方法として新たな考え方を示すだけでなく、デジタル時代の研究の新たな考え方を示し、新聞などの一次資料が歴史の発見に役立つ貴重な資料であることを新しい形で示すものでもあるのです。

ProQuestでは米国史・黒人史研究に最適なリソース、ProQuest Historical Newspapers and Black Historical Newspapersの詳細な情報やトライアルのご要望を承っています。お気軽にご連絡ください。

プロクエストではご提供するサービスのご紹介や新製品リリース情報、またイベントなどをお知らせするニュースレター配信も行っております。是非ご登録ください。

新聞が報じた公民権運動のシンボル

「教育の役目は徹底的に考え、批判的に考えることを教えることだ。知性と人格‐これが真の教育の目指すところだ」
‐マーティン・ルーサー・キング牧師

バプテスト派の牧師であり、人道主義者で公民権運動の象徴的リーダーでもあるマーティン・ルーサー・キング牧師は、米国史の中でも最もよく知られ、称賛される人物の一人です。キング牧師の生涯や彼の教え、功績については多くの本が書かれ、映画や歌も作られてきました。小学生でもキング牧師の最も有名な演説の一部を引用できます。キング牧師の誕生日である1月16日には毎年、国内各地で地域の特別なイベントが開かれ、キング牧師をしのぶ記念日となっています。

これほどの有名人を研究することの難しさは、多くの人がキング牧師のことを良く知っているものの、結局のところその知識は映画で見たり、本で読んだりした経験によるものであり、歴史的視点から見たときに避けられない偏見と憶測があることです。これは良いことでもあります。なぜならキング牧師が偉大な功績を残したおかげで、私たちは公民権運動以前の生活が実際にどのようなものであったかを想像することすら困難な時代になったのですから。

しかし矛盾するようですが、それは同時にあの激動の時代にキング牧師が成し遂げた功績の偉大さを私たちが完全に理解することも難しくしているともいえます。私たちは英雄としてのキング牧師を知っていますが、公民権運動の指導者として頭角を現し始めたばかりの1950年代に、彼は人々からどのように見られていたのでしょうか。若い頃の彼を知り、思想家・非暴力主義者として国際的にも名声を高めていく彼の姿を見ていた友人や家族は、彼をどのように見ていたのでしょうか。

ProQuest Historical Newspapers and Black Historical Newspapersなどの一次資料は、英雄となったキング牧師を当時の視点や仲間の視点から理解するうえで貴重な洞察を与えてくれます。

そのいくつかの例として、1950年代半ばにキング牧師が積極的行動を開始し、公民権運動の指導者として頭角を現した頃の様々な新聞記事を見てみると、メディアでのキング牧師の描かれ方は一様ではありません。

‐1955年6月18日付のAtlanta Daily Worldの短い記事は次のように書いています。「マーティン・ルーサー・キング・ジュニアは1955年6月5日に26歳の若さでボストン大学で組織神学の博士号を取得した。」この記事では、彼の学歴とアラバマ州モンゴメリーのデクスター・アベニュー・バプテスト教会の牧師であることが強調されています。しかし、この6カ月後に起こる、状況を一変させる出来事の徴候は全く見られません。

1955年12月5日、人種分離に反対する米国初の大規模デモとなったモンゴメリー・バス・ボイコット事件が発生し、そこから20世紀の米国公民権運動が始まりました。この日はローザ・パークスが市営バスで席を譲ることを拒否した件に関する審問が行われた日でした。ボイコットは381日間続き、これを主導したのは博士号を取得したばかりの若い牧師でした。

‐モンゴメリー・バス・ボイコット事件は平和的抗議活動を象徴する出来事でしたが、1956年1月31日付Atlanta Daily Worldの記事ではキング牧師は「戦闘的なバプテスト派牧師」と書かれています。「キング牧師、スピード違反で逮捕」という見出しで始まるこの記事には、前の晩にキング牧師の家が放火され、ひどく損傷したことがごく小さな小見出しに書かれています。

この記事によると、警察はキング牧師が時速25マイル制限の区間を時速30マイルで走っているところを追跡し、それを理由に告訴しました。「警察が戦闘的な牧師を逮捕する現場を大勢の人が取り囲んだ」とあり、キング牧師はすぐに釈放されました。彼は警察の主張を否定し、この事件は「市民の自由な交通システムを分断する」ために、3日間で少なくとも100枚切られた交通違反切符の1枚だと記者に語りました。

キング牧師を含め、告訴された人々の多くが相乗りプログラムに参加しており、バス乗車をボイコットして抗議する市民に代替的な交通手段を提供していました。

‐春になってもバス乗車のボイコットは続き、1956年3月21日付New York Times特集記事に書かれたように、「学識を持ち、27歳とは思えないほど成熟した物腰の柔らかな男」であるキング牧師への関心は次第に高まっていきました。「伝統に対する闘い」というタイトルのこの特集記事は、モンゴメリーでキング牧師を中心に行われている人種分離抗議活動の若きリーダー達を認めています。

「キング牧師はバプテスト派の牧師で、南部の偉大な伝統である反復的で響き渡る雄弁術を持っている」と紹介されています。「彼はクライマックスになると情熱を込めて説教壇を叩き、聴衆は彼の信念の深さに圧倒されている。

彼の信念とは、すべての人間は基本的に善であり、その性質上、最終的に善は悪に勝利するのであって、人種分離はそのあらゆる側面において悪であり、したがって最終的には廃止されなければならない、というものである。

いかなる犠牲を払っても人種分離を守ることを公式に表明している州の真ん中で、彼は公然とこの信条を教え続けている。」

‐連邦最高裁判所は最終的にモンゴメリーの市営バスシステムの人種分離撤廃を命じ、キング牧師は公民権運動の傑出した全国的指導者として台頭しました。世界中の人々がキング牧師のことをもっと知りたいと願い、New York Amsterdam NewsやBaltimore Afro-Americanといった黒人新聞は、友人や家族へのインタビューを含め、キング牧師の素顔に関する詳細な記事を書きました。

「アトランタに生まれ、有名なモンゴメリー・バス抗議活動の強力なリーダーとして世界的な名声を獲得した若者として、マーティン・ルーサー・キング牧師についてはすでにさまざまな神話が生まれつつある。彼の功績の偉大さが最終的に認識されれば、神話はさらに増えるだろう。」Baltimore Afro-Americanは1957年6月15日付の「彼は決して戦いを好まなかった」という見出しの記事でこのように予言しています。

「しかし、アトランタの幼なじみたちが、広まる前になくなってほしいと思っている、ある神話がある。」

その神話とは、キング牧師が子供ながらにいじめに耐え、愛はすべてに勝つことを教えたというものでした。しかし、大学時代の友人や兄弟たちは「ツイード」(キング牧師のニックネームの一つで、若いころツイードのスーツを欲しがったことに由来する)が「普通のやつ」だったことを物語る、楽しくて滑稽な思い出を披露しています。彼はガールフレンドが多く、「ダンスが本当にうまくて」、レスリングをするとグループの中で一番強く、時には兄弟対決もしたそうです。

そして、彼は何のためらいもなくいじめっ子に立ち向かったといいます。

キング牧師が小学三年生のころの思い出を弟が語っています。「ある日、私は何人かの子にひどい目に遭わされました。兄が帰宅してその話をすると、兄は相手と喧嘩するのではなく、話していました。それも、面と向かってきちんと話していました。」

History Vault: The Black Freedom Struggle in the 20th Century and the NAACP Papersなど、黒人史に関するその他のコンテンツはこちらをご覧ください。

プロクエストモバイルサイト

トライアルリクエスト

ProQuest Historical Newspapers : 米国をはじめ各国で発行された新聞を創刊号から紙面イメージで収録するオンラインリソースです。
History Vault :米国の公民権運動に関する貴重な資料をはじめ、米国史の研究に欠かせない資料をテーマ別に収録するオンラインリソースです。

ProQuest Historical Newspapers、History Vaultの詳しい資料、ご説明、トライアルを承っております。お気軽にご連絡ください。

ニュースデータベースコンテンツアップデート (2015年9‐12月)

NewsContentUpdateDec2015_Image2015年4月と9月のコンテンツ変更を含むProQuest Newsstand並びにFactivaのコンテンツアップデート情報をお届けします。

ProQuest Newsstandプロダクトコンテンツアップデート

2015年半ばにAOLからHuffington Post、 EnGadget、Tech Crunch blogを含む新たなフルテキストコンテンツを収録しました。これらのサイトからニュース、ブログ、オリジナルコンテンツ、政治関連記事、ビジネス、エンターテイメント、環境、テクノロジー、ポピュラーメディア、ライフスタイル、カルチャー、コメディ、ヘルシーリビング、女性の関心事、ローカルニュースなど多様な情報が含まれています。なかでもHuffington Postは2012年にピューリッツアー賞を受賞した世界でも初の米国のデジタルメディアです。

国際ニュースソースとして新たに収録されたものには中国で英語で発行されている新聞、Beijing Todayや英国で発行されているExpress紙が収録されました。

こちらのDownload this spreadsheet からProQuest Newsstandデータベースへの新規収録コンテンツと収録停止コンテンツの詳細をダウンロードし、ご確認いただくことが可能です。

Factivaコンテンツアップデート

新たに260のライセンスソース、89の産業界ソース、1018のウェブサイト、164の中国政府関連機関のウェブサイト、58のブログを追加収録しました。

新規コンテンツのハイライト:

  • The Asahi Shimbun(朝日新聞):日本の国内主要紙で世界では2番目の規模を誇る新聞です。東京、大阪、名古屋の本社版また西日本版、さらに各地方版に北海道を含む各県版があります。
  • JW (Asia & Japan Watch):朝日新聞の英語よるオンラインニュースポータル
  • The Kanagawa Shimbun(神奈川新聞):神奈川県で発行される地域紙(朝刊)
  • アフリカで発行されている英語紙:Daily Observer (Gambia)、Times of Zambia、he Standard (Zimbabwe)、The Zimbabwe Independent
  • ベルギーで発行されている仏語紙8紙:L’Avenir, La Capitale、 La Dernière Heure、La Libre Belgique、La Meuse、Nord Éclair、La Nouvelle Gazette、La Province
  • ロシアの交通・ロジスティック業界情報ソース6件:Logistics、 Railway Transport、 Railway Economics、 Oil Transport Facilities、 Morskie vesti Rossii、Vozdushnyi flot
  • フランスの次のセクターに関する業界関連ウェブサイトを10件:保険、不動産、オンラインバンキング、退年金/退職制度、税制
  • 地域紙3紙:Lechorepublicain.fr、Le Régional de Cosne、L’Echo

Download the complete listからタイトルリストをダウンロードして収録タイトルの詳細をご確認いただけます。

この記事の原文はこちらから。

図書館版CSI:ニュースライブラリーの科学捜査班

Beth McGough著Spotlight1

絶賛されている映画「スポットライト 世紀のスクープ」は、2011年にボストン・グローブ紙の記者とスタッフがカトリック教会での性的虐待を報じた実話を描いています。ボストン・グローブ紙でライブラリアンを務めるLisa Tuiteと彼女のチームは、このストーリーの中で重要な役割を果たしています。ALA Midwinter Meeting 2016で彼女に話を聞くことができました。

Tuiteさんは初め、高校の国語教師になりましたが、すぐに教えることは自分には向いていないと悟りました。

その後、ボストン・グローブ紙で新聞の切り抜きを厚紙に張り付け、マイクロフィッシュを作る仕事に就きました。この仕事はその後なくなりましたが、今度は社内でライブラリアンの仕事に就くことができました。

ボストン・グローブのライブラリーは「スポットライト」というタイトルの特集記事のすべてにかかわっています。カトリック教会での性的虐待報道のきっかけとなったのは、同図書館にある市民住所人名録でした。ライブラリアンは手作業で住所人名録を調べ、教区から教区へと神父を追跡しました。スキャンダルに関係した神父の名前が明らかになると、Tuiteさんとそのチームはその神父の経歴を調査しました。Tuiteさん達の「科学捜査」が事実を明らかにしたのです。

ボストン・グローブ紙が報道したWhitey Bulgerの記事でも住所人名録が重要な役割を果たしました。Tuiteさんは社内の地下室にある住所人名録で、Bulgerと家族がいつ、どこに住んでいたかを調べました。彼女たちはオンラインの検索データベースで調べる前に、手作業で膨大な量のリサーチを行いました。Tuiteさんは、ProQuest Historical Newspapers™: The Boston Globeを使うと古い新聞の切り抜きファイルでは見つけられないような小さな記事でも見つけることができると語っています。ProQuestでWhitey Bulgerについて調べていたTuiteさんは、工場労働者の事故に関する記事を見つけました。その労働者はBulgerの父親でした。このような発見が、一見無関係なニュースの断片をつないでいきます。Tuiteさんは、ProQuestがなかったならばこの情報を見つけられなかっただろうと振り返りました。

Tuiteさんはキャリアを重ねる中で、ジャーナリズムとニュースライブラリアンの仕事が劇的に変化する様子を見つめてきました。彼女によれば電子化こそが、ニュースライブラリーと追跡リサーチに影響を与えた最も大きな技術的変化でした。つまり、記事が電子的に入手できるようになったため、件名標目から手作業で切り抜き記事を探す必要がなくなったのです。

ボストン・グローブのニュースライブラリーのスタッフ数は1970年代末には25名でしたが、現在では4名に減少しています。記者たちは若く、自分で検索をこなします。ただ、オンライン検索は新聞の切り抜きファイルを探すよりも簡単ですが、リサーチは難しくなったとTuiteさんは語っています。記者やリサーチャーは、必要な情報が必ずどこかにあるはずだと考えます。記事の内容があらゆる細部にいたるまで正確であるようにするため、Tuiteさんは事件が起きた通りの名前からその正確な場所に至るまで、事実確認に多くの時間を費やします。

Tuiteさんは社内で長い時間を過ごしますが、余暇には映画を観たり、海岸まで犬と散歩に出かけたりするそうです。情報を丹念に調べることが好きな彼女の性格にふさわしく、愛読書はミステリーだということです。

ProQuest Historical Newspapers ™に関する詳しい情報はこちらからご覧ください。

この記事の原文はこちらから。

 

(歴史)新聞に見るアンネ・フランク

AnneFrank_ImageBy Jennifer Cornell, Training and Consulting Partner

近年、ある少女の日記の著作権の制約が解除され、原文と同じオランダ語で出版されました。ヨーロッパの著作権法は米国のものと異なっており、著作物の保護期間は著作者が亡くなってから70年間とされています。2016年1月1日(アンネ・フランクがベルゲン・ベルゼン強制収容所で命を落とした1945年から71年後)、この日記をオンラインで公開した人物が二人います。アンネ・フランク財団は、これは著作権法を侵害するものと強く反対し、またこの日記は死後に出版されたもので、いまだ著作権法のもと保護されるべき出版物であり、これについて法廷で争う用意があるとしました。

これまで世界67カ国の言語で3千万冊以上の売り上げを数えるこの日記については、既に十分すぎるほど有名になっており、出版物へのアクセスも容易です。昨今のアンネ・フランクに関する報道がどうであれ、彼女の日記と関連する歴史的な情報をProQuest Historical Newspapersで見ることができます。

Diary Entry in The Boston Globe: It Is the Silence That Frightens Me So in the Evenings and at Night

Frank, A. (1952, Oct 07). The franks outfit secret hideaway. Daily Boston Globe (1928-1960)

Diary Entry in The Boston Globe:  No One Has a Chance of Evading Germans

Frank, A. (1952, Oct 11). ANNE FRANK. Daily Boston Globe (1928-1960)

Diary Entry in The Boston Globe: Hiding Place Is Sold Bombs Fall on Reich

Frank, A. (1952, Oct 13). ANNE FRANK. Daily Boston Globe (1928-1960)

 

Most remarkable book of our time: The diary of anne frank. (1952, Jun 19). Jewish Advocate (1909-1990)

Goldsmith, S. J. (1966, Feb 24). Another diary of defeat and victory. Jewish Advocate (1909-1990)

Kugler, V. (1958, Sep 14). ‘I HID ANNE FRANK’. The Jerusalem Post (1950-1988)

Anne frank play stirs german audience. (1956, Oct 19). The Jerusalem Post (1950-1988)

※ リンク先のProQuest Historical Newspapersのコンテンツを見るにはご契約が必要です。ProQuest Historical Newspapersへのお問い合わせはプロクエスト日本支社(sales@japan.proquest.com)までご連絡下さい。

この記事の原文はこちらから。