米プロクエスト社と紀伊國屋書店が学術市場向け電子書籍の販売指定代理店契約を締結

米プロクエスト社と学術市場向け電子書籍の販売指定代理店契約を締結

2017 年 4 月25日
株式会社 紀伊國屋書店

株式会社 紀伊國屋書店(代表取締役会長兼社長 高井 昌史)は、米国学術情報出版販売大手 ProQuest(最高経営責任者  Kurt Sanford)とProQuestが提供する学術市場向け電子書籍について販売指定代理店契約を締結し、2017年4月より日本国内の販売活動を行うことに合意いたしました。

両社は協力関係の下、ProQuest の電子書籍プラットフォーム ProQuest Ebook Central (EBC) を活用し法人顧 客向けに国内外の学術電子書籍の販売促進を図ります。EBC は ProQuest が先に買収した二つの電子書籍サ ービス ebrary  と EBL を統合したもので、より先進的な電子書籍の利用環境を提供します。

EBC は最新のウェブテクノロジーに支えられた電子書籍プラットフォームで、買切型の電子書籍販売にとどまら ず、従来の利用者主導型選書方式 Demand-Driven Acquisition (DDA) をさらに進化させた、図書館員などの 管理者による書籍購入選定が可能な利用者主導選書方式 Mediated Demand Driven Acquisition (Mediated DDA)    を提供することによって、図書館の収書方針と利用者の購入希望とを結びつける選書を可能にします。

また、利用統計や蔵書構成の分析など利用の実態に即したエビデンスデータで、電子書籍購入の管理にとど まらず図書館運営の最適化に貢献することを目指します。

大学図書館の電子化で先進的な地位にある米国やオセアニア地域で広く普及する EBC のサービスを、日本 国内のユーザーにも便利にご利用頂けますよう、サービスの向上に取組んでまいります。

■法人の御客様向け購入窓口:
・国内営業所
http://www.kinokuniya.co.jp/c/company/network.html

ProQuest   (www.proquest.com)について
ProQuest は、質が高く信頼性の高い情報と人を結び付ける、学術情報ソリューションサービスを提供しています。 学術リサーチを支援するサービスは、学位論文、政府刊行物や文化的出版物のアーカイブ、ニュース、歴史的 コレクションや電子書籍など広範囲に及び、図書館における知識のゲートウェイとして利用されています。また、 ProQuest はコンテンツ提供にとどまらず、利用者の学術検索における重要なポイント-情報の発見、アクセス、共 有、創造と管理に最適な環境の追及と実現を目指しています。

さらに、クラウドベースの技術は、ProQuest®、Alexander  Street™,  Bowker®,  Dialog®,  Ex  Libris®  and SIPX®などビジネスユニットを超えて、図書館員、学生、研究者など学術情報に関わる人々にフレキシブルなソリューショ ンを提供します。また、文献情報管理プラットフォームである RefWorks®や研究支援情報ツール Pivot®、また Ebook Central®、ebrary®、EBL™、MyiLibrary®などの ebook プラットフォームなど業界でも画期的なリサーチ ツールの開発も積極的に行っています。米国ミシガン州 Ann Arbor に本社を置く、世界各国にオフィスを有する グローバル企業です。

<株式会社紀伊國屋書店について>
株式会社 紀伊國屋書店は昭和 2 年(1927 年)に創業し、90 年の歴史を持つ日本最大規模の書店チェーンで す。学術雑誌市場においても 3,000 を超える出版社・学会等と取引を行っており、日本の学術基盤整備に貢献 しています。英国ケンブリッジ大学出版局や、米国マサチューセッツ工科大学出版局、ロックフェラー大学出版 局、シカゴ大学出版局、カリフォルニア大学出版局といった、世界的な大学出版局の学術雑誌や、AIP アメリカ 物理学協会出版局、アメリカ物理学会、アメリカ光学会、米国血液学会といった世界的な学会の学術雑誌につ いても、日本販売総代理店として販売活動を行っています。また、世界最大の書誌ユーティリティ WorldCat を 運営する国際的図書館コミュニティ組織 OCLC の日本販売総代理店として、学術情報流通の高度化に寄与 しています。

リリースに関するお問い合わせ先  :  株式会社 紀伊國屋書店
総務部  広報担当 info@kinokuniya.co.jp

キャバレー:ミュージカル名作の背景を調べる

キャバレーといえばこれまで再演を重ねているミュージカルの傑作です。日本でも先日、長澤まさみさんのサリー役で再演され、その見事な演技で話題となりました。今回のブログでは、ProQuestのコンテンツエディターリーダー、Sandra Hahnがこの『キャバレー』の作品背景の学術的な調べ方をご紹介します。


ミュージカルの舞台裏の人々、場所、創作プロセスを選りすぐりの学際的リソースから調べる

我々は新たな形のミュージカルシアターを探し求めている。陳腐で精彩を欠き、自己模倣的になり果てた劇場とは全く異なるものを。我々は、未来の形を考えるためにのみ過去を振り返っているのだ。(1)
—フレッド・エブ 「キャバレー」作詞家

ボブ・フォッシー監督の映画「キャバレー」は、今から45年前の1972年2月13日に封切られました。

エンターテイメント情報誌Varietyは「きわめて非凡:[中略]洗練されていてかつ猥雑、洗練され官能的、シニカルだが心温まる、心をかき乱すほどに示唆に富む映画」(2)と評しています。

また、映画評論家のロジャー・エバートは「いつまでも記憶に残る絶望の叫び」と評論しています。(3)

まさにバレンタインデーのデートにぴったりの映画といえるでしょう。

有名な振付師でもあったフォッシー監督の「キャバレー」は、ハロルド・プリンスが演出した画期的なシアターミュージカルを元にしています。

プロデューサー兼演出家のプリンスは1965年に彼のチームと「キャバレー」の制作を開始しました。当時のいわゆる「ロジャース&ハマースタイン」スタイルのミュージカルは、すでに行き着くところまで行っていました。一方、観客は1960年代末の社会的・政治的動乱の中で、直観的な歌と踊り以上のものを求めていました。

ナチスが政権を握る前のベルリンの退廃的なキャバレーを舞台にしたこのミュージカルは、そんな観客の要求に応えるものでした。1966年にブロードウェーに「キャバレー」を観に来た観客は、「単に娯楽作品として楽しむだけでなく、一歩進んで考えることを求められた。見終わった後は、娯楽を楽しんだというよりも重苦しい気分で劇場を後にした。」(4)

ミュージカル「キャバレー」はイギリス人作家クリストファー・イシャーウッドの半自伝的小説「さらばベルリン」を原作としています。この小説は1930年代初頭のベルリンでの作者の体験を追想したものです。プリンスと脚本家のジョー・マスタロフは原作の登場人物と場面をほぼそのままの形でミュージカルに取り入れました。しかし、プリンスが最も描きたかったのは、ナチズムと過激な反ユダヤ主義が台頭する中での「ドイツ社会の隠喩としてのキャバレー」(5)でした。「劇中のキャバレー「キットカットクラブ」はプリンスによるミュージカル解説を現実的な場面で具現しており、ジョン・カンダー作曲・フレッド・エブ作詞の楽曲がこれに完璧にマッチしています。ストーリーよりもメッセージを重視した「キャバレー」は、「初の完全コンセプト型ミュージカル」となりました。(6)(7)

「キャバレー」についてもっと知りたいけれど、どこから始めたらよいか分からない場合は?

それならば、プリンスのようにコンセプトから始めてみるのはどうでしょう?

例えば、歴史的背景についてもっと知りたいならば、下記の書籍が最適です。ちなみにこれらはProQuest EBook Centralに収録されています。

  • C. Paul Vincent著  Historical Dictionary of Germany’s Weimar Republic, 1918-1933.
    フォッシーの映画版「キャバレー」でライザ・ミネリの演じる「サリー・ボウルズ」が気軽に会いに行ったマックス・ラインハルト、エミール・ヤニングス、エリッヒ・フォン・シュトロハイムの実像を知ることができます。また、ドイツの映画会社UFAの社名の意味が分かるでしょう。
  • Peter Jelavich著  Studies in Cultural History: Berlin Cabaret.
    「キャバレー」の楽曲は、1920~1930年代にベルリンのキャバレーで実際に行われたショーをどの程度正確に再現しているでしょうか。

「キャバレー」について音楽的アプローチをするのであれば、ProQuestに収録されているAlexander Street Pressに作曲家ジョン・カンダーと作詞家フレッド・エブの次のようなインタビュー動画があります

  • The Legacy Project: John Kander in Conversation with Kirsten Childs
    Landon Van Soest監督、52分。作曲家ジョン・カンダーが「キャバレー」などのミュージカルを作曲する過程について語っています。
  • John Kander and Fred Ebb
    Russ Fortier監督、29分。これはElliot Norton Reviewに含まれる1980年の作品のひとつで、カンダーと作詞家フレッド・エブが「キャバレー」など様々な制作プロジェクトでの2人の協力について語っています。

クリストファー・イシャーウッドの生涯について知りたいならば、同じくAlexander Street Pressの長編ドキュメンタリーなどはどうでしょうか。

  • Chris and Don: A Love Story
    Guido Santi・Tina Mascara監督、2時間13分。この映画はアメリカ人アーティストDon Bachardyとの生涯にわたる関係を描いており、胸を打たれます。

興味の対象がどこにあるにせよ、ProQuestの学際リソースが知的好奇心への扉になることをお約束します。
まさに(フレッド・エブとボブ・フォッシーが書いた)ライザ・ミネリの不朽のセリフのとおり、「お祝いを始めましょう。さあこちらへ。用意はできています(“Start celebrating. Right this way, your table’s waiting.“)」

参考文献
1. Leve, James. “The Divinely Decadent Lives of Cabaret,” Kander and Ebb. New Haven, US: Yale University Press, 2009. ProQuest Ebook Central.
2. Murf. (1972, Feb 16). “Film reviews: Cabaret.” Variety (Archive: 1905-2000), 266, 18.
3.http://www.rogerebert.com/reviews/cabaret-1972
4. Genzlinger, Neil. (2014, 08). “The Age of Aquarius.” Opera News, 79, 32-35. Arts Premium Collection.
5. Leve.
6. Leve, J. (2004). “Open a new window: The Broadway musical in the 1960s.” Popular Music and Society, 27(4), 548-550. Arts Premium Collection.
7. Rinaldi, Nicholas George. (1982). Music as Mediator: A Description of the Process of Concept Development in the Musical, “Cabaret.” (Order No. 8214132, The Ohio State University). ProQuest Dissertations and Theses, 225.


こちらでご案内したProQuestサービスについてのお問い合わせ、トライアルのお申込みを承っております。ご連絡はこちらからどうぞ。
プロクエストでは、ニュースレターの配信を行っております。ご登録はこちらからどうぞ。

ProQuestとCALISの提携により中国の学術成果が世界の研究者にも閲覧可能に

中国有数の大学から発表された約27万件の学位論文がPQDT Global™ データベースに収録

【米国・ミシガン州・アナーバー:2017年4月13日】ProQuestと中国の大学図書館コンソーシアムであるChina Academic Library Information System(CALIS)は、これまでの長期にわたる連携を拡大し、中国有数の大学から発行された27万件以上の学位論文の抄録へのグローバルアクセスを可能にしました。ProQuest Dissertations & Theses Global Database (PQDT Global™)に英語で収録されたこれらのレコードは、世界の約3,000の大学から利用が可能となり、中国の博士課程の研究結果にアクセスすることができるようになります。この提携は今回、学術情報の発見のしやすさを追求することで世界的なリサーチを改善しました。同時に中国の大学にとっては、学生の研究結果を国外に広めることができます。

今回はProQuestとCALISが行った2回目の学位論文プロジェクトによるもので、10年以上の時間を費やしています。2003年、CALISは参加大学図書館への学位論文リソース強化のため、PQDT Globalから63万件以上の学位論文のフルテキストをCALISプラットフォームでアクセス可能にしています。

CALISの代表を努めるZhu Qiang教授は「中国の大学から発表された貴重な研究結果で世界のリサーチを豊かにすることができるのを大変嬉しく思っています。私たちのこれまでの長く良好な関係と、ProQuestの学位論文ならびに電子化の技術が、この歴史的な取り組みのための現実的な提携を可能にしました。」とコメントを寄せています。

参加大学の国際化がさらに進んだだけではなく、今回の新しいプログラムでは収録されている学位論文がどのように利用されているかがわかるようになりました。各参加大学には、自分の大学から収録されている学位論文の全体的な利用状況が国レベルと大学レベルで示される分析ツールが提供されました。さらにこのプログラムでは人気のある学位論文を論文ごとと分野ごとにモニターすることができるようになり、大学の強みを世界レベルで測定することが可能です。このような決定的なデータは国際的にも優秀な学生や研究者を惹きつけるきっかけとなります。

「ProQuestとCALISのこの重要なコラボレーションは世界的に伸び続けている中国のリサーチを、とりわけ科学の分野において発見しやすくするでしょう。CALISが弊社に信頼を寄せ、この貴重なコンテンツを委ねてくれたこと、そして世界中の学術情報を集め、世界的なリサーチコミュニティがシンプルにこれらの情報を発見できるようにするという我々のゴールに近づく大きな一歩を踏み出してくれたことを大変誇りに思っています。」ProQuestのSenior Vice-President and General Manager, Information Solutionsを努めるRafael Sidiは述べています。


ProQuest (www.proquest.com)について
ProQuestは、質が高く信頼性の高い情報と人を結び付ける、学術情報ソリューションサービスを提供しています。学術リサーチを支援するサービスは、学位論文、政府刊行物や文化的出版物のアーカイブ、ニュース、歴史的コレクションや電子書籍など広範囲に及び、図書館における知識のゲートウェイとして利用されています。また、ProQuestはコンテンツ提供にとどまらず、利用者の学術検索における重要なポイント-情報の発見、アクセス、共有、創造と管理に差的な環境の追及と実現を目指しています。

さらに、クラウドベースの技術は、ProQuest®、Alexander Street™, Bowker®, Dialog®, Ex Libris® and SIPX®などビジネスユニットを超えて、図書館員、学生、研究者など学術情報に関わる人々にフレキシブルなソリューションを提供します。また、文献情報管理プラットフォームであるRefWorks®や研究支援情報ツールPivot®、またEbook Central®、ebrary®、EBL™、MyiLibrary®などの ebookプラットフォームなど業界でも画期的なリサーチツールの開発も積極的に行っています。米国ミシガン州Ann Arborに本社を置く、世界各国にオフィスを有するグローバル企業です。

この記事の原文はこちらからご覧いただけます。
またProQuest PQDTデータベースへのお問い合わせはこちらからどうぞ。

2017년 상반기 ProQuest 온라인 교육 일정 안내

안녕하세요? ProQuest 한국지사입니다.

2017년 상반기 RefWorks 및 ProQuest DB 온라인 이용 교육 일정을 안내 드립니다. 온라인 교육은 참여자가 정해진 일정의 온라인 툴에 접속하여 장소에 구애받지 않고 참여할 수 있습니다.

교육 참가를 원하는 이용자는 참가신청하신 후 아래 교육내용의 제목을 클릭하시거나 첨부된 문서의 url을 참고하여 온라인 교육에 참가하십시오.

  1. 참가신청 URL: http://naver.me/56pycX1X
  2. 이용교육 상세 일정 및 교육접속 URL
  3. ProQuest 온라인 교육 참여 방법

<온라인 교육 일정: 세부 교육 시간은 첨부문서 참조>

기타 문의사항은 ProQuest 한국지사로 연락 주시기 바랍니다. 감사합니다.

ProQuest 한국지사: 02 733 5119, korea@asia.proquest.com

ProQuest Korea 홈페이지로 돌아가기

Lab Bench Work : 実験室での研究作業と効果的な進め方

MedImmuneの研究者で、The Northern Virginia Community Collegeの非常勤教授であるChristine Kieferから、実験室での作業が不可欠な研究に取り組むみなさんへのアドバイスをお届けします。

ハードサイエンスやエンジニアリング分野の院生なら、実験は最も注力すべき研究作業です。しかし、研究室での会議やジャーナルクラブ、授業など必ず参加する必要があるイベントと重なって、上手く進めることが出来ない人も多くいると思います。そこで忙しいときも、自分のフォーカスをきちんと保つヒントをご紹介しましょう。

タイムマネジメント
マスターすべき最も大切なスキルです。実験台での作業には、それぞれの作業について自分で想定する作業時間の1.5倍の時間を割り当てるようにしましょう。大抵の場合、実験は思ったよりも時間がかかることが多いものです。新しい実験はゆっくりと念入りに始めましょう。技術のレベルに慣れて高度になり、時間を上手く使えるようになると、2つ以上の実験を一度に上手く扱えるようになります。例えば、ひとつの実験に「積極的に参加」する一方で、他の実験を培養中などの待ち時間に使えます。良いプランニングと一貫性のある実行は実験室での無駄な時間を削減します。想定外のハプニングはコントロールすることができませんが、きちんと整理し、時間を賢く管理することは、準備不足の人が遅れてしまうような、残念な結果となることを防ぎます。

取りみださないこと
特別な実験や課題について作業しているとき、必要以上に視野が狭くなり、全体像を見失うことがあります。いつも目的と最終的なゴールを意識するように心がけましょう。特に作業がうまくいかず、同じ作業を繰り返すような状況にある場合は、他の方法で試すことができるかどうか広い視野で考えてください。

助けを求める
実験を進めるために効果的なのは、同僚にアドバイスや相談をすることです。質問することを避けたり、専門家らしくないと思われることを恐れることは実験台で過ごす時間を無駄にしてしまうことになりかねません。ラッキーであれば、自分よりもシニアの人材で、相談するにふさわしい人を見つけられるかもしれません。ただし、プランは複数用意しておくことです。個人的な経験では、全く異なった課題に対して、自分と似たような実験をしている人から情報を収集することです。同じ部署の人と知り合い、ネットワークを構築しておきましょう。

実験以外の義務をなげださないこと
実験に集中するあまり、その他のことを全てキャンセルしなければならないという気持ちになることが何度も出てくるでしょう。しかし、タイムマネジメントのスキルで全ての義務をきちんと果たせられるようになります。学部教員の前で素晴らしいプレゼンテーションを行うことも、長い目でみればひとつの実験に携わること以上に大事なこともあります。頑張りすぎて全てをやろうとすれば、実験研究があわただしく、散漫なものになってしまうだけでなく、将来のキャリアに必要な大事なスキルを身につける機会すら逃しかねません。


著者について:ChristineはUniversity of FloridaのCollege of Medicineで分子生物学のPh.D.を取得しました。現在、彼女はMedImmuneの科学者として、またNorthern Virginia Community Collegeのロンドンキャンパスの非常勤の教授として活躍しています。高校、学部生、院生、また医学生の実験室のメンターとして成功をおさめています。

중국인 유학생을 위한 4월 온라인 중국어 교육

안녕하세요? ProQuest 한국지사입니다.

ProQuest 중국지사에서는 4월 ProQuest DB의 중국어 온라인 Webinar를 아래와 같이 실시합니다. ProQuest의 다양한 학술DB의 이용방법을 중국어로 익힐 수 있는 좋은 기회이니 많은 참여 및 중국인 유학생들에게 홍보 부탁드립니다.

———————————————————————————————————————————-
ProQuest网络培训安排 – 4月份

为了使贵校读者能够更好的利用外文电子资源,进一步提高贵校电子资源的使用率, ProQuest推出了“ProQuest网络课堂“。每场培训均为网络实时进行,无IP限制,无需注册。期间可针对ProQuest产品提出问题并与ProQuest培训师及其他用户进行实时交流。

请注意:为了保障培训质量,每场培训仅提供19个参与名额,培训机会先到先得,以登录时间先后为准。首次登陆可能需要较长时间(建议提前10分钟登陆)来测试及进行初始化配置。读者需要扬声设备如耳机或音箱来接收培训音频。注:请使用IE或360浏览器等进行登陆,部分火狐或Chrome用户会遇到插件无法安装情况。

2017年4月网络培训课程安排如下(或关注ProQuest LibGuides):

参加方法:请于每场培训开始前点击登陆链接:http://webmeet.263.net/ 并输入您的姓名及参会人密码:67918363

因本月培训师现场培训任务较多,有可能出现临时课程调整。如带来不便深表歉意

No  日期

날짜

时间

한국시간

讲座主题

강좌 제목

主要涉及产品

주요 제품

1 2017/4/14 12:30-13:00 利用ProQuest平台高效检索全球表演学文献

ProQuest 플랫폼 이용한 전 세계 공연학
문헌의 효율적 검색

ProQuest
音乐表演类数据库
– Music Database

– Performing Arts Database

2 2017/4/19 12:30-13:00 利用ProQuest平台高效检索全球医学文献

ProQuest 플랫폼 이용한 전 세계 의학 문헌의 효율적 검색

ProQuest 医学数据库

PML (Health & Medical Collection)

读者对培训课程有任何建议或培训当中遇到任何技术问题,可发邮件至: chris.guo@proquest.com 或 jim.wang@proquest.com 进行咨询

기타 문의 사항(한국어)은 ProQuest 한국지사 korea@asia.proquest.com 으로 연락 주시기 바랍니다. 감사합니다.

ProQuest Korea 홈페이지로 돌아가기

Títulos de ebooks da Oxford e Wiley não disponível nas plataformas das editoras

A ProQuest tem o prazer de lhe oferecer mais de 32.800 ebooks da Wiley (aprox. 21.100) e Oxford University Press (aprox. 11.700) que não estão disponíveis nas próprias plataformas das editoras. Ao adquirir esses títulos nas plataformas Ebook Central ou ebrary, você pode:

  • Escolher um modelo de compra/assinatura que atenda às suas necessidades de orçamento.
  • Fornecer uma melhor experiência ao usuário, oferecendo títulos pesquisáveis de vários editores em uma única plataforma, permitindo inclusive, busca cruzada.

Deseja a compra imediata ou aquisição baseada na demanda (DDA)?

No DDA, os títulos só são acionados para compra se forem usados. Como parte do programa DDA, você pode ainda aproveitar o exclusivo modelo de acesso da ProQuest: ATO (Access-to-Own), que aplica o empréstimo à propriedade do título. O ATO está ganhando a atração rápida e igualmente entre bibliotecários e editoras porque fornece acesso a mais conteúdo do front-list e elimina barreiras associadas aos embargos dos empréstimos à curto prazo.

Gostaria de ver uma lista de títulos? Clique aqui ou entre em contato com o seu Gerente de Contas da ProQuest.

図書館で学ぼう!仕事に役立つ情報リテラシー:第0回

第0回:情報リテラシーこそ、今の企業が求めるスキル
連載にあたって

図書館について学んだり、また、図書館が提供している様々なサービスを利用することにより身に付けることのできる情報リテラシーが、大学を卒業した後、仕事でいかに役立つかをテーマに、プロクエスト日本支社のトレーニング&コンサルティングパートナー、小林隼がブログをはじめることにしました。


はじめまして。私はプロクエスト日本支社にて、トレーニング・コンサルティング・バートナーをしております、小林 隼(こばやし しゅん)と申します。普段は、プロクエスト社のデータベースやソフトウェア製品の使い方をお客様にご案内する仕事をしています。大学図書館が開催する講習会の講師を務めることも多いので、この投稿を読んでいただいている方のなかには、私の講習会にご参加いただいたことのある方もいらっしゃるかもしれません。

私がプロクエスト社で勤めはじめて約2年と6ヶ月。それ以前は銀行や証券会社など、金融機関がお客様の仕事をしていました。弊社のお客様は主に学術機関の図書館なのですが、図書館員の方々と比べると、私は図書館業界と学術業界について、まだまだ勉強中の身です。図書館や情報リテラシーについての知識は、図書館情報学や情報科学を研究されている先生方には遠く及びません。

そんな私がこのブログを書く理由は、自身のこれまでの経験や今の仕事から、図書館と情報リテラシーに関する異なる視点を、お客様である図書館員の方々、そして図書館の利用者である大学生と研究者の方々に提供できると考えるからです。また、これまで私企業に勤めてきたことから、情報リテラシーのビジネスにおける重要性についても、企業の方々に向けて有意義な意見を述べることができると思っています。

プロクエスト社はアメリカのミシガン州、アナーバーに本社を置き、世界中で事業を展開する多国籍企業です。「グローバル人材」や「ダイバーシティ」の重要性が昨今議論されていますが、私は仕事で日々、アメリカ人と香港人の上司のもと、オーストラリア、中国、韓国、インドなど、様々な国のスタッフと同じチームで働いています。企業に勤めはじめる前はイギリスに留学し、大学では社会政策(公共政策)、大学院では教育、特に政治・経済教育について学びました。卒業後のキャリアも、今の業界ではなく金融関連事業ではじまりました。

このような経歴を持つ人間は、日本においてはまだまだ少数ではないかと思います。そんな私が、他の多くの方々が社会人となられてから経験されるように、様々な失敗を経て(私は自信を持って、他の方々より多くの失敗をしてきたと言えます)今の仕事をするにあたり、学生時代にもっと図書館を活用しておけばよかった、そして図書館で学べる情報リテラシーを、早くから身に付ける努力をしておけばよかったと、深く後悔しています。

もし大学生の方々がこのブログを読んでくださるのなら、私のような後悔を働きはじめてからしてほしくはありません。社会人として忙しくなり、勉強する時間を確保することが難しくなる前に、図書館を活用して、情報リテラシーを身に付けてほしいと思います。

もし図書館員や研究者の方々が読んでくださるのなら、情報リテラシーがいかに企業で働くうえで重要であるかの実例を知っていただくことにより、学生の方々の将来のために、図書館だけでなく、全学をあげて情報リテラシーの指導に取り組むことに至る、一つの気づき、きっかけになれば幸いです。

そしてもし企業の方々、特に採用や人材育成を担当している人事の方々に読んでいただけるのなら、情報リテラシーとは一般的に考えられているパソコンや情報ツールを使いこなすことだけを意味するのではなく、情報の本質を理解し、その感度を高め、論理的思考力、批判的思考力、課題解決力、ダイバーシティ、情報発信力もふくめたコミュニケーション力を育成するために、中心的な役割を果たす最も大切なスキルの一つであることを、私の社会人としての実例紹介を通じて知っていただければと思います。

前置きが長くなりましたが、次回の第1回は、私にとって大変印象的で重要な引用をいくつか皆様にご紹介したいと思います。

プロクエスト日本支社
トレーニング&コンサルティング・パートナー
小林 隼

中国人留学生におすすめ!ProQuest中国語オンライン講習会のお知らせ

ProQuestデータベースの中国語オンライン講習会のご案内です。
ProQuest中国支社の利用講習会担当のスタッフが講師を務めるオンライン講習会を実施します。ProQuestの様々な学術データベースの利用方法を中国語でマスターできる良い機会です。中国人留学生に広くお勧めください。
(注:スケジュールは中国現地時間となります。日本時間は+1時間となりますので開始時間にご注意ください。)


2017年4月 ProQuest网络课堂

为了使贵校读者能够更好的利用外文电子资源,进一步提高贵校电子资源的使用率,ProQuest推出了“ProQuest网络课堂“。每场培训均为网络实时进行,无IP限制,无需注册。期间可针对ProQuest产品提出问题并与ProQuest培训师及其他用户进行实时交流。
请注意:为了保障培训质量,每场培训仅提供19个参与名额,培训机会先到先得,以登录时间先后为准。首次登陆可能需要较长时间(建议提前10分钟登陆)来测试及进行初始化配置。读者需要扬声设备如耳机或音箱来接收培训音频。注:请使用IE或360浏览器等进行登陆,部分火狐或Chrome用户会遇到插件无法安装情况。

2017年4月网络培训课程安排如下(或关注ProQuest LibGuides):

参加方法:请于每场培训开始前点击登陆链接:http://webmeet.263.net/ 并输入您的姓名及参会
人密码:67918363

因本月培训师现场培训任务较多,有可能出现临时课程调整。如带来不便深表歉意

序号 日期 时间 讲座主题 主要涉及产品
1 2017/4/4 11:30-12:00 利用ProQuest平台高效检索全球商业文献 ABI/INFORM Collection
2 2017/4/5 15:00-15:30 >高效利用APA美国心理学会权威信息资源 PsycARTICLES  & PsycINFO
3 2017/4/6 15:00-15:30 利用DNSA获取美国对其他国家外交、军事政策的第一手资料 Digital National Security Archive 解密后的美国国家安全档案
4 2017/4/7 11:30-12:00 >利用ProQuest平台高效检索知名高校学位论文 PQDT博硕士论文文摘库
5 2017/4/7 15:00-15:30 利用剑桥科学文摘高效检索全球科技信息 剑桥科学文摘(原CSA)
6 2017/4/10 11:30-12:00 利用ebrary高效检索和利用电子书文献 ebrary
7 2017/4/12 11:30-12:00 利用ProQuest平台高效检索全球农业、生物学文献 ProQuest农业生物全文库
8 2017/4/14 11:30-12:00 利用ProQuest平台高效检索全球表演学文献 ProQuest音乐表演类数据库
9 2017/4/19 11:30-12:00 利用ProQuest平台高效检索全球医学文献 ProQuest医学数据库

读者对培训课程有任何建议或培训当中遇到任何技术问题,可发邮件至:
Chris.Guo@proquest.com 或 jim.wang@proquest.com 进行咨询。

 

Was gibt es Neues in OASIS? Sehr viel!

Kostenlos und leistungsstark – seit Jahren unterstützt OASIS den Akquisitionsprozess in Bibliotheken weltweit. Aber Verbesserungspotenzial besteht immer.

Das führende webbasierte System für das Suchen, Auswählen und Bestellen von gedruckten und elektronischen Büchern wird inhaltlich und funktional erheblich erweitert und entlastet damit Bibliothekare/-innen. Diese Entwicklung sowie die im Jahre 2016 vorgenommenen Verbesserungen basieren auf den Anregungen unserer Kunden.

Optimierte Arbeitsabläufe

Optimierte Arbeitsabläufe in OASIS sparen Arbeitszeit und unterstützen Sie bei der Verwaltung Ihrer Sammlungen auf vielerlei Art und Weise.

– DDA MARC Löschdatensätze: Sollten Titel von den Plattformen der Verlage/Aggregatoren entfernt werden, wird der Verfügbarkeitsstatus des Titels im OASIS DDA geändert und ein MARC Löschdatensatz an die Bibliothek für weitere Systemaktualisierungen gesendet.
– OASIS DDA “add button”: OASIS-Nutzer können direkt einzelne Titel dem DDA-Profil hinzufügen.
– Preisgekrönte Neuerscheinungen: Ihre Bibliothek kann von nun an ein spezielles Erwerbungsprofil erstellen mit dem stets die Bücher akquiriert werden, die verschiedenste Auszeichnungen erhalten haben.
– Paketverwaltung: OASIS-Nutzer können Verlage und Pakete von Verlagen in die Suche einschließen oder falls es sich um ein bereits gekauftes Paket handelt, von der Suche ausschließen. Somit akquirieren Sie keine Titel mehr, die Sie bereits in Ihrem Bestand haben. Mit der Einführung der Paketverwaltung haben wir bereits folgende Verlagspakete aufgenommen: CRC Press, World Scientific und EBook Central. Neue Pakete der Verlage werden monatlich hinzugefügt.

Größere Auswahl

Unseren Kunden weitere Auswahlmöglichkeiten in der Titelakquise zu bieten sowie den Beschaffungsprozess zu erleichtern, steht bei OASIS stets im Fokus. Daher haben wir 2016 sechs weitere E-Book-Verlagsplattformen hinzugefügt:

– Oxford University Press: UPSO
– IGI Global: InfoSci
– Wiley: Wiley Online Library
– Taylor & Francis: T&F eBooks
– Taylor & Francis: CRC netBASE
– World Scientific

Weitere E-Book-Plattformen werden demnächst hinzugefügt:

– De Gruyter
– Rittenhouse
– Sage
– Cambridge
– OASIS Nutzer können von nun an die E-Books der Verlags- und Aggregationsplattformen wie z.B. Ebook Central, EBL, ebrary, MyiLibrary und EBSCO zentral über eine Plattform recherchieren, beschaffen und verwalten.

Mehr Effizienz

OASIS wurde bereits an mehreren Stellen so weiter entwickelt, um dem Benutzer eine verbesserte und einfachere Bedienung zu ermöglichen. Die Auswahl- und Bestellverfahren in OASIS werden stetig weiter optimiert, um die Arbeitsprozesse noch effizienter zu gestalten.

– Zugriff auf Titelinformationen via WorldCat über einen Link innerhalb des Title-Details-Tab.
– Schnellere Auftragsabwicklung für E-Books reduziert die Freischaltung von bis zu 2 Tagen auf maximal 2 Stunden!
– Neue Tabs bieten zusätzliche Titeldetails, den Zugriff auf Rechnungen und vieles mehr.

Weitere Updates folgen

Weitere OASIS-Aktualisierungen erfolgen in Kürze. OASIS wird demnächst noch tiefere Integrationsmöglichkeiten mit Ihren bestehenden Bibliothekssystemen bieten.