学位論文の書き方 ‐パート 1

Tom Jagerによるアドバイス
(Tom Jagerは法学と英文学の学位を持つプロブロガーで、多数の記事やオンラインジャーナルを執筆しています。G+ またはFacebookで彼の活動を紹介しています。)

学位論文は学術界の一員となるための免許証です。確かに、この免許証の作成は骨の折れるプロジェクトであり、多くの学生が不安に思っています。その理由は、ほとんどの学生がこれほど長く、しかも最終的には口頭試問に合格しなければならない論文を書いたことがないためです。事実、学位論文の作成は重荷ではありますが、これらの心配事は、実際にはそれほど心配するようなことではありません。幸運なことに、多くの学生がすでにこれを経験しているため、彼らの経験から学び、役に立つ秘訣を得ることができます。

なぜ挫けてしまうのか
まず初めに、重要なことをお教えしましょう。。それは、ほとんどの人にとって、学位論文をうまく仕上げられない最大の要因は心の準備態勢にある、ということです。順番に説明しましょう。学位論文はおそらく、これまでに挑戦した最大のプロジェクトであるに違いないと思います。したがって、少々怖気づくのはごく自然なことです。例えば、200ページの論文をこれまでに書いたことがありますか?夜遅くまでかかって論文を書き終えようとしても、なかなか終わらなかった経験がありますか?これを別の側面から見てみましょう。学位論文を書くという課題を与えられる前に、あなたは自分の研究のさまざまな領域に関する研究論文、小論文、レポート、発表、その他の作業をいくつも書いています。学位論文とは基本的にこれまでに書いた多くの論文を編集する最終段階です。したがって、学位論文を仕上げることは粘り強さの問題であり、前に書いたことをより洗練された形に磨き上げるだけでよいのです。

学位論文を書けない理由
理由A – プロジェクト全体があまりにも難しすぎるように思えて、圧倒される。
解決策:難しいのは当然です!しかし、それは諦める理由にはなりません。プロジェクトを完成させる最良の方法は、面倒でもできるだけ容易に取り組めるような小さなパーツに分解することです。

理由B – プロジェクトの締め切りが曖昧だ。
解決策:実行計画を立て、パーツを書き上げる具体的な期間を決めることです。例えば、文献研究を3日間で終わらせる計画を立て、その計画通りに実行するのです。

理由C – 無理です、研究者じゃないんだから!
解決策:いいえ、、あなたも十分に研究者です。あなたがこれまでにこなした多くの課題を考えてみましょう。それらは意味のある課題に違いないはずです。もう一度、簡単に取り組める規模のパーツにプロジェクトを分解し、ゆっくりと、着実に作業を進めましょう。

さあ始めましょう
研究者の世界まで続く旅路に乗り出すのですから、粘り強く、かつ構成を意識して進めていきましょう。この気持ちを保ち続けるためには、粘り強さとモチベーションが続くような適切なテーマを選ぶ必要があります。あなたが本当に一生懸命になれることをテーマに選ぶべき理由はそこにあります。退屈なテーマよりも興味のあることの方がはるかに楽に書けるでしょう?

次に、選んだテーマを進めるために、その「実行可能性」を教授に分析してもらいましょう。論文執筆にたけた人々の意見では、学位論文に適したテーマとは十分に範囲を絞り込んだ、具体的な問題に関するものだそうです。あまりにも範囲の広いテーマを選べば、200ページではすべてを書ききれないだろうとProesseywritingのChris Johnsonはコメントしています。

最後は構成です。良いアウトラインは不可欠であり、プロジェクト実施の様々な段階で手引きとなります。一般的なアウトラインは、研究の背景の説明、文献研究、手法、結果、考察の各章で構成されます。他の研究者のやり方を参考にすると、よい論文の例を知ることができるかもしれません。あるいは、インターネット上の信頼のおける情報源で論文のアウトラインの書き方を学ぶこともよいでしょう。

*パート2に続く。

Tags:

Comments are closed.