Archive for November, 2015

ProQuest网络课堂 -12月份课程安排

为了使贵校读者能够更好的利用外文电子资源,进一步提高贵校电子资源的使用率,ProQuest推出了“ProQuest网络课堂“。每场培训均为网络实时进行,无IP限制,无需注册。期间可针对ProQuest产品提出问题并与ProQuest培训师及其他用户进行实时交流。只需点击讲座题目的超链接即可。建议读者提前5分钟左右登陆。首次登陆可能需要较长时间(建议提前20分钟登陆)来测试及进行初始化配置。读者需要扬声设备如耳机或音箱来接收培训音频。

2015年12月网络培训课程安排如下:

日期 时间 讲座题目(培训链接) 主要涉及产品
2015/12/11 15:30~16:00 APA美国心理学会权威信息资源与ProQuest平台心理学文献 APA、PPJ、PQDT、ebrary等
2015/12/14 15:30~16:00 利用ProQuest平台ABI,PQDT等高效检索全球商业文献 ABI/INFORM Complet、PQDT、EconLit、ebrary等
2015/12/22 12:00~12:20 20分钟了解ProQuest新平台 ProQuest新界面
2015/12/23 12:00~12:30 半小时掌握电子书检索 ebrary电子书

读者对培训课程有任何建议或培训当中遇到任何技术问题,可发邮件至: chris.guo@proquest.com 或 jim.wang@proquest.com 进行咨询。

A plataforma ProQuest, de interface redesenhada, é premiada

ProQuest recebeu o prêmio de “Melhor Interface” escolhido pelos leitores no Prêmio Anual da Charleston Advisor em reconhecimento a plataforma ProQuest aperfeiçoada recentemente. Agora em seu décimo quinto ano consecutivo, a premiação identifica e homenageia os melhores produtos digitais de interesse para bibliotecas.

A plataforma foi lançada em agosto deste ano após uma análise aprofundada do comportamento dos pesquisadores na plataforma, incluindo extensos testes com usuários e bibliotecários, testes Beta com uma variedade de parceiros de desenvolvimento e testes A/B em larga escala.

Segundo a The Charleston Advisor em sua edição de outubro de 2015, “É muito mais intuitiva e mais fácil de usar do que as versões anteriores. Esta inclui uma melhor visualização de documentos, navegação mais fácil e melhor conformidade com o Americans with Disabilities Act (ADA). Parabéns a ProQuest “.

A interface aprimorada torna mais fácil para os usuários concluir suas tarefas de pesquisa e é conduzida pelas melhorias para tornar a descoberta e o acesso do rico e diversificado conteúdo da ProQuest mais intuitivos e eficazes. As páginas foram redesenhadas com layouts simplificados que permitem aos usuários se concentrar no conteúdo e as ferramentas necessárias para concluir suas tarefas de pesquisa, não importa que tipo de dispositivo esteja usando. Telas são redimensionadas automaticamente para o tamanho do dispositivo do usuário e removendo funcionalidades não essenciais para garantir a facilidade de uso e acesso ao conteúdo.

Allan Lu, Vice-Presidente de Ferramentas de Pesquisa e Serviços e Plataformas da ProQuest, disse: “Estamos comprometidos com o desenvolvimento de produtos e serviços para enriquecer a pesquisa e experiência de aprendizagem para os nossos utilizadores, e contribuir para melhorar os seus resultados de pesquisa. Estamos muito satisfeitos por ter recebido este prêmio e este endosso destaca o nosso foco na experiência do usuário. “

ProQuest 플랫폼 ‘최고의 인터페이스상’ 수상

 

new platformProQuest의 새 플랫폼이 The Charleston Advisors Annual Readers’ Choice Award에서 최고의 인터페이스상(Best Interface award)으로 선정되었습니다. 올해로 15번째인 이 상은 매해 최고의 도서관 디지털 제품을 선정하여 왔습니다.

The Charleston Advisor (2015년 10월판)은 “ProQuest의 새 플랫폼은 이용자 중심의 디자인으로 문서 보기 등의 기능이 향상되어 더욱 편리한 컨텐츠 이용 환경을 제공하고 있다.”고 언급하며 영광스런 수상 소식을 전하였습니다.

ProQuest사는 오랜 기간 이용자 분석 및 테스트를 통해 지난 8월 업그레이드 된 새로운 인터페이스를 선보였습니다. 심플한 인터페이스의 이용자 중심 디자인으로 모바일 기능이 강화 되었습니다. search.proquest.com

Plataforma ProQuest de rediseñado interfaz gana premio

ProQuest ha ganado el premio de Mejor Interfaz por elección del lector en el Premio Anual de la The Charleston Advisor en reconocimiento a la recientemente mejorada plataforma ProQuest. Ahora en su décimo quinto año consecutivo, los premios identifican y honran los mejores productos digitales de interés para las bibliotecas.

La plataforma fue lanzada en agosto de este año después de un análisis profundo de las conductas de los investigadores en la plataforma, incluyendo extensas pruebas con usuarios y bibliotecarios, pruebas Beta con una variedad de clientes asociados para el desarrollo, y pruebas A/B a gran escala.

De acuerdo a The Charleston Advisor en su edición de octubre de 2015, “Es mucho más intuitivo y fácil de usar que las versiones anteriores. Incluye una mejor visualización de documentos, navegación más fácil y mejor cumplimiento de las (normas) de Americans with Disabilities Act  (ADA). Felicitaciones a ProQuest “.

La interfaz mejorada hace que sea más fácil para los usuarios completar sus tareas de investigación y fue impulsada por las mejoras para hacer el descubrimiento y el acceso de contenidos ricos y diversificados de ProQuest más intuitivo y eficaz. Las páginas han sido rediseñadas con design simplificado, lo que permite a los usuarios centrarse en el contenido y las herramientas que necesitan para completar sus tareas de investigación, no importa qué tipo de dispositivo ello esté utilizando. Las pantallas escalan automáticamente al tamaño del dispositivo del usuario y elimina funcionalidades no esenciales para asegurar la facilidad de uso y acceso al contenido.

Allan Lu, Vicepresidente de Herramientas de Investigación, Servicios y Plataformas de ProQuest, dijo “estamos comprometidos con el desarrollo de productos y servicios para enriquecer la investigación y la experiencia de aprendizaje para nuestros usuarios, y contribuir para la mejora de sus resultados de investigación. Estamos encantados de haber recibido este premio y este reconocimiento pone de relieve nuestro enfoque en la experiencia del usuario”.

全新的API將ProQuest Dialog內容融合到企業工作流程工具中

Jane Jiang | 譯

最廣泛、最權威的內容、精准的搜索和提醒服務可融合到企業局域網、協作系統中

ProQuestDialogAPI_image全新的API可以實現從強大的ProQuest Dialog資訊服務中抓選內容並集成到內聯網、分析和視覺化程式,以及共用網站等組織工作流程工具中。該API使研究人員可以從領先的生物醫學、工程、新聞與貿易、以及專利資料庫中檢索並按最適合他們的格式來處理所選擇的內容。

“ProQuest Dialog賦予研究人員在一個適應不同使用者需求的介面檢索多學科內容,”ProQuest產品管理副總裁Audrey Marcus說。“這個新的API將此功能提升到一個新的水準,為客戶和他們的圖書館提供更加靈活的資訊訪問方式。”

作為世界頂級的專業檢索工具,ProQuest Dialog以其為製藥、工程和專利行業提供全面精准的研究服務而著稱。無論是新手,還是資訊專業人士等不同水準的用戶都可以通過一個現代靈活的介面查找優質內容集合。其簡單易用的功能和協作工具為研究人員獲取資訊提供説明 – 如設置提醒、保存檢索、下載結果、自訂報告等。ProQuest Dialog可定制所捆綁的內容,提供靈活的定價方案,包括不同的購買模式和包庫使用方式,以適應不同的客戶預算。

用戶可以訪問http://go.proquest.com/pqdAPI,獲取所有重要的API資源和文檔。作為ProQuest Dialog全球客戶服務的一部分,我們的API專家將直接向您提供客戶培訓與支援。

全新的API将ProQuest Dialog内容融合到企业工作流程工具中

Jane Jiang | 译

最广泛、最权威的内容、精准的搜索和提醒服务可融合到企业局域网、协作系统中

ProQuestDialogAPI_image全新的API可以实现从强大的ProQuest Dialog信息服务中抓选内容并集成到内联网、分析和可视化程序,以及共享站点等组织工作流程工具中。该API使研究人员可以从领先的生物医学、工程、新闻与贸易、以及专利数据库中检索并按最适合他们的格式来处理所选择的内容。

“ProQuest Dialog赋予研究人员在一个适应不同用户需求的界面检索多学科内容,”ProQuest产品管理副总裁Audrey Marcus说。“这个新的API将此功能提升到一个新的水准,为客户和他们的图书馆提供更加灵活的信息访问方式。”

作为世界顶级的专业检索工具,ProQuest Dialog以其为制药、工程和专利行业提供全面精准的研究服务而著称。无论是新手,还是信息专业人士等不同水平的用户都可以通过一个现代灵活的接口查找优质内容集合。其简单易用的功能和协作工具为研究人员获取信息提供帮助 – 如设置提醒、保存检索、下载结果、自定义报告等。ProQuest Dialog可定制所捆绑的内容,提供灵活的定价方案,包括不同的购买模式和包库使用方式,以适应不同的客户预算。

用户可以访问http://go.proquest.com/pqdAPI,获取所有重要的API资源和文档。作为ProQuest Dialog全球客户服务的一部分,我们的API专家将直接向您提供客户培训与支持。

CN Site promotion

Quel est le rôle de la bibliothèque dans les humanités numériques et le data mining ?

Que sont les humanités numériques ?

Les « humanités numériques » regroupent un vaste panel de méthodes de recherche informatiques, allant de l’intégration des médias sociaux dans l’enseignement des sciences humaines à l’analyse quantitative de textes du 18e siècle. La recherche quantitative en sciences humaines et sociales (SHS) est une branche de la recherche en SHS en forte progression qui produit des résultats parmi les plus novateurs dans ce domaine.

Les chercheurs en humanités numériques utilisent à la fois des ensembles de données gratuits et payants permettant d’analyser des livres, documents et textes d’une manière nouvelle. Les chercheurs utilisent plusieurs méthodes différentes pour trouver des données et analyser des documents, telles que l’analyse de réseaux, la modélisation des thèmes et la classification automatique. L’éminent chercheur en humanités numériques Ted Underwood propose un excellent panorama de la manière dont les chercheurs en SHS utilisent les technologies pour appréhender les textes d’une nouvelle manière.

Bibliothèques et humanités numériques

Les bibliothécaires sont familiers de certains aléas rencontrés par les chercheurs en humanités numériques. Les métadonnées contenues dans les ensembles de données sont souvent incomplètes et non homogènes. L’OCR rudimentaire et les variantes orthographiques non standardisées complexifient l’analyse des ensembles de données.  Les chercheurs en SHS n’étant pas habituellement formés à la programmation informatique, ceci implique un long apprentissage avant qu’ils puissent entreprendre un projet numérique.

Les bibliothèques font face à l’enjeu des humanités numériques aux côtés des chercheurs. Les bibliothécaires se voient confiés le nouveau rôle de gestionnaire de données.  Les bibliothèques offrent également divers services incluant le stockage et la conservation des données, des outils pour créer des projets numériques, et leur expertise dans les méthodes de recherche analytiques. A mesure que les humanités numériques poursuivent leur percée nous sommes certains de voir des bibliothèques développer des services toujours plus novateurs pour les étudiants et les chercheurs. Cette participation active assurera aux bibliothécaires un rôle important dans le développement des humanités numériques.

Pour en savoir plus sur les humanités numériques regardez l’enregistrement d’un webinaire Choice/ACRL récent sur la fouille de textes et de données documentaires (Text and Data Mining Library Content).

 

ebookアップデート情報

Ebook Update2015年9月、ebraryのAcademic Complete、Government Complete、College Complete、Public Library Completeに新たに数千タイトルが追加されました。*

Academic Completeには、Oxford University Pressから150タイトル以上、Cambridge University Pressから650タイトル以上、Choice Outstanding Academic Titlesから90タイトル以上など、合計3,100以上のタイトルを新たに収録しました。

College Completeにも、Oxford University Press、Cambridge University Pressなどから1,000以上のタイトルを新たに収録しました。

Public Library Completeは、複数の出版社から900以上のタイトルを追加収録しました。

Government Completeも複数の出版社から3,000以上のタイトルを追加収録しました。

*タイトル数は北米版です。地域によって異なる場合があります。

また、EBLには17万5,000以上のタイトルが新たに収録されました。これらの多くはこれまでebraryプラットフォームでご利用可能だったものです。EBLのアップデート詳細はこちらをご覧下さい。

この記事の原文はこちらから。

Ebook Centralで利用者主体の効率的なebookコレクション構築を実現

Ebook CentralEbook Centralのリリースに向けた準備を進める中で、ProQuestはベータ版のテスト段階でこのプラットフォームの構築に力を貸して下さった図書館員をブログで紹介するシリーズを開始しました。第1回目のブログ記事では、University of Michigan Libraryの電子リソース担当を務めるKathleen Folgerにインタビューし、この新しいプラットフォームが同大学図書館のアクセシビリティ改善の取り組みにどのように役立つのかを伺いました。

今週はさらに、ProQuest Ebook Centralのベータ版に関する意見を提供してくれた2人の図書館員に話を伺う機会がありました。この2人はGrand Valley State University Libraryでナレッジアクセス・リソース管理責任者を務めるJeffrey Danielsと、現在Germanna Community College Libraryで電子リソース・指導担当司書を務めるErin Craneで、Erinは、ベータ版のテスト段階ではLibrary UniversityのFalwell Libraryで電子書籍担当司書を務めていました。

Grand Valley State University Libraryでは、知的成長と発見の推進によって大学教育の使命を意義あるものにすることを目指しています。Jeffreyと同僚の図書館員は、教育、学習を推進し、アクティブな研究者を育成するための知識の獲得、応用、普及、維持に力を注いでいます。

Germanna Community College Libraryでは、カレッジのカリキュラムのサポート、学内の研究・情報ニーズの充足、情報リテラシーと生涯学習の促進、図書館リソースの利用に関する指導、趣味としての読書やリスニングの奨励を目標としています。この使命を全うするためには、利用者が求めるリソースを確実に提供できるよう、Erinと同僚図書館員は図書館資料の利用の実態を深く理解する必要があります。

以下では、LibCentralのレポート機能がこれら2つの図書館の利用者を重視した使命をどのように支援したのか、また、これら図書館のどのような側面が新しいプラットフォームProQuest Ebook Centralの開発に役立ったのかについてご紹介します。

ProQuest (PQ):電子リソースの投資効果を証明する際、どのような問題に直面しているかを教えてください。

Jeffrey Daniels, Grand Valley State University Libraries (JD):一言で言えば、当図書館の最大の問題は、多くの図書館が共通して直面している問題だと思うのですが、全てのプラットフォームについて一貫したデータを収集することです。COUNTERは使えるようになりましたが、まだCOUNTERに対応した利用統計を提供しないベンダーも多く、COUNTERに対応していないリソースも多数あります。

また、入手可能なデータの範囲も問題です。当図書館では複数のプラットフォーム上で大量の電子書籍にアクセスできるようになっていますが、アクセスできるリソースの豊富さを理解していない図書館外にいる人々にデータの範囲を理解してもらうのは容易ではありません。

Erin Crane, Germanna Community College Library (EC):同意見です。最も大きな課題の一つは、詳細かつ各図書館の利用環境や事情に沿って一貫したデータを収集し、図書館外部の人々に理解してもらうことです。実際、私がベンダーからもらうデータの中には、私たち図書館員ですら何を示しているのか理解するのが難しいものもあるんです!データの適時性も大きな課題ですが、ベンダーの多くは1カ月遅れでデータを提供するため、すぐに利用できる情報が必要なことが多い最近では、情報を提供されても、最大限に活用できない状況にあります。

一貫性に関して言えば、簡単にエクスポートしてプラットフォームの横断的な分析が可能なデータを得ることができないという問題にしばしば直面します。HTMLしか提供しないベンダーや、PDFしか提供しないベンダー、長大なエクセルの数値表しか提供しないベンダーがいるためです。Jeffreyが言及したように、訓練された図書館員であれば所蔵資料の状況についてのデータを得るためにCOUNTERを使うこともできますが、図書館外の人々に対して投資効果を証明し、その意義を立証するには、細かい分析を行うための詳細な情報があると助かります。

PQ:収集したデータを見て驚いた経験はありますか?また、それはなぜですか?

JD:LibCentralに限定するならば、ProQuestの下でebraryとEBLが統合されて以来、EBLとebraryの図書目録の重複が多いことに驚いています。この2つはもともと競合製品同士だったのですから当然のことですが、ProQuest Ebook Centralはこの重複を自動的に処理してくれると分かり、大変喜んでいます。購読型パッケージを利用者に、それがないときには利用者駆動型の購入(DDA)になるよう確認する必要がなくなるためです。

EC:新しいレポート機能を使うと当図書館のコレクションの使われ方を細かく分析することができるため、以前はよく分からなかった利用傾向を把握できました。例えば、ページビューが最も多かったのはEBLの歴史関連書籍でした。本学では歴史学はメジャーなクラスではありませんが、準学士号を取得するために必要とする学生が多いのです。新しいLibCentralのレポートは、このような利用背景を分析して、これらの学生への支援を充実させるために図書館ができることを考える良いきっかけとなりました。

PQ:LibCentralはebookの利用状況とコストの評価に役立つでしょうか?

JD:当図書館では複数のソースから100万冊以上のebookにアクセスできますが、最も多く利用されているのはEBLとebraryです。ですから、この2つをひとつのプラットフォームに統合すれば、状況は一変します。当図書館では特にレポート機能に期待していますが、その理由は、ここしばらく当図書館が格闘している、電子コレクションの中の不要なコンテンツを除く作業に役立つためです。私たちは同じ書籍の複数の版を所蔵しているという問題に直面しているのですが、遡及版を所蔵しているため、出版年でフィルタリングをかけても意味がありません。でも、利用者にとって最新版が最適であるならば、簡単に最新版を選べるようにする必要があります。LibCentralの導入前には、何時間もの手作業でこれを行う以外に方法はなく、正直に言えば実行不可能でした。LibCentralのTitle Reportsを使えば、これまで非現実的だった作業が現実的な目標に変わります。

EC:先ほど述べたように、リソースへの投資の意義を立証するためには詳細なデータが必要ですが、LibCentralのレポートはそのレベルの詳細性を備えています。実際のところ、私たちが必要とする以上に詳細かもしれません!

私は、どの書籍が利用されているかだけでなく、どのように利用されているか、どの位の期間利用されているかを是非知りたいと思っています。レポートに目を通していたら、Michael Levine-Clarkが「地球規模での電子書籍の利用:パターン、トレンド、および機会(E-Book Usage on a Global Scale: Patterns, Trends, and Opportunities)」というタイトルのプレゼンテーションで紹介した、EBL、ebraryと連携して行った詳細な利用分析を思い出しました。LibCentralの新機能を使えば、彼が地球規模の電子書籍利用について行ったようなパターン、トレンド、機会に関する分析を、当大学図書館に対しても行うことができます。

コスト面については、貸出し(STL)の平均コストを計算して、利用頻度の低い分野に他よりも多くのコストを費やしていると判断できれば、予算を最適に使うことができるでしょう。私たちはコンソーシアムに属していますから、独自に予算に関する決定を下すことはありませんが、アプローチの変更が合理的であれば、その意義を立証できるでしょう。

PQ:新しいLibCentralの導入前には不可能だったことで、今後は可能になることはありますか?

JD:利用者が当図書館のebookをどのように利用しているかをきちんと把握できるようになるでしょう。前にも述べましたが、現在の一般的リソースについては、当図書館で最も利用頻度が高いのはebraryとEBLのebookです。ProQuestのベータ版のテストでこの新しいレポート機能を知り、今後どのような分析結果が得られるのかを考えると非常に楽しみです。

私の希望としては、これまで把握できなかった利用傾向を知りたいと思っています。ebookをよく利用しているとは思わなかった学部が、実はよく利用していることがレポートによって分かるかもしれません。そうすれば、レポートが会話のスタート地点になります。当図書館の連絡係がレポートを手に教員の所へ行き、「この分野は利用頻度が高いことが分かりました。あなたの学生のためにebookコレクションの構築に協力してもらえませんか?」と言うことができます。図書館員と大学職員の連携に役立つデータは、すべての関連当事者にとって間違いなくプラスになります。

EC:以前勤務していた大学図書館では、別のプラットフォームを使ってebookコレクションを管理していたため、LibCentralはあまり使いませんでした。新しく改良されたプラットフォームと管理ポータルの導入によって、ProQuest Ebook Centralは私の勤務する図書館でもebook利用に関するきわめて有益なデータセンターになるでしょう。

PQ:電子書籍評価のワークフローを合理化するお手伝いとして、他にProQuestができることはありますか?

JD:利用レポートとは特に関係ないのですが、私が大変満足していることのひとつは、ProQuestがデジタル著作権管理(DRM)をユーザーにとって透明性の高いものにしていることです。DRMはないことが理想ですが、現状は理解しています。ただ、当図書館の利用者はDRMを理解していません。ライセンス制限を理解していないし、一冊丸ごと印刷やダウンロードできない理由も理解していません。でも、Ebook Centralを使えば、利用者が印刷できるページ数やこれまでに印刷したページ数が通知されるため、制限が分かりやすくなっています。利用者の理解を助ける情報は多ければ多いほど良く、ProQuestはこれを確実に意識していると思います。

LibCentralのレポート機能について言えば、私はExpenditure Reportに期待しています。当図書館では利用者主導の取得(DDA)に充当する予算が徐々に増えています。その理由は、DDAが利用者主体のコレクションを構築するための優れた方法であり、通常の購入に比べて多くの書籍にアクセスできるためです。ただ、問題は、予算のすべてをDDAに充当することはできない点です。Ebook Centralの導入後は一つのプラットフォームで当図書館のebook利用の大半がカバーされるようになるため、Expenditure Reportを分析して、どの分野の利用頻度が高く、どの分野が低く、どの分野が最も高コストであるかに基づいた購入判断を下すことができます。そうすれば、今後はより良いコレクションを構築するための質問と答えを見つけることができるでしょう。

ProQuestのEbook Centralには感服しました。EBLの優れた点とebraryの優れた点を合わせて、非常に素晴らしいプラットフォームが作られています。

EC:新しいLibCentralでレポート機能が改良されたことは大歓迎で、将来的にどのように改良されていくのかも楽しみです。

Ebook Centralにご関心があれば、 こちらからご連絡下さい。

この記事の原文はこちらから。

ebrary.com reindirizzato alla pagina web degli Ebooks di ProQuest

Come parte della iniziativa di re-branding “One ProQuest”, i clienti ebooks sono ora reindirizzati da ebrary.com alla pagina ProQuest dedicata agli Ebooks. Questo sviluppo è stato necessario per fornire ai clienti un più facile accesso a tutte le offerte digitali di ProQuest dopo aver preso la decisione di ritirare il sito di ebrary.

Diversi altri reindirizzamenti erano stati creati mesi fa su ebrary.com e un annuncio speciale sulla migrazione, con links a risorse chiave, ha un posto di rilievo nella pagina degli Ebooks. A metà ottobre, un annuncio per i clienti è stato messo sul sito Ebrary.com per avvertirli che il sito sarebbe stato presto ritirato. I clienti hanno ancora facile accesso ai cataloghi degli ebooks come Titoli in anteprima e prodotti preconfezionati, dalla pagina ProQuest sugli Ebooks, così come nella pagina di login ed altre aree del sito.

Il Website Team ringrazia Sadie Williams, Maria Siatos, Anthony Mocny, e Gary Ashcavai per la loro assistenza su questa importante migrazione a proquest.com.

Se avete domande o commenti, per cortesia scrivete a websitefeedback@proquest.com.

— Miriam Finet ed il Website Team​