Posts Tagged ‘一次資料’

沈黙 – 日本のキリスト教とEarly European Books

マーティン・スコセッシ版「沈黙」をご覧になった方も多いと思います。遠藤周作による小説が原作となっていますが、その登場人物はモデルとなった実在の人物がいました。イエズス会出身のカトリック宣教師については、当時の印刷物にも記載がありますがEarly European Booksにもそのような印刷物を当時のイメージのまま収録し、閲覧することができます。


マーティン・スコセッシの最新の映画は、1966年に日本人作家、遠藤周作により発表された小説「沈黙」をベースに作製されました。書簡体で書かれたこの物語は、余り知られていない、17世紀の日本で起こったキリスト教迫害をテーマにしています。スコセッシは実に25年もかけてこの作品を映画化し、これまでの彼の作品に特徴的だった華麗なスタイルの作品とは一線を画する、静観的なトーンに満ちた素晴らしい作品を生み出しました。「クンドゥン」や「最後の誘惑」に共通した点がある一方、その予期できない難解なテーマにより、「沈黙」は全く異なった性質を持った作品といえます。

近世日本史の知識は、北米やヨーロッパの一般的な映画ファンには馴染みがありません。日本におけるキリスト教史についてはなおさらといえるでしょう。キリスト教は、フランシスコ・ザビエルの布教により1549年に日本に初めて伝えられたとされています。フランシスコ・ザビエルは、宗教改革により台頭してきたプロテスタントへの対策のため、ローマカトリック派の修道会により組織されたイエズス会の主要な創設者のメンバーでした。

当初、日本におけるキリスト教への改宗は寛容に受け入れられており、30万人近い日本人が社会的階級を問われることなく改宗したとされています。しかしながら、豊臣秀吉(1585-1591)の時代から徳川時代にかけて、日本におけるキリスト教は脅威にさらされることとなりました。日本の社会階層に大きな影響を与えるという疑念を持たれたキリスト教は17世紀初めに完全に禁止されます。このキリスト教禁止令に続き、1630年に日本は鎖国令を発布し、宗教、文化、商業的にも国交を閉ざした政策を19世紀まで続けることになります。この時代に起こったキリスト教史にも重要な出来事が1597年の長崎の(後に日本二十六聖人と呼ばれるようになる)キリスト教信者の磔の刑です。殉職者には布教で来日していたフランシスコ会司会、日本人のイエズス会信者、平信徒と3人の子供が含まれていました。幕府によるキリスト教信者への暴力的な圧力は日常的となり、信仰心の強い日本人の信者は「隠れキリシタン」として信仰を隠して生活せざるを得なくなります。自身もカトリックの信者であった遠藤は、この歴史的悲劇と、彼自身が経験した日本における宗教に対する不寛容さとヨーロッパでの人種差別を通し、この悲惨な物語を創作するに至りました。

ちょうどこのスコセッシのによる映画が、あまり知られていない歴史について気づかせてくれたように、Early European Booksにも、近世時代のヨーロッパで印刷された様々な種類の印刷物により、多くの気づきをもたらしてくれるという素晴らしい特徴があります。これらの印刷物には近世ヨーロッパと日本についての関係を詳細に記したものも収録しており、そのほとんどはフランス国立図書館(Bibliothèque nationale de France)とオランダ国立図書館(Koninklijke Bibliotheek)に所蔵されていた貴重書です。歴史書や旅行体験記をはじめ、外交や貿易に関する様々なタイトルが収録されています。例えば、オランダ国立図書館からはオランダの東インド会社と日本の天皇との外交関係について書かれたアルノルドゥス・モンタヌスによる「東インド会社遣日使節紀行(1669)」(Arnoldus Montanus’ Gedenkwaerdige gesantschappen der Oost-Indische Maetschappy, 1669)、フランス国立図書館からは、ローマ教皇に使節団を送った大名、伊達政宗のキリスト教への改宗について書かれたConversion merveilleuse à la foy catholique, apostolique et romaine de Idate Masamune grand et puissant roy de Voxu, à l’Empire du Jappon (1616)などが挙げられます。タイトルから分かるとおり、これらは日本のキリスト教に関連する内容の書籍で、前述した26人の殉教者について、また、彼らが後に聖人の列に加えられた経緯など、Polycarpe Du Fay’s La Béatification des premiers martyrs du Jappon (1628)をはじめ、複数の記録を収録されています(イラスト参照)。さらに、遠藤周作の小説の登場人物のモデルとなったイエズス会修道士の実際の書簡の印刷版などを見ることが可能です。

スコセッシは、輸入品にキリスト教信者が共感するような宗教的シンボルがまぎれていないかどうか厳しく検査する当時の日本の税関のシーンを通し、カトリックの儀式で使われる宗教的なアイテムを崇拝の対象をとして描いています。聖書の複写も、ヨーロッパ人の宣教師が出会う隠れキリシタンのコミュニティでも神聖なものとして表現されていました。時代が進むにつれ、現在Early European Booksで見ることができるようになった前述の印刷物もまた、21世紀に生きる私たちが共感するにはいささか想像を超えた、ほとんど忘れ去られていた歴史と、信仰と文化の残酷な対立、そしてその対立に囚われた人々の人生について、静かにしかし雄弁に語る、信仰を裏づける神聖な史料となったといえるでしょう。


Early European Booksの詳細な収録内容、またタイトルリストについてのお問い合わせを承っています。
また1ヶ月の無料トライアルも承ります。こちらからお気軽にご連絡ください。

Alexander StreetがProQuestファミリーとして加わりました。

ELClosingBlog-Image200コンテンツの相乗効果と専門性でリサーチと学習を向上します。

By Kurt Sanford

Alexander StreetをProQuestの傘下に迎え入れられる事を非常に嬉しく思います。Alexander Street は、6万3千以上のビデオタイトル、770万件以上の音楽タイトル、そして1万ページ以上の楽譜、さらに受賞歴のある120にも及ぶ一次資料コレクションを有する業界でも先駆的な企業です。歴史、演劇、文学からビジネス、ニュース、医学にわたる広範囲な情報は他では入手しがたい資料が多く、これまで市場では出版されてきませんでした。

これらの貴重なコンテンツをProQuestのコンテンツとテクノロジーの両方と結びつけ、リサーチエクスペリエンスを向上させることができるのです。これにより利用者はビデオ、記事論文を始めとする様々なコンテンツ、ebookなど、幅広い情報にすばやくアクセスでき、またテキストとビデオをシームレスに移動しながらリサーチ文脈を考慮した検索や情報発見の可能性がさらに改善されたリサーチを進めることができるようになります。一方図書館では、テキストとビデオを拡大収録した包括的なコレクションからPDAや購読、また恒久アクセス権取得などの多様な契約モデルを利用してリソースを導入することが可能となります。

Alexander Street Pressは『Alexander Street, a ProQuest Company』としてこれまで通り米国バージニア州、アレクサンドラに本社を置くことになり、現在の社長であるStephen Rhind-TuttとEileen Lawrence、David Parker、Andrea Eastman-Mullinsを含むマネジメントチームにより引き継がれます。Rhind-Tutt氏は今後、ProQuest Information Solution部門のSenior Vice President兼General Managerを務めるRafael Sidiにレポートすることになります。

共に成長する
私たちはユニークなコレクションを通して“make silent voices heard(声なき声を聞く)” Alexander Streetのミッションを尊重していきます。ProQuestのリソースと結びつけることで、その性能はさらに向上するでしょう。例えば、ProQuestの直感的なインターフェイスとパワフルな分析的機能はAlexander Streetのサービスを通して、図書館に更なる価値をもたらすでしょう。

また、教育においてビデオコンテンツが重要視されてきている昨今、それらをテキストベースのリソースと結びつけることで図書館、学部、また学生や研究者にとってさらに利便性を強化できるという素晴らしい可能性があります。例えば、

– テキストとオーディオビジュアルコレクションを統合し、研究者のワークフローを改善することができます。ProQuestとAlexander Streetのコンテンツは、芸術とデザイン、音楽とパフォーミングアーツ、歴史、ヘルス、心理学、人類学、メディア、また映像研究など、これまで以上に包括的なリサーチと学習環境を実現する事ができます。

– オーディオビジュアルにおけるリサーチエクスペリエンスの改善を図ります。ProQuestはAlexander Streetのビデオサービスに投資し、ProQuestプラットフォームへの統合を進めます。また、Alexander Streetがこれまで提供してきた柔軟性に富んだ価格で構成されたpatron-driven acquisitionやsubscribe-to-ownなど画期的な契約モデルを強化していく予定です。

– 歴史分野コレクションを整理します。両者の持つ専門的な技術で新しい歴史分野のコレクションを開発し、学生の学習や教員、また研究者のリサーチを支援します。

– オープンコミュニティとのコラボレーションを支援します。Alexander Streetで近年設置した音楽研究のためのデジタルリソースオープンネットワークである『Open Music Library』を今後も支援していきます。このコミュニティコラボレーションとコンテンツのユニークなコンビネーションへの支援は、素晴らしいプロジェクトです。

お客様へのお約束
ProQuestのゴールは、この両社の資源を最大限に活用してサービスと製品を向上し、お客様にとってより良い価値をお届けすることです。私たちの目的はそれぞれの図書館の利用者である学生や教員、また研究者にフィットするコンテンツが入手できる柔軟性のある新しい、そして質の高い選択肢をご提供することです。ProQuestはこれをお客様にお約束します。

ProQuestとAlexander Streetは共にこのお客様へのお約束を守ることを誓い、また最高品質のカスタマーエクスペリエンスをご提供します。

新しい未来を予見するこのニュースを皆様と共有できることを嬉しく思います。ProQuestでは皆様からのフィードバックやご意見をお待ちしています。是非contact usまでお寄せください。

この記事の原文はこちらから。

Alexander Street PressがProQuest傘下企業に

ProQuest【米国ミシガン州アナーバー/ヴァージニア州アレクサンドリア:2016年6月22日】ストリーミングビデオと音楽、ならびに受賞歴のある一次資料コレクションを提供するAlexander Street PressがProQuestの傘下となりました。これにより、両社の提供するコンテンツは相互的に使いやすくなり、今後、図書館をはじめ、研究者、学生を含む利用者のリサーチと学習の質の向上が期待できます。

今回の買収は、Alexander Streetの定評のあるビデオ、音楽、さらにユニークな一次資料コレクションとProQuestの豊富なコンテンツを集約することになり、その範囲は、20の学術分野をカバーする10億に近い検索可能なアイテムと、1億2700万ページにも上る歴史分野の一次資料コレクションに拡大されます。さらに、両社は文脈を考慮したリサーチと情報発見の可能性を改善すべく、テキストとビデオをシームレスにつなぐ多様で優れたコンテンツの提供を予定しています。

ProQuestのCEOであるKurt Sanfordは『ストリーミングメディアはリサーチと学習活動において成長分野です。テキストとそれらを結びつけ、さらに広範囲で関連性のある、かつ信頼性の高いコンテンツに導くことで、研究者や学習者にとっての便利さを拡大することは大きな意味があると考えています。』と述べ、さらに『Alexandar Streetのユニークなビデオと一次資料コンテンツをProQuestの豊富なコンテンツ、ブック、そしてワークフロー、リサーチツールは素晴らしいコンビネーションです。さらに良質で包括的なリソースを世界のお客様にご提供することができるでしょう。』とコメントしています。

Alexander Street Pressは“Alexander Street, a ProQuest Company”として続けられ、ビジネスは現在の社長であるStephen Rhind-Tuttが引き継ぎます。これまで通りヴァージニア州のアレクサンドラを拠点とし、Rhind-Tutt氏はProQuest Information Solution部門のSenior Vice President兼General Managerを務めるRafael Sidiのもとで役割を果たすことになります。

『今回の買収で、「声なき声を聞く」というAlexander Streetのミッションをこれまで以上に効果的に実現することができます。ProQuestとともに可能性に溢れる新しい製品を開発できるようになる事を大変嬉しく思います。』とRhind-Tutt氏は述べています。

ProQuestの画期的なコンテンツとリサーチソリューション、また業界をリードする図書館マネジメントとディスカバリーリソースとAlexander Streetのユニークなビデオ、音楽そして歴史分野のコレクションを合わせて提供することで、リサーチエクスペリエンスが格段に豊かになります。例えば、Alexander Streetのコンテンツを受賞歴のあるProQuestプラットフフォーム上で公開することで、利用者はビデオ、ジャーナル記事、ニュース、学位論文、そしてebookなど出版物の種類を越えて関連情報をシームレスに取得できるようになり、情報発見の可能性が改善されます。一方図書館では、テキストとビデオを拡大収録した包括的なコレクションからPDAや購読、また恒久アクセス権取得などの多様な契約モデルを利用してリソースを導入することが可能となります。

Alexander Streetは近年、音楽分野におけるデジタルリソースのオープンネットワーク、Open Music Libraryをリリースしており、今後コミュニティコラボレーションと質の高いオープンコンテンツのコンビネーションをさらに支援していく予定です。

『Alexander StreetがProQuest傘下となったことで、ユニークでイノベイティブな企業としてのビジョンとミッションを進めるさらなる投資を実現する事ができます。研究者と図書館には良いニュースです。両社の専門性とコンテンツをつなぐことで、さらに質が高く、強力で価値の高いサービスをご提供できるでしょう。研究者とお客様の仕事を促進できる機会に携われることは非常に素晴らしいことです。』とProQuestの会長兼Cambridge Information GroupのCEOであるAndrew Snyderは述べています。

両社は、ProQusestとAlexandser Streetの顧客に丁寧なカスタマーケアとサポートの提供を約束しています。現在、両社のサービスを契約中の顧客は、サービスの停止や変更などの必要なく、今後もこれまで通りの利用が可能です。

ProQuestとAlexander Street Pressのこれからについてはこちらからどうぞ。

Alexander Street Press(http://www.alexanderstreet.com)について
Alexander Streetは最新のテクノロジーと独占的なコンテンツでカスタマイズ可能な製品とサービスを世界の図書館とその利用者に提供しています。ビデオ、オーディオ、そしてテキストを洗練されたオンラインツールで提供し、その技術はリサーチと学習そして指導のアプローチに実質的な変化をもたらします。

ProQuest (www.proquest.com)について
ProQuestは、質が高く信頼性の高い情報と人を結び付ける、学術情報ソリューションサービスを提供しています。学術リサーチを解決する手がかりとして、ProQuestの商品は学位論文、政府刊行物や文化的出版物のアーカイブ、ニュース、歴史的コレクションや電子書籍を含む世界の知識のゲートウェイとして利用されています。さらにProQuestの技術はコンテンツ提供にとどまらず、利用者の学術検索における重要なポイント-情報の発見、アクセス、共有、創造と管理に差的な環境の追及と実現を目指しています。

さらに、クラウドベースの技術は、ProQuest®、Bowker®、Coutts® information services 、Dialog®、ebrary®、EBL®、SIPX®などビジネスユニットを超えて、図書館員、学生、研究者など学術情報に関わる人々にフレキシブルなソリューションを提供します。米国ミシガン州Ann Arborに本社を置く、世界各国にオフィスを有するグローバル企業です。また、ディスカバリーサービスでもトップクラスのSummon®や文献情報管理プラットフォームであるRefWorks®、MyiLibrary® ebookプラットフォーム、研究支援情報ツールPivot™、図書館サービスプラットフォームIntota®など業界でも画期的なリサーチツールの開発も積極的に行っています。米国ミシガン州Ann Arborに本社を置く、世界各国にオフィスを有するグローバル企業です。

この記事の原文はこちらから。