清华大学选用Alma下一代图书馆服务平台

喜讯:2017年1月16日,艾利贝斯公司(ProQuest旗下企业)在北京荣幸地宣布:清华大学选择艾利贝斯Alma下一代图书馆服务平台,用以取代该校图书馆原有的InnovativeMillennium图书馆管理系统。清华大学在QS世界大学排名®中被列为中国顶尖大学。

清华大学选择Alma来对图书馆多类型馆藏资源(包括物理、电子和数字馆藏)进行全生命周期的统一管理,帮助图书馆简化工作流程,降低维护多个独立系统的成本开销。作为艾利贝斯公司Primo产品的长期客户,清华大学将拥有一个完整集成的图书馆管理、发现和发布服务的下一代图书馆服务平台,并从中获益。

清华大学图书馆馆长邓景康教授谈了他和清华大学图书馆对于Alma的期待和愿景:通过Alma系统可以优化图书馆工作流程,提高效率,改进图书馆管理和馆藏建设的决策程序。基于和艾利贝斯公司的成功合作历史,清华大学图书馆愿与公司共同努力,通过本地化合作与开发,使Alma下一代图书馆服务平台更好地适应中国市场需求。

艾利贝斯公司亚太区副总裁Ziv BenZvi表示:很高兴能与清华大学继续深化我们业已取得丰硕成果的战略合作,感谢清华大学选择了Alma下一代图书馆服务平台,并欢迎清华大学加入快速成长的中国Alma用户社区。

关于清华大学

清华大学的前身清华学堂始建于1911年。自1978年改革开放以来,清华大学逐步确立了建设世界一流大学的长远目标,进入了蓬勃发展的新时期。目前,清华大学共设19个学院、54个系,已成为一所具有理学、工学、文学、艺术学、历史学、哲学、经济学、管理学、法学、教育学和医学等11个学科门类的综合性的研究型大学。在校师生超过43,000人,其中研究生15,000人,本科生28,000人。作为中国著名的高等学府,清华大学是中国高层次人才培养和科学技术研究的重要基地。

关于艾利贝斯

艾利贝斯公司是ProQuest集团旗下企业,是面向高等教育提供云服务解决方案的全球领先服务商,主要产品包括用于图书馆及学术资源全方位管理的SaaS解决方案,以及移动校园解决方案。目前,艾利贝斯公司正在为全球范围内的90个国家的数千家客户提供服务。有关艾利贝斯公司的更多信息,请访问我们的网站,并在Facebook,YouTube,LinkedIn和Twitter上关注我们。

关于QS世界大学排名

QS世界大学排名(QS World University R ankings),是由教育组织Quacquarelli Symonds(QS)发表的年度世界大学排名。作为历史第二悠久的全球大学排名,第一次发布于2004年,仅次于《世界大学学术排名》(2003年),2009年10月前,QS与泰晤士高等教育合作,发布世界大学排名于《泰晤士高等教育增刊》,称为“THE-QS世界大学排名”; 2010年起,QS以原有的方式继续公布自己的排行榜,排名包括主要的世界大学综合排名及学科排名,泰晤士则采用新的方法并推出自己的世界大学排名。QS世界大学排名、《世界大学学术排名(ARWU)》、《usnews世界大学排名(US News)》和《泰晤士高等教育世界大学排名》被视为目前世界最具影响力的四大排名。

ProQuestが2016 Information Literacy Surveyを公開

調査目的は利用者が生涯成功するために必要なスキル獲得のための支援proquest

【米国・カリフォルニア州・マウンテンビュー:2017年1月5日】 – 83%の図書館員がインフォメーションリテラシーは大学卒業資格に影響すると同意し、97%がこのスキルは働く環境においても重要なスキルであると考えているにも関わらず、自分の所属する図書館でインフォメーションリテラシー教育に十分なサポートを提供できているとする図書館員は44%にとどまることが分かりました。

大学、コミュニティカレッジ、高等学校ならびに公共図書館の図書館員、200人以上を対象にProQuestが実施した調査ではこのような調査結果が明らかとなったほか、図書館員がどのようにインフォメーションリテラシー教育に取り組んでいるのかを掘り下げています。この調査結果の全文はこちらからダウンロード可能です。

ProQuestでVice President of North American Salesを務めるKevin Stehrは「全体として、予算と人手不足がインフォメーションリテラシー教育促進の課題であることが明らかとなりました。」と述べています。続けて「しかしこの回答は結論としてベストなものだと考えています。私たちはいつも最善を尽くしていますが、もっとできることを探しています。図書館員を支援するのがProQuestです。私たちはこの問題に対するソリューションをご提案します。」としています。

このような状況にある理由は、図書館員が携わるインフォメーションリテラシー教育のサポートは個別の調べ物・検索から非同期のビデオチュートリアルまで多岐にわたっているのが理由ですが、ProQuestではリテラシーという重要なトピックの教育と強化を助ける様々なサービスと製品を提供しています。

最初に、PoQuestのフレキシブルな契約モデルを利用し、予算の範囲内でジャーナルからビデオ、新聞からワーキングペーパーまで、プリントとデジタルの両方で信頼性の高いコンテンツを揃えることができます。調べ物の基本となるレファレンスコンテンツから、特定のトピックについて幅広く奥深い情報を得られるタイトルまで、お手頃な価格で簡単に研究者を支援することが可能です。

また、図書館員はProQuest Research Companionでインフォメーションリテラシー教育を強化し、学生の効果的な学術リサーチと、情報の発見と評価、そして情報の利用の基本原則を教育するうえでの教える側の支援を図ることができます。Research Companionには、「どのようにトピックを選ぶか?」から「どのように情報ソースを評価するか」まで、リサーチプロセスの全てのステージでぶつかる疑問に答える9つの学習モジュールと80以上の学習ビデオが収録されています。プラットフォームでは「学習前」と「学習後」のアセスメントで学習をよりインタラクティブに進めることができ、また教育者は学生の学習状況と理解度を確認することが可能です。

ProQuestサービスのより詳細な情報はwww.proquest.comからご覧ください。

日本でご提供している主要なサービス一覧はこちらをご覧ください。

ProQuest (www.proquest.com)について
ProQuestは、質が高く信頼性の高い情報と人を結び付ける、学術情報ソリューションサービスを提供しています。学術リサーチを解決する手がかりとして、ProQuestの商品は学位論文、政府刊行物や文化的出版物のアーカイブ、ニュース、歴史的コレクションや電子書籍を含む世界の知識のゲートウェイとして利用されています。さらにProQuestの技術はコンテンツ提供にとどまらず、利用者の学術検索における重要なポイント-情報の発見、アクセス、共有、創造と管理に差的な環境の追及と実現を目指しています。

さらに、クラウドベースの技術は、ProQuest®、Bowker®、Coutts® information services 、Dialog®、ebrary®、EBL®、SIPX®などビジネスユニットを超えて、図書館員、学生、研究者など学術情報に関わる人々にフレキシブルなソリューションを提供します。米国ミシガン州Ann Arborに本社を置く、世界各国にオフィスを有するグローバル企業です。また、ディスカバリーサービスでもトップクラスのSummon®や文献情報管理プラットフォームであるRefWorks®、MyiLibrary® ebookプラットフォーム、研究支援情報ツールPivot™、図書館サービスプラットフォームIntota®など業界でも画期的なリサーチツールの開発も積極的に行っています。米国ミシガン州Ann Arborに本社を置く、世界各国にオフィスを有するグローバル企業です。

このニュースの原文はこちらをご覧ください。

密西根州立大學以大屠殺倖存者證詞擴充科研教學資源

美國南加州大學的納粹屠猶研究基金會旗下的知名視覺歷史檔案庫為各學科領域師生帶來新視野

20141004_141700_BlogImage越來越多的學術機構正通過大屠殺倖存者的視頻證詞為多個領域的教學和科研活動提供啟發和洞見,密西根州立大學便是其中之一。該校向在校生、教師與研究人員提供訪問美國南加州大學的納粹屠猶研究基金會視覺歷史檔案庫(Visual History Archive)的許可權,這個資料庫為全球收錄大屠殺目擊者與倖存者目擊實錄規模最大的資料庫。目前,通過ProQuest(平臺)即可檢索該庫。

“我們雖不能親自同大屠殺倖存者對話,但他們的證言為我們提供了有關大屠殺的重要史料與(親歷者的)真實情感”,密西根州立大學大屠殺研究與歐洲猶太史研究講座教授艾米·西蒙(Amy Simon)說道,該講座教授(Endowed Chair)一職的經費由William and Audrey Farber Family基金會資助。

“許多來自不同學科領域的教師有意通過這一檔案庫擴展他們的研究,”西蒙補充道,“在我們研究歷史、語言、經濟、創傷學、文學及其他學科的過程中,我們都希望利用這些證言,補充已有的紙質文獻。我們當中的很多人已將這些證詞應用於教學,並鼓勵我們的學生在其自己的研究中鑽研這些證詞。”

Visual History Archive資料庫收錄了5.4萬份訪談視頻,每一個訪談視頻都記載了猶太人大屠殺和其他種族滅絕事件(包括發生在盧旺達、瓜地馬拉、亞美尼亞的種族滅絕事件和南京大屠殺)中獨一無二、令人震撼的故事。很快,有關柬埔寨大屠殺的證詞也將收錄其中。每段證詞的平均時長大約為兩個小時,保留了訪談物件在大屠殺發生之前、發生時以及之後的第一手個人生活經歷記錄。該檔案庫已經過數位化處理,可通過索引關鍵字精准到分鐘(級)回應實現全部內容檢索,並且轉到超連結,它包含114,000小時的證詞,並可縮小查找範圍,精確定位到(研究者)感興趣的主題,這對學生、教師和研究人員來說尤為重要。

2016年,南加州大學的納粹屠猶研究基金會與ProQuest建立了合作夥伴關係,使更多的用戶可以訪問並檢索Visual History Archive資料庫的內容,加強他們對這些歷史事件的情景理解。通過打通流視頻、中繼資料與圖書館已訂閱的ProQuest(資源)端的連接,使得研究人員對這些證詞的影響力有了更為豐富的體驗和更為深刻的認知,ProQuest豐富的資源涵蓋論文、歷史文獻、學術期刊、政府檔案、原始檔案和電子書等不同的資源類型。

未來,ProQuest將持續對Visual History Archive資料庫進行投資。ProQuest計畫於2017至2018年期間,在其ProQuest平臺上,為學術研究人員設計與開發一款全新的視覺歷史檔案產品。新產品將具有更強大的索引和交叉搜索功能,涵蓋精心策劃、類型多樣、備受推崇的豐富、多元化的內容。此外,ProQuest正在與美國南加州大學的納粹屠猶研究基金會進一步合作,以創建更多的證詞文本,最先創建的是英文證詞文本。ProQuest還將增加來自其廣泛內容的主題詞,並融入研究所的專門用語索引技術形成互補,旨在為研究人員提供更好的搜索體驗,並更準確地呈現搜索結果。通過Summon®, Primo®,and OCLC® 資源發現服務,可獲取該庫內容的索引資訊。

密歇根州立大学以大屠杀幸存者证词扩充科研教学资源

美国南加州大学的纳粹屠犹研究基金会旗下的知名视觉历史档案库为各学科领域师生带来新视野

20141004_141700_BlogImage越来越多的学术机构正通过大屠杀幸存者的视频证词为多个领域的教学和科研活动提供启发和洞见,密歇根州立大学便是其中之一。该校向在校生、教师与研究人员提供访问美国南加州大学的纳粹屠犹研究基金会视觉历史档案库(Visual History Archive)的权限,这个数据库为全球收录大屠杀目击者与幸存者目击实录规模最大的数据库。目前,通过ProQuest(平台)即可检索该库。

“我们虽不能亲自同大屠杀幸存者对话,但他们的证言为我们提供了有关大屠杀的重要史料与(亲历者的)真实情感”,密歇根州立大学大屠杀研究与欧洲犹太史研究讲座教授艾米·西蒙(Amy Simon)说道,该讲座教授(Endowed Chair)一职的经费由William and Audrey Farber Family基金会资助。

“许多来自不同学科领域的教师有意通过这一档案库扩展他们的研究,”西蒙补充道,“在我们研究历史、语言、经济、创伤学、文学及其他学科的过程中,我们都希望利用这些证言,补充已有的纸质文献。我们当中的很多人已将这些证词应用于教学,并鼓励我们的学生在其自己的研究中钻研这些证词。”

Visual History Archive数据库收录了5.4万份访谈视频,每一个访谈视频都记载了犹太人大屠杀和其他种族灭绝事件(包括发生在卢旺达、危地马拉、亚美尼亚的种族灭绝事件和南京大屠杀)中独一无二、令人震撼的故事。很快,有关柬埔寨大屠杀的证词也将收录其中。每段证词的平均时长大约为两个小时,保留了访谈对象在大屠杀发生之前、发生时以及之后的第一手个人生活经历记录。该档案库已经过数字化处理,可通过索引关键词精准到分钟(级)响应实现全部内容检索,并且转到超链接,它包含114,000小时的证词,并可缩小查找范围,精确定位到(研究者)感兴趣的主题,这对学生、教师和研究人员来说尤为重要。

2016年,南加州大学的纳粹屠犹研究基金会与ProQuest建立了合作伙伴关系,使更多的用户可以访问并检索Visual History Archive数据库的内容,加强他们对这些历史事件的情景理解。通过打通流视频、元数据与图书馆已订阅的ProQuest(资源)端的连接,使得研究人员对这些证词的影响力有了更为丰富的体验和更为深刻的认知,ProQuest丰富的资源涵盖论文、历史文献、学术期刊、政府档案、原始档案和电子书等不同的资源类型。

未来,ProQuest将持续对Visual History Archive数据库进行投资。ProQuest计划于2017至2018年期间,在其ProQuest平台上,为学术研究人员设计与开发一款全新的视觉历史档案产品。新产品将具有更强大的索引和交叉搜索功能,涵盖精心策划、类型多样、备受推崇的丰富、多元化的内容。此外,ProQuest正在与美国南加州大学的纳粹屠犹研究基金会进一步合作,以创建更多的证词文本,最先创建的是英文证词文本。ProQuest还将增加来自其广泛内容的主题词,并融入研究所的专门用语索引技术形成互补,旨在为研究人员提供更好的搜索体验,并更准确地呈现搜索结果。通过Summon®, Primo®,and OCLC® 资源发现服务,可获取该库内容的索引信息。

CN Site promotion

資訊素養|ProQuest發佈《2016年資訊素養調查》結果(附報告)

幫助科研人員掌握成功的必備技能

雖然有83%的圖書館員認為資訊素養會影響大學生的畢業率,97%的圖書館員認為這一素養有助於職業成功,但只有44%的圖書館員認為他們所在的圖書館並沒有在資訊素養教學方面提供必要的支援。

近期,ProQuest調查採訪了來自大學、社區學院、高中和公共圖書館的200多名圖書館員,針對圖書館員為提高資訊素養而採取的措施,進行了深入的研究。關於此次調查的完整調查結果可以通過點擊以下連結查看:proquest.com/documents/2016-Information-Literacy-Survey.html.

ProQuest北美銷售副總裁Kevin Stehr表示:“總體而言,雖然圖書管理員非常希望推動大學生資訊素養的提高,但是預算的缺乏和人員配置的緊缺依然是最大的難題。即使這樣,面對這個現狀,我認為我們最好的回應是——‘我們已經盡了最大的努力,但我們也始終希望能再接再厲。’ProQuest希望賦予圖書館員更多權利,讓他們利用手中的資源去做更多的事,我們致力於設計出能夠實現這一目標的解決方案。”

由於圖書館員支援資訊素養的方式各不相同,有的開展一對一檢索諮詢,有的則提供非同步視頻教程,因此ProQuest提供了一系列廣泛的服務和產品,説明他們培訓和強化這項重要的資訊技能。

首先,圖書館員可以使用ProQuest靈活的採購模式,無論是期刊、視頻、報紙,還是研究手稿,他們都可以根據預算採購權威的印刷版和數位版內容。從關於某項基礎知識的參考資料,到具有廣度和深度的專業書籍,ProQuest為研究人員提供更便捷更實惠的資訊資源服務。

圖書館員還可以利用ProQuest Research Companion來提高學生的資訊素養,説明學生開展更有效的學術研究,並幫助培訓人員更好地向學生傳授檢索、評估和使用資訊的核心原則。Research Companion包含超過80個短視頻,共有九大學習模組,從“我如何選擇研究主題?”到“我如何評估資料來源?”,回答了研究過程所有階段的各種問題。該平臺集合了評估“前”和評估“後”的所有問題,賦予學生更有互動性的觀看體驗,同時允許培訓人員測試學生的學習成效,發現他們理解中存在的差異。
以下節選了部分報告內容,供參考:
info-literacy-1
info-literacy-2
info-literacy-3
info-literacy-4
info-literacy-5
info-literacy-6

信息素养|ProQuest发布《2016年信息素养调查》结果(附报告)

帮助科研人员掌握成功的必备技能

虽然有​83%的图书馆员认为信息素养会影响大学生的毕业率,97%的图书馆员认为这一素养有助于职业成功,但只有44%的图书馆员认为他们所在的图书馆并没有在信息素养教学方面提供必要的支持。

近期,ProQuest调查采访了来自大学、社区学院、高中和公共图书馆的200多名图书馆员,针对图书馆员为提高信息素养而采取的措施,进行了深入的研究。关于此次调查的完整调查结果可以通过点击以下链接查看:proquest.com/documents/2016-Information-Literacy-Survey.html.

ProQuest北美销售副总裁Kevin Stehr表示:“总体而言,虽然图书管理员非常希望推动大学生信息素养的提高,但是预算的缺乏和人员配置的紧缺依然是最大的难题。即使这样,面对这个现状,我认为我们最好的回应是——‘我们已经尽了最大的努力,但我们也始终希望能再接再厉。’ProQuest希望赋予图书馆员更多权利,让他们利用手中的资源去做更多的事,我们致力于设计出能够实现这一目标的解决方案。”

由于图书馆员支持信息素养的方式各不相同,有的开展一对一检索咨询,有的则提供异步视频教程,因此ProQuest提供了一系列广泛的服务和产品,帮助他们培训和强化这项重要的信息技能。

首先,图书馆员可以使用ProQuest灵活的采购模式,无论是期刊、视频、报纸,还是研究手稿,他们都可以根据预算采购权威的印刷版和数字版内容。从关于某项基础知识的参考资料,到具有广度和深度的专业书籍,ProQuest为研究人员提供更便捷更实惠的信息资源服务。

图书馆员还可以利用ProQuest Research Companion来提高学生的信息素养,帮助学生开展更有效的学术研究,并帮助培训人员更好地向学生传授检索、评估和使用信息的核心原则。Research Companion包含超过80个短视频,共有九大学习模块,从“我如何选择研究主题?”到“我如何评估资料来源?”,回答了研究过程所有阶段的各种问题。该平台集合了评估“前”和评估“后”的所有问题,赋予学生更有互动性的观看体验,同时允许培训人员测试学生的学习成效,发现他们理解中存在的差异。
以下节选了部分报告内容,供参考:
info-literacy-1
info-literacy-2
info-literacy-3
info-literacy-4
info-literacy-5
info-literacy-6

論文を書き上げるのに必要なこと

73358a323f520ffec86e5a39e725be10_sカンザス大学、Graduate Writing Support Programのコーディネーター、Christine Jensen Sundstrom, PhD;からのエキスパートアドバイス

論文を完成させることとはほとんど関係のないこと:

  • 自分の賢さ、文章がうまいかどうか、研究結果の出来のよしあし
  • 自分がトピックについて多くのことを知っているかどうか
  • 知っていることを他の人に教授していること

論文を完成させることと大いに関係あること:

  • 授業に出席すること
  • 説得力のある議論をし、持論を良く弁護できるようにすること
  • 多様性に応じることができ、時に期待や予測と対立することができるかどうか
  • よくフォーカスされたトピックと明確にリサーチを進められる問題設定をすること
  • 関心のあるトピックに取り組むこと
  • 委員会のメンバーと明確に、頻繁にコミュニケーションをとり、ゴール、方法、また妥当な結果についての合意を最適なタイミングで得ること
  • アドバイザーや他の委員会メンバーとうまくやることができるかどうか
  • アドバイザーや、文章チェックを依頼するライティングエキスパートからのリアクションが期待できる締め切りや、打ち合わせ、またチュートリアルを頻繁に持つこと、そして次の1-2週間以内に次のアジェンダを設定すること

効率的な作業プラン:

  • 書く前にチャプターごとに情報をトラックできるシステムをあらかじめ作っておくこと
  • 書く前に議論のスタイルのアウトラインを考えておき、アドバイザーに承認を取っておくこと
  • 必要なタスクのリストを作っておき、学位論文本文の執筆に疲れたときに取り組めるようにすること
    (例:引用文献のアップデート、文章の見直し、簡単な考察、参考文献の詳細のチェック、掲載するデータのデザイン、データの入力など)

(このアドバイスはChristine Jensen Sundstrom, The Only Good Dissertation Is One That is Finished, manuscript in preparation. Copyright 2005 ©から抜粋しました。)

補足資料:
Graduate Writing Support Program website, University of Kansas.
Foss, S. K., & Waters, W. (2007). Destination Dissertation. New York: Rowman & Littlefield.
Rudestam, K. E. & Newton, R. R. (2007). Surviving Your Dissertation: A Comprehensive Guide to Content and Process. Los Angeles, CA: Sage Publications.


著者について: Sundstrom氏は語学、テクニカルライティング、ESL、大学院レベルのライティングの指導で35年以上のキャリアをもち、また高等教育環境の提言を行っています。人文学から科学まで、幅広い分野の編集の経験を持ちます。

時間とストレスをマネジメントする

Janet Padgett, Ph.D., M.Ac.からのエキスパートアドバイス164258a92104cda91cbae3d3cd073667_s

卒論で忙しいとき、やりたいこと、やらなければならないことをこなすためのタイムマネジメントは必須です。日々追われるようにこなしているそのタスクをカテゴリ別に分け、かかる時間を見積もってみましょう。するとタスクの優先順位をつけやすくなるのがわかります。

タスクのカテゴリは次のように分けてみましょう。

  • 日々の生活で必ず必要な活動:例)寝る時間、食事、家族と過ごす時間など
  • 学位取得に必要な活動:例)授業、リサーチ、指導など
  • 日々の生活で望ましい、またはやりたい活動:例)エクササイズ、趣味、社交活動など
  • 学位取得に望ましい、またはやりたい活動:例)補足資料の読み込み、ネットワークを広げるなど

最低限必要なタスクと、望ましいまたはやりたいタスクを見極めることが第一歩です。次にそれぞれのタスクにかかる時間を見積もりましょう。授業など、特定のタスクは一定の決められた時間が必要になります。一方で、一日最低限必要な睡眠時間やベストなパフォーマンスのために必要な睡眠時間は状況にあわせて調節することができます。この作業をもっと簡単にするには表を利用することをお進めします。アワリー(時間)、ウィークリー、マンスリーなど利用する時間の尺は好きなもので構いません。必ずこなさなければならないタスクから始め、次に空いた時間帯に望ましい、またはやりたいタスクで埋めていきましょう。タスクがなくなる前に、埋める時間がなくなってしまったら、優先順位を考え直す、または思い切ってタスクを切り捨ててしまいます。この手法は個々のタスクをこなすテクニックとしても応用可能です。

タイムマネジメントはジグソーパズルに似ています。うまく組み合わせてストレスフリーな生活を送りましょう。


著者について:Janet PadgettはUniversity of Virginiaで物理の理学士を取得後、John Hopkins Universityで生物物理学の博士課程を修了。その後Cambridge Scientific Abstractで生物学のエディターを15年勤める。現在はTia Sophia Institute for the Healing Artsで教員として活躍中。

ProQuestがIDGのCSOによる2017CSO50賞を受賞

proquest信頼性の高いサイバーセキュリティ実施で受賞、CSO50 Conference + Awardsで授与予定

【米国・ミシガン州・アナーバー/ 2016年12月8日】
ProQuestが2017 CSO50 Award from IDG’s CSOを受賞することが明らかとなりました。この名誉ある賞は、優れたビジネス価値やリーダーシップに貢献したセキュリティ戦略に取り組んだ50の企業に与えられるものです。CSOセキュリティやリスクマネジメントにおける幅広いニュースや分析、またリサーチでよく知られたソースです。

ProQuestがノミネートされたSIFT Fraud Detectionでは、ProQuestのDirector of Global Information SecurityであるDaniel Ayalaが「会社がシステムに保存している著作権を所有するコンテンツへ不正なアクセスを適切に察知し、阻止することができました」とコメントしています。

「弊社が提供しているコンテンツは研究者、著者、また出版社にも価値のあるものです。私たちはこれらのコンテンツを保護し、利用者が常に利用できるようにする義務があります。こういったセキュリティ戦略をビジネス価値につなげた私たちの努力が認められたことを大変喜ばしく思います。」とAyalaは続けてコメントしています。

また、ProQuestのChief Information OfficerであるRichard Belangerは、「CSOから私たちの革新的なSIFT Fraud Detection systemに贈られた賞をとても誇りに思います。ProQuestはコンテンツを保護することで、パートナーである2万を超える世界的な出版社を支援しています。独自のアルゴリズムを開発することでセキュリティを最適化することができ、ProQuestを学術研究に利用している7千万人の利用者へのインパクトを最小化することが可能です。」と述べています。

「企業の繊細なデータを犯罪とセキュリティの欠陥から保護するという点でいうとこれ以上に重要なことはありません。セキュリティのリーダーはプロテクションを提供するだけではなく。ビジネス価値を促進することも期待されています。この毎年開催されるCSO50賞はで守りを促進するだけでなく、ROIを生み出すセキュリティプロジェクトを表彰するものです」とCSOのチーフエディターであるJoan Goodchildは述べています。

ProQuestはこの賞を、2017年3月1-3日にアリゾナ州、スコッツデールのScottsdale Resort at McCormick Ranchで行われるCSO50 Conference + Awardsで受賞する予定です。

CSO50 Awardsについて
2013年から開催されているCSO50 Awardsは、卓越したビジネス価値やリーダーシップを示すセキュリティプロジェクトや戦略を行った50の企業に贈られる賞です。CSO50 Awardsはセキュリティリーダー、インダストリーのエキスパート、また研究者からなる審査員によって定められた審査項目に添って採点されます。2017年は米国、アリゾナ州のスコッツデールにあるスコッツデールリゾートのMcCormick Ranchで2017年3月1‐3日に行われるCSO50 Conference + Awardsで表彰されます。

CSO (http://www.csoonline.com/)について
CSOは企業内における「ビジネスリスクマネジメント」をリードするセキュリティデシジョンメーカーのためのプレミアコンテンツとコミュニティリソースです。これまで30年以上、ITと企業両方のリスクを緩和するために、CSO’s award-winning web site、エグゼクティブクラスのコンフェレンス、戦略マーケティングサービスとリサーチなどでセキュリティのデシジョンメーカーを支援し、セキュリティベンダーがこれらの支持者に辿り着く機会を提供してきました。企業規模、また社員レベルのセキュリティ教育でCSOsを支援するために、CSOでは4半期ごとにSecurity Smartを発行しています。CSOはIDG Enterpriseにより発行されており、IDGの子会社です。詳細はwww.idgenterprise.comをご覧ください。

ProQuest (www.proquest.com)について
ProQuestは、質が高く信頼性の高い情報と人を結び付ける、学術情報ソリューションサービスを提供しています。学術リサーチを解決する手がかりとして、ProQuestの商品は学位論文、政府刊行物や文化的出版物のアーカイブ、ニュース、歴史的コレクションや電子書籍を含む世界の知識のゲートウェイとして利用されています。さらにProQuestの技術はコンテンツ提供にとどまらず、利用者の学術検索における重要なポイント-情報の発見、アクセス、共有、創造と管理に最適な環境の追及と実現を目指しています。

さらに、クラウドベースの技術は、ProQuest®、Alexander Street®、Bowker®、Dialog®、Ex Libris®、Coutts® information services、Dialog®、Ex Libris®、SIPX®などのサービスを通して、図書館員、学生、研究者など学術情報に関わる人々にフレキシブルなソリューションを提供します。また、文献・ドキュメント管理ツールであるRefWorks®や研究支援情報ツールPivot®、Ebook Central®、ebrary®、EBL™やMyiLibrary®のebookプラットフォームなど業界でも画期的なリサーチツールの開発提供も積極的に行っています。米国ミシガン州Ann Arborに本社を置く、世界各国にオフィスを有するグローバル企業です。

このプレスリリースの原文はこちらからどうぞ。

 

History Vault : Confederate Military Manuscripts and Records of Union Generals and the Union Armyをリリース

history-vault-codie2015南北戦争は米国史でも最も研究されているテーマです。南北戦争が終わって150年以上たった現在も、その研究的価値はますます高くなっており、これまでも良く知られてきた資料はもちろんのこと、新しい資料が新しい研究的発見に貢献する可能性は多いにあります。今回リリースされたモジュールは南北戦争において最も重要と考えられるコレクションで、オンライン上ではProQuest History Vaultとして初めて公開される資料です。

このモジュールは南部連合軍と合衆国軍の記録を収めた貴重なコレクションで構成されています。南部連合国軍の記録には、Virginia Historical Society、Louisiana State UniversityのLouisiana and Lower Mississippi Valley Collection 、University of Texas at AustineのCenter for Americal HistoryならびにUniversity of Virginiaが所有し、ProQuestによって提供されている南部連合軍の軍事的なマニュスクリプトを収録しています。これらのマニュスクリプトには軍司令官や行政部門レベルから兵卒個人の視点で書かれたものが収録されており、兵役と戦争体験、また当時の国内戦線の様子が伺える記録が豊富に収録されています。Confederate Military Manuscriptsは最高司令部の記録や文書から連合軍の象徴となったJohnny Rebとその家族の実際の様子など南部連合国の社会的、文化的研究に新しい視点を与えます。

Confederate Military Manuscriptsに加え、このモジュールにはこれまで出版されてこなかった合衆国軍と将校の記録を収録します。なかでもAllan Pinkertonを含む諜報、偵察、ガイド、探偵などの文書や予審軍法会議や軍法会議、軍事委員会で決定された規律、合衆国有色軍の記録はこのコレクションに特徴的な資料です。これらの記録は軍隊の動きや南北戦争に参加する兵士の日々の生活と軍規則、将校と下士官兵の関係、また一般市民と軍人とのやり取りなどを記録する優れた資料です。合衆国将校に関する記録にはAmbrose Burnside、Henry W. Halleck、Don Carlos BuellやBenjamin F. Butlerの文書が収録されています。

このモジュールに収録されている下記のコレクションはこれまでマイクロフィルムでも出版されておらず、History Vaultとしては今回が初めての公開となります。

  • Papers of Civil War Generals: Ambrose E. Burnside
  • Papers of Civil War Generals: Henry W. Halleck, Don Carlos Buell and Benjamin F. Butler
  • Civil War Era Correspondence of the Judge Advocate General: Letters Received, 1854-1870
  • Provost Marshal General’s Bureau during the Civil War:  Papers of Colonel L. C. Baker and Correspondence and Reports relating to Policeman and Fraud

これに加え、次の2コレクションは2008年と2009年にのみマイクロフィルムで出版され、現時点で所蔵する機関は数機関に限られています。

  • Military Discipline during the Civil War: Courts-Martial Case Files from the Records of the Judge Advocate General
    (このコレクションは近年まで紛失しており、主となる軍法会議の記録の公開が進められるまで発見されなかったものです。)
  • Military Intelligence during the Civil War: Provost Marshal Records on Spies, Scouts, Guides, and Detectives

History Vaultの情報はこちら(英語)からもご案内しています。
また、現在無料トライアルを受付中です。ご要望の際はプロクエスト日本支社のブログを見たとお伝えください。