Posts Tagged ‘学位論文’

大量虐殺の警告を無視した国際社会

20年前のルワンダの残忍な民族過激主義に今も苛まれる司令官

1993年、ロメオ・ダレール司令官は国連平和維持活動の小さなミッションのためルワンダに向かいました。しかし到着から1年もしないうちに大きな事件が起こります。内戦の後、ツチ族はフツ族が支配する政府内での実権を約束されました。しかし武器や砲弾などがフツ族の民兵に流れてしまいます。ツチ族には政府に身分登録をする義務があり、また常に身分証明書を持ち歩かなければなりませんでした。これがツチ族虐殺につながる大きな原因となりました。

ダレールは悪化していく残虐行為に警鐘を鳴らします。しかし彼が出した追加部隊の要請は無視されました。それどころか彼の部隊の人員がカットされてしまいます。虐殺行為がエスカレートするなか、海外駐在者などの国外居住者がルワンダ国外に避難しました。この100日間にわたる恐ろしい日々に、約80万人がルワンダ軍とフツ族の民兵によって殺されたとされています。

「私は司令官でしたが、何十万人もの人が死にました。『最善をつくした』などという慰めになるような言葉すら見つかりません。」とダレールはPBS Frontlineのドキュメンタリー、Ghosts of Rwanda (ルワンダの亡霊)で述べています。

ダレールはルワンダでの恐ろしい経験によりその後PTSDと診断され、アルコール依存症と自殺性鬱病に苦しみました。これらの苦しみや、少年兵や兵役実務、また大量虐殺などに関わる問題について率直に語る彼の姿から、ダレールが献身的な人権運動家であることがわかります。カナダ上院議員を務めた後、彼は知性に基いた軍事リーダーシップの教育と、人権が侵害された場合は介入が必要であると提唱する国連アドバイザーとして活躍しています。

「何ということだ。大量虐殺じゃないか。」

2011年、ダレールはルワンダでの経験を証言としてUSC Shoah Foundation Visual History Archiveに提供しました。絶望的な資源不足、準備不足、そして激しい紛争に介入するには不十分な権限しか与えられないままルワンダに着任し、平和維持活動を努めるには圧倒的に情報不足であった当時の状況を詳しく述べています。ダレールに任された平和維持のミッションは、和平協定のルールに従いフツ族統治政府とツチ族の反乱を含め、両方の部族を観察し報告するもので、難しいものではありませんでした。

しかし、ダレールが自ら費用を負担して得た情報はフツ族過激派の動きを報告するものでした。ツチ族のエリートによる暫定政府は膠着し、暴動、暗殺、そして「小規模な虐殺」のターゲットとなりました。国連はダレールの着任機関を6週間のみ延長し、しかしそれまでに何らかの解決策がとられない場合は、彼の部隊を撤退させると伝えます。

彼は考え続けます。「なぜこの危機が広がるのを止めないのか。なぜこの事態を国連が重要事項としないのか。なぜもっと政治的支援を受けられないのか。」

「これらの答えを得ることはできませんでした。」

国連がユーゴスラビアやコソボのような紛争を優先させる一方で、ルワンダでの殺戮は無差別殺人へと変貌していきました。何万人もの一般市民までもが身分証明書の提示が義務づけらた場所で殺されました。多くの場合、ツチ族はマチェーテと呼ばれる山刀で襲われました。

ジュネーブ条約の内容を確認しながら、ダレールは目の前の過酷な現実をつきつけられました。しかしなすすべがあったでしょうか。「私たちは45年間近くも政府の支援を受けながら、ユダヤ人コミュニティによりホロコーストについて社会的教育を受けてきました。二度と起こさない、という政治的キャンペーンも行っています。このようなことは単純に起こってはいけないことなのです。とても想像できることではありません。」

しかし現実はこれを裏切りました。「何ということだ。大量虐殺じゃないか。」

ダレールは被害の可能性があった人々を3万人以上保護しましたが、絶対的な支援強化が必要でした。民兵の殺人行為を止めるために5,000人規模の部隊を要請し、1週間もの交渉の末に許可を得たにも関わらず、誰もこの部隊に参加したがりませんでした。彼は大きなリスクを伴いながら報道陣の前で国際社会に対する非難を述べました。しかし出版された記事では紛争についての詳細は大幅に削除されてしまったのです。

「ルワンダで起きていることを誰も報道しませんでした。些細なことにされてしまった。」

未来への希望

ダレールの証言は約3時間に及んでいます。語られるテーマは大変厳しく、ダレールは時にぶっきらぼうに、また傷つきやすい様子を見せながら議論しています。会話の方向性に明らかに苛立っている様子も見られました。このようなところもダレールの人間性が表れており、インタビューを非常に説得力のあるものにしています。

この証言の最後に、ダレールは「ふぅーっ」と音を立てるように息をしています。ルワンダで経験したフラストレーションや荒廃した状況、そして自分の無力感を長時間にわたって思い出すことは彼にとって大変な負担に違いありません。しかし、ダレールはこの経験を生涯の仕事としました。彼のメッセージは思慮深く、静かな切迫感を強調します。彼の著書や様々な講演、アドバイスとその姿勢のおかげで、私たちは彼の経験から学ぶことができるようになりました – ルワンダで起こったことは、どこにも誰にも、もう二度と起きることのないように。

未来に対して、皮肉的で冷酷な姿勢に転ずることのほうが、彼にとっては簡単だったかもしれませんが、ダレールは未来について希望を捨てていません。その大きな理由は、世界中に増えている国境に縛られない生き方をする若い世代です。「彼らにとって国境は面倒なものでしかありません。」

国際的なコミュニケーションを可能にしたスカイプや旅行の利便性を向上させたテクノロジーのおかげで、若者は自らをグローバル市民であると認識しています。彼らにとって世界はもっと親密なもので、世界的な出来事はより即時性を伴ったインパクトを持っているのです。

「彼らは人権を良く理解しています。」ダレールは続けます。「いつでもスカイプでつながりたい相手につながれるし、結果つながる向こう側の相手も人間だということに気が付く。人権は全ての人間に存在することに気が付くのです。」

ダレールはこれをひとつの革命だとし、まだ始まったばかりではあるものの将来の重要なファクターとなることを予想しています。より多くの共感があれば、人権侵害を見て見ぬふりをすることはそう簡単ではなくなるはずです。


Visual History Archive
ホロコースト(1939-1945)、アルメニア人虐殺(1915-1923)、南京大虐殺(1937)、ルワンダ虐殺(1994)、ガテマラの内戦(1978-1996)、中央アフリカ内戦(2012-Present)の生存者と目撃者、また現代の反ユダヤ主義に関する証言や経験をUSC Shoah Foundation InstituteのVisual Historyのために約2時間の動画インタビューに収録し、55,000のコレクションにまとめたものです。

ルワンダ内戦をさらに知るためのリソース
Ghosts of Rwanda : ルワンダ内戦による虐殺から10年の節目に作製された2時間のドキュメンタリー。米国および国際社会の介入拒否の結果、フツの過激派により80万人におよぶルワンダ人が組織的に捉えられ、殺された大量虐殺についての番組。Alexander StreetのAcademic Video Onlineに収録。

ルワンダ着任中のダレールの記憶、Shake Hands with the Devil: The Failure of Humanity in Rwanda、また、国連ニューヨーク本部へのルワンダに関する報告書: Alexander Streetのデータベース、Human Rights Studies Onlineに収録。

学位論文:

女性学の研究資料と研究資金のご紹介

近年発展が著しく、学際的な研究が必要な女性学に役立つ研究リソースのご紹介

雑誌、Ms.誌に掲載された記事(“So You Want to Change the World” 2012年秋号、ProQuest Centralに収録)で、読者に向けて次のような問いかけがありました。

人権派弁護士、乳がん患者のための非営利組織のプロジェクトコーディネーター、タクシー運転手労働組合員、州議会議員現場代表者、バイオ燃料起業家、エイズ関連政策のリサーチアナリスト、性被害者の権利の擁護者、男子バスケットボール選手は女性学とどのような関係があるのだろうか?

その答えは、女性学は「学術研究、理論、行動が相互に作用するこ重視し、多くの学問領域において市民としての意識を持って積極的に行動し、グローバルレベルで活躍できる能力を持ち、内省的で機敏な新しいタイプの学生、および教員を育成する」ことにあります。女性学を勉強した経験は医療、法律、教育、地域の権利擁護、ビジネス、芸術など様々な分野でキャリアの基盤となりえます。
学位論文では女性学に関する数多くのテーマが取り上げられています。

女性学の授業やプログラムの発展に伴って、精読の重視、脱中心化された教室(decentralized classroom)、サービスを重視した教育的体験といった新たな学習方法が大学に浸透しました。その結果、これまで見過ごされてきた多くのテーマが研究対象として浮上しています。例えば、女性のリプロダクティブ・ヘルス、ボディーイメージと摂食障害、職場に適した衣服、ドメスティック・バイオレンス、母性のイメージ、ジェンダー研究プログラムの進化などです。

ProQuest’s Dissertations and Theses Globalデータベースは、50年にわたる女性学研究で蓄積された資料の中から専門家が選別した約3万件の資料を収録しており、上記に挙げた例はこのデータベースに含まれる膨大なテーマのごく一部を紹介したに過ぎません。

Rivington, J. (1964). The Utilization of women scientists in Canada. (Order No.  EC56089, University of Ottawa (Canada)). ProQuest Dissertations and Theses, 118.

ATCHESON, L. P. (1977). MENSTRUATION: MYTH, TABOO, BELIEF AND FACT: A PSYCHO-ANTHROPOLOGICAL STUDY OF EVALUATIONS OF FEMALE ROLE, CHARACTER AND BEHAVIOR, AS REFLECTED IN MENSTRUAL MYTHS, TABOOS, BELIEFS AND FACTS. (Order No.  7707353, City University of New York). ProQuest Dissertations and Theses, 290.

SOMMERS, L. D. (1983). BULIMIA: A CRITICAL REVIEW OF THE LITERATURE WITH REFERENCE TO DESCRIPTIVE DATA, ETIOLOGY AND TREATMENT. (Order No.  8317061, Biola University). ProQuest Dissertations and Theses, 230.

Valgenti, C. M. (1991). Dressed for success: America’s female office workers, 1900-1990. (Order No.  EP72513, Fashion Institute of Technology, State University of New York). ProQuest Dissertations and Theses, 91.

Wright, S. (1995). The legal and economic dynamics of domestic violence. (Order No.  10290476, Nottingham Trent University (United Kingdom)). PQDT – Global, 307.

West, L. P. (2003). Welfare queens, soccer moms, and working mothers: The socio-political construction of state child care policy. (Order No.  3103824, Emory University). ProQuest Dissertations and Theses, 447.

Assing-Murray, E. (2006). The feminization of HIV/AIDS: An analysis of its impact on women in Trinidad and Tobago. (Order No.  3211682, American University). ProQuest Dissertations and Theses, 282.

Stanley, J. M. (2013). Gender Studies: The Demise of Feminism or the Vision of an Inclusive Curriculum? (Order No.  3612292, Johnson & Wales University). ProQuest Dissertations and Theses, 142.

Rodriguez, M. (2016). Recreating gender roles: An examination of dating practices among feminist college women. (Order No.  10242960, Texas A&M University – Corpus Christi). ProQuest Dissertations and Theses, 96.

必要とされる研究のテーマと資金から研究の場を探すことも

女性学(ジェンダー研究)は多岐にわたる研究分野であるため、研究資金の獲得機会も豊富です。Pivot*データベースを「ジェンダー研究」(gender studies)で検索すると400件以上がヒットし、それらの内容はジェンダー問題、女性学、社会科学、芸術、人文科学、保健、医療などの分野にまたがっています。トレーニングや奨学金、カリキュラム開発、博士号取得者の研究に対する資金支援もあります。

Pivotは研究者が学術会議や学術雑誌特別号の論文の締め切りなど、論文募集に関する総合情報を調べるのにも役立ちます。「Papers Invited」タブで、あらゆる国、あらゆる分野の専門機関、雑誌編集部、その他学術会議組織者が募集している論文を簡単に調べることが可能です。

「女性学」を検索すると、女性学全般のほか社会学、科学技術、心理学、法律などに関する会議への参加や雑誌への論文投稿など、キャリアを高めるために最適なチャンスが何十件もヒットします。


* Pivotは、世界各国の総合的な研究資金情報と研究者情報を一つに統合し、ウェブ上で検索できるようにした、研究資金情報ディスカバリーサービスです。

RefWorksは研究作業を簡単にし、研究者の生産性を高めるためのツールで、論文資料の収集、整理、閲覧、引用情報の挿入が効率的に進められます。また、スムーズな共同研究や共同執筆のコラボレーションツールとしても最適です。

女性学・ジェンダー研究に利用できるリソースでは、GenderWatchもお勧めです。このデータベースは1970年から現在までの信頼性の高いコンテンツを収録しており、専門家により選定された300以上のタイトルのうち250以上をフルテキストで収録しています。学術タイトルからラディカルな出版物、地域的出版物、独立系報道機関まで女性学に欠かせない幅広い分野をカバーしています。また、セクシュアリティ、宗教、社会的役割、フェミニズム、マスキュリニティ、摂食障害、ヘルスケア、職場など多岐にわたるテーマに関する21万9,000件以上の論文の全文にもアクセスが可能です。


今回ご紹介した女性学分野のデータベース、またPivotやRefWorksは全て1ヶ月間の無料トライアルが可能です。
また、ご導入のご相談も承っています。お気軽にお問い合わせください。

ProQuestとCALISの提携により中国の学術成果が世界の研究者にも閲覧可能に

中国有数の大学から発表された約27万件の学位論文がPQDT Global™ データベースに収録

【米国・ミシガン州・アナーバー:2017年4月13日】ProQuestと中国の大学図書館コンソーシアムであるChina Academic Library Information System(CALIS)は、これまでの長期にわたる連携を拡大し、中国有数の大学から発行された27万件以上の学位論文の抄録へのグローバルアクセスを可能にしました。ProQuest Dissertations & Theses Global Database (PQDT Global™)に英語で収録されたこれらのレコードは、世界の約3,000の大学から利用が可能となり、中国の博士課程の研究結果にアクセスすることができるようになります。この提携は今回、学術情報の発見のしやすさを追求することで世界的なリサーチを改善しました。同時に中国の大学にとっては、学生の研究結果を国外に広めることができます。

今回はProQuestとCALISが行った2回目の学位論文プロジェクトによるもので、10年以上の時間を費やしています。2003年、CALISは参加大学図書館への学位論文リソース強化のため、PQDT Globalから63万件以上の学位論文のフルテキストをCALISプラットフォームでアクセス可能にしています。

CALISの代表を努めるZhu Qiang教授は「中国の大学から発表された貴重な研究結果で世界のリサーチを豊かにすることができるのを大変嬉しく思っています。私たちのこれまでの長く良好な関係と、ProQuestの学位論文ならびに電子化の技術が、この歴史的な取り組みのための現実的な提携を可能にしました。」とコメントを寄せています。

参加大学の国際化がさらに進んだだけではなく、今回の新しいプログラムでは収録されている学位論文がどのように利用されているかがわかるようになりました。各参加大学には、自分の大学から収録されている学位論文の全体的な利用状況が国レベルと大学レベルで示される分析ツールが提供されました。さらにこのプログラムでは人気のある学位論文を論文ごとと分野ごとにモニターすることができるようになり、大学の強みを世界レベルで測定することが可能です。このような決定的なデータは国際的にも優秀な学生や研究者を惹きつけるきっかけとなります。

「ProQuestとCALISのこの重要なコラボレーションは世界的に伸び続けている中国のリサーチを、とりわけ科学の分野において発見しやすくするでしょう。CALISが弊社に信頼を寄せ、この貴重なコンテンツを委ねてくれたこと、そして世界中の学術情報を集め、世界的なリサーチコミュニティがシンプルにこれらの情報を発見できるようにするという我々のゴールに近づく大きな一歩を踏み出してくれたことを大変誇りに思っています。」ProQuestのSenior Vice-President and General Manager, Information Solutionsを努めるRafael Sidiは述べています。


ProQuest (www.proquest.com)について
ProQuestは、質が高く信頼性の高い情報と人を結び付ける、学術情報ソリューションサービスを提供しています。学術リサーチを支援するサービスは、学位論文、政府刊行物や文化的出版物のアーカイブ、ニュース、歴史的コレクションや電子書籍など広範囲に及び、図書館における知識のゲートウェイとして利用されています。また、ProQuestはコンテンツ提供にとどまらず、利用者の学術検索における重要なポイント-情報の発見、アクセス、共有、創造と管理に差的な環境の追及と実現を目指しています。

さらに、クラウドベースの技術は、ProQuest®、Alexander Street™, Bowker®, Dialog®, Ex Libris® and SIPX®などビジネスユニットを超えて、図書館員、学生、研究者など学術情報に関わる人々にフレキシブルなソリューションを提供します。また、文献情報管理プラットフォームであるRefWorks®や研究支援情報ツールPivot®、またEbook Central®、ebrary®、EBL™、MyiLibrary®などの ebookプラットフォームなど業界でも画期的なリサーチツールの開発も積極的に行っています。米国ミシガン州Ann Arborに本社を置く、世界各国にオフィスを有するグローバル企業です。

この記事の原文はこちらからご覧いただけます。
またProQuest PQDTデータベースへのお問い合わせはこちらからどうぞ。

学位論文アクセスランキング

dissertations-theses-category-featuredProQuestのシグニチャーサービスのひとつであるProQuest Dissertation and Theses。このデータベースでは北米の大学を中心に受理された学位論文の情報を調べることができます。学位論文は、学術機関で正式に承認された最新の研究動向や研究手法を調べるのに最適なリソースです。近年ではヨーロッパや中国で受理された学位論文情報を収録し、国際的なコンテンツに成長し続けています。

ProQuestでは学位論文アクセスランキングを毎月公表しています。最新情報の2016年5月のランキングはこちらです。

ランキングは過去のデータとともに定期的に更新されます。人文社会科学から自然科学まで研究者の関心がうかがい知れる面白いデータだと思いませんか?

David Bowie 1947 – 2016

Bowie_ImageBy Sarah Palmer, Customer Experience Team Lead

2016年1月10日、世界的アーティストのDavid Bowieが亡くなりました。インターネット、印刷媒体関わらず世界中で彼への賛辞が尽きません。ProQuestでは、BowieのThin White Dukeに敬意を表し、彼がいかに学術リサーチに影響を与えたかをハイライトしたいと思います。下記はDavid Bowieをテーマに扱った学位論文の例です。彼の生涯が世界に与えた影響力とその存在の重要性は、今後も研究者の探求心を刺激しつづけるでしょう。

Auer,John Jeffery,,IV. 2004. “Glitter Rock: Sex, Drugs and Gender in American Youth during the 1970’s.” Order No. 1419670, California State University, Fullerton.

Collins, Brenda D. 2004. “Gods and Heroes Onstage: Archetypal Patterns Expressed by the Rock and Roll Performer.” Order No. 3173602, Pacifica Graduate Institute.

Falk, Kam Allen. 2009. “Retro-Respect: A Musical Tribute to Ten of this Generation’s Greatest Artists.” Order No. 1472749, Florida Atlantic University.

Hollingshaus, Wade James. 2008. “Currencies of Rock Performance: Youth, Electricity, and Capital.” Order No. 3318017, University of Minnesota.

Montgomery, David Owen. 2002. “The Rock Concept Album: Context and Analysis.” Order No. NQ74745, University of Toronto (Canada).

Pugh, Emily. 2008. “The Berlin Wall and the Urban Space and Experience of East and West Berlin, 1961–1989.” Order No. 3311209, City University of New York.

※上記に紹介した学位論文を閲覧する場合には、ProQuest Dissertations and Theses Globalを契約する図書館からアクセスする必要があります。

この記事の原文はこちらから。