Posts Tagged ‘ホロコースト’

研究のために明らかにされた、女性が経験したホロコースト

ラーフェンスブリュックの生存者が自ら語る恐怖

ラーフェンスブリュック強制収容所はホロコースト最大の女性収容所でしたが、第二次世界大戦後はほとんど忘れ去られていました。しかし、専門家が厳選した一次資料により、ほかの資料では得ることが難しい情報を閲覧することが可能になりました。生存者が語るインパクトのある証言ビデオと過去の新聞記事の組み合わせで、ジャーナリズムが描く様々な場面に個人的な経験が重なり、研究者は体験者の立場に立ったリサーチを進めることができるようになったのです。

ジュディス・ベッカー達は、ラーフェンスブリュックで地獄のような一夜を過ごした後、別の場所に移送されました。Visual History Archiveに収録された証言の中で、彼女は倉庫のような場所に大勢の女性が詰め込まれ、全員が立つのに十分な隙間がないほどだったことを思い出しています。ベッカーたちは順番に頭上に人を持ち上げなければならなかったと述べており、また、新鮮な空気が不足していたため人々は息が苦しくなっていました。飲み物や食べ物はもちろんあるはずがありません。

また、オルガ・アスターたちは列車から降ろされてラーフェンスブリュックまでの長い道のりを歩かされました。骨と皮ばかりに痩せた人々で一杯の地獄のような場所にたどり着き、そこに長い間収容されたと言います。彼女は「私は絶対にあんなふうにはならない、と自分に言い聞かせた。」と証言の中で語っています。彼女また、他の2人の女性と一緒にひとつの狭いわら布団に寝かされ、毎日午前2時か3時に起きると収容所の建物の外に出て人数を数えられました。アスターの記憶によると、全部で8万6,000人の女性が収容されており、毎日2回人数を数えられ、数が合わないと最初からまた数えられたと言います。女性たちは毎朝、前の晩に死んだ者を外に運び出さなければなりませんでした。死体も数えられる必要があったからです。

「私たちは、生きている者たちが死者を羨むような環境で生きていました」 – オルガ・アスター

アスターの記憶では、「選ばれた」収容者が毎週、病気や虚弱や衰弱のために働けないという理由で殺されました。その数は、収容所に新たに到着した人数と同じだったと言います。彼女はアウシュビッツから移送されてきた女性の一群がラーフェンスブリュックの惨状に恐れおののき、空腹であるにもかかわらず収容者にあてがわれている「水っぽいスープを飲みたがらなかった」ことを記憶していました。

収容者にはごくわずかな食べ物しか与えられず、アスターは収容所から解放されて何十年経っても悪夢を見続けました。1枚のパンが自分の胸の上に置かれているのに、夢の中の彼女の腕は切断されており、パンを口に運ぶことができないという夢です。

収容所の建物の中で彼女のグループは隔離されていたとアスターは言います。そのため、収容所の他のエリアで何が起きているのか全く知りませんでした。同様に収容所の外部でも、収容所の中で何が起きているのか知ることはありませんでした。1942年の夏、ナチスの医師が86人の収容者を対象に本人の合意もなしに医学的な人体実験を開始します。この86人は大半がポーランド人の政治犯で、虐待者たちから「lapin」(ウサギ)と呼ばれていました。

74人のポーランド人被験者のうち、5人はこの実験で死亡し、4人は実験で受けた傷が治らずに殺されました。残りは収容者仲間が介抱して何とか生き延びましたが、生涯にわたる身体的障害が残りました。1946年に行われた医者裁判では、4人の生存者がナチスの医師に対して証言を残しています。

医者の裁判

1946年10月26日のLos Angeles Times紙は「人体実験の罪で、23人のナチ党員が裁判を受ける」と報じました。「第三帝国で最も著名な内科医と外科医」の一部が「強制収容所に収容された数千人もの人々を、不合理かつ拷問のような実験で殺害した」罪で告発されたためです。

これらの医師の中にはHerta Oberhauserも含まれていました。彼女は被告の中で唯一の女性で、ラーフェンスブリュックの主任内科医を務めていました。ラーフェンスブリュックでは「戦場で負う傷を収容者に再現し、ガラス片、木片、ガス壊疽菌、破傷風菌を傷に埋め込む」実験が行われていました。

1946年11月30日のLos Angeles Times紙は「ラーフェンスブリュック強制収容所所員の裁判が始まり、24人の勇気ある女性が12月5日に(ハンブルグで)自分たちを虐待した人間たちと対面する」と報じ、この出来事の重要性を次のように説明しています。

証人となる女性たちは、戦時中にラーフェンスブリュックの地獄を経験した15万人の女性の中にいた連合国人、オーストリア人、ドイツ人の女性である。「おそらく史上最大規模の女性強制収容所」と正式に認められたラーフェンスブリュックでは、毒ガスによる大量虐殺が行われ、当局によると5,000人の女性がガス室で殺害されたほか、収容者の女性に対して残酷な人体実験や言語に絶するような多くの拷問が加えられた。

1946年12月20日に2人の被害者が証言台に立って足の傷を見せると、同紙は女性が証言した恐ろしい内容を詳細に報じました。
厳しい裁判は1947年8月に結審し、23人の被告のうち7人が無罪、同じく7人が死刑判決を受け、残りは懲役10年から終身刑までの判決を受けました。Herta Oberhauserは懲役20年の判決を受けましたが、服役5年後に服役態度が良好なため釈放されています。

参考文献:
Helm, Sarah, Martin Richter, Annabel Zettel, and Michael Sailer. Ohne Haar und ohne Namen, edited by Sarah Helm, et al., Konrad Theiss Verlag GmbH, 2016. ProQuest Ebook Central.

Lanckoronska, Karolina. Michelangelo in Ravensbrück, edited by Karolina Lanckoronska, Da Capo Press, 2008. ProQuest Ebook Central.

Saidel, Rochelle G.. Jewish Women of Ravensbrück Concentration Camp, edited by Rochelle G. Saidel, University of Wisconsin Press, 2006. ProQuest Ebook Central.

リソース:
Visual History Archive
USC Shoah Foundation Institute for Visual HistoryのVisual History Archiveは、ホロコーストをはじめとする集団虐殺の生存者と目撃者が見聞した事実や体験などを語ったインタビュー動画を5万4,000件、約2時間にわたり収録したコレクションです。ProQuestはUSC Visual History Archiveとの協力のもと、すべての証言を記録に適したクオリティで活字化し、多くの人に提供できることを光栄に思います。Visual History Archiveの動画と詳細についてはこちらからご確認ください。

Los Angeles TimesProQuest Historical Newspapersに収録される新聞アーカイブコレクションです。
ProQuest Historical Newspapersは世界でも主要な新聞45紙以上の紙面イメージを創刊号から電子化する、新聞デジタルアーカイブの決定版です。数百年を遡って歴史を報道の観点から調べることが可能です。

これら全てのリソースについてのお問い合わせはこちらよりお気軽にご連絡ください。
1ヶ月間の無料トライアル、またご導入までのご相談も承っております。

 

集団虐殺の証言ビデオから貴重な洞察を得る学生

「これらの証言は過去の出来事を歴史という領域から、人間の領域に置き直すものです」
– Amy Simon, Michigan State University

集団虐殺を生き延びた人々の証言ビデオを利用して、様々な研究分野の学習や研究で新たな洞察を得ようとしている大学は増えており、Michigan State Universityはそのような大学のうちのひとつです。同大学は学生、職員、研究者にUniversity of Southern California(USC)Shoah Foundation’s Visual History Archive*を提供しています。これは集団虐殺の目撃者と生存者の目撃証言を集めた世界最大のコレクションですが、現在ProQuestから提供しています。

「ホロコーストの生存者と直接話せる時代は終わりつつあり、口頭証言はホロコーストに関する極めて重要な歴史的・情緒的真実を提供しています。」Michigan State University(MSU)のWilliam and Audrey Farber Family寄付研究教授としてホロコーストと欧州ユダヤ人史を研究するAmy Simonはこのように述べています。

彼女はさらに、「様々な分野の教員が、このアーカイブを通じて研究を深めることに関心を持っています」と語ります。「私達はみな、歴史、言語、経済、トラウマ研究、文学などの研究をまとめる際に、この口頭証言で従来利用してきた文字資料を補完したいと考えています。私達の多くは授業でもこれらの証言を利用し始めており、学生に自分自身の研究でそれらを徹底的に調べるように指導しています。

この特徴的な一次資料を利用してMSUの学生がどのように研究や学習を深めているのか、Simon教授に詳しく説明してもらいました。

Q:様々な分野の教員がVisual History Archiveを通じて研究を深めることに関心を持っているとのことですが、どのように活用されているのか、いくつか実例を挙げて下さい。
A:農業・食糧・資源経済学部のある教授は、この証言を集団虐殺の経済学を検証する目的で使っています。言語学・語学部のある教授はドイツ語の授業で使用しています。

Q:授業ではどのようにこの口頭証言を利用し、学生によるリサーチでの利用を促していますか。
A:私は学生を図書館に連れて行き、このアーカイブのアクセス方法や利用方法を図書館員が説明する入門コースに参加させました。

それ以降、多くの学生がこの口頭証言を一次資料として使って研究プロジェクトを進めています。テーマはホロコースト後の宗教や、ホロコースト回想録を執筆するきっかけなどです。

Q:あなたが授業でこのアーカイブを使用した例をいくつか挙げて下さい。
A:先学期の初めに、私はブーヘンヴァルト強制収容所を解放した米軍兵士のうちの一人の証言をクラスで見せました。その兵士は情景や臭い、仲間の多数の兵士の信じられないような反応を説明してその場の恐怖を表現しました。

強制収容所の実際の目撃者を見て、話を聞いた学生は強い情緒的インパクトを受け、ホロコーストの非道さをより深く実感できました。

Q:「Visual History Archiveの証言は学生にどのような影響を与えていますか。学生と資料のつながりはどうですか。」
A:これらの証言は過去の出来事を歴史の領域から取り出し、人間の領域に置き直すものです。
生存者や目撃者の情緒的な反応を経験した学生は情緒的な影響を受けます。その結果、学生は個人的なレベルで証言とつながるようになります。また、インタビューの最後にしばしば家族のトラウマが続いていることが明らかになるのですが、学生はその話からも影響を受けています。

また、学生は、証言がすぐに理解できる要素と繊細な要素の双方において豊かな内容を含むものであることに気がついています。学生は生存者が表現する言葉や感情に注目するだけではなく、証言を行っている状況やビデオに映る家族にも反応しています。インタビューは通常、生存者のリビングルームで撮影されているのですが、学生は背景に写った写真などについてコメントします。このような細かい観察から、学生は結論を導き、自分が見たものと個人的なつながりを持つのです。

* Visual History Archive
このコレクションは、ホロコースト(1939~1945年)、アルメニア人大量虐殺(1915~1923年)、南京大虐殺(1937年)、ルワンダ・ツチ族虐殺(1994年)、グアテマラ集団虐殺(1978~1996年)の生存者と目撃者がUSC Shoah Foundation Institute for Visual Historyに体験を語った2時間のインタビュー動画を5万4,000件収録しています。

ProQuestはUSC Visual History Archiveと連携し、これら口頭証言ビデオとすべての証言のトランスクリプトをアーカイブに適した品質で提供する唯一のベンダーです。USC Visual History Archiveのデモンストレーションビデオと詳細はこちらからご確認いただけます。

画像:
撮影者の説明:生き残ったB1キャンプ収容者の様子
撮影地:ビルケナウ強制収容所
撮影者の場所説明:ポーランド、オシフィエンチムで1992年6月に撮影
撮影者:Duane Mezga
撮影国:ポーランド(国)
州:シロンスク(県)
市:オスフィエンチム(居住地)
URL:https://dmhsp.lib.msu.edu/islandora/object/dmhsp%3A587

トライアルリクエスト

プロクエストモバイルサイト

USC Visual History Archiveの詳細なお問い合わせ、またトライアルのご要望も承っています。こちらからどうぞ。

ホロコースト生存者の口述歴史が語る同性愛者の歴史

ビデオ証言が描き出す知られざる迫害の物語

The USC Shoah Foundation Visual History Archiveに収録されるホロコーストを生き抜いた同性愛者の証言

歴史的認識とその理解を遅らせるほどのわずかな資料

Michigan State Universityに通うNatalie Munsanteが「アメリカでホロコーストでの同性愛者に関する記録が多くないのはなぜか」について調べていたとき、調査に利用できる一次資料が不足していることに気がつきました。

その理由は、同性愛はドイツでは1994年まで犯罪とされたこと、またホロコーストを生き抜いた同性愛者が非常に少なく、第二次世界大戦後にその経験を語り継ぐことが非常に難しかったからです。強制収容所の解放以後も同性愛者であることを理由に再度逮捕され、ナチスの証言により刑務所に収容されるケースが起こりました。

政府は1980年-90年代にホロコーストでのこのような被害者を認識するに至り、数少ない生存者から彼らの経験を聞くことが可能となりました。

2000年までに分かったこれらの生存者数は10人以下とされています。

生存者の言葉を聴く

生存者から直接話を聞くことで、残酷ないじめと同性愛者のコミュニティで行われていた「実験」と呼ばれる行為の詳細とともに、セクシュアリティに関わる人間の葛藤と苦悩が明らかとなりました。

1986年、Richard PlantによるThe Pink Triangle: The Nazi War Against Homosexualsがこのトピックを総合的に扱った初めての書籍として英語で出版されました。Plantは戦時中にナチスから逃れてスイスに移住したユダヤ人同性愛者です。

Pierre Seelは第二次世界大戦中に 同性愛者として追放された経験を語った唯一のフランス人で、1994年に回顧録、I, Pierre Seel, Deportedを出版しました。

Gad Beckは自叙伝、An Underground Life: Memoirs of a Gay Jew in Nazi Berlinを2000年に出版しました。

SeelとBeckはホロコーストを生き抜いた数少ない同性愛者のなかでも、その証言をビデオインタビューに記録し、USC Shoah Foundation Visual History Archiveに提供しています。

「ゲイであることがまるで国の宗教であるかのように生きていました。」

写真家で俳優でもあるAlbrecht Beckerもまた、USC Shoah Foundationにインタビュー証言を残した生存者の一人です。1997年、91歳のときに証言しています。

Beckerはハンブルグで青年期を自由に生きていた頃を記憶していました。同性愛が法的に違反だとされてはいたものの、同性愛者の男性は危機を感じることはありませんでした。突撃隊と呼ばれるStumabteilung (SA)のリーダーであり、ヒトラーの熱心な支持者で協力者であったErnst Rohm彼自身も同性愛者を公言していたからです。これは珍しいことではありませんでした。

「大げさに言うわけではありませんが、ゲイであることがまるで国教であるかのように生きていました。」とBeckerは述べています。

しかし、ヒトラーが強固な権力を掌握すると、第17項の同性愛を犯罪とする法に対する政府の寛大な処置は突然に終わりを告げました。Rohmがヒトラーの権力を脅かすほかのナチスのリーダーとともに粛清されたのです。さらに秘密警察部門であるゲシュタポが同性愛者を特定するリストを作成したのです。

1933年から1945年までの間、最大で10万人もの男性が逮捕されました。大多数が刑務所に入れられ、残りは強制収容所に送られました。この中の60%が命を落としたと推定されています。ナチス占領地域に住む何百人もの男性が裁判所命令により虚勢させられました。

1935年、Beckerは警察署への出頭を求められました。同性愛者かどうかを聞かれた時、Beckerは「もちろんです。私が同性愛者だということはハンブルグでは有名ですよ。」

この時の尋問でBeckerは処分を受けることはありませんでしたが、同性愛者であることを認めなかった人たちはダッハウ強制収容所に送られ、その後の消息は分かっていません。しかしBeckerは解放される前までの3年間、ニュルンベルクで強制労働させられます。彼は法を犯したことを認め、「薬の服用」を覚悟しました。

Beckerの証言の一部をこちらでご覧いただけます。

具体的に想像することが難しい分野に光をあてる

Michigan State UniversityのリサーチャーであるNatalie MusanteはVisual History Archiveについて、彼女がこれまで気が付かなかった情報や視点に気づかせてくれるとコメントしています。

「ビデオ証言で、アメリカとヨーロッパの同性愛の受け入れ方や寛容さの違いについて気づいたことを話す女性のインタビューを見つけました。そこには私の研究テーマに利用できるぴったりな回答がいくつか含まれていたのです。」とも述べています。

University of MemphisのAssistant Professor of HistoryであるCookie Woolner は、「LGBTの分野の歴史はこれまで以上に明らかになっています。しかし現代の「同性愛者の解放」誕生以前の20世紀前半における同性愛者の生活に関する証言はまだ極めて少ない状況です。」と述べ、さらに「Visual History Archiveは、学生から研究者まで、語られてこなかったこの分野の歴史を深く理解するのに有益です。」と付け加えています。

Woolnerは、第二次世界大戦中の収容経験の口述記録は、現在の私たちの想像に及ばない当時の生活の様子を浮き彫りにすると指摘しています。彼らの寛大さのおかげで、これらの証言はホロコースト中の同性愛者の迫害の物語を浮き彫りにし、命をつなぐこととなったぎりぎりのやり取りを明らかにするのです。

また彼女は、これらのインタビューは社会的に置き去りにされた共同体で、最悪の状況下におかれても気高くふるまった人々の完全な人間性に光をあてることでもあると述べています。「これら他にはない証言は、米国における第二次世界大戦期とともに、ナチス体制下のホロコーストでの同性愛者の生活に関する研究を補強することになるでししょう。」

プロクエスト日本語サイト

ProQuestではUSC Visual History Archiveとパートナーシップを結び、ビデオ証言の全てをストリーミングバージョンでご提供しています。

こちたの動画では、サービスの概要をご覧いただけます。またトライアルも受け付け中です。
お申込み・お問い合わせはプロクエスト日本支社までご連絡ください。