ProQuest平台启用HTTPS安全加密服务

ProQuest面向客户服务的系统将启用HTTPS协议, 此举旨在为其浏览器与信息服务之间的通讯加密,从而竭尽所能地保护用户信息安全。此外,ProQuest所有新系统将默认应用HTTPS。

早在2017年元月份,客户即可选者使用HTTPS获取ProQuest产品与服务。

自北京时间7月1日起,访问ProQuest平台的用户要求使用HTTPS。

ProQuest平台启用HTTPS将分阶段进行。对用户影响最大、最直接的平台将优先启用HTTPS,从而保护用户的信息安全。

从2017年6月开始,我们系统HTTP协议的功能将逐步删除,具体信息请参加下面的项目进度表。届时,用户将要求使用HTTPS访问相关系统。如用户已经做好启用HTTPS的准备,请今天就开始做系统、链接及代理服务器的升级。

下面的表格描述了自2017年5月20日以来,ProQuest系统启用HTTPS的项目进度表

系统名称 启用HTTPS状态 如未启用,预计启用的时间 停用HTTP时间
Alexander Street Academic Video Store (search.alexanderstreet.com/store) 已启用 已启用 2017年夏季
Alexander Street Admin Portal 已启用 已启用 2017年夏季
Alexander Street DORP, PHILO, HARP, STATS 未启用 时间待定 时间待定
Alexander Street Platform (search.alexanderstreet.com) 已启用 已启用 2017年夏季
Ancestry Library Edition 未启用 时间待定 时间待定
Chadwyck-Healey 未启用 不适用 将迁移至ProQuest 平台
CultureGrams 已启用 已启用 时间待定
Digital Microfilm 未启用 时间待定 时间待定
Dissertations Express 未启用 时间待定 时间待定
EBL Librarian 已启用 (需要后台配置) 已启用 将迁移至eBook Central平台
EBL Patron 已启用 (需要后台配置) 已启用 将迁移至eBook Central平台
Ebook Central Librarian 已启用 (需要后台配置) 已启用 2017年冬季
Ebook Central Patron 已启用 (需要后台配置) 已启用 2017年冬季
ebrary Librarian & Patron 已启用 (需要后台配置) 已启用 将迁移至eBook Central平台
eLibrary 未启用 不适用 将迁移至ProQuest 平台
ETD Admin 未启用 不适用 时间待定
Fold3 Library Edition 已启用 已启用 时间待定
HeritageQuest Online 未启用 时间待定 时间待定
Historic Map Works Library Edition 未启用 时间待定 时间待定
Legacy RefWorks – contact customer support for HTTPS assistance 已启用 (需要后台配置) 已启用 2017年夏季
Literature Online 已启用 已启用 2017年7月1日
MyiLibrary 已启用 不适用 将迁移至eBook Central平台
My Products Portal 已启用 已启用 时间待定
Newspapers.com Library Edition 已启用 已启用 时间待定
OASIS 未启用 不适用 时间待定
Pi2 Drug Safety Triager 已启用 (需要后台配置) 已启用 2017年8月
Pivot 已启用 已启用 已停用
ProQuest Administrator Module 已启用 (需要后台配置) 已启用 2017年7月1日
ProQuest Archiver 未启用 时间待定 时间待定
ProQuest Congressional (congressional.proquest.com) 已启用 已启用 2017年7月1日
ProQuest Dialog (dialog.proquest.com) 已启用 (需要后台配置) 已启用 2017年8月
ProQuest Platform (search.proquest.com) 已启用 (需要后台配置) 已启用 2017年7月1日
ProQuest Research Companion 已启用 (需要后台配置) 已启用 2017年7月1日
Digital Sanborn Maps 未启用 时间待定 时间待定
SIRS 已启用 已启用 时间待定
The New RefWorks 已启用 已启用 2017年夏季

ProQuest平台启用HTTPS安全加密服务准备工作流程(图书馆工作清单):

(一)代理服务器(Proxies)

ProQuest技术开发人员已经在EZProxy 5.7.44版环境下完成HTTPS测试,同时推荐使用该版本以上的版本访问ProQuest平台。

如果用户还没有安装EZProxy,将需要进行SSL配置。详情请参考EZProxy网站

那些正在使用EZProxy进行远程认证访问电子资源的图书馆,需要在其配置文档中开启HTTPS。

我们建议使用EZProxy的图书馆与OCLC联系,了解启用HTTS对其平台与产品的影响,同时获得HTTS配置方面的指导。

(二)URL地址

2017年7月1日起,用户将不能通过HTTP访问ProQuest平台。我们建议用户今天就开始更新URL,使它们指向HTTPS。同时,请将ProQuest相关产品配置文档中的URL地址更换为HTTPS。

如需获取创建链接方面的帮助,请参考ProQuest Administrative Module user guide (2.4节与5.3节)中的信息。

如有问题,请在线提交问题,我们将尽快与您联系。

关于HTTPS

HTTPS(全称:Hyper Text Transfer Protocol over Secure Socket Layer),是以安全为目标的HTTP通道,简单讲是HTTP的安全版。即HTTP下加入SSL层,HTTPS的安全基础是SSL,因此加密的详细内容就需要SSL。 它是一个URI scheme(抽象标识符体系),句法类同http:体系。用于安全的HTTP数据传输。https:URL表明它使用了HTTP,但HTTPS存在不同于HTTP的默认端口及一个加密/身份验证层(在HTTP与TCP之间)。这个系统的最初研发由网景公司(Netscape)进行,并内置于其浏览器Netscape Navigator中,提供了身份验证与加密通讯方法。现在它被广泛用于万维网上安全敏感的通讯,例如交易支付方面。

CALIS第十五届引进数据库培训周: ProQuest全方位研究资源助力 “一带一路” 学术研究

5月16日,由CALIS管理中心主办,东南大学图书馆承办的数字资源与知识服务研讨会暨“CALIS第十五届引进数据库培训周” 在南京顺利召开,来自全国各地超过300所高校图书馆代表、非高校系统(如国家图书馆、科学院图书馆、上海图书馆、国家科技图书文献中心等)代表,以及 30多家数据库商代表参加本次会议。ProQuest 公司全球产品平台副总经理鲁昕(Allan Lu) 先生出席了本次会议,并发表了题为ProQuest提供全方位 “一带一路” 研究资源》的主题演讲。

当前,世界经济深度调整,机遇与挑战并存,各国都在追求和平、发展与合作。与此同时,世界经济面临诸多挑战,在此背景下,习近平主席于2013年提出的“丝绸之路经济带”和“21世纪海上丝绸之路”(“一带一路”倡议)能够在挑战和变革中创造机遇。“一带一路” 贯穿亚欧非大陆,沿线涉及60多个国家,基础设施建设投资总规模或高达6万亿美元 。

5 月15日,“一带一路”国际合作高峰论坛在北京落下帷幕,取得圆满成功。来自100多个国家的各界嘉宾围绕“加强国际合作,共建‘一带一路’,实现共赢发 展”的主题,就对接发展战略、推动互联互通、促进人文交流等议题深入交换意见,达成270多项具体成果,这意味着“一带一路”进入新时代,推进“一带一 路”建设,科技合作是重要环节,科学研究要提供重要支持。

在鲁昕看来,具有重要学术价值的资源是科研支持“一带一路”建设的重要内容。ProQuest 全面、独特的资源涵盖“一带一路”沿线各国人文社科、经济方面的数据与信息,可为“一带一路”领域的学术研究、政策研究提供全方位、具有重要价值的学术研 究资源支持,不管是“一带一路”沿线某个国家、某个区域、某位重要的历史人物,还是重大历史事件、突发事件,ProQuest都可满足科研人员的资源需 求,使他们轻松访问与利用其研究领域最为相关的信息,促进他们成功地开展学术研究,取得高水平的科研成果。

在报告中,鲁昕先生以图文并茂的形式向与会代表展示了ProQuest 涉及“一带一路”研究领域的六大核心文献类别的资源,包含时间跨度从1550年至今的具有历史价值的重要历史文库,1681 年至2005年间的回溯期刊、1700年至今完整的英国政府档案与美国政府档案,还包含1764年至今的全球历史报纸。 此外,ProQuest还拥有其他优质的资源可支持“一带一路”研究,例如:CultureGrams数据库包含“一带一路”沿线各国第一手的文化与国家 统计数据报告;Annual Register数据库涵盖了1758年至今每年在全球范围发生的重大事件的详细记录;ProQuest的博硕士论文也可为研究这一主题领域的科研人员提 供全面、深入的信息。

基于他的教育背景与科研实践经验,鲁先生分析了上述文献在“一带一路”三个研究阶段中的作用,涵盖课题入门阶段、前期探索阶段与深入研究阶段。首先,全球年度大事记 (Annual Register)、 涵盖200多国家大全CultureGrams, 以及易读的报刊文章可作为入门文献和一手资料。其次,学位论文以其特有的,全面而细致的研究可作为最佳的前期研究资料;历史文献是区域研究中必不可少,其 是前期研究的理想资源;最后,进入深入研究阶段,涵盖殖民地时期的英国文献和二战后美国文献均是“一带一路”研究最可靠的原始材料,人文社科论文及索引亦 是这一领域开展深入研究不可获取的资源。他还以南海争端、巴基斯坦经济走廊和杜兰线及欧亚大陆和世界岛历史观等“一带一路”热点议题的检索结果为例,分析了ProQuest全方位“一带一路”研究资源的价值。 其中,涉及南海争端研究的学位论文及美国政府文献对于南海问题研究具有重要的学术参考价值。如:中国在南海的历史权益、南海争端分析、中越在西沙和南沙群岛的冲突等重要学位论文,以及有关南海填岛、南海航行、南海能源及二战后的中美关系等美国政府文献等。

接下来,鲁昕先生还分享了 ProQuest可依据科研人员及机构的独特资源需求,为他们提供与“一带一路”战略密切相关的其他重大、国际性战略的个性化定题服务,以便他们掌握其所在领域的前沿科研动态。

在这次的报告中,鲁昕先生还分享了ProQuest 公司的最新进展,涵盖Ex Libris 创建的云服务数据中心,清华大学、北京师范大学等中国高校用户选用Alma服务;全球110多个国家的ebrary和EBL客户已有60%升级到 Ebook Central电子书平台。拥有全球多元化教学研究视频资源的AlexanderStreet出版社并入ProQuest等。

最后,鲁昕先生代表ProQuest表示,期望能同CALIS一起探讨在“一带一路”研究方面的全面合作交流,将双方的合作扩展到政府文献研究,人文及社会科学等领域,更好的推动“一带一路”方面的研究。

ProQuest公司大中华区销售执行总监朱志坚、业务拓展总监吕德章、东亚太区区域支持经理邓维汉、北京代表处首席代表朱江、亚太区市场拓展总监沈扬程以及艾利贝斯软件科技发展(北京)有限公司总经理沈辅成等出席本次会议。

关于CALIS引进数据库培训周(http://lib.seu.edu.cn/conf15/)

CALIS引进数据库培训周活动是由CALIS管理中心主办,在图书馆界最具影响力的活动之一。该活动旨在帮助CALIS成员馆全面了解整个引进数据库行业的发展趋势、合理搭配和使用引进数据库资源。

CALIS 第十五届引进数据库培训周由CALIS管理中心主办,东南大学图书馆承办,于2017年5月16日-19日在南京举行,主题为“数字资源与知识服务”。在 活动期间,CALIS将组织专家、数据库商和高校图书馆界的代表共同交流经验,探讨问题和提供解决方案。与此同时,将对高校引进数据库集团采购工作的现状 和发展方向进行介绍和讨论。

중국 유수 대학의 27만편 학위논문, PQDT Global™데이터베이스에서 검색가능

ProQuest는 중국 대학 도서관 컨소시엄인 CALIS(China Academic Library Information System)와 오랜 기간 지속되어온 협력의 범위를 확대하여, 중국 유수의 대학에서 수여된 학위논문 27만편의 초록 정보를 제공하게 되었다. 영어로 제공되는 이 초록정보는 전세계 3천여 구독기관에 ProQuest Dissertations & Theses Global Database (PQDT Global™)를 통해 제공된다.

두 기관 사이의 이 협력은 글로벌 학술연구 증진에 기여하고, 중국의 대학기관이 학생들의 연구성과물을 국외에 공유하는데 도움을 줄 것으로 기대된다.

이번 프로젝트는 ProQuest와 CALIS가 지난 10년 협력한 두 번째 성과물이다. 이미, ProQuest는 지난 2003년부터 PQDT Global에서 제공하는 63만편 이상의 학위논문 원문을 CALIS 플랫폼을 통하여 소속 모든 도서관에 제공하고 있다.

CALIS의 부협회장인 주 치앙(Zhu Qiang)교수는 “우리는 중국의 대학교가 산출한 학술정보를 공유하고 연구활성에 기여하게 된 것을 기쁘게 생각한다. ProQuest의 학위논문과 디지털 자료에 대한 전문성은 ProQuest를 이번 협업의 파트너로 결정하는데 가장 중요한 요인이었다”고 전했다.

이 새로운 프로그램을 통해 참여대학은 국제무대에서 대학의 위상을 높을 수 있을 뿐 아니라, 본교의 학위논문이 어떻게 사용되는지에 대한 새로운 정보를 얻을 수 있다.  분석툴을 이용해서 국가별, 기관별, 분야 및 주제별 이용량을 확인할 수 있으며, 이를 통해 대학이 강점인 분야를 확인하고, 우수한 학생 유치 및 교수 채용에 활용할 수 있다.

라파엘 사이디(Rafael Sidi) ProQuest수석 부사장은 이번 협력에 대해 다음과 같이 전했다. “ProQuest와 CALIS의 이번 협력으로 우리는 세계적으로 주목 받고 있는 중국의 학술정보, 특히 과학분야의 정보를 쉽게 검색할 수 있게 되었다. 우리는 CALIS가 이 자료를 제공해 준 것에 대해서 영광으로 생각하며, 전 세계의 학술정보를 체계적으로 수집하고 쉽게 검색될 수 있도록 하려는 우리의 궁극적인 목표에 한걸음 더 나아가게 된 것을 기쁘게 생각한다.”

ProQuest Korea 홈페이지로 돌아가기

Sparen Sie 50% auf E-Books von führenden Verlagen

Melden Sie sich für eine unverbindliche Bestandsaufnahme an

Eine neulich von ProQuest durchgeführte Umfrage brachte viel Interessantes ans Licht. Zum Beispiel zählt eine Reduzierung des derzeitigen Platzbedarfs zu den Prioritäten bei 70.2% der befragten wissenschaftlichen Bibliotheken. Dabei gaben weitere 11,9% der Befragten an, dass dies sogar in naher Zukunft eine große Priorität sei. Zudem wissenswert: Viele wissenschaftliche Bibliotheken haben vor, den durch Platzsparmaßnahmen zurückgewonnenen Raum für anderweitige studentische Nutzungen zur Verfügung zu stellen.

Um Bibliotheken bei der Umsetzung solcher Initiativen eine tatkräftige Unterstützung zu bieten, führen wir unser Rabattprogramm wieder ein: So sparen Sie 50% bei der Akquise aller bereits in der Druckform in Ihrem Bestand enthaltenen E-Book-Titel. Mit der Entwicklung dieses Programms haben wir auf Kundenwunsch bereits vor einem knappen Jahr begonnen. Laut bisherigem Kundenfeedback stellt das Programm ein starkes (und platzsparendes) Argument für die Akquise von bereits in der Druckform im Bestand enthaltenen E-Book-Titeln gegenüber wesentlichen Interessensvertretern dar, die eine Freigabe andernfalls abgelehnt hätten.

Zu den am Programm teilnehmenden Verlagen zählen Taylor & Francis, Harvard University Press, MIT Press, NYU Press, Princeton University Press, Wiley, Springer, Rowman & Littlefield sowie viele andere namhafte Verlage.

Damit Sie sich einen Überblick Ihrer P- und E-Bestände verschaffen können, bieten wir Ihnen unseren Title Matching Fast (TMF) Service an. So stellen Sie einwandfrei fest, welche E-Book-Titel von Ihrer Einrichtung nun zum halben Preis erworben werden können.

Melden Sie sich hier für Ihre unverbindliche Bestandsaufnahme an und erhalten Sie die Liste teilnehmender Verlage in voller Länge.

Sollten Sie Rückfragen oder Feedback für uns haben, stehen wir Ihnen jederzeit gerne zur Verfügung.

Mit freundlichen Grüßen,

The ProQuest Books Team

6月と7月のオンライン講習会のお知らせ

お客様各位

平素より弊社サービスをご愛顧いただき誠にありがとうございます。

2017年度がはじまりました。お客様におかれましても、オリエンテーション等でお忙しいことと存じます。

さて、昨年度からはじめた弊社のオンライン製品講習会でございますが、本年度も引き続き開催してまいります。

世界中のビジネススクールで利用されているABI/INFORMと、研究機関だけでなく、医療機関にもご契約いただいているHealth & Medical Collectionの2つのデータベースの講座を新たに追加いたしました。(ABI/INFORMとHealth & Medical CollectionはProQuest Centralをご契約のお客様もご利用いただくことが可能です。)

また、オンライン講習会につきましては、先日ブログ記事『企業のバーチャル会議を図書館のオンライン講習会で体験してみませんか?』を僭越ながら掲載いたしました。こちらもよろしければご参照ください。

図書館スタッフの方々だけでなく、利用者の方々にもご案内いただけますと幸いでございます。

日時:

6月12日(月)14:00 15:00
『ProQuestとデータベース検索の基礎』

6月12日(月)16:00 17:00
『RefWorksの使い方 – 基礎から実践まで』

6月12日(月)18:00 19:00
『ABI/INFORM Collectionの検索方法』

6月13日(火)16:00 16:45
『マイリサーチの活用方法』

6月13日(火)18:00 19:00
『Health & Medical Collectionの検索方法』

7月27日(木)14:00 15:00
『ProQuestとデータベース検索の基礎』

7月27日(木)16:00 17:00
『ABI/INFORM Collectionの検索方法』

7月27日(木)18:00 19:00
『RefWorksの使い方 – 基礎から実践まで』

7月28日(金)14:00 14:45
『マイリサーチの活用方法』

7月28日(金)16:00 17:00
『Health & Medical Collectionの検索方法』

※内容により開催時間が異なりますのでご注意ください。

内容: 6月12日(月)14:00 ~ 15:00 &7月27日(木)14:00 ~ 15:00
『ProQuestとデータベース検索の基礎』

1.      データベースとは?
2.      データベースを使用する理由
3.      ProQuestを使用する理由
4.      基本検索と結果の絞り込み方法
5.      ブーリアン演算子の使い方
6.      完全一致検索
7.      OR検索
8.      AND検索
9.      NOT検索

10.   詳細検索
11.   テキスト検索と科目検索の違い
12.   シソーラスの使い方

6月13日(火)16:00 ~ 16:45 &7月28日(金)14:00 ~ 14:45
『マイリサーチの活用方法

1.      検索の方法のおさらい
2.      詳細検索
3.      シソーラスの使い方

4.      マイリサーチの使い方
5.      アカウントの作成
6.      検索式の保存
7.      アラートの設定

6月12日(月)16:00 ~ 17:00 &7月27日(木)18:00 ~ 19:00
『RefWorksの使い方 – 基礎から実践まで』

1.      RefWorks とは
2.      データを取り込む
3.      取り込んだデータを編集する
4.      参考文献リストを作成する
5.      Microsoft WordでRefWorksを使う

6月12日(月)18:00 ~ 19:00 &7月27日(木)16:00 ~ 17:00
『ABI/INFORM Collectionの検索方法』

1.      ABI/INFORM とは
2.      プラットフォーム検索とデータベース検索の違い3.      プラットフォームで横断検索

  • 基本検索
  • 詳細検索

4.      ABI/INFORMで検索

  • シソーラスと統制語(ABI特有の分類で検索)
  • 特定の雑誌を検索

5.      参考文献リストを作成する

6月13日(火)18:00 ~ 19:00 &7月28日(金)16:00 ~ 17:00
『Health & Medical Collectionの検索方法』

1.      Health & Medical Collection とは
2.      プラットフォーム検索とデータベース検索の違
3.      プラットフォームで横断検索

  • 基本検索
  • 詳細検索

4.      Health & Medical Collectionで検索

  • シソーラスと統制語(Health & Medical Collection特有の分類で検索)
  • 特定の雑誌を検索

5.      参考文献リストを作成する

参加費用:

      無     料

登録方法:

以下のリンクよりご登録ください。

6月12日(月)14:00 15:00
『ProQuestとデータベース検索の基礎』
にご参加の方はこちらのリンクよりご登録ください。

6月12日(月)16:00 17:00
『RefWorksの使い方 – 基礎から実践まで』
にご参加の方はこちらのリンクよりご登録ください。

6月12日(月)18:00 19:00
『ABI/INFORM Collectionの検索方法』
にご参加の方はこちらのリンクよりご登録ください。

6月13日(火)16:00 16:45
『マイリサーチの活用方法』
にご参加の方はこちらのリンクよりご登録ください。

6月13日(火)18:00 19:00
『Health & Medical Collectionの検索方法』
にご参加の方はこちらのリンクよりご登録ください。

7月27日(木)14:00 15:00
『ProQuestとデータベース検索の基礎』
にご参加の方はこちらのリンクよりご登録ください。

7月27日(木)16:00 17:00
『ABI/INFORM Collectionの検索方法』
にご参加の方はこちらのリンクよりご登録ください。

7月27日(木)18:00 19:00
『RefWorksの使い方 – 基礎から実践まで』
にご参加の方はこちらのリンクよりご登録ください。

7月28日(金)14:00 15:00
『マイリサーチの活用方法』
にご参加の方はこちらのリンクよりご登録ください。

7月28日(金)16:00 17:00
『Health & Medical Collectionの検索方法』
にご参加の方はこちらのリンクよりご登録ください。

(前日までにご登録ください。)

参加方法 & 注意点:

プロクエストのオンライン講習会は、インターネットで提供するサービスでございます。従いまして、ご所属機関外からもご参加いただくことが可能です。

また、オンライン講習会の音声には、ミーティングルームにログイン後、画面より別途音声接続をしていただく必要がございます。YouTubeなどの動画とは異なりますのでご注意ください。

当日の参加手順については、添付資料『ProQuestオンライン講習会-ログイン方法』をご参照ください。

参考:

弊社が海外で実施したオンライン講習会(英語)で録画したものを、事前にご確認いただくことが可能です。

こちらのリンクから『再生』をクリックしてください。

参加費用は無料でございます。どうぞお気軽にご参加ください。
尚、製品講習会についてのお問い合わせは、担当の小林(shun.kobayashi@proquest.com)までご連絡ください。お客様の最適な開催時間や、追加をご希望の対象製品など、ご意見も是非お送りください。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

プロクエスト日本支社
クライアント&コンサルティングパートナー
小林

図書館で学ぼう!仕事に役立つ情報リテラシー:第2回

第2回:企業のバーチャル会議を図書館のオンライン講習会で体験してみませんか?

事業が複数の国で展開されている企業では、働いている場所とは異なる国の人と協業することが少なくありません。そのような職場環境は一昔前まで、一部の大手多国籍企業のものでした。しかしながら、ものやサービスの構成要素が世界中から調達される世界規模のサプライチェーンがあたりまえとなった今日では、それを支える数多くの企業においても、海外の人たちと仕事をする機会が益々増えてきています。

そのようなグローバルな職場環境では、複数の国の人たちを比較的低コストでつないで会議をおこなうために、バーチャル(仮想)会議室が使用されています。効率的で効果的な会議の運営は、参加者が同じ場所にいる状況でも難しいものですが、オンラインでこれを行うのは、主催者と参加者双方にとっても容易ではありません。特に最初はオンライン会議のアプリケーションの使い方や、その環境そのものに慣れることに誰しも苦労をするものです。

さて、どうしてこのような企業のバーチャル会議が図書館と関連するかと申しますと、図書館にデータベースやソフトウェアサービスを販売し、学生や研究者の方々にご利用いただいているプロクエスト社のような企業では、それら製品の利用方法をオンライン講習会というサービスでご案内をしています。

プロクエスト社では、このオンライン講習会のツールとしてシスコシステムズ社(Cisco Systems, Inc.)が提供するWebExというバーチャル会議アプリケーションを使用しています。このツールは世界中の多くの企業が社内のオンライン会議システムとして採用しており、弊社でもお客様向けのオンラインセミナー・製品講習会だけでなく、社内の会議で利用しています。

オンライン講習会はネットワーク環境や開催時のインターネットの接続状況、参加者の使用するパソコンとブラウザの仕様などにより、音声が途切れたり、画像が適切に表示されないなど、トラブルが生じることがあります。その意味では、図書館の会議室やパソコンルームなどで開催される従来の訪問形式の講習会と比べて、オンライン講習会はサービスの質が劣ると言えます。しかしながら、学生の方々が企業で勤めはじめ、バーチャル会議に参加するようになると、接続が切れて会議から強制退出させられたり、画像がフリーズ(固まったり)することなどは、頻繁に起こります(最近は関連企業の努力とネットワークにおけるインフラ環境が整い、以前ほどこのようなことは少なくなりました)。企業で働きはじめてからそのようなトラブルを体験してあたふたするよりも、学生のときから同様の体験をして将来に備えることは、大変価値のあることではないでしょうか?

私も以前勤めていた会社でオンライン講習会をはじめたとき、また、社内のバーチャル会議を主催したときは、大変緊張しました。そしてトラブルが起きた際、私の対応が悪く、お客様にご迷惑をおかけしたことも、同僚の前で恥をかいたこともありました。しかし、当初は苦手としていたものも、ありがたいことに回数をこなすことで慣れてくるものであります。この「何事も慣れが重要である」という観点から、学生の方々には是非早いうちからこのようなオンラインツールに慣れていただくことをお勧めします。

加えて、オンライン化が進んでいるのは会議だけではありません。企業における研修も、実地で開催されるものはコストが高いため、昨今は動画やオンライン講座の形式のものが急速に普及しつつあります。私は個人的に実地形式の研修を好みますが、それを受ける機会はこれまで勤めた企業では少なく、多くの研修がオンライン形式のものでした。

前回のブログ『情報リテラシーこそ、今の企業が求めるスキル』にて、図書館で学べる情報リテラシーは、学び方を学ぶことだと申しましたが、動画やバーチャル環境を利用した学びは、企業だけでなく、社会のあらゆる場面において、これからますます盛んになることと思われます。社会人としてスキルを高めるという観点からも、オンラインでの学習に学生時代から慣れておくことが、将来、学生の方々には役に立つことと思います。

学生の皆様には、是非大学図書館ホームページ内のデータベースとソフトウェア一覧を見ていただき、ご自身の分野で利用するものを見つけてください(何を使えば良いか分からない場合は、『リファレンスカウンター』に行くなどして、図書館員の方にお尋ねください)。そして、それらの提供元企業のオンライン講習会のサービスを確認することをお勧めします。大学が契約しているものであれば、それらオンライン講習会の多くに無料で参加することができます。

私が講師を勤めるプロクエスト社のオンライン講習会も、こちらの日程で予定をしております。弊社の製品の使い方を学びたい方だけでなく、社会人になる準備として、バーチャル会議を体験してみたい方も、どうぞお気軽にご参加ください。

プロクエスト日本支社
トレーニング&コンサルティング・パートナー
小林 隼

Bénéficiez de 50 % de réduction sur les ouvrages numériques provenant des plus grands éditeurs

Inscrivez-vous pour bénéficier d’une évaluation gratuite de vos fonds

Comme vous le savez, ProQuest a récemment mené un sondage qui a indiqué que 70,2 % des bibliothèques universitaires font de la réorganisation de l’espace une priorité et que 11,9 % l’envisagent dans un avenir proche. De nombreuses bibliothèques prévoient de tirer profit de l’espace réaménagé pour offrir aux étudiants d’autres installations.

Afin d’accompagner les bibliothèques dans leurs initiatives, nous souhaitons vous proposer notre programme qui offre 50 % de réduction sur les livres électroniques que vous possédez déjà en version papier. Nous avons développé ce programme il y a environ un an, lorsque nos clients nous ont affirmé qu’il les aiderait à justifier leurs dépenses attribuées aux livres électroniques auprès de leur équipes de direction, lesquelles pourraient être hésitantes à approuver les acquisitions de titres déjà disponibles en version papier.

Les éditeurs participant sont Taylor & Francis, Harvard University Press, MIT Press, NYU Press, Princeton University Press, Wiley, Springer, Rowman& Littlefield ainsi que beaucoup d’autres.

Pour faciliter l’accès à vos fonds papier et numérique et savoir quel titre numérique en promotion est disponible dans votre bibliothèque, nous vous proposons un service gratuit dénommé Title Matching Fast (TMF).

Inscrivez-vous pour obtenir votre évaluation gratuite de vos titres, obtenir des devis et consulter la liste complète des éditeurs participant ici.

Comme toujours, n’hésitez pas à nous joindre pour nous faire part de vos questions ou suggestions.

Cordialement,

The ProQuest Books Team

図書館で学ぼう!仕事に役立つ情報リテラシー : 第1回

第1回:情報リテラシーこそ、今の企業が求めるスキル

図書館について学んだり、また、図書館が提供している様々なサービスを利用することにより身に付けることのできる情報リテラシーが、大学を卒業した後、仕事でいかに役立つかをテーマに、プロクエスト日本支社のトレーニング&コンサルティングパートナー、小林隼がブログをはじめました。


みなさん、こんにちは。プロクエスト日本支社の小林 隼(こばやし しゅん)です。前回は連載開始にあたり、第0回として、自己紹介とここでブログを書こうと考えた理由をお伝えしました。第1回となる今回は、私にとって大変印象的で重要な引用をいくつか皆様にご紹介したいと思います。

「情報リテラシー」とは何か?その定義は今でも議論されており、進化を続けています。一般的にはパソコンなどのITツールを使いこなすスキルと考えられていますが、学術的には情報の本質に関わる普遍的なスキルとして広く認識されています。以下のものは図書館と図書館情報学において、最もよく引用されるものの一つです:

情報リテラシーを身に付けるためには、人は情報を必要とするときにそのことを自覚し、必要な情報のある場所を特定し、その内容を評価し、そして効果的に利用できるようにならなければならない。[……]

究極的には、情報リテラシーを身に付けた人々(information literate people)とは、学び方を学んだ人々のことである。そのような人々はどのように学ぶかを知っている。なぜなら、知識をどのように整理し、情報をどのように探し、他者にも理解できるようなかたちで情報を利用する方法を知っているからである。そうした人々は、生涯にわたる学びの準備ができている。なぜなら、どのような課題の解決や意思決定をせまられても、いつもそのために必要な情報を見つけることができるからである。

Presidential Committee on Information Literacy: Final Report published in January 10th 1989

この引用はアメリカ合衆国大統領が招集した特別委員会により1989年に提出された最終報告書のものです。英語の原文をこの記事の最後に掲載いたしますので、興味のある方はそちらも読んでみてください。

この引用文でご注目いただきたいのは、「学び方」と「生涯にわたる学び」=生涯教育です。そしてこれら2つのキーワードを、私はビジネスについて学ぶなかでも発見したのです。

ビジネススクールの価値とは、学び方を学ぶことにある。

ジェフ・イメルト ゼネラル・エリクトリック社 会長兼CEO
Jeffrey Immelt, GE (13:40)
Speech at The University of Virginia Darden School of Business

GE(ゼネラル・エレクトリック社)に勤める人のなかで、65歳でもまだ学ぶことができる人は私には価値がある。30歳で全てを知っていると思っている人は、私には価値はない。

ジェフ・イメルト ゼネラル・エリクトリック社 会長兼CEO
A conversation with Jeff Immelt (8:40)
Speech at Cornel University

上記は2つとも、ゼネラル・エレクトリック社の会長兼CEO(最高経営責任者)、ジェフ・イメルト氏の言葉です。そして、前掲の報告書における情報リテラシーに関する記述と、イメルト氏による引用の内容が同じであることには、極めて重要な意味があると考えています。繰り返しになりますが、私のブログの目的は、このビジネスと情報リテラシーの関連性を分かりやすく皆様に紹介することにあります。

ゼネラル・エレクトリック社:通称GEは、皆様もご存知、偉大な発明王トーマス・エジソンがはじめた、創業130年を超えるアメリカの老舗大手企業です。GEは「アメリカ人が最も尊敬する企業」といわれます。日本GEで働いていた方に個人的にお会いする機会があり、興味を持った私はGEについての勉強を数年前にはじめました。それからまもなくしてプロクエスト社に転職したのですが、プロクエスト社もアメリカの企業です。自分の勤める会社のことも含めて、アメリカという国とビジネスをより理解するためにもこの勉強を続けてきました。そして、今の仕事と関連する情報リテラシーについても学びはじめたころに、上記のイメルト氏のスピーチを聞き、ビジネスと情報リテラシーの関係性が密接なものであると、直感的に理解したのです。

私はイメルト氏の最初の引用には半分しか同意しません。別にビジネススクールに行かなくても、学び方を学ぶことはできるからです。アメリカの大統領委員会に提出されたレポートにあるように、情報リテラシーを学ぶ意義は、まさに学び方を学ぶことにあるのです。

大学では特定の分野についての知識を学びますが、その課程で身に付くより普遍的で生涯にわたり活用できるスキルとは、ものごとを学ぶ方法そのものなのです。そして私はこのブログの投稿を通じて、図書館について学び、活用することが、学び方=情報リテラシーをより効率よく且つ効果的に身に付けることができることを皆様に伝えていきたいと思います。

最後に、GEと並んでアメリカを代表する小売大手企業、ウォールマート社の創業者であるサム・ウォルトン氏の引用と、前掲の大統領委員会レポートによる記述を紹介して終わりたいと思います:

一度上手くいったことを単純に続けることはできない。なぜなら、あなたのまわりのすべてが常に変化しているからだ。

サム・ウォルトン ウォールマート社創業者
MAGRETTA, J. and STONE, N.D., 2013. What management is : how it works and why it’s everyone’s business. Profile Books. P.175 より引用

今日事実であることが、明日は時代遅れになることが頻繁に起こる。今日良いとされる仕事が、来年には廃れることもあるかもしれない。経済的自立と生活の質を保つためには、生涯にわたり学び続け、最新の知識を取り入れることが必要なのである。

Presidential Committee on Information Literacy: Final Report published in January 10th 1989

私も現代に働く一人として日々このことを感じているのですが、大学生の方々には、今からこのような意識のもとに、恐れず、積極的に学び方を学び、情報リテラシーを身に付けていただきたいと思います。

プロクエスト日本支社
トレーニング&コンサルティング・パートナー
小林 隼


引用原文:

“What is true today is often outdated tomorrow. A good job today may be obsolete next year. To promote economic independence and quality of existence, there is a lifelong need for being informed and up-to-date.”

“To be information literate, a person must be able to recognize when information is needed and have the ability to locate, evaluate, and use effectively the needed information. [……]

Ultimately, information literate people are those who have learned how to learn. They know how to learn because they know how knowledge is organized, how to find information, and how to use information in such a way that others can learn from them. They are people prepared for lifelong learning, because they can always find the information needed for any task or decision at hand.”

Presidential Committee on Information Literacy: Final Report published in January 10th 1989

“The value of business school is learning how to learn.”

Jeffrey Immelt, GE (13:40)
The University of Virginia Darden School of Business

“A 65-year old at GE who still can learn is valuable to me.  A 30-year old who thinks they know it all has no value to me.”

A conversation with Jeff Immelt (8:40)
Cornel University

“You can’t just keep doing what works one time, because everything around you is always changing.”

Sam Walton, Founder of Walmart
Quoted in MAGRETTA, J. and STONE, N.D., 2013. What management is : how it works and why it’s everyone’s business. Profile Books.

5月のProQuest中国語オンライン講習会のお知らせ

ProQuestデータベースの中国語オンライン講習会のご案内です。
ProQuest中国支社の利用講習会担当のスタッフが講師を務めるオンライン講習会を実施します。ProQuestの様々な学術データベースの利用方法を中国語でマスターできる良い機会です。中国人留学生に広くお勧めください。(日本時間での開催時刻を追加し、さらに見やすくしました。)


2017年5月 ProQuest网络课堂

为了使贵校读者能够更好的利用外文电子资源,进一步提高贵校电子资源的使用率,ProQuest推出了“ProQuest网络课堂“。每场培训均为网络实时进行,无IP限制,无需注册。期间可针对ProQuest产品提出问题并与ProQuest培训师及其他用户进行实时交流。
请注意:为了保障培训质量,每场培训仅提供19个参与名额,培训机会先到先得,以登录时间先后为准。首次登陆可能需要较长时间(建议提前10分钟登陆)来测试及进行初始化配置。读者需要扬声设备如耳机或音箱来接收培训音频。注:请使用IE或360浏览器等进行登陆,部分火狐或Chrome用户会遇到插件无法安装情况。

2017年5月网络培训课程安排如下(或关注ProQuest LibGuides):

参加方法:请于每场培训开始前点击登陆链接:http://webmeet.263.net/ 并输入您的姓名及参会人密码:85445556

因本月培训师现场培训任务较多,有可能出现临时课程调整。如带来不便深表歉意

序号 日期 北京时间 日韩时间 澳洲时间 讲座主题 主要涉及产品
1 2017/5/2 11:30-12:00 12:30-13:30 13:30-14:30 利用ProQuest平台高效检索全球商业文献 ABI/INFORM Collection
2 2017/5/2 15:00-15:30 16:00-16:30 17:00-17:30 利用ProQuest平台高效检索全球全面的教育心理学期刊 ProQuest Psychology Database  & ProQuest Education Database
3 2017/5/3 11:30-12:00 12:30-13:30 13:30-14:30 利用ebc高效检索和利用电子书文献 EBC
4 2017/5/3 15:00-15:30 16:00-16:30 17:00-17:30 高效利用APA美国心理学会权威信息资源 PsycARTICLES  & PsycINFO
5 2017/5/8 11:30-12:00 12:30-13:30 13:30-14:30 利用ProQuest平台高效检索知名高校学位论文 PQDT博硕士论文文摘库
6 2017/5/11 11:30-12:00 12:30-13:30< 13:30-14:30 利用ebrary高效检索和利用电子书文献 ebrary
7 2017/5/12 11:30-12:00 12:30-13:30 13:30-14:30 利用ProQuest平台高效检索全球农业、生物学文献 ProQuest农业生物全文库
8 2017/5/15 11:30-12:00 12:30-13:30 13:30-14:30 利用ProQuest平台高效检索全球表演学文献 ProQuest音乐表演类数据库
9 2017/5/16 11:30-12:00 12:30-13:30 13:30-14:30 利用ProQuest平台高效检索全球医学文献 ProQuest医学数据库
10 2017/5/18 11:30-12:00 12:30-13:30 13:30-14:30 利用ProQuest平台高效检索全球商业文献 ABI/INFORM Collection
11 2017/5/31 15:00-15:30 16:00-16:30 17:00-17:30 利用LION获取英语文学作品、文学批评与参考、教研资料等 Literature Online英语文学在线

读者对培训课程有任何建议或培训当中遇到任何技术问题,可发邮件至:Chris.Guo@proquest.com jim.wang@proquest.com 进行咨询。

중국인 유학생을 위한 5월 온라인 중국어 교육

안녕하세요? ProQuest 한국지사입니다.
ProQuest 중국지사에서는 5월 ProQuest DB의 중국어 온라인 Webinar를 아래와 같이 실시합니다. ProQuest의 다양한 학술DB의 이용방법을 중국어로 익힐 수 있는 좋은 기회이니 많은 참여 및 중국인 유학생들에게 홍보 부탁드립니다. 아래 중국어 내용을 복사하셔서 공지에 사용하시면 되며, 첨부로 한글 번역본 제공해 드립니다.

감사합니다.

ProQuest 한국지사 드림

————————————————————————————————————————————————————-
ProQuest网络培训安排 – 5

为了使贵校读者能够更好的利用外文电子资源,进一步提高贵校电子资源的使用率,ProQuest推出了“ProQuest网络课堂“。每场培训均为网络实时进行,无IP限制,无需注册。期间可针对ProQuest产品提出问题并与ProQuest培训师及其他用户进行实时交流。

请注意:为了保障培训质量,每场培训仅提供19个参与名额,培训机会先到先得,以登录时间先后为准。首次登陆可能需要较长时间(建议提前10分钟登陆)来测试及进行初始化配置。读者需要扬声设备如耳机或音箱来接收培训音频。注:请使用IE或360浏览器等进行登陆,部分火狐或Chrome用户会遇到插件无法安装情况。

2017年5月网络培训课程安排如下(或关注ProQuest LibGuides):
参加方法:请于每场培训开始前点击登陆链接:http://webmeet.263.net/ 并输入您的姓名及参会人密码:85445556

因本月培训师现场培训任务较多,有可能出现临时课程调整。如带来不便深表歉

No 

日期

날짜

时间

한국시간

讲座主题

강좌 제목

主要涉及

주요 제품

1 2017/5/15 12:30-13:00 利用ProQuest平台高效检索全球表演学文献

ProQuest 플랫폼 이용한 전 세계 공연학
문헌의 효율적 검색

ProQuest
乐表演类数据库– Music Database- Performing Arts Database
2 2017/5/16 12:30-13:00 利用ProQuest平台高效检索全球医学文献

ProQuest 플랫폼 이용한 전 세계 의학 문헌의 효율적 검색

ProQuest 医学数据库

PML (Health & Medical Collection)

3 2017/5/18 12:30-13:00 利用ProQuest平台高效检索全球商业文献

ABI Inform 이용방법

ABI/INFORM Collection

ABI-경제 경영

비즈니스 데이터베이스

4 2017/5/31 16:00-16:30 利用LION获取英语文学作品、文学批评与参考、教研资料等

LION을 이용한 영어문학작품, 비평자료, 참고문헌, 교육 연구 자료

Literature Online语文学在线

Literature Online

영어 문학 온라인

读者对培训课程有任何建议或培训当中遇到任何技术问题,可发邮件至:chris.guo@proquest.com 或 jim.wang@proquest.com 进行咨询

기타 문의 사항(한국어)은 ProQuest 한국지사 korea@asia.proquest.com 으로 연락 주시기바랍니다. 감사합니다.

ProQuest Korea 홈페이지로 돌아가기