Posts Tagged ‘リテラシー’

ProQuestが2016 Information Literacy Surveyを公開

調査目的は利用者が生涯成功するために必要なスキル獲得のための支援proquest

【米国・カリフォルニア州・マウンテンビュー:2017年1月5日】 – 83%の図書館員がインフォメーションリテラシーは大学卒業資格に影響すると同意し、97%がこのスキルは働く環境においても重要なスキルであると考えているにも関わらず、自分の所属する図書館でインフォメーションリテラシー教育に十分なサポートを提供できているとする図書館員は44%にとどまることが分かりました。

大学、コミュニティカレッジ、高等学校ならびに公共図書館の図書館員、200人以上を対象にProQuestが実施した調査ではこのような調査結果が明らかとなったほか、図書館員がどのようにインフォメーションリテラシー教育に取り組んでいるのかを掘り下げています。この調査結果の全文はこちらからダウンロード可能です。

ProQuestでVice President of North American Salesを務めるKevin Stehrは「全体として、予算と人手不足がインフォメーションリテラシー教育促進の課題であることが明らかとなりました。」と述べています。続けて「しかしこの回答は結論としてベストなものだと考えています。私たちはいつも最善を尽くしていますが、もっとできることを探しています。図書館員を支援するのがProQuestです。私たちはこの問題に対するソリューションをご提案します。」としています。

このような状況にある理由は、図書館員が携わるインフォメーションリテラシー教育のサポートは個別の調べ物・検索から非同期のビデオチュートリアルまで多岐にわたっているのが理由ですが、ProQuestではリテラシーという重要なトピックの教育と強化を助ける様々なサービスと製品を提供しています。

最初に、PoQuestのフレキシブルな契約モデルを利用し、予算の範囲内でジャーナルからビデオ、新聞からワーキングペーパーまで、プリントとデジタルの両方で信頼性の高いコンテンツを揃えることができます。調べ物の基本となるレファレンスコンテンツから、特定のトピックについて幅広く奥深い情報を得られるタイトルまで、お手頃な価格で簡単に研究者を支援することが可能です。

また、図書館員はProQuest Research Companionでインフォメーションリテラシー教育を強化し、学生の効果的な学術リサーチと、情報の発見と評価、そして情報の利用の基本原則を教育するうえでの教える側の支援を図ることができます。Research Companionには、「どのようにトピックを選ぶか?」から「どのように情報ソースを評価するか」まで、リサーチプロセスの全てのステージでぶつかる疑問に答える9つの学習モジュールと80以上の学習ビデオが収録されています。プラットフォームでは「学習前」と「学習後」のアセスメントで学習をよりインタラクティブに進めることができ、また教育者は学生の学習状況と理解度を確認することが可能です。

ProQuestサービスのより詳細な情報はwww.proquest.comからご覧ください。

日本でご提供している主要なサービス一覧はこちらをご覧ください。

ProQuest (www.proquest.com)について
ProQuestは、質が高く信頼性の高い情報と人を結び付ける、学術情報ソリューションサービスを提供しています。学術リサーチを解決する手がかりとして、ProQuestの商品は学位論文、政府刊行物や文化的出版物のアーカイブ、ニュース、歴史的コレクションや電子書籍を含む世界の知識のゲートウェイとして利用されています。さらにProQuestの技術はコンテンツ提供にとどまらず、利用者の学術検索における重要なポイント-情報の発見、アクセス、共有、創造と管理に差的な環境の追及と実現を目指しています。

さらに、クラウドベースの技術は、ProQuest®、Bowker®、Coutts® information services 、Dialog®、ebrary®、EBL®、SIPX®などビジネスユニットを超えて、図書館員、学生、研究者など学術情報に関わる人々にフレキシブルなソリューションを提供します。米国ミシガン州Ann Arborに本社を置く、世界各国にオフィスを有するグローバル企業です。また、ディスカバリーサービスでもトップクラスのSummon®や文献情報管理プラットフォームであるRefWorks®、MyiLibrary® ebookプラットフォーム、研究支援情報ツールPivot™、図書館サービスプラットフォームIntota®など業界でも画期的なリサーチツールの開発も積極的に行っています。米国ミシガン州Ann Arborに本社を置く、世界各国にオフィスを有するグローバル企業です。

このニュースの原文はこちらをご覧ください。