Archive for February, 2015

ProQuestilla on kaikkia tutkimustarpeita vastaava teosvalikoima

 

Parannamme tutkimustuloksia mahdollistamalla uusia löytöjä ja yhdistämällä erilaisia sisältösarjoja uusin ja merkittävin tavoin säilyttämällä digitaalisia asiakirjoja. Tiedämme, että tutkimustarpeet vaihtelevat, ja pystymme vastaamaan niihin intuitiivisen käyttöliittymän avulla, jolla tutkijat löytävät tarvitsemansa tiedot nopeasti ja helposti ja pääsevät hyötymään tutkimustuloksista. Ainutlaatuisen asemamme tähden voimme tukea sinua laajimmalla ja olennaisimmalla digitaalisten historiallisten aikakauslehtien sarjalla sekä muulla ainutlaatuisella digitaalisella sisällöllä.

 

Jos tutkit 1900- ja 2000-lukujen historiaa, politiikkaa ja kansainvälisiä suhteita, kokeile Digital National Security Archive (DNSA) -palvelua …

DNSA käsittää valtavan määrän tärkeitä ei-salaisia Yhdysvaltojen hallituksen asiakirjoja, ja nämä ensisijaiset lähdemateriaalit edistävät kyseisten aiheiden tutkimusta. Kolmen uuden uraauurtavan valikoiman avulla tutkijat saavat käyttöönsä asiakirjoja, jotka valaisevat Kissingerin rooleja päätöksenteossa ja kansainvälisessä diplomatiassa Yhdysvaltain presidenttien Nixonin ja Fordin aikana, tai kattavan sarjan Edward Snowdenin paljastamia alkuperäisiä asiakirjoja sekä CIA:n salaisten operaatioiden arkiston Yhdysvaltain kongressin tutkimuskaudella.

Lue tästä lisää näistä valikoimista.

 

Jos tutkit ensimmäistä maailmansotaa ja kirjallisuutta, historiaa, sotatutkimuksia, kulttuuritutkimuksia ja sukupuolitutkimuksia, kokeile Trench Journals and Unit Magazines of the First World War -valikoimaa …

Tämän ainutlaatuisen resurssin avulla tarjoamme arvokkaita näkemyksiä ensimmäisessä maailmansodassa palvelleista henkilöistä. Saat käyttöösi yli 1 500 yksikön lehtiä, jotka ovat sotilaiden kirjoittamia ja kuvittamia tai jotka on kirjoitettu ja kuvitettu sotilaille maissa, jotka osallistuivat sotaan. Tutustu aikakauslehtiin vasta julkaistulla mikrosivustollamme, jossa sisältöä päästään tutkimaan aivan kuin museokierroksella: http://microsite.proquest.com/trench.

 

Jos tarvitset ensisijaisia lähdemateriaaleja 1600–1900-luvuilta, kokeile British Periodicals -valikoimaa …

Tämä resurssi tarjoaa faksisivuja ja haettavia kokotekstiasiakirjoja lähes 500 brittiläisestä aikakauslehdestä, ja ne antavat tutkijoille selkeän pääsyn kattavaan valikoimaan sisältöä, joka ei ole aikaisemmin ollut saatavana verkossa. Uusi valikoimamme – British Periodicals III – laajentaa tämän suositun ohjelman kattavuutta. Siinä missä valikoimat I–II keskittyvät 1700- ja 1800-lukuihin, valikoima III esittelee digitaaliset arkistot useista 1900-luvun ensimmäisen puoliskon tärkeimmistä lehdistä, jotka käsittelevät uutisia, politiikkaa, kulttuuria ja yhteiskuntaa: Britannia and Eve, The Bystander, The Graphic, The Illustrated Sporting and Dramatic News, The Illustrated War News [toisen maailmansodan numero], The Sketch, The Sphere ja The Tatler. Nämä runsaasti kuvitetut, digitaaliset, värilliset viikkolehdet antavat välttämätöntä tietoa kyseisen ajanjakson tärkeimmistä asenteista, trendeistä ja tapahtumista, mukaan lukien imperiumi ja kolonisaatio, ensimmäisen aallon feminismi sekä kuluttajayhteiskunnan kasvu.

Lue tästä lisää brittiläisistä lehdistä.

 

Jos tarvitset varhaista eurooppalaista kirjallisuutta 1450–1700-luvuilta, kokeile Early European Books -valikoimaa …

Early European Books antaa kattavimman digitaalisen kokoelman harvinaisia ja kirjapainon alkuvaiheen kirjoja kuin missään muualla verkossa ja siinä on tällä hetkellä 30 000 kirjaa. Kaksi uutta valikoimaa antavat käyttöösi mielenkiintoisen ja palkitsevan arvovaltaisten teosten sisällön. Valikoiman 5 merkittävimpiä kirjailijoita ovat ranskalainen jesuiitta ja historioitsija Louis Maimbourg, anatomipioneeri Jean Riolan, hollantilainen tutkimusmatkailija Peter Nuyts sekä kuuluisa profeetaksi siirtynyt apteekkari Nostradamus. Valikoima 6 tarjoaa ensimmäisenä kirjoja, jotka on valittu yksinomaan Pariisin Bibliothèque nationale de France -valikoimista.

Lue tästä lisää valikoimista 5 ja 6.

 

Pyydä maksutonta kokeilukappaletta.

Conteúdo Brasileiro e Latino Americano na ProQuest Research Library

A ProQuest Research Library é um recurso verdadeiramente multidisciplinar com uma combinação diversificada de publicações acadêmicas, publicações comerciais, revistas e outras fontes, nas 150 principais áreas temáticas. Por cobrir mais áreas do conhecimento do que outros recursos, a ProQuest Research Library é ideal para atender a necessidades diversas, desde as do estudante que acessa esporadicamente até aquelas de pesquisadores interdisciplinares.

Conteúdo local: revistas e periódicos

ProQuest Research Library possui quase 100 títulos da América Latina, incluindo o texto integral de 60 títulos de editoras brasileiras, incluindo:research library

  • Fundação Getulio Vargas
  • Universidade do Estado do Rio de Janeiro, IESP
  • Sociedade Brasileira de Zoologia
  • Universidade Católica de Brasília (UCB)

Ele também contém o texto integral de muitas revistas acadêmicas publicadas fora da América Latina que focam na região, incluindo:

  • Journal of Latin American Studies (Cambridge University Press)
  • Latin American Politics and Society (University of Miami)
  • Latin American Research Review (Latin American Studies Association)
  • Latino Studies (Palgrave MacMillan)

Conteúdo local: as ideias mais recentes primeiro

Com o processo de revisão por pares podendo levar até três anos, os documentos de trabalho e anais de congressos permitem aos pesquisadores ler as últimas novidades em sua área, muito antes de estas aparecerem em uma revista acadêmica. ProQuest Research Library contém 165 mil documentos de trabalho em texto completo em todas as disciplinas da Social Science Research Network  (SSRN) e da Organização para a Cooperação e Desenvolvimento Econômico (OCDE), bem como milhares de anais de congressos. Exemplos brasileiros incluem:

  • O Agronegócio Nas Regiões Norte E Nordeste Do Brasil. Guilhoto, Joaquim José Martins; Parré, José Luiz. SSRN Working Paper Series, Mar 2014.
  • Brazil: Steps Toward Investment Grade. Cysne, Rubens Penha; Grahl, Paulo Gustavo. SSRN Working Paper Series, Jan 2014.

Em breve, na Research Library

Continuamos a ampliar os nossos recursos na região com 55 títulos de editoras latino-americanas já assinados, somente aguardando a inclusão, sendo 20 brasileiros.

“長い暑い夏から50年-1964年を振り返る”

By Daniel Lewis, ProQuest Product Manager

2014年11月13~16日、Southern Historical AssociationNegro+declarationのメンバーは、80回目となる協会の年次会議のため、ジョージア州アトランタに集まりました。ProQuestは展示ホールにブースをかまえ、スタッフはその会議に参加することができました。Southern Historical Associationの会議への参加は、私たちにとってすばらしい学習体験であるとともに、お客様とつながる大切な機会なのです。

その会議では1964年および1965年の公民権運動についていくつかのセッションが行われ、そのトピックはいずれもHistory Vaultを担当するProQuestスタッフには大変興味深いものでした。 ご存知のとおり、ProQuest History Vaultには、NAACPやSouthern Christian Leadership Conference (SCLC)、Student Nonviolent Coordinating Committee (SNCC)、Congress of Racial Equality (CORE) などの活動記録ならびにMartin Luther King, Jrに関するFBI資料など、公民権運動についての豊富なコレクションが収録されています。

[写真: St. John’s Methodist Church Freedom School(ミシシッピ州ハッティズバーグ)の学生によって書かれた独立宣言]

セッションはミズーリ大学カンザスシティ校のRebecca Miller Davisによる “Fifty Long Years since the Long, Hot Summer: Remembering and Reflecting on 1964”から始まりました。 彼女の論文“’Whether We Like it or Not … We are Americans as well as Mississippians’: The Crumbling Closed Society in Response to Freedom Summer”では、ミシシッピ州の白人たちによるフリーダム・サマーへの反応が興味深い視点で書かれています。特に、1963年のミシシッピ州知事選のキャンペーンでは人種差別主義の姿勢をとっていたPaul Johnsonが、1964年の就任スピーチでは穏健的なコメントをしたという事実には衝撃を受けました。 その就任演説は1964年1月21日のニューヨークタイムズで、Claude Sittonによる社説で肯定的に報じられました。(ProQuest Historical Newspapers: The New York Times (1851-2010) にてご覧いただけます。)

しかしJohnsonは就任後すぐにまた人種差別主義に逆戻りしました。 Davis教授は、Hodding Carter IIIやHazel Brannon Smithらをはじめとするミシシッピ州の報道機関の間では、穏健派の意見も根強く存在していたと指摘します。3名の活動家、Andrew Goodman、James Chaney、Michael Schwernerが殺害された事件も、ミシシッピ州ではほとんど注目されない、もしくは完全に無視されていた状況の中、CarterとSmithだけはこのフリーダム・サマーをヘッドラインとしてとりあげました。

オーバーン大学のDavid Carter教授は、“Beyond the Earthen Dam: Mississippi’s Freedom Summer and the Consequences of Historical Memory” を発表し、1964年からのフリーダム・サマーに関する記念行事に着目し、特に1984年と1989年に焦点を当てて検証をおこないました。Carter教授は、メディアによる対応は公民権運動の活動家の殺害にのみ注目し、フリーダム・スクールや公民権運動組織、そして地元リーダーの育成など、きわめて重要な課題を無視していると強調しました。 私は最近ちょうどProQuest History VaultSNCC Papersに収録されているフリーダム・スクールについての文献の検証を行っていたところだったので、Carter教授のフリーダム・スクールについてのコメントは特に心に響くものがありました。

ミシガン大学社会学科のClaire Whitlinger博士候補によるセッションでは、3つ目の論文となる “ ‘Mississippi Burning’: in American Memory: Then and Now,”を発表しました。彼女の論文では、ミシシッピ州の黒人と白人が、それぞれのどのようにフリーダム・サマーを記憶しているかについて研究しています。1964年に公民権運動の活動家が殺害されて以来、ネショバ郡のMt. Zion United Methodist Churchではその記念行事が毎年行われてきた一方で、ミシシッピ州の白人の間では1964年から1989年までの25年間にもわたる期間、 殺害について“沈黙の共謀”が続いていた、と説明しました。

これら3つの大変興味深い論文のプレゼンテーションに続いて、テキサス大学パーミアンベースン校のDerek Catsamならびにブラウン大学のFrancoise Hamlinがそれぞれの論文についての解説を行いました。私は特に、1954年以降の南部連合の歴史への興味が再び高まっていることについてのCatsam教授のコメントに感銘を受けました。彼は公民権運動に関する出来事についての公の記憶と、南アフリカにおけるTruth and Reconciliationのプロセスを比較しています。南アフリカの人種差別問題は、アメリカ南部で起こったそれよりもはるかに深刻なものでした。Q and Aのコーナーでは、パネリストとオーディエンスが一緒にフリーダム・サマーの歴史を学生たちどう伝えるべきかを討論しました。

学生として、またProQuestのスタッフとして、私は学生たちが歴史をよりリアルに捉えるために、一次資料がどれだけ役立つかを目の当たりにしてきました。フリーダム・サマーなど、歴史上の重要な節目を形作った当事者たちの記録を読むことは、強い感銘を受けると同時に、非常に力強いラーニングツールにもなりえるのです。

————————————————–

より詳しい情報はHistory Vaultに収録されているフリーダム・サマーに関する一次資料をご覧ください。 また、黒人・アフリカ系アメリカ人の歴史と研究-Civil Rights Movement、Black Abolitionist Papers、Black Studies Center、Black Historical Newspapersは History & Political Science ebooksにてご覧いただけます。

無料トライアルへのサインアップもお忘れなく!
この記事の原文はこちら

植民地主義と紛争: Colonial State Papersと British Periodicals (パート1: Colonial State Papers)

By Chris Cotton, ProQuest Senior Product Manager  

350年にわたる英国植民地活動と、それに関連して起こったcolonial+image+2紛争についての文書が、2つのProQuest historical collections、Colonial State PapersとBritish Periodicalsに収録されました。Colonial State Papersでは、1538年から1757年までの英国による北米地域植民地経営に関する文書が収録され、British Periodicals には17世紀末期から20世紀までの、英国植民地主義についてあらゆる角度からレポート、議論、分析された記事が特集されています。

Colonial State Papers

先住民の“文明化”について書かれた文書(Co 1/19、No.143)には広くメロリズム的なレトリックが使われていたにも関わらず、北米と西インド諸島のネイティブとヨーロッパ諸国の入植者に共通して対立関係にあったのは、当時同じく入植活動していた英国でした。

ある報告では“酋長は英国国王陛下の名の下に送られた2枚のコートを喜んで受け取った”(CO 1/19, No. 143)と報じられているように、入植者の中には先住民との交易や同盟関係を結ぶ努力をした者もいましたが、“野蛮で不誠実なインディアンたちは策略をもって制するより他に望みはない。彼らはフェアな戦争にも慈悲心にも値しない”と主張する入植者もいました。(CO 1/3, no. 1).

入植者による現地での態度や振る舞いに地域差や個人差はあったものの、総合的な観点では、入植者たちによる先住民への頻繁な攻撃が止まることはありませんでした。とりわけ1675~78年のインディアン戦争については、Colonial State Papersに詳細な記録が収録され、多くの絶望と嘆きを生みました。 1676年には、植民地総督のWilliam Berkeley卿が、“もしこの戦争があと1年でも長く続けば、ニューイングランドの入植者はアメリカ中の英国植民地の中で最も貧しく、最も哀れな者になるであろう”と書いています。(CO 1/36, No. 37)

また彼らは、慣れない環境の中で予測不可能な敵と戦う上で、「伝統的なヨーロッパ式の戦術は見直す必要がある」と考えました。ボストンにおける戦争を例にあげ、“もはや槍兵はいない。インディアンに槍は通用しない”と説明しています。(CO1/37, no. 70)

しかし、より日常的に会戦した敵は、フランス軍やスペイン軍、オランダ軍など、他国の入植者でした。それぞれ自国の領土拡大を狙う入植者たちが交差し、頻繁に英国軍との衝突を繰り返しました。

英国海兵がスペイン軍から受けた苦痛の数々の記録も残されています。捕虜の一人だったJonas Cloughは、スペイン軍によって捕えられ、生皮と腐敗臭で中毒になりそうなほどの悪臭漂う狭苦しい皮なめし小屋につめこまれた時の様子を語っています。そこでは3日間の飢餓状態が続き、その後手押し車で砂を運ぶ仕事をさせられました。(CO1/47, no. 95)

また一方では、フランスが西インド諸島を占領するのを阻止するために英国が取った強硬手段についても記されています。Stede副総督は1687年に“フランス軍の入植を防ぐためSt. Lucia、St. Vincentおよびドミニカにメアリー・ローズを派遣し、彼らの兵舎を焼き払い、兵士たちを軍艦に追いやった”と述べています。(CO 1/63, no. 38)

入植活動そのものが引き起こした混乱に加え、Colonial State Papersでは猛進する17世紀の英国内政が植民地に広がっていった様子が記されています。

植民地の支配下におかれた先住民たちが、イングランド内戦や王政復古による変遷にも服従する義務を課せられていたことは、多くの資料において明確に記されています。 チャールズ1世が処刑された翌年の1650年には、バルバドス島での交易を企む商人たちや入植者から、島民が従うべき新たな条項案が出され、そこには“バルバドス島政府がCharles Stuartへの服従を捨てること”への要求も含まれていました。(CO 1/11, No. 23)

国王空位の間の不安定な国政への不安から、反逆者とみなされる者に対しては極端に厳しい仕打ちが行われました。 王党派寄りのレトリックと、“治安妨害や反抗勢力に対してはこの島の人々を刺激し、駆り立てることもいとわない”という姿勢を貫いたバルバドス島民のIsaac Cloakeに対しては、1652年から出されていた起訴状案が残されています。 (CO 1/11, No. 53)

のちに、ジェームズ2世の王位継承を阻止するために起こしたモンマス公の反乱では、一部の入植者が反逆に加担し、当局がその鎮圧に力を注いだ様子についての記述も残されています。なかにはロバート・バーナムが「国王に対して反逆を唱える者はいなかった。なぜなら国王はいなかったからだ」、「モンマス公はスコットランドで国王宣言を受け、のちにアイルランドにわたり軍隊を召集した」と言っているのを聞いたと証言する者もいました。(CO1/57, no. 117)

———————————————-

Colonial State PapersおよびBritish PeriodicalsHistory ebooksPolitical Science Perpetual Collectionやその他の世界紛争に関するProQuestリソースのより詳細な情報やトライアルへのお申込みを承っております。詳細はこちらからご確認ください。

また、この記事の原文はこちらからご確認ください。

バージニア工科大学インタビュー:”Hacking Summon 2.0 the Elegant Way”について聞く

 

hacker_figure4これまで多くの図書館は、ベンダーが提供するウェブベースの検索インターフェイスに、コンテンツやカスタマイゼーションを加えながら利用してきました。 ProQuestのSummon® などのディスカバリーサービスもその一つです。 Summonでは、利用者が既存のユーザーインターフェイスの各機能を操作、上書きすることでカスタマイズできますが、複雑で大がかりなカスタマイゼーションには、Summon 2.0の基盤テクノロジーへの修正が必要とされます。 Summon 2.0では、近代的なMVC(model-view-controller)フレームワークであるAngularJSを使用しており、それによってウェブアプリケーションの構築方法が劇的に変化したことでその拡張方法やカスタマイゼーションのやり方も変わりました。

ソリューション開発に成功したバージニア工科大学は、Code4Lib Journal に掲載された論文、”Hacking Summon 2.0 The Elegant Way” において彼らの研究成果を発表しました。 Summonのカスタマイゼーションを行う他の利用者の手助けとなるよう、論文の筆者であるGodmar Back (Associate Professor of Computer Science at Virginia Tech)とAnnette Bailey (Assistant Director for Electronic Resources and Emerging Technology Services for the Jean Russell Quible Department of Collections and Technical Services at Virginia Tech) の両者が、論文の内容ならびに彼らがこのプロジェクトで成し遂げたことについて質問に答えてくれました。

バージニア工科大学がSummonのインターフェイスに独自のJavaScriptを注入するきっかけは?またそのカスタマイゼーションで目指したものとは何ですか?
最初のきっかけは、私たちの可視化プロジェクトであるLibFXのためにリアルタイムでクリックスルーの記録をとる必要があったことでした。 また私たちは所蔵リソースの利用状況を表示することでSummonのディスプレイを改善し、サービスを付加したいと考えていました。 さらにデザインについても手を加えたい箇所がたくさんあったのですが、Summonの管理ツールではそれは実現できなかったのです。

この目標に向けて取り組む上で、どのようなステップを経て内部コンセンサスを得ましたか?
当図書館の経営陣は、つねに新しいシステムの購入などユーザーエクスペリエンスを向上させるリソースへの投資に前向きでした。 彼らはこの分野においてテクノロジー開発の最先端にいることの将来的なメリットを十分に認識していたのです。

Summonのカスタマイズにあたり、具体的にどのようなことをしましたか?
クリックスルーの記録や、ラベルなどユーザーが目にするもののデザイン修正を行いました。またアクセス制限や予期せぬダウンタイムなどをユーザーにお知らせする機能も現在テスト中です。

[上の図:Summonディスプレイのファセットにローカライズされたロジックを実装する方法]

貴館が実施したカスタマイゼーションには、どのような技術的スキルが必要ですか?
残念ながら、リバースエンジニアリングには非常に高い技術的スキルが要求されます。それでもなお完成までは数日かかりました。 完成後、私たちはこの体験で学んだことをCode4Libジャーナルに掲載し、それを読んだ人が私たちと同じ労力を費やすことなくカスタマイゼーションを行えるよう提案しました。 今後はAngularJS がさらに普及し、それに精通したJavaScriptプログラマーが増えることで、要求される技術レベルが少しでも緩和されることを期待しています。

カスタマイゼーション完了後のアップデート・微調整の頻度は?またメンテナンスの難易度は? 
開発チームとの協業なしに、フロントエンドで修正を行った場合、そこにはつねにコードの破損などのリスクがつきまといます。 しかし、今回の場合はSummonチームがアプリケーションのロード方法をLabJSに切り替えたことで、他の多くの方法ではその時点で障害が発生し始めたなか、私たちのコードが破損することは全くありませんでした。

このようなカスタマイゼーションを検討中の他の図書館におすすめすることはありますか?
私たちの論文をお読みいただき、そこで得た知識をぜひシェアしてください。私たち自身も、他の機関が実践したカスタマイゼーションの体験から多くを学びました。

Code4Lib Journal に掲載された論文の全文を読むにはこちらをクリック

この記事の原文はこちらから

ノーザンブリア大学がDDAとShort-Term Loan導入で効率的なebookコレクション構築を実現

northumbria+logo

ノーザンブリア大学図書館が目指していたものは、他の多くの機関と同じように、「充実した収録コンテンツと優れたユーザビリティの提供を実現させ、かつ経済的に持続性の高い電子ブックコレクションを構築すること」でした。

当初彼らは単品購入を考えましたが、タイトル単品を購入しても、その効果を測るまでには時間がかかると同時に、最適なコストベネフィットを得られないことにすぐに気づきました。また年間購読というオプションでは、経費の問題は軽減されるものの、タイトルの包括的な収録範囲という面では学生や研究者のニーズを満たすことはできません。

“つまり、私たちが理想とするコンテンツを構築するには、どの契約モデルでもほとんどが予算オーバーになってしまうのです。 しかしDDA(demand-driven acquisition)を利用することでそれを回避できることがわかりました。 学生や研究者が利用したコンテンツだけを購入することができるDDAの導入により、私たちは膨大な量の学術リソースを提供できるようになったのです。” とノーザンブリア大学図書館長Nick Woolleyは述べています。

広範囲にわたる所蔵コンテンツにアクセスする上で、より良い検索経験やリサーチのサポート体制を維持するためには、いかにユーザーフレンドリーなアクセス環境を提供できるかが重要です。しかしこれまでの多くの契約モデルでは、得られるフレキシビリティよりもかかるコストの方が上回っていたのです。 図書館の所蔵コンテンツは、「所有する」時代から「アクセスする」時代へと進化し、これに伴って新たなアプローチが必要になったのです、と彼は強調します。

そこで考え出された解決策は、単品購入と年間購読、そしてDDAを戦略的に混合させた契約モデルです。このように3つのモデルをうまく利用する契約スタイルは近年急速に広まりつつありますが、エンドユーザーにシームレスなサービスを提供することと、コストを予算内におさめること、この二つの適正なバランスを保つことは容易ではありません。

さらに、包括的なコレクションを維持するにはDDA方式ではすぐにコストオーバーになってしまうという点から、DDAが持つ可能性を最大限に活かせないという課題もあります。

ケーススタディの続きはこちら (英語)

この記事の原文はこちらから

ProQuestサービスメンテナンスのお知らせ

Maintenace

平素より弊社サービスをご愛顧いただき誠にありがとうございます。

この度、下記日程にてProQuestサービスのメンテナンスが実施される予定です。

- 2015年3月1日 (日) 12:00 – 17:00 (5時間 ※日本時間)

このメンテナンスによりご利用いただけなくなる商品は以下のとおりです。

リサーチデータベース
>>   ProQuest プラットフォームデータベース
>>   ProQuest Congressional
>>   Chadwyck-Healey プラットフォームデータベース
>>   CultureGrams
>>   eLibrary
>>   SIRS

レファレンスマネジメント・リサーチマネジメントツール
>>   RefWorks
>>   COS Funding Opportunities
>>   COS Scholar Universe

ご不便をおかけしますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

このお知らせの原文はこちらからご確認いただけます(英語)。

2014年ProQuest完成1200萬頁歷史文獻的數位化

ProQuest公司保持著圖書館數位資訊遷移業務的領先地位

ProQuest公司繼續引領世界範圍內的圖書內容數位化業務,促進學術研究成果產出。2014年,ProQuest數位化處理了約1200萬頁內容量的歷史文獻,將這些內容從所存儲的檔案盒中移至資料庫的檢索框。ProQuest公司擁有專業的數位化和內容處理先進技術,可對海量、多元化的資訊進行數位化處理。此前,用戶無法獲取的珍稀文獻,如今,可線上發現、研究和利用,為研究者提供了一種全新而有意義的體驗。

ProQuest通過和圖書館、博物館以及其它非盈利組織的合作,對廣泛範圍的歷史文獻進行數位化處理,包含1500年前法國印刷的書籍、斯諾登洩密前的解密檔案和與這些洩密檔案相關的文檔,還包括學術視頻專輯。我們數位化處理資訊的總量,如果換算成紙質文獻的話,將有5000英尺高的容量,這是美國帝國大廈高度的4倍。這些數位化文獻包括:

  • 首次數位化的內容

◊一戰戰壕期刊和作戰部隊雜誌(Unit magazines from the trenches of WWI)
◊完整的美國行政命令和總統公告內容寶庫(US Executive Orders and Presidential Proclamations)
◊湯瑪斯愛迪生的日記,實驗室日誌和信件(Thomas Edison’s diaries, lab journals and letters)
◊《南華早報》回溯報紙(Archives of the South China Morning Post)
◊學生非暴力協調委員會的記錄(Records of the Student Non-Violent Coordinating Committee)
◊國會種族平等委員會的檔案(Archives of the Congress for Racial Equality)
◊民權運動時期《亞特蘭大憲法報》(Editions of Atlanta Constitution during the Civil Rights Era)
◊對1473年至1699年間出版的2.5萬冊英語書籍的抄本提供全文開放獲取

  • 合作機構

◊法國國家圖書館(Bibliothèque nationale de France)
◊大英圖書館(The British Library)
◊芝加哥歷史博物館(Chicago History Museum)
◊哈特菲爾德宮 (Hatfield House)
◊皇家戰爭博物館(Imperial War Museum)
◊美國國會圖書館(Library of Congress)
◊馬丁路德金非暴力社會變革中心(Martin Luther King Center for Nonviolent Social Change)
◊美國全國有色人種促進會(NAACP)
◊美國國家檔案館(National Archives)
◊美國國家安全檔案館(National Security Archive)
◊柏林國家圖書館(Staatsbibliothek zu Berlin)
◊和密西根大學圖書館和牛津大學波德林圖書館(Bodleian Libraries)合作的TCP項目
◊羅格斯大學(Rutgers University)收錄的湯瑪斯•愛迪生檔
◊民權運動領袖羅伯特•F•威廉姆斯(Robert F. Williams)家族
◊威斯康辛歷史學會(Wisconsin Historical Society)

  • 學位論文發現領域的進步

◊數位化3萬多份博碩士學位論文
◊通過PQDT Open 平臺推出3000份開放獲取學位論文
◊在10個國家的72所大學創建了76個學位論文的數字倉儲

  • 音訊/視頻數位化和發現

◊在世界範圍內整合了超過500小時的音訊和視頻檔,在全球各地的圖書館可發現這些電子內容的資源。

2014年ProQuest完成1200万页历史文献的数字化

ProQuest公司保持着图书馆数字信息迁移业务的领先地位

ProQuest公司继续引领世界范围内的图书内容数字化业务,促进学术研究成果的产出。2014年,ProQuest数字化处理了约1200万页内容量的历史文献,将这些内容从所存储的档案盒中移至数据库的检索框。ProQuest公司拥有专业的数字化和内容处理先进技术,可对海量、多元化的信息进行数字化处理。此前,用户无法获取的珍稀文献,如今,可在线发现、研究和利用,为研究者提供了一种全新而有意义的体验。

ProQuest通过和图书馆、博物馆以及其它非盈利组织的合作,对广泛范围的历史文献进行数字化处理,包含1500年前法国印刷的书籍、斯诺登泄密前的解密档案和与这些泄密档案相关的文档,还包括学术视频专辑。我们数字化处理的信息总量,如果换算成纸质文献的话,将有5000英尺高的容量,这是美国帝国大厦高度的4倍。这些数字化文献包括:

  • 首次数字化的内容

 ◊一战战壕期刊和作战部队杂志(Unit magazines from the trenches of WWI)
◊完整的美国行政命令和总统公告内容宝库(US Executive Orders and Presidential Proclamations)
◊托马斯爱迪生的日记,实验室日志和信件(Thomas Edison’s diaries, lab journals and letters)
◊《南华早报》回溯报纸(Archives of the South China Morning Post)
◊学生非暴力协调委员会的记录(Records of the Student Non-Violent Coordinating Committee)
◊国会种族平等委员会的档案(Archives of the Congress for Racial Equality)
◊民权运动时期《亚特兰大宪法报》(Editions of Atlanta Constitution during the Civil Rights Era)
◊对1473年至1699年间出版的2.5万册英语书籍的抄本提供全文开放获取

  • 合作机构

◊法国国家图书馆(Bibliothèque nationale de France)
◊大英图书馆(The British Library)
◊芝加哥历史博物馆(Chicago History Museum)
◊哈特菲尔德宫 (Hatfield House)
◊皇家战争博物馆(Imperial War Museum)
◊美国国会图书馆(Library of Congress)
◊马丁路德金非暴力社会变革中心(Martin Luther King Center for Nonviolent Social Change)
◊美国全国有色人种促进会(NAACP)
◊美国国家档案馆(National Archives)
◊美国国家安全档案馆(National Security Archive)
◊柏林国家图书馆(Staatsbibliothek zu Berlin)
◊和密歇根大学图书馆和牛津大学波德林图书馆(Bodleian Libraries)合作的TCP项目
◊罗格斯大学(Rutgers University)收录的托马斯•爱迪生文件
◊民权运动领袖罗伯特•F•威廉姆斯(Robert F. Williams)家族
◊威斯康辛历史学会(Wisconsin Historical Society)

  • 学位论文发现领域的进步

 ◊数字化3万多份博硕士学位论文
◊通过PQDT Open 平台推出3000份开放获取学位论文
◊在10个国家的72所大学创建了76个学位论文的数字仓储

  • 音频/视频数字化和发现

 ◊在世界范围内整合了超过500小时的音频和视频文件,在全球各地的图书馆可发现这些电子内容的资源。

Como participar no Programa de Publicação de Teses e Dissertações da ProQuest

ProQuest Dissertations & Theses, em parceria com universidades para preservar, agregar e distribuir conteúdo acadêmico desde 1939.

Principal base de teses e dissertações em texto completo do mundo, a ProQuest Dissertation & Theses Global (PQDT) é o depósito oficial de tais documentos nos Estados Unidos e Canadá, além de permitir o depósito de documentos de outras instituições cadastradas.

Contendo a mais completa coleção de dissertações de mestrado e teses de doutorado do mundo, possui mais de 1.7 milhão de documentos com acesso imediato na íntegra, e um total de mais de 3.8 milhões de publicações indexadas e/ou com resumo e torna-se ferramenta indispensável à pesquisa avançada, tendo em vista que as teses e dissertações normalmente são os primeiros documentos com relevância acadêmico-científica publicados sobre determinado assunto. É a base mais confiável de busca de trabalhos acadêmicos e essencial para pesquisa do ESTADO DA ARTE das diversas áreas do conhecimento. Atualmente, a PQDT contém trabalhos de autores de mais de 1.700 cursos de Pós-Graduações no mundo. Mais de 3.000 bibliotecas ao redor do mundo assinam a base de dados PQDT.

A Biblioteca do Congresso dos EUA declarou a PQDT como Coleção Nacional dos Estados Unidos. Todas as teses e dissertações submetidas à ProQuest se tornam parte do acervo da Library of Congress.

Vantagens do Programa de Publicação de Teses da ProQuest:

  • Maximiza a visibilidade e acessibilidade dos pesquisadores e instituições
  • Mais de 200.000.000 de buscas por ano na base PQDT
  • A ProQuest fornece citações para índices especializados, como ChemAbstracts, PsycINFO, ERIC, LISA, ABI/INFORM, etc.
  • Arquivo externo do acervo de teses e dissertações em servidores altamente confiáveis
  • ProQuest tem contrato de distribuição não-exclusivo. O autor mantém seus direitos de copyright e recebe royalties pelo uso do seu trabalho

Legitimidade e Reconhecimento

  • Todas as teses e dissertações publicadas na ProQuest recebem um registro de ISBN
  • A coleção de teses e dissertações da ProQuest oferece um registro externo e corrente da produtividade acadêmica das instituições participantes
  • Universidades e autores publicam com uma organização reconhecida internacionalmente

Conheça ainda mais sobre a ProQuest Dissertation & Theses Global (PQDT) nesta apresentação e veja como a sua instituição pode participar!